HOME

北に一星あり 小なれどその輝光強し

There is a star in the north ; small but shining brilliantly.

初夏の小樽地獄坂(北海道小樽市緑)

ABOUT US


緑丘会は、国立大学法人小樽商科大学・卒業生の同窓会です。

わが母校が生んだ作家・伊藤整は、その著書で母校を「卒業生と学校当局が、家族意識と言っていいような奇妙に強い団結力をもっているのが最大の特徴である」と語っています。

100年の時を越えて流れるこの良き伝統は、私たち仙台緑丘会の交流活動にも継承され、北の港町・小樽で学んだことを誇りに、世代を超えた強い絆で結びいております。

また、当会の交流活動には、仙台・宮城はもとより、東北、北海道、東京など全国の緑丘卒業生やご家族にも参加いただき、「地域と世代を越えた同窓交流」として広がりを見せております。

緑丘同窓生のみなさまには、このホームページをご覧いただき、ぜひ、当会の交流活動、そして母校への支援活動へご参加いただければと願っております。

国立大学法人 小樽商科大学

北海道小樽市緑3丁目5−21

明治43年(1910年)、本学の前身の小樽高等商業学校が、わが国で5番目の官立高商として設立され、翌年明治44年(1911年)第1期生を迎えて開学した。

その後、小樽経済専門学校、小樽商科大学と名称こそ変われ、小樽の街並みと石狩湾を眺望する緑丘の地に100年の歴史と伝統を刻んできた。

その名声は 「北に一星あり 小なれどその輝光強し」 と謳われている。(小樽商大ホームページ)

CONTENTS

仙台緑丘会ご紹介

杜の都仙台・交友録

海の見える町 小樽商大

仙台緑丘イベント案内

仙台緑丘会・総会

仙台緑丘会・新年会

エバーグリーン講座

小樽商大 仙台試験場

春のお花見会

夏のジンギスカン

秋の芋煮会

東北楽天応援観戦

ゴルフ部レポート

登山部レポート

小樽商大紹介ビデオ

小樽商大学園歌集

INFORMATION

◆ 2020.07.05◆ 【中止】秋の芋煮会

コロナ第二波に備え、会員・参加者の感染防止を最優先 します

仙台緑丘会のオンライン定例幹事会を開催し、コロナ禍の第二波が懸念される中で、10月以降の当会行事の方針を確認しました。当会としては、改めてコロナ対策が長期戦になることを踏まえ、参加者の感染防止を最優先に考え、10月予定の「秋の芋煮会」を中止とすることにしました。皆様におかれましては、何卒、ご理解をお願いいたします。なお、北海道大学・室蘭工業大学との北海道国立三大学ゴルフ対抗戦についても、各大学幹事会と協議対応する方針です。

もっと見る


◆ 2020.07.05◆ 仙台緑丘会 オンライン幹事会 開催

新たな生活様式 コロナ対策でZOOMミーティング活用

コロナ禍の影響により、当会恒例行事の中止を余儀なくされております。このため当会幹事会は、ZOOMシステムを利用し、オンライン幹事会を毎月1回開催しています。当初は、システム設定や発言タイミングなどに戸惑うことも多々ありましたが、回数を重ねることで、次第に会議運営のコツが大分掴めてきたようです。このシステムを使いますと、遠隔地からも参加いただけるのも大きなメリットです。既に緑丘会本部でもオンライン会議を導入し、全国各地の理事が出席しています。

もっと見る


◆ 2020.07.05◆ 仙台緑丘会ゴルフレポート

2020年 月例会を久方ぶりに再開しました

仙台緑丘会ゴルフ部月例会は、コロナ感染防止対策で2020年4月と5月を中止しておりましたが、6月26日(金)にミヤヒル36ゴルフ倶楽部で開催しました。室工大の杉山・小川先輩も参加いただき総勢6名でのラウンド。多少の雨はコロナ流しと思い、目の前の白球(オレンジ・イエロー球も)に集中した18ホールでした。今回の優勝は山下先輩でした。次回は、7月27日(月)ミヤヒル36ゴルフ倶楽部で行います。8時32分アウトスタートで2組を予定しております。

もっと見る


◆ 2020.06.06◆ 創立110周年記念募金 コロナ対策支援事業追加

経済支援策として学生1人あたり3万円を独自給付

母校は、新型コロナウイルス感染拡大による影響を受け、学資負担者の収入減少や、アルバイト先が休業するなどの理由で収入が激減し、学業の継続に支障をきたしている現役学生に対する経済支援策として、1名あたり3万円を給付する本学独自の給付型奨学金制度を創設しました。これを受けて、緑丘会と小樽商科大学後援会は、110周年記念募金の支援事業に「新型コロナウイルス感染拡大による学生支援事業」を追加し、今回の学生支援のために1,500万円を拠出しました。これに伴い、募金総額を当初の1億円から1億1,500万円に増額。現役学生の過酷な状況を理解いただき、同窓生へさらなる寄付の支援を呼びかけています。

