HOME

北に一星あり 小なれどその輝光強し

There is a star in the north ; small but shining brilliantly.

3年ぶりに復活、仙台緑丘会・秋の芋煮会(仙台市秋保温泉・木の家)

ABOUT US


緑丘会は、国立大学法人小樽商科大学・卒業生の同窓会です。

わが母校が生んだ作家・伊藤整は、その著書で母校を「卒業生と学校当局が、家族意識と言っていいような奇妙に強い団結力をもっているのが最大の特徴である」と語っています。

100年の時を越えて流れるこの良き伝統は、私たち仙台緑丘会の交流活動にも継承され、北の港町・小樽で学んだことを誇りに、世代を超えた強い絆で結びいております。

また、当会の交流活動には、仙台・宮城はもとより、東北、北海道、東京など全国の緑丘卒業生やご家族にも参加いただき、「地域と世代を越えた同窓交流」として広がりを見せております。

緑丘同窓生のみなさまには、このホームページをご覧いただき、ぜひ、当会の交流活動、そして母校への支援活動へご参加いただければと願っております。

国立大学法人 小樽商科大学

北海道小樽市緑3丁目5−21

明治43年(1910年)、本学の前身の小樽高等商業学校が、わが国で5番目の官立高商として設立され、翌年明治44年(1911年)第1期生を迎えて開学した。

その後、小樽経済専門学校、小樽商科大学と名称こそ変われ、小樽の街並みと石狩湾を眺望する緑丘の地に100年の歴史と伝統を刻んできた。

その名声は 「北に一星あり 小なれどその輝光強し」 と謳われている。(小樽商大ホームページ)

CONTENTS

仙台緑丘会ご紹介

杜の都仙台・交友録

海の見える町 小樽商大

仙台緑丘イベント案内

仙台緑丘会・総会

仙台緑丘会・新年会

エバーグリーン講座

小樽商大 仙台試験場

春のお花見会

夏のジンギスカン

秋の芋煮会

東北楽天応援観戦

ゴルフ部レポート

登山部レポート

小樽商大紹介ビデオ

小樽商大学園歌集

INFORMATION

2022.11.19◆  小樽で宮城県出身の商大生を激励 

2022年11月13日(日)、当会の及川秀行副会長が、商大グリークラブ創部100周年記念OB演奏会(札幌教育文化会館)に出席。翌14日(月)、小樽商科大学を訪問し、仙台高校訪問を担当されている鈴木副学長と一緒に、宮城県出身の現役商大生と面談夕方には市内で学生と懇親する機会を設けました。現在、宮城県出身の現役商大生は7名が在学中であり、今回は商大入試室の協力を得て3名と初対面し宮城と小樽を結ぶ現役学生と仙台同窓生との交流を深めることができました。

もっと見る


2022.10.23◆  復活 秋の芋煮会 過去最多39名が参加 

仙台緑丘会「秋の芋煮会」を10/22(土)、3年ぶりに秋保温泉「木の家ロッジ村」で開催しました。参加者は過去最多39名(日帰り19名、宿泊20名)。今回は北海道、東京、茨城から、演劇戦線メンバーを中心に初参加の方も多数いらっしゃいました。上川大雪酒造の塚原社長さん・森井部長さんも札幌から宿泊参加で駆けつけていただき、同社の碧雲蔵、五稜乃蔵、緑丘蔵の美酒を多数差し入れていただきました。これまでコロナ禍でずっと自粛してただけに、久方ぶり名物行事の復活で、緑丘同窓生の思いが一気に秋保の里で弾け飛んだ雰囲気となりました。皆様、また来年もお待ちしております。

もっと見る



◆ 2022.09.18◆  仙台緑丘会 商大仙台試験場プロジェクト 仙台市内高校を訪問

2022年度の仙台緑丘会・商大試験場プロジェクトは、9月15日、16日の2日間で、仙台市内の進学高校11校を訪問しました。今年も小樽から、鈴木副学長が来仙され、仙台緑丘会の及川、小笠原の2名が同行しました。

