HOME



北に一星あり  小なれどその輝光強し  
There is a star in the north ; small but shining brilliantly.

冬の小樽運河(北海道小樽市)


ABOUT US



緑丘会は国立大学法人小樽商科大学卒業生の同窓会です。

私たち仙台緑丘会の交流活動は、地元仙台・宮城や東北はもとより、北海道、東京など全国各地の緑丘卒業生やご家族にも参加いただき、「地域と世代を越えた同窓交流」として年々さらに広がりを見せております。

わが母校が生んだ作家・伊藤整は、その著書で母校について「卒業生と学校当局が、家族意識と言っていいような奇妙に強い団結力をもっているのが最大の特徴であると語っています。

小樽緑丘に100年の時を越えて流れるこの良き伝統は、仙台緑丘会の交遊活動にも継承され、官立小樽高等商業学校、小樽経済専門学校、そして小樽商科大学と名称こそ違え、北の港町・小樽の緑丘キャンパスで学んだことを誇りに、世代を超えた強い絆で結びいております。

緑丘卒業生のみなさまには、このホームページをご覧いただき、ぜひ、仙台緑丘会の交流活動、そして母校への支援活動へご参加いただければと願っております。



INFORMATION 




◆ 2017.11.25 ◆ 室蘭工業大学同窓会東北支部の皆さんと懇親ゴルフコンペを開催しました
NEW


室蘭工大同窓会東北支部の皆さまとの交流を始めた仙台緑丘会。夏の両校幹事交流会に続き、今回は11月24日(金)、仙台緑丘会ゴルフ部の月例会に、室蘭工大同窓会東北支部の皆様に参加いただき一緒にラウンドしました。会場は当ゴルフ部のホームグランドであるミヤヒル36ゴルフクラブ(宮城県大和町)です。今回は室蘭工大6名と仙台緑丘会6名の12名が参加し、当会ルールのダブルペリア個人戦で行いました。朝から小雪混じりの雨となり、残念ながらハーフで打切りとなりましたが、今後も当会月例会に室蘭工大の皆様にご参加いただき、交流を深めて行くことになりました。…もっと見る






◆ 2017.11.12 ◆ 登山部レポート:船形連峰・七ツ森登山を実施しました
NEW


仙台緑丘会登山部の5名は11月11日(土)、仙台北部の七ツ森の登山を実施しました。奥羽山脈・船形連峰の懐に七つの山々が連なる姿は、宮城県を代表する里山・田園の光景です。当日天気予報では北日本は荒れる予報でしたが、宮城県はスポット的に曇りの予報となり、晴れ間の広がる好天の中でスタートしました。山々の紅葉の最盛期は終わっていましたが、所々に紅葉がまだ残り、日に照らされた紅葉が鮮やかでした。今回は松倉山、撫倉山の2山を登山。途中時雨にあいましたが、撫倉山頂上に到着すると私たちの登頂を祝福するかの様に大きな鮮やかな虹がかかっていました。…もっと見る






◆ 2017.11.10 ◆ エバーグリーン講座開講30周年、仙台緑丘会・横山美智子さんが母校で講演
NEW


昭和62年以来、緑丘会と大学が建学理念のひとつである実学・実践を志向した実践キャリア教育として培ってきた「エバーグリーン講座」が開講30周年を迎えました。さる11月7日(火)、開講30周年を記念して、記念大会と懇親会が母校で開催されました。仙台緑丘会は母校支援のため毎年講師を派遣しており、今回の記念大会には及川会長、小笠原副会長、横山美智子さんの3名が参加しました。翌日8日(水)には、横山さんが母校の教壇に立たれ、『「挫折」から学んだ私の「成長」 ―社会人として、親として―』と題して講演されました。講演では、在学中に結婚・出産を経て就活・卒業し、就職してからの職場や家族の問題等の自身の経験をもとに、女性としての成長や生き方、そして現在の職務についてお話しされました。…もっと見る