もっと見る


◆ 2020.05.30◆ 帯広畜産大に 十勝緑丘「碧雲蔵」誕生

大学構内の酒蔵は全国初 クラウドファンディングへ協力呼びかけ

今回、小樽商科大学・北見工業大学・帯広畜産大学の北海道三国立大学統合の関連事業して、上川大雪酒造(塚原敏夫社長、平成2年卒)が、帯広畜産大の構内に酒蔵を創設しました。その名も「十勝緑丘・碧雲蔵」。大学キャンパスに酒蔵が誕生するのは全国で初となります。このたび「清酒製造免許通知書」を受領され、いよいよ酒造りが始まります。仙台緑丘会の秋の芋煮会に毎年参加いただいている塚原社長さん。現在、酒蔵の立ち上げ資金をクラウドファンディングで募集中です。以下の「Makuake」から申し込み可能、ご協力者には「碧雲蔵」の初仕込み記念の日本酒がお手元に届きます。ぜひよろしくお願いいたします。

もっと見る


◆ 2020.05.23◆ 2020年 仙台緑丘会総会

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、書面決議をお願いいたします

仙台緑丘会 会員各位

拝啓 新緑も眩しく風薫る 5 月となり、皆様ご壮健でお過ごしのことと存じます。 日頃、当会の活動にご理解、ご賛同いただき誠にありがとうございます。

さて、本来ですと定期総会のご案内を差し上げる時期ではございますが、ご承知おきの通り 、新型コロナウイルスの感染拡大により様々な活動が自粛を余儀なくされております。

幹事会としましてもギリギリまで予定通りの開催を模索してまいりましたが、昨今の状況に鑑み、皆様の安全を考えた結果、本年は書面にて議案をお送りし、ご承認いただく形とさせていただきたく存じます。

1年に数回、皆様と集い、近況を語り合い、杯を酌み交わす機会を一つ一つ中止せざるを得 ない状況は非常に残念ですが、いずれまた笑顔でお会いできる日を楽しみにしております。

なお、我が母校小樽商科大学の学生も今般のコロナ禍により経済的苦境に立たされている方もいると聞き及んで おります。 同窓会として何か援助できないかと理事会等にて議論を重ねております。 OB・OG として支援の策が提案されました折にはぜひご賛同いただけますと幸いでござい ます。

まだまだ予断を許さない日々が続きますが、皆様のご健康をお祈り申し上げます。

敬具

令和2年5月吉日

仙台緑丘会 会長 橋本典代(平成3年卒)

…もっと見る


◆ 2020.04.26◆ 消毒液の代わりに 蒸留酒の製造を始める

秋田県醗酵工業(藤武社長・商大卒)県内医療機関へ1000本無料提供

コロナウィルス感染拡大のため全国的に医療用消毒液が不足しています。こうした中、母校卒業生の藤武哲朗氏(昭和57卒、応援団)が社長を務める秋田県醗酵工業(秋田県湯沢市)は、消毒液に代わり、従来よりもアルコール濃度の高い77度の蒸留酒を製造し、秋田県内の医療機関へ720㎖1000本を無料提供します。2020年4月23日から製造開始。厚生労働省の臨時措置を受けた対応です。NHKや民放テレビの取材に応じた藤武社長は「コロナ対策に協力し、地元のために役立ちたい」と力強いコメント。このニュースは東北各地、そして全国に配信されました。…もっと見る


◆ 2020.04.25◆ 【延期】商大応援団 北大対面式を延期決定

小樽商科大学応援団・吉野団長より、仙台緑丘会宛に、コロナウィルス感染症の影響により今年の北大対面式は延期するとのお知らせがありました。

<小樽商科大学応援団メッセージ>

令和 2 年 4 月 23 日 「令和二年度 総合定期戦・対面式についてのお知らせ 」

小樽商科大学應援團 第 106 代團長 吉野あおい

現在、新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威を振るっています。先週には日本全国に緊急事態宣言が発令され、感染終息の目途は立っておりません。

この様な状況を鑑み、例年 6 月下旬から 7 月上旬に開催している北海道大学との対面式を延期とすることと致しました。

今後の日程につきましては、北海道大学応援團と連携し、新型コロナウイルス感染症の動向を見極めて決定致します。

末筆ではございますが、平素より商大應援團を温かく見守って頂きありがとうございます。このような状況だからこそ、應援團が商大生に対してできることは何かを考え、活動していきたいと思っております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

…もっと見る


◆ 2020.04.12◆ 和田健夫学長 この春 任期満了でご退任

新学長に穴沢眞商大教授が就任されました

仙台緑丘会総会・新年会にもご出席いただいた和田健夫学長が、6年の学長職任期を終えられ3月にご退任されました。和田学長は、全国各地の緑丘会行事に積極的に参加され、当会会員とも長年にわたり、ここ仙台で親しく交流を深めていただきました。これまでの御恩に対して心より感謝いたします。後任の新学長には、穴沢眞教授が就任されました。

