秋の芋煮会 2019

IN 仙台秋保温泉・木の家

札幌・秋田・茨城・東京の同窓生を含む28名が参加

恒例の仙台緑丘会の秋の芋煮会は2019年10月19日(土)、仙台秋保温泉「木の家」で開催しました。

今年は札幌、小樽、江別、青森、秋田、茨城、東京の同窓生のほか、宮城県出身の現役商大生2名の参加もあり、総勢28名となりました。今回は、小さなお子さんやお母さまとご一緒など、ご家族連れの同窓生が多かったのも特徴で、たいへん賑やかな雰囲気となりました。

当日の仙台市は、東北・関東に甚大な被害をもたらした前週の台風19号の余波が残り、前夜からは再び強い雨が降り続いておりましたが、昼の部がスタートした昼過ぎにはどうにか雨も止んでくれて一安心でした。

さて、ロッジでは、今年も当会幹事から、芋煮鍋、宮城・東北の郷土料理の数々、北海道ジンギスカン、焼きそば、デザートなど、たくさんの手作りメニューが振舞われました。

また、上川大雪酒造様、秋田県醗酵工業様には、今年もたくさんのお酒を差入れをいただきました。お陰様で美味しい料理に、美味しいお酒が見事にマッチングし、参加者は秋の味覚を存分に味わうことができました。有り難うございました。

ロッジを貸し切っての夜の部には、「木の家」の女将である早坂美佐子さん(平13卒)も駆けつけてくださり、全国の同窓生と親交を深めることができました。仙台名物セリ鍋、手打ちそばなど、夜の部もたくさんの美味しいメニューをご提供。日付けが変わっても、参加者の楽しい語り合いはずっと続きました。

この芋煮会を通じて、毎年ここ仙台で緑丘交流が深まっていることをうれしく思っております。ぜひ、来年もご参加ください。お待ちしております。


昼の部 雨模様の中、全国の同窓生が秋保温泉に集う

夜の部 「仙台セリ鍋」を味わい 歌い語り合う