◆ 2017.10.22 ◆ 「秋の芋煮会」を秋保温泉で開催、東京・札幌からも参加いただきました
NEW


台風が近づき雨模様となった10月21日(土)、仙台緑丘会は恒例の秋の芋煮会を秋保温泉「木の家」で開催しました。今年は東京や札幌からの参加者を含め31名が集いました。正午にJR愛子駅に集合、会場に着くころにはどうにか雨もや止み、無事に屋外で焚火を囲むことができました。今回のメニューは定番の仙台風芋煮のほかに、北海道直送の松尾ジンギスカンと「緑丘蔵」試験醸造酒が皆さんに振舞われ大好評でした。また、初参加の皆さんにはお一人ずつ自己紹介をいただき、緑丘交流を深めました。最後に校歌と若人逍遥の歌を全員で歌いあげ、お昼の部は、午後4時に終了しました。…もっと見る






◆ 2017.10.14 ◆ 10/21、
秋の芋煮会を秋保温泉「木の家」で開催します


毎年、全国からたくさんの緑丘同窓生に参加いただいている芋煮会
最終参加者は29名(日帰り14名、宿泊15名)となりました。昭和33年卒から平成29年卒まで幅広い年代の皆さんに参加いただきます。本当にありがとうございます。会場となります「木の家」の女将は、平成13年卒の早坂美佐子さんです。札幌からは山田二郎札幌支部長、歌原邦芳さん、田中智子さん。そして東京からは永井健夫さん・尚子さんご夫妻、原田博明さん、塚原敏夫さんに参加いただきます。秋保温泉でお会いできること楽しみにしております…もっと見る

日時 : 平成29年10月21日(土)~22日(日)
場所 : 仙台市太白区 秋保温泉「木の家」 ロッジ村  〒982-0241 仙台市太白区秋保町湯元字馬乙2-1 
会費 : 日帰りコース 4,500円、ご家族は大人3,000円、未就学児童は無料、小・中学生は2、500円
      宿泊コース  8,000円、「木の家」コテージに宿泊、昼の部+夕朝食+温泉付き。女性専用コテージもご用意






 2017.10.11 ◆ 今年で5回目、小樽商大・北大のゴルフ対抗戦を開催しました  


第5回目となる小樽商科大学・北海道大学の宮城同窓会ゴルフ対抗戦を、さる10月9日(月・祝)に仙台ヒルズゴルフ倶楽部にて開催しました。天気は秋晴れ、若干汗ばむ程の陽気。今年は北大7名、商大8名の選手が参加しました。夕方18時からは国分町の「亜門」にて、表彰式並びに懇親会を行いました。ビールは汗を裏切らない、勝っても負けてもビールの旨さは変りません。対戦結果は北大の勝利となりました。また、来年もご一緒しましょう。…もっと見る






◆ 2017.09.24 ◆ 秋の七ツ森登山(宮城県大和町)のお知らせ


仙台緑丘会登山部の今年2回目の山歩きのご案内です。今回は仙台北側に位置する七ツ森の山々のうち、松倉山と撫倉山の2山を登ります。季節は晩秋となり、紅葉を眺めながらゆっくりと登りたいと思います。撫倉山山頂からは360度のパノラマで仙台市内はもちろんのこと、晴れていると遠くに太平洋、牡鹿半島・金華山が眺められます。標高は低いですが、ロープを伝いながら登る所もあり、山の雰囲気を感じつつ、紅葉を愛でながら登山の予定です。皆さま、ご参加頂きます様、ご案内いたします。…もっと見る






◆ 2017.09.19 ◆ コボスタ宮城で初のプロ野球・東北楽天イーグルス応援観戦を開催  


仙台緑丘会は9月19日(火)、仙台市のコボスタ宮城でプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの応援観戦を初開催し、会員とご家族・友人など約20名が参加して熱い声援を送りました。当夜は三連休の台風の影響もすっかり消え、ナイターを楽しむ絶好の条件となりました。今回は小笠原副会長の「旅日記」さまのご協力で実現したプラン。スタジアム全体を見下ろすネット裏席に陣取り、豪華な会席弁当とお飲み物までついてお得感がいっぱいでした。…もっと見る






