日々‎ > ‎

2012メーデー前夜祭

2012/04/27 7:44 に 山根岩男 が投稿   [ 2012/04/28 16:34 に 平野百合子 さんが更新しました ]

 

広島県中央メーデー実行委員会主催の「2012メーデー前夜祭」が4月27日午後6時半から広島県ロードビルで開かれました。40人の参加でした。労学協は広島うたごえ協議会とともに共催に。
 
 

 一部は荒木栄とメーデー歌がうたわれ、今年あらたにメーデー歌集に加えられた「あの空へ帰ろう」の歌詞には、不当解雇撤回を求めて闘う日航労組の必ず職場復帰するぞという強い決意がこめられているとの紹介がありました。

この空はどこまでも高く高く

 魔物もいるけど私の職場

 たくさんの命と暮らしを運んだ

 私の誇りをわかってくれる

 あの空へ帰ろう きっと帰ろう

 

二部は「パンとともにバラを」とメーデーの原点から考えようと二見伸吾さんが講演しました。1880年代のアメリカの労働者の状態と現在の日本の労働者が置かれている状態を対比し、よく似ている。競争で勝ち残るのではなく、団結しないと生き残れない!と99%の連帯が大切だと話しました。

Comments