日々‎ > ‎

新宅さん(太田川学園)の解雇撤回を!

2012/06/09 17:37 に 山根岩男 が投稿   [ 2012/09/20 5:36 に更新しました ]
障害者施設の太田川学園(広島市安佐南区)を解雇された新宅弘彦さんが、地位保全の仮処分の申し立てをしていた広島地裁の審尋(非公開)が7日開かれ結審し、今月下旬に決定が出されることになりました。

太田川学園側は新宅さんに虐待があったなど主張し、関係者などから集めた解雇を求める署名を提出。新宅さんは虐待にはあたらないと反論し、解雇の相当性が争点になりました。

「明るい太田川学園をつくり、新宅さんを職場にもどす会」は結審後、弁護士会館で21人が参加して報告集会を開きました。新宅さんは「学園側が提出した署名は保護者にも職員にも利用者にも圧力をかけて集めたもの」と経営体質を厳しく批判、利用者に寄り添って生き生きと仕事ができる職場を実現したいと決意表明しました(写真の左が新宅さん)。
新宅さんは安佐労学協の副会長。一日も早く解雇撤回・職場復帰を勝ち取るため、「明るい太田川学園をつくり、新宅さんを職場にもどす会」への加入を呼びかけます。
Comments