新型コロナウィルスの感染防止のため、母校では2020年の学位記授与式、卒業記念祝賀会、入学式がいずれも中止となりました。これに伴い母校ホームページにおいて和田学長の学位記授与式告辞、穴沢新学長の入学式式辞が掲載されましたのでご覧ください。

【小樽商科大学ホームページへ】

令和元年度卒業生・修了生の皆様へ(和田学長告辞

令和2年度小樽商科大学入学式特設ページ(穴沢新学長式辞)


◆ 2020.02.29◆ 仙台試験場プロジェクト 2020

2年目の仙台試験場、前期日程二次試験に25名志願

2020年2月25日(火)は国公立大学の前期日程二次試験でした。2年目を迎えたわが母校・小樽商科大学の仙台試験場。仙台駅前の仙台医療福祉専門学校を会場に実施された試験には、宮城の高校生を含め25名が志願しました。初年度の昨年実績は19名ですので、着実に志願者が増加していることはうれしい限りです。夕方からは仙台試験場を担当された母校大学教職員6名の方々と仙台緑丘会の懇親会。宮城の海の幸、地酒を楽しんでいただきながら、来年度に向けた情報交換を行いました。…もっと見る


◆ 2020.02.08◆ 仙台緑丘会 2020 新年会

初参加者4名を含む24名が出席 創立110周年に向け母校支援に結束

今シーズン一番の冷え込みとなった2月7日(金)、仙台緑丘会の2020新年会に24名が参加しました。 初参加者は、緑丘会本部の永井常務理事、佐々木啓さん(平5卒、ラグビー部)、札幌支部・久保貴史さん(平17卒、結城ゼミ)、坂本尚平さん(平30卒)の4名でした。 本会には、札幌支部山田支部長様から田中酒造の大吟醸酒「北の一星」、久保貴史さんから「小樽麦酒」を差入れいただきました。ご厚情に感謝申し上げます。 今回の現役セミナーは、若林緑先生(平10卒、東北大学大学院准教授)に1月の小樽商科大エバーグリーン講座に登壇された報告をいただました。…もっと見る


◆ 2020.02.02◆ 創立110周年 記念募金委員会が開催

目標1億円に進捗50% 学生の課外活動・国際交流支援へ協力呼びかけ

現在、緑丘会と小樽商科大は、2021年の創立110周年に向けて目標1億円の記念募金活動を展開しています。北海道地区を除く全国支部の募金委員会メンバーが2月1日(土)、東京池袋の緑丘会館でこれまでの進捗確認と意見交換を実施。仙台緑丘会からは、橋本会長、及川副会長、尾形副会長の3名が出席しました。今回の募金は、サークル共用施設の改修など学生の課外活動への支援、海外研修プログラムの拡充など国際交流への支援、そして海外からの研究者招へいなどに充てられるものです。…もっと見る


◆ 2020.01.25◆ 小樽商大エバーグリーン講座 報告

仙台緑丘会 若林 緑先生(平10卒、東北大学准教授) 研究者への道を語る

小樽商科大学エバーグリーン講座、仙台緑丘会の若林緑先生(平10卒、東北大学大学院准教授)が、2020年1月22日(水)の本年度最終講義を担当されました。テーマは「小樽商大から研究者への道」。お父様は元商大教授・故若林信夫先生、小樽市緑の商大官舎で生まれ育ち、そして父娘で緑丘を卒業された「緑先生」。大阪大学大学院へ進まれ、経済学者として研究者の道を歩まれてきたご経歴や研究分野、そして現在の子育てなどを講演いただきました。…もっと見る


◆ 2020.01.25◆ 現役商大生を励ます会 2020 小樽篇

宮城出身4年生が2名参加、小樽での学生生活を振り返る

仙台緑丘会は1月21日(火)、小樽市のニュー三幸で宮城出身の現役商大生を励ます会を開催。商大4年生の仙台三高出身の星さん、泉館山高出身の二階堂さん、そしてエバーグリーン講座を担当された当会の若林緑先生(平10卒、東北大学大学院准教授)にご参加いただきました。

また、スペシャルゲストとして、前ミス小樽の村上千種さんもご登場。村上さんは、2018年冬に仙台藤崎百貨店で開催された「小樽の物産と観光展」で来仙。商大くんと一緒にマスコミ各社を回り、商大仙台試験場アピール活動をお手伝いいただいたご縁で今回の再会となりました。…もっと見る



◆ 2020.01.12◆ 仙台緑丘会 新年会 2020 のお知らせ

今年も杜の都仙台で緑丘交流を深めましょう

恒例の当会新年会を開催いたします。会員の皆さまは、ぜひご参加ください。当日は、公益社団法人緑丘会本部より、永井事務局長にご出席いただきます。また、仙台宮城に出張等でお越しの緑丘同窓生の方々のご参加も歓迎いたします。杜の都仙台で緑丘交流を深めましょう。