<9月15日>

仙台東高校、仙台南高校、仙台向山高校、仙台第一高校、仙台二華高校、宮城第一高校

<9月16日>

泉高校、仙台商業高校、泉館山高校、仙台第三高校、聖ウルスラ学院英智高校


ある高校では、商大志願者(女子)が小樽のオープンキャンパスに参加した情報を入手できました。ぜひ、来春の合格・進学を期待したいです。また、商大に進学実績のある高校では、当該学生の商大での活躍ぶり、卒業後の進路までお伝えしてきました。こうした地道な活動が、受験生増加につながることを祈念しています。


夕刻の反省会には、佐竹正夫先生(仙台在住)にもご参加いただきました。昭和の商大思い出話に盛り上がり、おかげで心がスッと軽くなりました。


もっと見る



◆ 2022.09.10◆  復活!プロ野球観戦・東北楽天VS北海道日本ハム(楽天生命パーク宮城)

さる9月3日(土)、仙台緑丘会は、楽天生命パーク宮城に13名(うち小学生2名)が集い、プロ野球・東北楽天VS北海道日本ハムを観戦しました。コロナ禍の影響で中止をしてきましたが、2019年以来、3年ぶりに再開しました。この日は楽天・田中将大投手が先発、最後は押し出し四球で楽天の劇的な勝利となりました。会員のお子さん小学生2名も、シェイクを飲みながら声援を送ったそうです。 参加者の皆さんのコメントをご紹介します。


<参加者コメント>

昨日は楽天とてもとても楽しかったです。 私が帰った後、すぐに押し出しで勝てたということで、勝利の瞬間を見たかった。タオルもありがとうございます!息子は楽天熱が高まっていて、家でも楽天の話ばかりしています。楽しい機会をどうもありがとうございました。

<参加者コメント>

途中で交代しましたがマー君が先発、記憶に残るさよならフォアボールでの勝利と、楽しい気分で帰途につけて良かったでした。来年はもう少し感染の心配ない中で、皆さんに参加して頂ければと思います。来年も楽しみにしています!宜しくお願い致します!

ッジ村

もっと見る



◆ 2022.09.03◆  復活!秋の芋煮会(秋保温泉・木の家ロッジ村)秋保木の家ロッジ村

仙台緑丘会は、待望の秋の芋煮会を復活します。会場は、秋保温泉・木の家ロッジ村、コロナ感染防止策を徹底して開催いたします。全国の緑丘同窓生の皆様のご参加をお待ちしております。

1.日 時:10月22日(土)13:00 ~

2.場 所:木の家(仙台市太白区秋保温泉) 〒982-0241 仙台市太白区秋保町湯元字馬乙2-1(女将は、平成13年卒の早坂美佐子さんです)

      雨天対応可能な大型コテージを終日使用致します。

3.会 費:日帰りコース 5,000円(小・中学生は3,000円、未就学児童は無料)

      宿泊コース 10,000円(木の家コテージに宿泊、日帰りコース+夕・朝食+温泉付きです)

4.交通手段

  自家用車の方 : 12時45分まで、「木の家」入場受付口にお集まり下さい。駐車場は予約制となりますので、事務局へお知らせください。

  JR利用の方  : 仙台発11:38 (JR仙山線普通愛子行)→ 愛子着12:07   愛子駅から、幹事車に分乗して移動します。

5.出欠連絡 9月30日(金) 必着で事務局へお知らせください。

もっと見る



◆ 2022.07.31◆  復活!ジンギスカン友の会 新会員4名の歓迎会を開催

仙台緑丘会は、同窓会活動を再開しました。まずはサッポロビール仙台工場で3年ぶりにジンギスカン友の会を開催、新会員4名(大友欣也さん、阿部和夫さん、大古華鈴さん、貞宗健司さん)の歓迎会です。