◆ 2017.08.20 ◆  日本経済新聞で全国1位、小樽・国鉄手宮線跡地を歩いてみました


平成29年7月土曜の朝
、日本経済新聞の土曜版「NIKKEIプラス1」を開くと、一面の特集は「夏の思い出・廃線路歩き」でした。紙面トップを飾っているのは小樽の国鉄手宮線跡地。全国第1位の評価で、第2位の高千穂鉄道に大差でのトップです。記事では「小樽市街地を走っていた手宮線跡地1.6キロメートルが、遊歩道として整備された。運河と並行してほぼ全線が残る」と紹介され、全国からの訪問者たちの称賛の声が続きます。今夏、そんな手宮線の遊歩道を歩いてみました。…もっと見る






◆ 2017.08.19 ◆  北海道に戦後初、商大卒業生が日本酒の酒蔵「緑丘蔵」を上川町に設立


北海道上川郡上川町。旭川市からJR石北本線のローカル列車で北見方面へ揺られること1時間余り、大雪山系の山々が連なるこの町に降り立ちました。今回の旅の目的は、小樽商大卒業生の塚原敏夫さん(平成2卒)が昨年、ここ上川町で立ち上げた上川大雪酒造「緑丘蔵」を見学すること。塚原さんは、日本酒の製造を中止していた三重県の酒造会社を取得し、ここ上川町に移転する計画を立ち上げました。しかし、各国税局の管轄を越える酒蔵移転はこれまで全国で先例がなかったため、国税局と何度も交渉を重ね、平成28年に北海道で戦後初となる酒蔵が誕生するに至ったものです。…もっと見る






◆ 2017.08.19 ◆  夏の札幌支部と仙台緑丘会の交流会、今年も札幌で開催


札幌に久しぶりの青空が広がった平成29年8月15日(火)、仙台緑丘会は今年も札幌支部の皆様との交流会に参加いたしました。参加者は、現役応援団員を含めて14名となりました。夕方6時半、北海道大学近くの居酒屋「小蝶」に集合。参加者は、各々が持ち寄った宮城と小樽の地酒や富良野ワイン、タイのビールなど、様々なお酒を味わいながら、緑丘同窓の再会、そして新たな出会いを楽しみました。また、仙台緑丘会メンバーで仙台から神戸へ転勤された石沢秀典さんとも札幌で再会し、旧交を温めました。…もっと見る






◆ 2017.08.19 ◆ 49回目の緑丘戦没者慰霊祭、今年も仙台緑丘会が参列


終戦記念日の平成29年8月15日(火)、母校・小樽商科大学では今年も緑丘戦没者慰霊祭が正午から大学構内で行われ、仙台緑丘会が参列いたしました白樺林に建つ緑丘戦没者記念搭は、母校の松尾教授の呼びかけにより、昭和44年に建立され、347名の学生・教員の御霊が眠っております。
慰霊祭は、記念塔が建立された昭和44年から始まり、以後、一度も途絶えることなく続けられ、今年で49回目になります。
正午、サイレンが小樽の町に響きわたり、大学関係者、遺族、緑丘会員、学生の参列者90名が戦没者の御霊に黙祷をささげました。
…もっと見る






◆ 2017.08.03 ◆ 室蘭工業大学同窓会東北支部の皆さんとの交流会を初開催


ようやく仙台も梅雨が明けて青空が広がった8月2日(水)、仙台緑丘会は室蘭工業大学同窓会東北支部の皆さまと初めての交流会を仙台市内で開催しました。今回は各同窓会から幹事が5名ずつ参加。まずは岩手の銀河高原ビールで新しい「北の出会い」に乾杯です。参加者が一人ひとり自己紹介を行い、互いの同窓会の活動状況などについて情報交換を行いました。商学部と工学部、小樽と室蘭。学問の分野や地域は違えど、同じ北海道の港町にある小さな国立単科大学で学んだかつての若人たちには、互いに何か通じるものがあるようです。…もっと見る






◆ 2017.07.30 ◆  雨模様の中でも、今年も盛大に夏の納涼会(ジンギスカン友の会)を開催


恒例となった夏のジンギスカン友の会。今年は平成29年7月29日(土)、梅雨がまだ明けきらない豪雨の中で始まりました。名取市のサッポロビール仙台工場で午後13時から飲み放題がスタート。今回は石巻から石巻専修大学の田中先生ご夫妻、そして柴田ご夫妻も参加いただきました。はやり出来たてのビールは格別でした。お開きの頃には雨も晴れ上がり、ビール園の池の蓮が綺麗でした。そのあとは長町へ移動して二次会、その後はさらに三次会と続き、都合8時間の長丁場でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。次は秋の芋煮会でお会いしましょう。…もっと見る






