1880年の戦艦天城の鬱陵島調査の前と後の公的な地図の変化


1880年の戦艦天城の鬱陵島調査にて、Dagelet島である鬱陵島松島と、Boussole Rockである竹島竹嶼が確認され、これら結果報告を許に、外務省の記録係北沢正誠が「一名竹島一名松島朝鮮鬱陵島」と結論付けた。これが恐らくは竹島外一島と関わりがあると考えられる。官の地図においても、この1880年の鬱陵島測量以前と以降の地図では、認識が変化するのでその変化を列挙してみる。 
この変化だが、、戦艦天城の鬱陵島調査前は官的な地図においては、
1.于山島がほぼ消える。日本側の持つ地圖における「于山島」は鬱陵島の西にあったり、南西にあったり、北西にあったり、東にあったり、その位置、大きさが各圖でばらばらで、存在不明の島とみなされても仕方の無いような存在だが、これが1880年以降ほぼ消える。 そして文書においては「朝鮮鬱陵島一名竹島一名松島」の一島三名の記述が始まり、更に、松島=竹島=鬱陵島=于山国という認識が日本・朝鮮で共有される。
2.それまで、松島はDagelet島であるという認識があったが、これが鬱陵島であることがはっきりとし、地図において、松島=朝鮮鬱陵島と認識になる。特に「朝鮮」蔚陵島が強調される。
3.竹島Argonaut島がほぼ消える。存在が疑わしいとされてきた竹島Argonautは、日本側は、この島を鬱陵島と思い込んでいた感がある。しかし西洋の地図においては存在疑わしいとして、点線で記載されてきたが、これも大体消えてくる。 *ただ、民間製作の地圖等においては、相変わらず竹島アルゴノート島、松島鬱陵島を記載し続けるものは結構多いが、それば別項で説明する。

尚、略号のうち、【 】ないは、形状・位置から、判断できる島名を記載した。【AL】はアルゴノート島を指し、 【UL】は明らかにDagalet場合に記載した。(朝鮮圖における鬱陵島、および1880年以降Dageletが松島鬱陵島とわかった後)、 【DG】はDagelet島(松島が鬱陵島とわかる前)を指し、【LR】は現竹島/Liancourt Rocksを指す。
(竹島)は消えかかったArgonaut島の表示を注す
他、こちらも参考されたし。
・長赤水圖と西洋の地図の融合 明治期の日本の地圖
・日本の地圖における「于山島」
・今津屋八右衛門関係の鬱陵島地圖


 帝國海軍  帝国陸軍  内務省関係  民間の官許/他地図・地誌 
 1853
       1853.(官許)整軒玄魚圖「大日本海岸全圖」 鈴亭森田蔵 竹島【UL】"見高麗猶望雲州隠州"/松島【LR?】
        1853.(官許)大日本海陸全圖;大日本海陸全圖 完(元題簽) / 江都 整軒玄魚圖書;竹口瀧三郎刻 竹島【UL】松島【LR?】
         
 1854       1854.朝鮮征伐記 金幸堂 - 菊池藏板 千山島不明Broughton Bayに記載】
 1855 (英国海軍)    1855(幕命)重訂萬國全圖 天文方山路諧孝 安政2年(1855)  竹島即アルゴノート島【AL】/松島即ちダゼラ島【DG】
 
 1856
        
 1857        
 1858        
 1859 (英国海軍Actaon鬱陵島調査)       
 1860      
 
 18611861.China Pilot Third Edidtion英国海軍水路部(P379)  MATSU SHIMA (Dagelet island)【DG】     1861. (官許)「新刊輿地全図」佐藤政養  タケ【UL】
 1862        
         