今回、ビール園の大ホールは貸切状態、換気・感染防止対策も万全に行っていただきました。ここ仙台で、また小樽緑丘の新しいご縁が広がることは嬉しいことです。

仙台工場は、今年いっぱいでビール製造を停止し、サワー系飲料の製造に切り替えるとか。ビール園は今後も営業継続とのことですが、最後の工場直送・生ビールを味わってきました。

もっと見る



◆ 2022.07.17◆  復活!プロ野球・東北楽天VS日本ハム応援観戦会

会員の皆さま、お待たせいたしました。楽天生命パーク宮城でのプロ野球観戦会を復活します。対戦相手は、ビッグボスで盛り上がる北海道日本ハムファイターズ。秋空と白球、生ビールはいかがでしょうか。

皆様のご参加をお待ちしております。なお、先着20名様となります。

日時:2022年9月3日(土)14:00 試合開始

場所:楽天生命パーク宮城(ライト側 団体席)

会費:5000円 (観戦券+飲物券付、小学生半額、幼児無料)



◆ 2022.07.02◆  復活!夏のジンギスカン友の会 お知らせ

会員の皆さま、お待たせいたしました。仙台緑丘会の活動を再開いたします。まずは「夏のジンギスカン友の会」から復活です。例年より早く夏が訪れた仙台。サッポロビール仙台工場で久方ぶりに再会しましよう。今回は仙台に赴任された新会員3名も参加されます。会員の皆さまには、別途ご案内を発出いたします。心より参加をお待ちしております。

日時 : 2022年7月30日(土) 午後1時開始

場所 : サッポロビール仙台工場 仙台ビール園 JR東北本線名取駅下車すぐ(仙台駅から電車で15分)

会費 : お一人5,000円(ミックスジンギスカン食べ放題&飲み放題・プレミアムプラン)


◆ 2022.07.02◆  仙台緑丘会 2022年度書面総会のお知らせ

仙台緑丘会会員の皆さまには益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。当会の活動は、コロナ禍の影響により、ここ2年間は活動停止となりました。今年に入り、コロナワクチン接種が進み、感染状況も小康状態に転じ、行動の規制緩和が拡大しております。しかしながら、2022年度総会は、会場準備等の関係もあり、書面(メール)による決議方式とさせていただきます。どうぞご理解をお願いいたします。事務局より会員の皆さまへ議案書を発出(メール、郵送)いたしました。各議案の賛否について、7月8日(金)までご回答をお願い申し上げます。

【第1号議案】活動報告(2020~2021年)

【第2号議案】活動計画(2022年)

【第3号議案】会計決算(2021年)

【第4号議案】会計予算(2022年)

【第5号議案】役員改選

もっと見る


◆ 2022.06.19◆  仙台緑丘会イベント案内 2022年【更新】

コロナ禍が長期化するなか、ワクチン接種の普及・拡大などにともない、ウィズコロナの方針のもと、行動規制ルールが緩和されています。当会においても、感染防止を徹底しながら、下記の諸行事を再開してまいります。なお、今後の感染状況を十分に注視しながら、イベント運営に対応してまいります。

<再開するイベント>

2022年11月 小樽商科大学エバーグリーン講座 

2022年10月 仙台緑丘会長・秋の芋煮会(秋保温泉・木の家) 

2022年09月 小樽商科大学仙台試験場サポート 仙台市内高校訪問 【更新】

2022年09月 東北楽天イーグルスVS日本ハムファイターズ応戦観戦(楽天生命パーク宮城) 

2022年07月 仙台緑丘会 新会員歓迎会 (サッポロビール仙台ビール園)

2022年06月 仙台緑丘会総会(書面)


もっと見る


◆ 2022.06.05◆ 「緑丘さっぽろ」113号に寄稿しました 


緑丘会札幌支部の機関紙「緑丘さっぽろ」編集担当者様より、当会へ寄稿依頼があり、6月発行の第113号に当会幹事会からのメッセージを掲載いただきました。コロナ禍で中断した当会と札幌支部の交流が再開し、札幌支部の皆様とお会いできる日を心待ちにしております。