◆ 2017.07.08 ◆ 第103回商大・北大総合定期戦対面式 御礼と報告(小樽商大応援団後援会)


本州とは異なり7月にして漸く初夏を迎える気候となりました。皆様に於かれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。さる7月2日(日)、第百三回総合定期戦対面式が行われました。此れも偏に皆様のご支援の賜物でございます。衷心より御礼申し上げます。 7時過ぎの商大合宿所は未だ半分まどろみの中。しかし10分もすると全ての団員が食事、身支度を整えました …もっと見る





◆ 2017.07.07 ◆  北大対面式 オヤジ達の夜間行軍従軍記 2017


今年も仙台緑丘会記者として夜間行軍に従軍。以下、それを記録する。ただ、北大―商大応援団の「対面式」を応援するために、なんの意味もないのに、開催地が札幌であれば小樽から、小樽であれば札幌から歩くという愚行を毎年繰り返している緑丘OBのおじさんたちがいる。応援団出身者がいるのはもちろんだが、智明寮出身者、ラグビー部OB,野球部OBなどの混成部隊である。 …もっと見る






◆ 2017.06.11 ◆ 公益社団法人緑丘会定時社員総会(東京)に仙台緑丘会から出席


真夏日となった6月10日(土)、東京池袋の緑丘会館で公益社団法人緑丘会定時社員総会、公益財団法人小樽商科大学後援会理事会・評議員会が開催され、仙台緑丘会から及川会長と尾形副会長が出席しました。島崎理事長からは、緑丘会と後援会が連携して卒業祝賀会をはじめ母校への支援活動を充実させていること、全国各支部との連携を深めていることなどが報告されました。また、評議員からは、道外入学者の増加に向けた取り組みを期待する声などが寄せられました。 …もっと見る





◆ 2017.06.03  ◆ 仙台緑丘会総会を開催、和田学長・円乗理事・札幌支部吉田副支部長が来仙


仙台緑丘会の平成29年度総会は、6月2日(金)午後6時より、パレスへいあん(仙台市青葉区本町)で開催いたしました。
今回は、小樽商大の和田学長、公益社団法人緑丘会の円乗理事、そして札幌支部の吉田副支部長が来賓として参加いただき、総勢32名の出席となりました。総会では平成28年度及び平成29年度の活動及び予算が承認され、及川会長から「宮城県出身の現役商大生は現在8名在学しており、仙台緑丘会は今年も支援を続けたい」と抱負を語られました。 …もっと見る






◆ 2017.04.23 ◆ 春のお花見会 今年も北海道オホーツクから海明け毛ガニが届きました


仙台の桜花は春の暴風ですっかり散ってしまいましたが、わずかに残った花々を愛でながら、仙台緑丘会は平成29年4月22日(土)、恒例の春のお花見会(オホーツク海明け毛ガニを食べる会)を仙台市太白区の笊川堤で開催しました。ことしは今春商大を卒業された片倉まゆさんをはじめ、ご夫婦・親子を含めて23名が参加。幹事さんから、参加者一人一人に「マイグラス、トレイ、カニはさみ、フォーク」のお花見セットが用意され、北海道雄武町・石沢水産から届いた「海明け毛ガニ」が一尾づつ配られました。 …もっと見る






◆ 2017.04.12 ◆ 春の蕃山散策、今年も登山部の活動をスタートしました


仙台緑丘会登山部は4月9日(日)、毎年春の恒例となっている蕃山散策を実施しました。天気予報では降雨の確率が高く、登山の終わり頃に若干降雨はありましたが、風もなく暖かな中で早春の蕃山散策を楽しむことができました。地元の斎藤先輩にご案内いただき、ショウジョウバカマ、カタクリ、イワウチワの群生地、樹齢400年以上のブナ林を散策。仙台はようやく春到来。これから新緑の山に姿を変えていこうとする山の息吹きを感じた一日でした。 …もっと見る