 1863英国海軍海図#2347Takoshim
Argonaut【AL】/Matsushima
 Dagelet【DG】Boussole Rk【Jukdo】Seal Pt/Liancourt Rocks【LR】
     1863.「改正増補江戸大節用海内蔵』朝鮮国図 文久3(1863) 于山島不明・鬱陵島の北西で大きい島】/鬱陵島【UL】
 1864 英国海軍水路部 China Pilot Takoshim
Argonaut【AL】/Matsushima
 Dagelet【DG】Boussole Rk【Jukdo】Seal Pt/Liancourt Rocks【LR】
     (竹島雑誌 松浦武四郎) 竹島【UL】/松島【LR?】
        1864.(官許)大日本海陸全図」 整軒玄魚 :文久4年(1864) 竹島【UL】/松島【LR?】
 1865        
 1866        
 1867 (大日本沿海略図 勝海舟(英国海軍海図2347の翻訳?)海軍伝習所 竹島【AN】/松島【DG】シールPT/ホウリルロック【Jukdo】/リエンコールドロック【LR】 峨羅斯及亞西亞ノ圖 前田又四郎圖 慶應三年陸軍所 島【DG】    
 1868     1868.竹島 松島 朝鮮附属ニ相成候始末 佐田   
 1869       (1869.明治二年二月十三日 岩崎忠照建之の碑文) 大日本國松島槻谷【UL】
 1870       1870.(官許)大日本四神全図  橋本玉蘭 竹シマ【AN】/松シマ【DG】ホウリルロック【Jukdo?】/リエンコヲルトロック【LR】
 1871     1871.「大日本国全図」 地理局測量課 なし 1871(.『竹島雑誌』松浦武四郎) 竹島【UL】 松島【LR】
        1871.09.(官許)(明治改正)大日本輿地全圖;(銅版)明治改正大日本輿地全圖(元題簽) 竹島 【AN】 松島【DG】
 1872      1872.02.(官許)日本與地全圖;(増補改定)日本輿地全圖 (附朝鮮國全圖)( 竹島【UL】/亐山島【不明・鬱陵島の南】
       
  1872.02.(官許)日本與地全圖;(増補改定)日本輿地全圖 (附朝鮮國全圖)(元題簽) / 翠堂中島彭編述;東京銅鐫師 楊堂木村胤鐵筆 竹島【AN】-見高麗又望隠州雲州一伝磯竹島 /松島【DG】
 1872     1872.「大日本府県全図」 内田 竹島【AN】/松島【DG】「朝鮮国地理図(抄)」:明治5年(1872)写【178-692】
 于山島【不明・鬱陵島の西】/鬱陵島【UL】
 18731873.朝鮮全図 海軍水路寮 明治6年 亐山島【不明・鬱陵島の西】/欝島【UL?】 1873.M6-「大日本国全図」陸軍兵学寮 NIL (1873.2.L'Empire du Japon - 1873 1873.Commision Imperiale Exposition Universelle de VIENNE1873.) Take.i【AN】/ Matsuo I【DG】 (1873.頃購入 アジア図  W. & A.K. ジョンストン エジンバラ) AN DG
 1873.Chart of Japan: Nipon, Kiusiu, and Sikok and part of the Korea (Argonaut竹島Position Doubtful)松島(Dagelet)【DG】/Liacnourt Rocks【LR】    1873.朝鮮国細見全図 染崎延房編著 出雲寺万次郎
+朝鮮事情?)
 鬱陵島【UL】「日本ニテハ之ヲ竹島ト云フ」の南西に小さく、亐山島あり【不明】
  1873.China Sea Directory," 1st Edition Vol. 4 (1873) 松島(Dagelet)【DG】
Liancourt Rocks【LR】
Argonautの項は削除
      
 1874    1874.亞細亞東部輿地圖 陸軍 木村信卿 竹島【AN】松島【DG】 與地新図 1872年(明治5年)へルマン・ベルゴース(Hermann, Berghaus)作成、村田文夫訳(開設当時の工部省測量正)(明治7年) アルゴナウド島【AN】/ダケレツト島【DG】/メ子レイ島【LR】1874.(官許)五畿八道朝鮮細見全図出 1874(明治 北畠茂兵衛 他 亐山島【不明・鬱陵島の西】/鬱陵島【UL】
         