日時:2020年02月07日(金)午後6時00分

場所:仙台うまいもん 個室居酒屋 「亜門」( 地下鉄広瀬通駅徒歩5分 )

〒 980-0803 仙台市青葉区国分町2-1-3 エーラクビル2F ℡ 022-222-3008

会費 : 5,000円 (平成22年以降卒、女性は 3,000円)

出欠:1月18日(金)まで出欠回答を事務局へご連絡ください。

◆当日は、2020年度会費3,000円も併せて納付をお願いいたします。


<二次会のお知らせ>

新年会終了後、20時00分(予定)より下記会場で二次会を開催します。二次会からの参加も歓迎いたします。

場所:串鳥 仙台虎屋横丁店

〒980-0811 仙台市青葉区一番町4丁目3−17

会費 : 3,000円 程度


◆ 2020.01.04◆ 現役商大生を励ます会 2020

仙台出身の小樽商大生と交流、今年も母校を積極的に支援

緑丘同窓生の皆さま、明けましておめでとうございます。今年も緑丘交流をよろしくお願いいたします。

わが仙台緑丘会の2020年は1月3日(金)、正月帰省された宮城県出身・現役商大生4年・星彩季さん(吉田下宿)を招き、新年会兼励ます会でスタートしました。この現役商大生との交流会は、仙台緑丘会が半世紀にわたり続けてきた大切なイベントです。…もっと見る



◆ 2019.11.10◆ 登山部レポート 2019

「宮城オルレ・奥松島コース」 日本三景と縄文歴史文化を楽しむ

仙台緑丘会登山部は11月9日(土)、日本三景松島の「宮城オルレ・奥松島コース」でトレッキングを開催しました。今年最後の屋外行事になります。 「宮城オルレ・奥松島コース」は、松島湾に浮かぶ最大の島・宮戸島を一巡する10キロ、約4時間のトレッキングコース。今回は、当会会員の家族を含め8名が参加しました。 このコースは、美しい太平洋と松島湾を眺めながら、縄文時代の日本最大級の貝塚遺跡などの歴史にも触れあえることがポイント。近年の登山ブームもあって、年齢を問わずたいへん人気が高まっています。…もっと見る


#登山部レポート


◆ 2019.11.03◆ 仙台試験場プロジェクト 2019

「ソーシャルサイエンスカフェIN仙台 第3回」 深田教授がビックデータ活用を講演

今回の「ソーシャルサイエンスカフェ IN 仙台」は2019年11月1日(金)、仙台駅前アエルの「エルソーラ仙台」を会場に、母校・社会情報学科の深田秀実教授が「防災におけるビックデータの活用」を講演されました。深田教授は、災害情報論や情報システム学、危機管理が専門分野です。今回は、ビックデータの利活用、津波避難支援システムの活用、釧路市での津波防災対策の実証実験など、商大で進められている研究内容をご紹介いただきました。…もっと見る


#仙台試験場プロジェクト


◆ 2019.10.20◆ 秋の芋煮会 2019

仙台秋保温泉「木の家」に全国から同窓生28名が集いました

恒例の仙台緑丘会の秋の芋煮会は2019年10月19日(土)、仙台秋保温泉「木の家」で開催しました。今年は札幌、小樽、江別、青森、秋田、茨城、東京の同窓生のほか、宮城県出身の現役商大生2名の参加もあり、総勢28名となりました。今回は、小さなお子さんやお母さまとご一緒など、ご家族連れの同窓生が多かったのも特徴で、たいへん賑やかな雰囲気となりました。この芋煮会を通じて、毎年ここ仙台で緑丘交流が深まっていることをうれしく思っております。ぜひ、来年もご参加ください。お待ちしております 。…もっと見る


#秋の芋煮会


◆ 2019.10.15◆ 北海道国立三大学ゴルフ対抗戦 2019

小樽商大・北大・室工大の宮城同窓会が集い親交を深めました

小樽商科大学、北海道大学、室蘭工業大学の北海道国立三大学、宮城同窓会メンバーが今年も一同に集いました。恒例の三大学ゴルフ対抗戦は2019年10月14日(月)、仙台ヒルズゴルフ倶楽部で開催し、各大学の卒業生22名が参加しました。関東・東北に甚大な被害をもたらした週末の台風19号の影響で、ほとんどのバンカーが溜池になるなど難しいコンディションでしたが、北海道で学んだかつての若人たちが今年も相互の親交を深めました。…もっと見る


#ゴルフ部レポート


◆ 2019.10.12◆ 仙台試験場プロジェクト 2019

「ソーシャルサイエンスカフェIN仙台 第2回」 猪口教授が地域ブランドを講演

ことし第2回目の「小樽商科大学ソーシャルサイエンスカフェ in 仙台」は10月11日(金)、仙台駅前のエルソーラ仙台で開催し、緑丘卒業生や仙台の一般市民、東北学院大学経営学部の先生方などに参加されました。今回は、大学院商学研究科アントレーナーシップ専攻・猪口純路教授(小樽商大OB)が、「地域ブランドは製造業にも有効か ー国内製造業のアンケート調査からー」をテーマに講演されました。…もっと見る