◆ 2017.04.02 ◆ 伊藤整のエッセー「小樽商科大学」(伊藤整全集第24巻)を全文更新


母校が輩出した作家・伊藤整は、「小樽商科大学」と題したエッセーを40年前に残し、「伊藤整全集」に収録されています。本稿は、小樽商科大学同窓生が持つ強い愛校心について考察した貴重な文献です。これまで一部を掲載していましたが、今般、改めて全文をご紹介しますのでご一読ください …もっと見る






◆ 2017.04.02 ◆ 春の人事異動、仙台緑丘会メンバーの歓送迎会を開催


4月は人事異動の季節
、仙台緑丘会でも別れと新たな出会いがありました。仙台緑丘会は平成29年4月2日(土)、仙台一番町で歓送迎会を開催しました。市原昭一さん(昭57卒)が、5年間の仙台勤務を終えて東京に転勤されることになりました。「仙台は緑丘会の楽しい思い出がいっぱいです」と振り返られる市原さん。東京でのご活躍を心から祈念しております。また、今春・商大を卒業された片倉まゆさんが、仙台に戻られ、当会に正式に入会されました。「これからは現役商大生をサポートする立場。これからもよろしくお願いします」と抱負を語られました。春の別れを惜しみつつ、また新会員を迎えた喜びもあり、いつもよりも元気にはしゃいでしまった緑丘同窓生たちの一夜でありました。…もっと見る






◆ 2017.03.19 ◆ 札幌支部との冬の交流会2017、松尾ジンギスカン札幌駅前店で開催


小樽商科大学卒業祝賀会の前夜3月13日(月)、仙台緑丘会は札幌支部の皆さまと札幌市内で交流会を開催しました。会場の「松尾ジンギスカン札幌駅前店」には、月曜日にもかかわらず現役学生を含む8名が集ってくださいました。
商大卒業生の歌原常務さんにご提供いただいた特製ラムとサッポロビールで乾杯。商大や学生時代のこと、最近の北海道経済のこと、近況報告と話題が尽きることがありません。緑丘のご縁が育んだ素晴らしいひと時でありました。
仙台緑丘会は、これからも札幌支部、東京支部などと相互交流を深めてまいります。
…もっと見る






◆ 2017.03.18 ◆ 小樽商科大学卒業記念祝賀会に仙台緑丘会が出席、卒業生の門出をお祝い


仙台緑丘会は3月14日(火)、母校・小樽商科大学の卒業記念祝賀会(公益社団法人緑丘会主催)に出席しました。卒業生や大学関係者、緑丘会の皆さんが市内のニュー三幸に集い、会場は300名を超える参加者で満杯となりました。司会を担当されたのは商大卒業生のNHKアナウンサー福井慎二さん。緑丘チャンネルの取材メンバーも東京から駆けつけました。午後4時、福井慎二さんの美しいご発声で開会が告げれ、島崎理事長、和田学長がご挨拶。その後、小樽・東京・仙台・札幌の同窓生が緑丘会を紹介し、当会への加入と参加を呼び掛けました。…もっと見る






◆ 2017.02.11 ◆ 今年も母校・小樽商大のため、新たなチャレンジを 当会新年会2017を開催


恒例となった仙台緑丘会新年会を平成29年2月10日(金)、会員28名が出席して仙台市内で開催しました。今回は緑丘会本部より古川哲朗常務理事(小樽商科大学後援会)が出席され、当会会員と緑丘交流を深められました。また、札幌支部より祝電を頂き有り難うございました。会の最初に及川会長より「今年も仙台緑丘会は母校のため会員の皆さんと新しいことにチャンレンジしていきたい」と力強い抱負が述べられました。 …もっと見る






◆ 2017.02.08 ◆ 【講義録公開】小樽商大エバーグリーン講座・柴田康幸さん(平成14卒)


仙台緑丘会は、母校で開講するエバーグリーン講座に毎年講師を派遣しております。今年度はさる11月9日(水)に柴田康幸さん(平14卒)が「私のキャリア論」と題して現役学生280名に講義を行いました。当日の商大キャンパスは11月というのにすっかり雪景色。講義に先立ち、和田学長より柴田さんに感謝の楯が贈られました。また今般、当日の柴田さんの講義録が同講座facebookで公開されましたので詳細を転載いたします。ぜひご一読ください …もっと見る