詳細は、札幌支部ホームページをご覧ください。 リンク:緑丘会札幌支部ホームページ


◆ 2022.03.13◆ 【訃報】金子雅紀さん(昭和58卒)


当会会員・金子雅紀さん(金子経営コンサルティング事務所代表)は、さる令和3年3月7日、闘病の末、永眠されたとのことです。コロナ禍で当会行事がすべて中止となり、最近はお会いする機会がありませんでした。そのようななか、突然の訃報に接し、たいへん残念でなりません。衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

【金子経営コンサルティング事務所HPより】

謹啓 平素は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。

さてこの度 令和3年3月7日に私共の業務の一切を取り仕切っておりました金子雅紀が闘病の末永眠いたしましたため、金子経営コンサルティング事務所は廃業することとなりました。

皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますことを深くお詫び申し上げます。また、これまでご愛顧賜りましたこと感謝申し上げます。まずは略儀ながら書中をもってご挨拶を申し上げます。

敬具 令和3年3月12日 遺族一同


◆ 2022.03.12◆ 久野光朗先生ご遺稿「会計と財務の英和辞典」刊行

12年にわたる編纂作業をゼミ生が継承、久野会計学の集大成がここに


母校・小樽商大の名誉教授、故久野光朗先生の遺稿「会計と財務の英和辞典」が、ゼミの教え子たちによって編纂作業が受け継がれ、2022年3月11日、同文舘出版より刊行となりました。当日の日本経済新聞一面に書籍広告が掲載され、Amazonでも取り扱いが開始されています。先生が亡くなられたのが2018年2月。その年の夏、札幌で開催された「久野先生を偲ぶ会」の席上、函館大学の片山先生より、久野先生が退官後のライフワークとして事典編纂を12年にわたり一人で進められていたこと、そしてゼミ生有志が久野先生の遺志を継いで編纂作業を進められる決意を語られていました。それから4年の年月を経て、ついに今回刊行に至ったものです。

もっと見る


◆ 2022.03.05◆ 商大仙台試験場 前期日程二次試験が無事終了 

コロナ影響で受験者数は前年比減。仙台市内高校から受験生、当会高校訪問の成果表れる。


2022年2月は、新型コロナウィルス・オミクロン株の猛威、北京冬季五輪の開催、ロシアのウクライナ侵攻、世界各国の急激な金利・物価上昇、札幌圏の大豪雪・交通マヒなど、後世への記録に残る出来事が相次ぎました。このような中、さる2月25日(金)、小樽商科大学仙台試験場で前期日程二次試験が実施されました。オミクロン株の影響で昨年より受験者は少し減少したようです。仙台地区からは、泉区の高校などから受験。昨秋の高校訪問の成果があったと思います。試験監督担当の商大教職員6名の方々は、札幌・小樽の豪雪・交通障害の影響で、仙台まで10時間かけて苦労されて到着されたとのこと。本来であれば、教職員の皆さん全員と、親しく懇親を深めたいところです。でも今年は、コロナ禍を考慮して懇親会を中止。仙台緑丘会から気持ちばかりのお弁当を差し入れさせて頂きました。

もっと見る


◆ 2022.01.08◆ コロナ対策を講じ、同窓会活動を段階的に再開 

2年ぶりに幹事忘年会を開催、現役商大生(ミス小樽)も出席・交流。


2021年12月、2年ぶりに仙台緑丘会の幹事忘年会を開催しました。毎月オンライン幹事会で顔をあわせていますが、コロナが小康状態となり、感染防止対策をしっかり講じて集いました。久方ぶりの再会が実現、楽しい年末のひと時でした。また当日、商大三年生の山川穂乃香さん(ミス小樽)が就職活動のため仙台へ来訪、当会にもご挨拶をいただきました。ぜひ内定を勝ち取って、仙台で働く機会を掴んでほしいですね。山川さんに仙台緑丘会メンバーから熱いエールを送りました。なお、年明け後、オミクロン株の感染急拡大が懸念される情勢となりましたので、当会新年会開催は見送りとします。ご了承ください。