#仙台試験場プロジェクト


◆ 2019.10.05◆ 仙台試験場プロジェクト 2019

「夢ナビライブ2019 仙台会場」初参加 。東北の大学進学希望者にアピール

全国の国公立・私立大学が多数集結する合同進学ガイダンス「夢ナビライブ2019 仙台会場」が10月5日(土)、仙台港の夢メッセみやぎで開催され、母校・小樽商科大学が初参加しました。会場では、大学別説明ブースのほか、大学講義ライブなどがあり、東北各県から大学進学希望者(高校1・2年生)が多数集まりました。小樽商科大学は、会場入口近くに説明ブースを設置。野口先生と竹下入試室長が来場された高校生の皆さんに母校をアピールされました。…もっと見る


#仙台試験場プロジェクト


◆ 2019.09.29◆ 仙台試験場プロジェクト 2019

小樽商大・鈴木副学長と仙台市内主要高校を訪問、商大をアピールしました

仙台緑丘会はさる9月26日(木)と27日(金)、小樽商大・鈴木副学長と仙台市内の主要高校を訪問し、母校と仙台試験場をアピールしました。昨年に続き2度目となる高校訪問、今回は、これまで商大の受験・入学実績のある高校を中心に11校を選定しました。今回再訪した県内トップクラスの高校では、昨年お会いした進路担当の先生と1年ぶりの面談でした。昨秋の訪問後、先生は小樽商大の実学・語学・海外留学などの特徴に理解を示され、生徒指導にも活かして頂いているとのことでした。まったくの手探りでゼロから訪問した昨年と比べると、今年は各高校の校風や進路指導方針もより理解できるようになり、多少なりとも手ごたえを感じることができた2日間だったと思います。 …もっと見る


#仙台試験場プロジェクト


◆ 2019.09.01◆ 東北楽天イーグルス応援観戦

北海道日本ハムファイターズ戦で熱い声援をおくりました

クライマックスシリーズ出場をかけて熱戦が続くパ・リーグ。仙台緑丘会は8月31日(土)、今年も東北楽天イーグルスVS北海道日本ハムファイターズ戦を楽天生命パーク宮城で応援観戦しました。参加者は16名でした。今回は、ライトスタンドの特設ブースを貸切り。ファイターズ応援団の隣で、マイチーム楽天に熱い声援を送りました。試合は投手戦の結果、1対0の僅差で勝利。スタジアム全体が勝利の歓喜に沸いた一夜でした。 …もっと見る


#東北楽天イーグルス応戦観戦


◆ 2019.08.31◆ 仙台試験場プロジェクト 2019

「ソーシャルサイエンスカフェIN仙台」開催、北海道と東北の連携探る

さる8月28日(火)、小樽商大主催の「ソーシャル・サイエンス・カフェ IN 仙台」が仙台駅前「エルソーラ仙台」で開催され、一般市民やマスコミ(河北新報、北海道新聞)、緑丘同窓生など20名が参加しました。19時00分の予定どおりに開始。最初の30分は司会の江頭副学長が、北海道新幹線が開通することによる効果と問題点を説明。後の約1時間は、近藤副学長の新しいマーケティングについて講演。顧客を資産として計算する手法の説明は、興味深いものがありました。…もっと見る


#仙台試験場プロジェクト


◆ 2019.08.29◆ 仙台試験場プロジェクト 2019

商大第1志望の受験生、保護者様に、当会が進路相談会を開催

仙台緑丘会に嬉しいメールが入りました。発信者は、仙台在住の受験生のお父さん。仙台市内高校に通う高3のお嬢さんは、小樽商科大学が「第1志望」。8月の商大オープンキャンパスにも参加されたが、両親としては娘を遠い北海道に進学させることに不安だらけ。ぜひ、仙台緑丘会の皆さんに相談にのってほしいとのことでした。当会は、さっそく8月21日(水)、ご両親との面談・相談会をセッティング。仙台から小樽商科大学へ進学し、いまは仙台で就職し活躍している若い女性会員が、自身の小樽暮らしの体験談をお伝えしました。…もっと見る


#仙台試験場プロジェクト


◆ 2019.08.10◆ 仙台試験場プロジェクト 2019

市民向け無料公開講座「ソーシャルサイエンスカフェ IN 仙台」を8月開催

母校小樽商科大は、仙台入試試験会場設置を機に、東北との関係を強化する第一歩として、「新幹線時代の東北・北海道のビジネス連携」をテーマに、ソーシャルサイエンスカフェ in 仙台を開催します。緑丘同窓生はもちろんのこと、仙台市民皆さまのご来場・聴講をお待ちしております。…もっと見る