      日本地誌提要 竹島 松島 1874..(官許)「大日本西国四国九州地図」(葎窓貞雅):明治7年(1874)北畠茂兵衛他 竹島の南 に松島あり。 見高麗が書いてあるが、確認必要、着色内が他の無人島も着色なし
        1874.(官許)大日本及支那朝鮮圖 北畠茂兵衛(発行)、稲田佐兵衛(発行)、坂上半七(発行)、東京銀座彫刻會社(作成)  竹島【AN】松島【DG】
 1875  1875.12.朝鮮全図 陸軍参謀局 明治8.11 (竹島【AN】)/松島【DG】 (1875.佐田白茅著 改訂新鐫朝鮮全図 ·岸田昑香·松田敦朝) 外務省)名無しの小島(亐山島?)【不明・鬱陵島の南西】/鬱陵島【UL)】
 1875.02.(官許)大日本国郡全図 明治八年第二月 隠岐國  竹島【形AL】 松島【形DL】
    1875.亜細亜東部輿地図  陸軍局 (竹島【AN】)/松島【DL】  1875「日本帝国全図」宮本三平 文部省出版 明治8年   
 1876英国海軍海図)アルゴノートが消える
 1876.朝鮮全図 明治9年 陸軍参謀局 (竹島【AN】)/松島【DG】   1876.朝鮮国全図(瀬脇壽人・校;金麟昇音
外務省
亐山島【不明・鬱陵島の西】/
鬱陵島【UL】
 1876..「小学用地図」:明治9年(1876)大日本全図 島根県図 竹島【不明】/松島【竹島の北東】 
  1876.朝鮮東岸図 海軍水路寮 (アルゴナフタ【AN】)/松島【DG】/メネライオリビツ【LR】

ロシア海軍海図の複写
  1876.「原板朝鮮全図之写(海左全図)」:明治9年(1876)【177-234】 陸軍大尉  鬱陵島【UL】/ 于山【不明・鬱陵島の東】 1876.「朝鮮全図」 明治9年 陸軍(農商務省図書館蔵) (竹島【AN】)/松島【DG】  
      1876..「亜細亜東部之図」(開拓使):明治9年(1876)【ヨ292-159】英語版 Nil  
 1877   1877.大日本全図 - 明治10.陸軍参謀局 木村信卿 
 NIL    明治9年(1876)大日本全図 島根県図竹島の北東に松島
奇妙な配置

 1877『日本全図』宮本三平 文部省出版 明治10年9月 (竹島)【AN】(松島)【DL】
   1877.08.原版朝鮮全国之写 - 1877年8月、陸軍編纂  鬱陵島【UL】/ 于山【不明/鬱陵島の東】 磯竹島圖略図 竹島【UL】まの島【JUKDO】松島【LR】 1877.竹嶋之図」:明治10(1877)写【177-217
 竹島【UL】
      1877.日本暗射地圖 文部省 飯島半十郎 Nil 1877.[竹嶋之図」:明治10(1877)写【177-217 竹島【UL】
 18781878.11.大日本海岸実測図 日本海岸全図 第95号 海軍水路局 松島【DG】/ リアンコールド巖【LR】   松島の儀 渡辺洪基立案 松島DG=古来の竹島鬱陵島【UL】 OR 竹島Argonaut【AN】? それとも、  松島=古来の松島=Hornet Rocks【LR】?  1878.(官許)大日本國對照畧圖 Nil
 1879 (1879.1 A Forbidden Land: Voyages to the Corea (1880)
Ernst Jacob Oppert , Ernst Oppert)
 called Ollon-to by the natives. On several charts it is erroneously put down as belonging to Japan, which is not the case; generally it is marked Matsushima, while the French give it the name of Dagelet, and the Russians Dagette 【UL=DG   1879.大日本府県管轄圖 地理局測量課 Nil  
 1880 1880.9 戦艦天城調査 日本海松島(韓人之ヲ蔚陵島ト稱ス 松島=鬱陵島【DG=UL】//竹島Boussole Rk=【Jukdo】  1880.清国輿地全図 高田 義甫【陸軍関係?)(著者小川 義平(書林 竹島【AN】松島【DG】    
 1881     1881.「大日本府県分割圖」内務省地理局 竹島【AN】松島【UL】
  
      1881.大日本国全図 内務省地理局地誌課 Nil  
 1882 1882.日本総部(海図第128号)作者:海軍省水路局、版元等:海軍省水路局名無し ?【UL】/?【LR】   1882.朝鮮国全図 内務省地理局測量課 明治15年 松島【UL】  
         
