韓国国内各機関所蔵『大東輿地図』書誌事項

(翻訳Matsu氏)
表1. 国内各機関所蔵『大東輿地図』書誌事項

形態 所蔵先 表題名 請求記号 備考

1筆写本 奎章閣『大東方輿全圖』奎10341  22帖  1863
http://147.46.103.182/OIS/GZ2/VIEWER.jsp?maptype=GK10341_00

鬱陵島+南に三島の記載


2筆写本 国立中央図書館『大東輿地圖』古朝61-01  18帖  1859-61
http://www.dlibrary.go.kr/Map/main.jsp
List13>Page13>2(蔚珍)??(平海)??(寧海)??(英陽)??(眞寶)??(靑松)

鬱陵島+南に5島の記載


3筆写本 国立中央博物館『東輿』 M-127  14帖  1858?
http://www.museum.go.kr/EngMain.do 所蔵品検索 東輿

鬱陵島+南に5島+東に一島の記載


4筆写本 奎章閣『東輿圖』奎10340  22帖  1856-59
http://147.46.103.182/OIS/GZ2/VIEWER.jsp?maptype=DY001

鬱陵島+南に3島の記載


5筆写本 国立中央博物館『東輿圖』新-3659  22帖  1857.
http://www.museum.go.kr/jp/Highlights.do?cmd=2000
(検索かけても引っかからない)

http://www.history.go.kr/url.jsp?ID=NIKH.DB-om_005_0030

6筆写本 )ソウル歴史博物館『東輿圖』市立3069-1  22帖  1857
http://www.museum.seoul.kr/
哲宗年間1849-63 遺物検索 東輿
http://www.museum.seoul.kr/yuimage/30/seo3069.jpg

http://www.ibuan.com/webbs/view.php?board=news&id=5752&page=2


7筆写本 国史編纂委員会『東輿圖』 B16JB1-2 22妾中12帖
http://www.history.go.kr/url.jsp?ID=NIKH.DB-om_006_0002


8木版本(辛酉)  奎章閣『大東輿地圖』奎10333  22帖  1861
http://147.46.103.182/OIS/GZ2/VIEWER.jsp?maptype=DD001

鬱陵島+南に3島の記載


9木版本(辛酉)  奎章閣『大東輿地圖』古4709-5  22帖(1,13帖欠)
http://e-kyujanggak.snu.ac.kr/MOK/CONVIEW.jsp?type=MOK&ptype=list&subtype=sm&lclass=AL&ntype=sj&cn=GR33431_00


10木版本(辛酉) 嶺南大図書館『青邱全圖』989-11 v23  22帖  (1910.07.08)
http://slima.yu.ac.kr/lib/Search/Marc.csp?HLOC=YNUL&Kor=1&COUNT=4aj3cgXB00&RECN=719924


11木版本(辛酉) 国立中央図書館『大東輿地全圖』古朝61-02  22帖  1861
http://www.dlibrary.go.kr/Map/main.jsp
List72>Page14>2 ???(鬱陵島)??(三陟)??(旌善)??(寧越)??(永春)

鬱陵島+南に3島


12木版本(辛酉) 誠信女子大博物館『海左輿圖』7-マ-65  20帖(2帖欠)  1861.
http://www.history.go.kr/url.jsp?ID=NIKH.DB-om_008_0005

13木版本(辛酉)  蔵書閣『大東輿地圖』 K2-4597-1  22帖
http://221.150.168.65/DLIWEB20/components/searchir/detail/detail.aspx?cid=105343
14木版本(辛酉)  蔵書閣『大東輿地圖』 K2-4597-1  23帖

大東與地図
蔵書閣蔵
http://mbn.mk.co.kr/pages/news/newsView.php?category=mbn00007&news_seq_no=1060068

鬱陵島+南に5島+最も顕著なウサン島の記載。


【東亞日報】独島描かれた大東輿地図、国内(南朝鮮)で初めて発見
2011/05/13 独島(トクド、日本名・竹島)于山が描かれている大東輿地図が、国内で初めて発見された。 の嘘


15木版本(辛酉) 釜山大図書館『大東圖』2-11  22帖 1861
http://www.history.go.kr/url.jsp?ID=NIKH.DB-om_013_0003

16木版本(辛酉) 国史編纂委員会『大東輿地圖』 B16JB1-1  22帖  1861
http://www.history.go.kr/url.jsp?ID=NIKH.DB-om_006_0001