【会場】

エル・ソーラ仙台(入場無料、事前予約不要) 仙台市青葉区中央1-3-1 AER 28階・29階

【日時・内容】

第1回 令和元年8月27日(火) 19:00~20:30

講師 近藤公彦 商学研究科アントレプレナーシップ専攻教授・副学長

タイトル「北海道新幹線時代のマーケティング」(仮)

第2回 10月11日(金) 19:00~20:30

講師 猪口純路 商学研究科アントレプレナーシップ専攻教授

タイトル「未定」

第3回 11月1日(金) 19:00~20:30

講師 深田秀実 商学部社会情報学科教授

タイトル「防災におけるビッグデータの活用」(仮)


◆ 2019.08.10◆ 仙台試験場プロジェクト 2019

JR東日本、河北新報社、日本経済新聞、宮城県庁へ、広報活動を展開しました

母校小樽商科大の「仙台試験場プロジェクト 2019」が始動します。今年は仙台市民向けに、無料公開講座「ソーシャルサイエンスカフェ IN 仙台」を8月から3回シリーズで仙台駅前アエルで開催。小樽商大の知名度アップに取り組みます。これに先立ち、仙台七夕祭り前夜祭の8月5日(月)、江頭副学長と仙台緑丘会が、真夏日の仙台市内で広報活動を展開しました。また、記者クラブ投げ込み、仙台駅前のアエル会場下見も行いました。…もっと見る

#小樽商大ソーシャルサイエンスカフェ IN 仙台


◆ 2019.07.28◆ 夏のジンギスカン友の会を開催しました

最高気温が30度を越え、一気に夏空が広がった仙台。仙台緑丘会は7月27日(土)、サッポロビール仙台工場(名取市)で恒例のジンギスカン友の会夏の陣を開催しました。ビール工場の生ビールは鮮度抜群、さらっとした喉越しは、ここでしか味わえない美味しさです。ジンギスカン論議に花を咲かせながら、北海道気分を存分に楽しみました。また今回は、先般、朝日新聞の特集「2019国公立大学進学のすすめ」に掲載された「小樽商科大学・全面広告」を参加者に回覧。やはり全国紙の全面に母校名が大きく載ることは、卒業生としてたいへん嬉しいものです。…もっと見る

#ジンギスカン友の会


◆ 2019.06.16 ◆ 羽織はかまボロボロ… 不要品提供呼び掛け

小樽市長も母校・商大応援団への協力を市民へ声がけ

母校・小樽商科大の応援団が、応援活動で着用する羽織はかまの提供を小樽市民に呼びかけています。仙台緑丘会は、商大100周年記念の際、仙台寮歌祭で着用した当会の羽織はかま一式を商大応援団に寄贈しました。しかし、それからすでに10年近くの年月が経ち、羽織はかまの傷みが激しいとのことです。この応援団の呼びかけは、北海道新聞後志版で紹介され、小樽市長もFMラジオで市民に協力を声がけされております。商大卒業生の皆様におかれましては、ぜひ、応援団へのご支援・ご協力をお願いいたします。…もっと見る



◆ 2019.06.08 ◆ 仙台緑丘会年次総会を開催しました

小樽商大・和田学長、緑丘会・島崎理事長、天野小樽支部長に出席いただきました

仙台緑丘会は6月7日(金)、2019総会を仙台市の「パレスへいあん」で開催し、23名に参加いただきました。総会では全議案を承認いただき、橋本会長は「商大仙台試験場は2年目。今年も商大入試室の運営に全面協力していきたい」と新年度の方針を語りました。…もっと見る

#仙台緑丘会総会


◆ 2019.05.19 ◆ ゴルフ部レポート

当会コンペ100回、大久保先輩エージシュート500回、ダブル達成記念大会

緑丘会宮城支部から通算し、当会ゴルフ部のコンペが100回を達成。さらに大久保和男先輩(昭和26卒)のエイジシュート500回の大記録達成をダブルで祝し、令和元年5月12日(日)、ミヤヒル36ゴルフクラブ(宮城県大和町)で記念コンペを開催しました。当会コンペの最も古い記録は、昭和60年の仙台カントリークラブ青葉山コースです。昭和60年から34年の年月を経て、今年で107回目を迎えることができました。…もっと見る


◆ 2019.04.21 ◆ 春のお花見会レポート

今年もオホーツクの海明け毛ガニを存分に味わいました

朝から快晴の空が広がった仙台。気温17度の穏やかな春の陽気の中、仙台緑丘会は4月20日(土)、恒例行事「オホーツク海明け毛ガニを食べる会」を開催し27名に参加いただきました。会場の桜並木は、既に散り始めて葉桜となっており、残った桜花の下で春の宴となりました。今年も北海道雄武町・石沢水産様の「オホーツク海明け毛ガニ」を味わい、参加された皆さん方は、年に一度の春の北海道の味覚に大満足の表情でした。…もっと見る