もっと見る


◆ 2021.11.28◆ 小樽商科大学エバーグリーン講座 2021 

「日本における水産業の現状」 仙台緑丘会・生巣俊之さん(平成元卒 日本水産)が母校で講義


コロナ禍のもと母校・小樽商科大学では、今年もエバーグリーン講座が開講。仙台緑丘会からは生巣俊之さん(平成元卒、日本水産仙台支社)がさる2021年11月17日に母校の教壇に立たれ、「日本における水産業の現状」をテーマに講義を担当されました。現在、小樽商科大学では、対面授業とオンライン授業を併用する体制になっています。今回の講義では、冒頭で日本の水産業が抱える課題を掲げられ、「漁業と水産業の違い」「水産業の歴史」「魚種別の漁獲高の現状」「国際的な養殖の拡大」「資源管理の重要性」などが、豊富なデータ資料を用いて丁寧に解説されました。

もっと見る


◆ 2021.10.16◆ 小樽商科大学創立110周年記念式典・シンポジウム開催 

ユニバーサル・ユニバーシティ構想を公表、商大を北海道の共創と再生の拠点に


コロナ禍の影響で延期となっていた母校創立110周年記念行事はさる10月15日(金)、記念式典とシンポジウムが開催され、YOUTUBEでオンライン配信されました。記念式典は母校で出席者を限定して開催。帯広畜産大学と北見工業大学との三大学経営統合準備が進む中、江頭副学長より母校が目指す「ユニバーサル・ユニバーシティ構想」が公表されました。これは北海道内10拠点を情報通信技術で結び、高等教育機会の提供や観光・医療分野などで地方創生機能を整備していくものです。また、午後からは札幌・道新ホールで記念シンポジウムが開催され、石屋製菓・石水創社長(2013年大学院MBA修了)の基調講演会、商大・帯広畜大・北見工大の卒業生等によるパネルディスカッション「新たな価値創造、北海道の未来へつなぐ挑戦」が行われました。


◆ 2021.10.16◆ 「令和2年度社会人基礎力白書」発行 

仙台緑丘会・若林緑さん(平成10卒・東北大学准教授)のエバーグリーン講義録が公開されました


緑丘会と小樽商科大学キャリア教育開発部門が編集した「令和2年度社会人基礎力白書」がさる9月に発行されました。本白書は、母校卒業生が登壇するエバーグリーン講座の講義内容をまとめたものであり、今回は2019年度実施分が対象となります。仙台緑丘会の若林緑さん(平成10年卒・東北大学大学院准教授)が担当された「小樽商大から研究者の道へ」 も掲載されましたのでご紹介いたします。ぜひご一読ください。

もっと見る


◆ 2021.10.03◆ 2021年 緑丘会全国支部長会議(WEB)開催 

共通テスト「簿記会計」除外への対応、道外入学者の確保に強い要望


緑丘会の全国支部長会議は2021年10月2日(土)、WEBオンライン会議で本支部を結び、商大・穴沢学長をはじめ、過去最高の48名が出席して開催されました。会議では、母校110周年記念募金や講演会、コロナ禍での母校の状況、各支部の活動状況が報告され、意見交換を行いました。仙台緑丘会から橋本会長、尾形副会長(緑丘会理事)が出席。当会の仙台市内の高校訪問報告には出席者から強い関心が寄せられました。共通テスト改革で簿記会計が試験科目から除外されることから「全国の商業高校の優秀な生徒を受け入れる体制を考えてほしい」との要望がありました。また、道外入学者減少は中長期的に緑丘会活動にも大きな影響があることから、「本州各支部が地元の高校訪問を検討してほしい」との発言もありました。