 1883
    1883.檜垣の鬱陵島図「地図第四号」外務省 欝島詳細図【UL】/竹島竹嶼【Jukdo】/観音崎【観音島】  
 1884 1884.China Sea Directory vol. 4 (Second Edition). London
       
 1885   1885.亜細亜東部略図 陸軍 松島【UL】    
 1886 1886.『寰瀛水路誌 第二巻第二版 韓露沿岸』海軍水路寮 松島【UL】/竹嶼【Jukdo】リアンコールド岩【LR】      
 1887 1887.世界全図 海軍水路部 松島【UL】/リアンコールド岩【LR】      
 1888   朝鮮地誌略 鬱陵島 于山島    
 1889        
 1890     
   
 1891 1891.海軍海図95号 「日本本州九州及四国附朝鮮」 鬱陵島(松島)【UL】/ボーッソール岩【Jukdo】シール角/リアンコールド岩【LR】      
 1892        
 1893        
 1894 「朝鮮水路誌」日本海軍水路部 鬱陵島松島【UL=DG】/竹島【JUKDO】/リアンコールド岩【LR】 1894.陸軍參謀局 朝鮮全圖 竹島【AN】松島【UL】 1894.07.東京地学協会編纂 朝鮮全図 鬱陵島(松島)【UL】 (1894.07.朝鮮志 盆友社 足立栗園 P110 /(朝鮮地誌要略) 共に竹島【AN】松島【UL】
  1894.China Sea Directory," Third Edition Vol. 4 (1894) Goalen, W. N. Matsushima(Dagelet)
【DG】
 1894.「仮製東亜輿地図」(陸地測量部)【ヨ292-100D】l Nil   (1894.明治27年 新選朝鮮地理雑誌付属 朝鮮全図  博文館 大田才次郎) 
 1895        
 1896 1896.朝鮮全岸 水路部 肝付鬱陵島松島【UL】/ボーッソール岩【Jukdo】シール角/リアンコールド岩【LR】      
 1897 (1897.「油谷湾至安島崎、付隠岐諸島・若狭湾」英国海圖) Liancourt Rocks   1897.大日本帝国全図  農商務省地質調査所 松島【UL】 オリビツメラネイ【LR】記載  
 1898  

 1898.大日本帝国全図 農務省地質調査所  松島【UL】 メネライオリビツ【LR】 1898.東洋歴史地図 元代彊域部 那珂通世 監修 「第三高等学校図書印」 名無し島【UL】
 1899        
 1900     赤塚正助の「欝島詳細図」鬱陵島【UL】/竹島【Jukdo】/島牧【観音島】  
 1901       (1901『鬱陵島事情』 黒龍会) 鬱陵島(松島)【UL】やんこ【LR】
 1902 1902.10.東洋大勢図」(軍令部):明治35年( 松島【UL】彩色なし     1902.露国東方経営部面全図 内田良平 黒龍会) 鬱陵島松島【UL】+ボーッソール岩
 1903

   1903.KOREA B.Koto 小藤文次郎著 朝鮮全図 Ullegndo(Matsushima)【UL】色彩なし (1903「韓海通漁指針」 黒龍会) 鬱陵島(松島)【UL】/りゃんこ島【LR】
 1904 「42号-鬱陵島略図」/「65号-リアンコールド島略図」鬱陵島松島【UL】/リアンコールド岩【LR】     (1904.07.最新韓国実業指針付属 韓国全図 竹島【不明・鬱陵島の西】/ 鬱陵島【UL】//文章にやんこ島記載
        (1904.韓国地理   矢津昌永) 島【UL】
 1905       (『1905.韓国新地理 田淵友彦 付属朝鮮全図 博文館) 鬱陵島(松島)【UL】/竹島(リアンコールド巖)【LR)】
        1906.05.26.欝陵島見取り図 「竹島及鬱陵島」 奥原 鬱陵島【UL】+附属島
        1907..「島根県図」(川岡清助):明治40年(1907) 鬱陵島(松島)【UL】
        (1907.韓国総攬 付属圖 徳永勲美 博文館) Nil
         

Comments