17木版本(辛酉) 国立中央博物館『大東輿地全圖』 M-133  22帖 ?
http://www.museum.go.kr/jp/Highlights.do?cmd=2000
http://www.museum.go.kr/NMK_DATA/RelicsControl/2007/relics/1-bon009776-000-02.jpg



18木版本(辛酉)  誠信女子大博物館『大東輿地圖』7-マ-20  22帖
http://www.history.go.kr/url.jsp?ID=NIKH.DB-om_008_0004

19木版本(辛酉/推定 )成均館大尊経閣『大東輿地圖』 B16JB  22帖
http://www.history.go.kr/url.jsp?ID=NIKH.DB-om_006_0001

20木版本(甲子)  奎章閣『大東輿地圖』古4709-6  22帖
http://e-kyujanggak.snu.ac.kr/MOK/CONVIEW.jsp?type=MOK&ptype=list&subtype=sm&lclass=AL&ntype=sj&cn=GR33432_00


21木版本(甲子) 国立中央博物館『大東輿地圖』書-521  21帖  1861.
http://www.museum.go.kr/jp/Highlights.do?cmd=2000
http://www.museum.go.kr/NMK_DATA/RelicsControl/2009/04/history_035.jpg
http://www.history.go.kr/url.jsp?ID=NIKH.DB-om_005_0020
(于山島(竹嶼なし)(現竹島なし)


22木版本(甲子) 居昌博物館『大東輿地圖』なし 21帖2   1864
http://museum.gcwc.go.kr/museum/english/c14.htm

23筆写本(模写)  奎章閣『大東輿地圖』古4709-4  22帖
http://e-kyujanggak.snu.ac.kr/MOK/MOK_NODEVIEW.jsp?setid=707034&pos=3&type=MOK&ptype=list&subtype=sm&lclass=AL&cn=GR33430_00

24筆写本(模写)  奎章閣『大東輿地圖』奎12380  22帖(ペン字)
http://e-kyujanggak.snu.ac.kr/MOK/MOK_NODEVIEW.jsp?setid=707034&pos=0&type=MOK&ptype=list&subtype=sm&lclass=AL&cn=GK10333_00



25筆写本(模写) 高麗大図書館『朝鮮分道地圖』 B-10 A-83  4本
http://ebook.korea.ac.kr:81/VIEWER/UTIL/UTIL_PRINT.jsp?filename=/VIEWER/IMGDB/000465012294/00000016.mtx

鬱陵島+南に4島の記載


26筆写本(模写) 嶺南大図書館/『大東全圖』989-11  22帖  
(検索かけてもひっからず)
http://www.history.go.kr/url.jsp?ID=NIKH.DB-om_010_0125


27筆写本(模写推定)ソウル歴史博物館『大東輿地圖』市立3078-1  22帖
http://www.museum.seoul.kr/ 遺物検索”
大東輿地圖”
http://www.museum.seoul.kr/yuimage/30/seo3078.jpg



28その他 ヤンソン・テソンアム『東輿備攷』なし 冊子式



他(韓国・外国) Others, Outside of South Korea




韓国国立博物館所蔵 大東與地図
M番-000132-000
http://www.museum.go.kr/program/relic/relicDetail.jsp?menuID=001005001&relicID=2505&relicDetailID=10017&naver=Y
  (引用)比較的小さい大きさの木版本朝鮮全図だ。 余白の周期は<海左全図>のことをそのまま従っている。 その内容は弊社軍(郡)、ナンニムサン、白頭山定界碑文、咸鏡道、妙香山、金剛山、通川(トンチョン)ChongSeokJeong、首陽山、九月山、ペクリョン島、鶏龍山、太白山、鬱陵島、八公山関東八景、対馬、済州島、幅員、土山などで構成されている。
全体的な地図の輪郭と内容でボア、金正浩が製作したと見なされる<同行與地全図>を縮小したと見られる。 郡県の名前のそばにソウルまでの通り(距離)が表示されている。 八道の境界線が描かれていて産地は伝統的に引き続き描く燕麦式と表現されている。


韓国中央図書館
14 61-15 大東輿地全図  1869?


日本国会図書館 大東與地図


" the University of Wisconsin at Milwaukee 大東與地図
http://www4.uwm.edu/libraries/AGSL/korean_maps.cfm

Comments