第79回 商大仙台試験場プロジェクト第3弾

仙台市内高校を訪問、仙台試験場アピール

平成31年2月に仙台試験場を設置する母校・小樽商科大学。先般の仙台市内での大学進学相談会に続き、今回は鈴木副学長が9月26日(水)~27日(木)に仙台市内の主要高校を訪問されました。

今回訪問した高校は、過去5年間で商大受験実績がある先を中心に8校を選定しました。仙台緑丘会もサポート活動として2日間にわたり同行。全面改訂した真新しい入学案内を持参し、商大受験と仙台試験場をアピールいたしました。

この時期は他大学の入試担当者も高校訪問を活発に行われているようですが、同窓会役員が一緒に来校された先例はないと各高校で驚かれておりました。まずは小樽商大の学校当局と同窓会の結束力の強さをご理解いただけたものと感じました。

小樽商大への進学実績がある高校では、進路指導の先生方にも商大に関する一定の知識と理解をお持ちいただいていました。その一方で、これまで受験実績のない高校では、先生方の間では国立大学であることは知っていても小樽商科大学の知名度不足は否めないのも事実でした。

今回、全国初の入学猶予制度の導入、海外留学制度、グローカルマネジメントコースの新設、伝統的に充実した外国語教育などの他大学にない小樽商大の教育環境を1時間余りでご説明しました。進路指導の先生方には、総合大学にない小樽商科大学の魅力に触れていただいたものと思います。

今回の訪問を通じて、まだまだ仙台でのアピール不足を実感しました。これからも仙台緑丘会は、仙台試験場の成功に向けて、大学入試室の広報活動に全面的に協力してまいります。


<今回の訪問高校:訪問順>

聖ウルスラ学院英智高校、仙台第一高校、仙台二華高校、仙台第三高校、泉高校、泉館山高校、宮城第一高校、仙台第二高校

小樽商科大学ホームページの受験生サイトが全面リニューアル。グローカル教育、海外留学制度、卒業生紹介など、いまの母校を詳しく知ることができます。ぜひご覧ください。