◆ 2019.04.07 ◆登山部 春の蕃山散策レポート

春が到来、里山の花々が一気に咲き始めました

仙台緑丘会登山部は2019年4月6日(土)、斎藤先輩にご案内いただき、恒例の春の蕃山散策を実施しました。1週間前から冬の寒さが戻り、降雪もあって、花々の開花が心配されました。しかし、前日に最高気温が20度近くまで上昇したおかげで、蕃山ではカタクリ、ショウジョウバカマ、イワウチワ、スミレが一気に咲き始めました。当日は、好天に恵まれて、絶好の散策日和。参加者は、可憐な里山の花々を眺めながめながら、木々のつぼみも膨らみ始めた山中をゆっくり散策しました。…もっと見る


◆ 2019.03.03 ◆ 小樽商大仙台試験場に19名が志願

道外入学者増加へ第一歩、来年度は宮城県内の高校へ出張授業も検討

母校・小樽商科大学・仙台試験場での初年度試験は平成31年2月25日(月)、仙台駅前の北杜学園・仙台医療福祉専門学校で前期日程試験(英語・小論文、数学、国語)が実施されました。初年度は、東北などから、仙台試験場に19名の受験生が志願。当日は、推薦入学で母校合格を果たした受験生等を除いた16名が受験しました。試験日はトラブルもなく、予定どおり終了しました。ここ東北から一人でも多くの若人が合格し、母校へ進学することを心から期待するばかりです。…もっと見る



◆ 2019.02.17 ◆ 緑丘会全国支部長会議、東京支部新年会が開催

母校創立110周年に向け、学生の課外活動・国際交流活動への支援を確認

公益社団法人緑丘会の全国支部長会議は平成31年2月17日(日)、東京池袋の緑丘会館で開催され、北海道から九州までの各支部長が一同に集いました。仙台緑丘会からは、橋本会長、尾形副会長(小樽商科大学後援会理事)が出席。本会議では、母校創立110周年に向けた募金事業の趣旨説明、支部活動報告などあり、母校支援と本同窓会の活性化に向けた意見交換が行われました。また、東京支部の新年会が2月16日(土)、東京一ツ橋の喜山倶楽部で開催され、小樽商大の和田学長をはじめ、東京支部会員のほか、全国各支部長など、同窓生200名が参加しました。 …もっと見る


◆ 2019.02.02 ◆ 仙台緑丘会 2019 新年会を開催しました

レジェンド大久保先輩、エージシュート500回達成 大記録を称え祝福

仙台緑丘会は2月1日(金)、2019 新年会を仙台青葉区の「亜門」で開催、昭26卒から平成29卒まで27名が出席し、緑丘交流を深めました。来賓に小樽商大・和田学長、緑丘会・円乗理事をお迎えし、初参加の会員は平成卒の4名でした。このたび大久保和男先輩(昭26卒、89歳)が、ゴルフ・エージシュート500回の大記録を達成されました。当会は表彰状と御祝品を贈り、緑丘レジェンドの偉業達成を参加者全員で祝福しました。また、札幌支部から、本会の開催にあたり「北海道の味覚セット」をご恵送いただきました。札幌支部のご厚志に心より感謝いたします。 …もっと見る

#緑丘会新年会


◆ 2019.01.16 ◆ ゴルフ部・思い出の写真

計良先輩より 懐かしい緑丘会の写真をご提供いただきました

「古い写真を整理していたら、昔の緑丘会宮城支部ゴルフ会の写真が3枚ありました。当会ホームページに載せてよいと思いましたのでお送りします。 この写真は、私が最初に仙台に着任した昭和51年の時です。緑丘会の事務局は仙台市一番町の仙台銀行本店ビル内にあって、わが社は今の山形銀行仙台支店の場所にありました。同年9月のコンペで14名も参加していました。当時は、現役組もゴルフがしやすい環境でしたね。」…もっと見る

#ゴルフ部レポート


◆ 2019.01.06 ◆ 登山部・柴垣さん 宮城県女川町のCMに主演

東日本放送「みやぎふるさとCM大賞」金賞を受賞

KHB東日本放送の人気正月番組「みやぎふるさとCM大賞」において、女川町の出品作品が2年連続で金賞を受賞しました。2017年の金賞受賞作品「山ガールデビューは女川で」の主人公を演じたのは、仙台緑丘会・登山部の柴垣さん(平21卒)です。作品のコンセプトは、「海もいいけど、山もいいじゃん。フレッシュな自然派女子が里山の魅力をお届け!」です。 女川町HPにはCMメイキング秘話も掲載されています。ぜひご覧ください。