もっと見る


◆ 2021.09.25◆ 仙台緑丘会イベント案内 2021年秋篇

コロナ感染防止策をこれからも徹底、当会行事を段階的に再開いたします

当会イベント案内を久方ぶりに更新いたします。残念ながら恒例の秋の芋煮会は、今年も中止としました。来年こそ「木の家」で皆さんと再会したいと願っています。一方でコロナワクチン接種済の会員を中心に、感染防止策及び行動規制ルールを徹底しながら、ゴルフ会など少しづつ当会行事を再開することにしました。

本格的な活動は今後の動向次第ですが、オンライン会議も併用しながら、当会活動を停めることなく、継続してまいります。

【2021年秋の仙台緑丘イベント】

2021年11月 小樽商科大学エバーグリーン講座 生巣俊之氏(平元卒)が登壇 NEW

2021年10月 仙台緑丘会長杯懇親ゴルフ NEW

2021年10月 公益財団緑丘会 代議員選挙  堀内康平 常任幹事(平8卒)を推薦 NEW

2021年10月 仙台緑丘会オンライン幹事会  NEW

2021年10月 公益社団法人緑丘会 全国支部長会議(WEB)NEW

もっと見る


◆ 2021.09.18◆ 商大仙台試験場プロジェクト

商大と仙台緑丘会の高校訪問を2年ぶりに再開しました。


コロナ禍で中止していた商大仙台試験場プロジェクト、ついに再開です。小樽から鈴木副学長が来仙され、仙台緑丘会との仙台市内の主要高校訪問を2年ぶりに実施しました。2日間(2021年9月15日、16日)にわたり、当会の小笠原副会長と及川副会長が同行。仙台南部は仙台第一、仙台ニ華、宮城第一、仙台向山、仙台南、仙台東の6校。仙台北部は仙台商業、泉、仙台第三、宮城野、ウルスラ英智の5校 を訪問しました。当方は全員がコロナワクチン2回を接種済。それでも高校側から訪問を敬遠されるのではないかと憶測もしましたが、北海道からわざわざ訪問されたことに、各高校の先生から感謝の言葉が寄せられ、たいへん好意的に迎えていただきました。

もっと見る


◆ 2021.06.11◆ 商大110周年記念 デジタルフォーラム開催します

「ICTが北海道を日本の先端地域に変える ~小樽商科大学110周年記念ICTサミット~」


母校・小樽商科大学は2021年に創立110周年を迎えます。その記念事業として来る2021年7月16日(金)、Web配信「日経デジタルフォーラム ICTが北海道を日本の先端地域に変える ~小樽商科大学110周年記念ICTサミット~」(主催:日本経済新聞社、共催:小樽商科大学、緑丘会 )を開催します。

本フォーラムは母校を会場に14:30~17:40 に開催。穴沢学長、江頭副学長、十河政則氏(ダイキン工業株式会社 取締役社長CEO 本学OB)らが登壇され、その様子は Webで無料配信されます。なお、視聴にあたってはこちらから事前登録が必要となります。同窓生の皆さまのご参加をお待ちしております。

もっと見る


◆ 2021.06.06◆ 商大110周年記念募金、目標額1億15百万円を達成

コロナ禍の影響を受けた学生300名に総額900万円を給付


さる2021年5年22日(土)、緑丘会本部は110周年記念募金委員会(北海道地区)と理事会を開催し、募金目標額である1億15百万円を早期達成したことを報告しました。仙台緑丘会からは、緑丘会理事の尾形副会長が出席しました。この募金活動は、当初目標額を1億円として開始しましたが、コロナ禍の影響を受ける母校後輩の支援のため、2020年6月にコロナ支援として15百万円を目標に上乗せしました。緑丘会の呼びかけに多方面の同窓生に呼応いただき、募金実績は5月7日現在1億19百万円余り、募金期限の2022年3月を待たずに目標達成に至りました。