◆ 2017.01.28 ◆ 東京支部から髙橋ご夫妻が来仙、ハンドボール緑丘会 IN 仙台大橋を開催


ともに小樽商大ハンドボール部ご出身の高橋涼さん・愛美さんご夫妻(東京支部)が1月27日(金)、コンサート旅行で仙台においでになりました。仙台緑丘会はハンドボール部出身の柴田康幸さんを中心に集まり、冬の仙台で緑丘交流を深めました。仙台城下の仙台大橋のたもとにある「にこらす」へ。秋田のおいしい地酒と郷土料理をいただきながら、緑丘会のこと、北海道や小樽の話題は尽きることがありません。皆さんの楽しい笑声は地下鉄終電を逃すまで続き、5時間に及んだ交流会は午前0時にお開きとなりました。…もっと見る






◆ 2017.01.07 ◆ 仙台出身の現役商大生を激励する会を開催


仙台・宮城から母校・小樽商科大学へ進学した現役学生を機会あるごとに応援する。これはわが仙台緑丘会が昭和の時代から永年にわたって培い継続してきた誇るべき伝統です。今回は昨春、仙台三高から小樽商大へ進学した星彩季さん(吉田下宿)が正月休みで帰省されたことから、1月5日(木)に仙台市内で激励会を開催しました。集った緑丘同窓生は9名。一人ひとりから星さんに激励の言葉が贈られ、充実した商大生活が過ごせるよう心からエールを贈りました。仙台緑丘会は、母校支援の一環としてこれからも現役商大生への支援を継続してまいります。…もっと見る






◆ 2016.12.11 ◆ 仙台藤崎百貨店で「小樽の物産と観光展」が開催中


師走・仙台の恒例行事となった「小樽の物産と観光展」は、平成28年12月9日(金)~12月15日(金)の日程で仙台市青葉区一番町の藤崎百貨店7階催事場で開催。初日からたくさんのお客様が来場されたいへんな賑わいとなっております。会場には仙台出身の小樽商大OBでシニアワインソムリエの阿部眞久さんも駆けつけてくださり、ワインセミナーを開催されるとともに来場客に特製のホットワインをご提供されておりました。藤崎百貨店では秋に北海道物産展、そして年末に小樽物産展を定期開催しており、仙台での小樽ブランドの人気定着に心嬉しく思っております。…もっと見る






◆ 2016.11.12 ◆ 【登山部だより】仙台秋保・三方倉山で紅葉の彩を楽しみました


登山部は11月5日(土)、今年最後の登山を仙台市秋保奥二口渓谷入口の「三方倉山(標高971m)」で実施しました。風もなく、雲一つない秋晴れの中、参加者4名で9時に登山口をスタート。上りは巨木のブナ林、材木岩を通るブナ平コースを山頂へ、頂上からはすぐ近くに紅葉の大東岳も望むことが出来ました。昼食後はシロヤシオコースを下山。滑る道に足を取られながら、途中から磐司岩を眺め、二口自然歩道経由で登山口に戻りました。今シーズンは雨が多く、中止になった計画もありましたが、締め括りは好天の紅葉の中での山登りで終了する事が出来ました。…もっと見る






◆ 2016.10.23 ◆  秋の芋煮会を秋保温泉「木の家」で開催、全国各地から緑丘同窓生が集いました


仙台緑丘会恒例の秋の芋煮会は10月22日(土)、仙台秋保温泉の「木の家」に33名が参加して開催しました。今年は仙台・宮城のほかご夫婦3組を含め、札幌、東京、茨城、富山からも参加者がありました。お昼にJR仙山線・愛子駅に集合し、全員で車に分乗し秋保温泉へ向かいます。紅葉が始まった名取川の河原でさっそく薪火をおこし、サッポロビール黒ラベル「東北ホップ100%」で乾杯。手際よく「オードブル」「芋煮鍋」「ジンギスカン」「焼きそば」「デザート」などを作りましたが、今年の仙台風芋煮は柴田総料理長が秋田産の天然舞茸を仕入れてくださり旨味も一段とアップしました。…もっと見る





CONTENS










>>  小樽商大 紹介ビデオ