【リンク】女川町ホームページ 金賞受賞作品メイキング秘話



◆ 2019.01.06 ◆ 2019 仙台緑丘会の活動がスタートしました

宮城県出身の現役商大生を励ます会を開催

緑丘同窓生の皆さま、明けましておめでとうございます。今年も緑丘交流をよろしくお願いいたします。わが仙台緑丘会の2019年は1月5日(土)、正月帰省された宮城県出身・現役商大生2名(羽田野さん、星さん)を招き、新年会兼励ます会でスタートしました。この現役商大生との交流会は、仙台緑丘会が半世紀にわたり続けてきた大切なイベントであり、昨秋も小樽で開催しています。…もっと見る


#現役商大生を励ます会


◆ 2018.12.16 ◆ 幹事会・登山部 合同忘年会を開催しました

来年も皆さん元気に山へいきましょう

北大卒のプロスキーヤー三浦雄一郎さん、86歳で南米最高峰登頂にチャレンジするというので、わが仙台緑丘会登山部もスイスアルプスへ行きたい!!。仙台緑丘会は12月15日(土)、幹事会と登山部の合同忘年会を事務局で開催しました。川倉先輩が、これまでに登頂されたスイスアルプスのアイガーやマッターホルンなどの美しい写真をご紹介。俄然、山男のチャレンジ精神が燃えてきます。北大・三浦雄一郎さんに負けるものか、来年も元気に山に行こう! と誓い合いました。 …もっと見る


#登山部レポート


◆ 2018.12.09 ◆小樽商大仙台試験場プロジェクト 第5弾

商大くん来仙、小樽物産観光展で仙台試験場と小樽観光をアピール

仙台一番町の藤崎百貨店で平成30年12月7日(金)に開幕した「第11回小樽の物産と観光展」。小樽商科大学は仙台試験場と小樽観光の宣伝のため、公式キャラクター「商大くん」と教職員3名を派遣されました。また、山形市内と仙台市内の高校訪問も実施、精力的に宣伝活動を展開しました。仙台緑丘会は、準備期間を含め4日間にわたり全面的に運営協力。また、緑丘会小樽支部の天野支部長様もこのイベント応援のために来仙され、お手伝いをいただきました。 …もっと見る


#小樽商大、仙台試験場設置を決定

#平成31年開設、小樽商大・仙台試験場を現地視察

#仙台試験場プロジェクト、仙台市内主要進学高校を訪問


◆ 2018.12.01 ◆ 登山部レポート 初冬の太白山登山

自然観察の森を散策、山頂から仙台平野と太平洋を一望

仙台緑丘会登山部は12月1日(土)、平成30年最後のイベントとして太白山登山(仙台市太白区茂庭)を行い、会員8名が参加しました。今回は石巻在住の紅一点・柴垣さん(平21卒)が初参加、昭33年卒から平21年卒まで幅広い年代での登山となりました。この太白山は、仙台市太白区の区名の由来となった山です。標高こそ321メートルの里山ですが、仙台富士または名取富士とも呼ばれ、仙台市周辺の広い範囲から釣鐘を伏せたような特徴ある山容を眺めることができます。また、この一帯は自然観察の森として登山道が整備されており、四季を通じてたくさんの市民が訪れています。 …もっと見る

#登山部レポート


◆ 2018.11.23 ◆ 平成30年度 エバーグリーン講座

黒田隆行さん(平成11年卒、荘内銀行大山支店長、山形県鶴岡市在住)

母校・エバーグリーン講座が今年も開講し、さる11月21日(水)の講義は、仙台緑丘会ご推薦の黒田隆行さんが担当されました。仙台緑丘会は、来年に仙台試験場が設置されることから、これまで以上に東北各県の緑丘同窓生と連携を深めることが大切と考え、今回は山形県在住の黒田さんに講師を依頼し快諾いただいたものです。今回の講義は「大切な言葉との出逢い」がテーマ。商大卒業後に郷里の荘内銀行に入行された黒田さん。入行から現在に至るまでのご自身の経歴を振り返り、その時々の自分の成長について、出逢った方々から頂いた大切な言葉とその頃の出来事、ご自身が受けた影響などを語られました。 …もっと見る


#小樽商科大学エバーグリーン講座


◆ 2018.10.21 ◆ 仙台秋保温泉で「秋の芋煮会2018」開催

札幌・秋田・茨城・東京の同窓生を含む32名が参加

今年も全国各地からたくさんの緑丘同窓生が仙台秋保温泉「木の家」に集いました。 仙台緑丘会は平成30年10月20日(土)~21日(日)、恒例の芋煮会を開催、今年は札幌・秋田・茨城・東京の同窓生を含む32名が参加しました。当日は正午にJR仙山線・愛子駅に集合。商大応援団OBの小笠原事務局長が小樽高商の団服姿でご登場、電車を降りてくる参加者たちを熱く出迎えます。愛子駅付近では予報どおり昼過ぎから厚い雲に覆われ、雨も降り出しましたが、商大応援団の気力が天に通じたのか、会場の「木の家」に到着する頃には薄日もさすまずまずの空模様となりました。 …もっと見る


#秋の芋煮会


◆ 2018.10.09 ◆ 北海道国立3大学対抗ゴルフ交流会を開催