もっと見る


◆ 2021.04.03◆ 2021年度 年会費の取り扱い、今後の活動方針について

当年会費は不要、コロナ禍収束を注視して活動再開検討

当会活動は、昨年2月の新年会を最後に休止しておりますが、今般、幹事会にて、2021年度の年会費の取扱い、活動方針等を決定しましたのでお知らせいたします。緑丘会本部や当会幹事会では、一日も早い活動再開を願うとともに、オンライン会議など新しい生活様式に応じた緑丘交流にもチャレンジしているところです。会員の皆様におかれましては、コロナ感染防止に向けてご自愛いただくとともに、今後とも当会活動にご理解とご賛同をいただきますよう心よりお願い申し上げます。

1.2021年度会費の取扱い

  2021年度会費(年間3,000円)は不要です。2020年度は当会活動をすべて休止。このため当年度会費を翌年度に繰り越します。

2.今後の当会活動予定

  ① お花見会(4月)、当会総会(6月)は中止とします

  ② 当会総会は、昨年と同様に、書面で議案を送付・承認をいただく予定です。

  ③ 新型コロナ感染の収束状況を注視し、活動再開のタイミングを慎重に検討します。

  ④ 当面、オンライン交流に軸足をおき、当会ホームページでご案内します。

  ⑤ 商大入試室と連携し、仙台試験場運営に協力します。

3.緑丘せんだい 2020-2021年活動報告(下記リンクよりご覧ください)

もっと見る


◆ 2021.02.11◆ 2021年 仙台緑丘オンライン幹事会(2月)

商大仙台試験場、コロナ禍下でも志願者が増加

仙台緑丘会オンライン幹事会をさる2月6日(土)に開催し、過去最高の14名が出席しました今回は小樽商大・江頭副学長がゲスト参加され、コロナ禍での商大や小樽の街の様子をお聞きしました。

さて、2月の国公立大学二次試験の志願状況が報道されましたが、江頭副学長によりますと、仙台試験場は昨年の25名を上回る26名が志願したとのことです。コロナ禍の影響が長期化するなか、仙台試験場にどのよう影響が及ぶのかを心配しておりましたが、商大を目指す東北の高校生の思いが変わっていないことに安堵いたしました。

二次試験は来る2月26日(金)、例年どおり、仙台駅前の北杜学園・仙台医療福祉専門学校校舎が会場となります。一人でも多くの方が合格の栄冠を勝ち取り、ここ東北地区から商大へ進学されることを切に願っております

もっと見る


◆ 2020.12.19◆ 2020年 仙台緑丘オンライン幹事会・忘年会

「2021年・新年会は中止決定」 また再会できる時を心待ちに

仙台緑丘会オンライン幹事会・忘年会をさる12月12日(土)に開催しました。例年ですと、昼過ぎに事務局に集い、夜まで6時間超のロングラン忘年会を開催してきました。しかしながら、今年はコロナ禍を受けて、札幌、仙台、東京、神戸の緑丘同窓生12名がオンラインで出席。波乱だらけだった今年1年を振り返りました。

また、当会新年会は、毎年2月に仙台市内で開催しておりますが、2021年は新型コロナウィルス感染防止のため、中止とすることを決定しました。橋本会長から「緑丘会員の皆さんに直接お会いできないのは残念ですが、また安全に再会できるまで、オンラインでつないでいきましょう」とのメッセージ。皆様方におかれましては、感染予防に十分に留意いただき、ご自愛くださいませ。

さて当会幹事会は、コロナ禍のもと、毎月上旬の週末にインターネットの「オンライン幹事会・交流会」(ZOOM)を開催しております。ご自宅等でインターネットに接続し、パソコン、WEBカメラ・マイクの環境があれば、会員の皆さまにご自由に参加いただけます。ご希望の方には事務局より別途案内メールを差し上げますので、ぜひご参加ください。お待ちしております。

もっと見る