HOME

北に一星あり 小なれどその輝光強し

There is a star in the north ; small but shining brilliantly.

夏の小樽商科大学(北海道小樽市)

ABOUT US


緑丘会は、国立大学法人小樽商科大学・卒業生の同窓会です。

わが母校が生んだ作家・伊藤整は、その著書で母校を「卒業生と学校当局が、家族意識と言っていいような奇妙に強い団結力をもっているのが最大の特徴である」と語っています。

小樽緑丘に100年の時を越えて流れるこの良き伝統は、私たち仙台緑丘会の交流活動にも継承され、北の港町・小樽で学んだことを誇りに、世代を超えた強い絆で結びいております。

仙台緑丘会の交流活動には、仙台・宮城や東北はもとより、北海道、東京など全国の緑丘卒業生やご家族にも参加いただき、「地域と世代を越えた同窓交流」としてさらに広がりを見せております。

緑丘卒業生のみなさまには、このホームページをご覧いただき、ぜひ、仙台緑丘会の交流活動、そして母校への支援活動へご参加いただければと願っております。

国立大学法人 小樽商科大学

北海道小樽市緑3丁目5−21

明治43年(1910年)、本学の前身の小樽高等商業学校が、わが国で5番目の官立高商として設立され、翌年明治44年(1911年)第1期生を迎えて開学した。その後、小樽経済専門学校、小樽商科大学と名称こそ変われ、小樽の街並みと石狩湾を眺望する緑丘の地に100年の歴史と伝統を刻んできた。その名声は 「北に一星あり 小なれどその輝光強し」 と謳われている。(小樽商大HPより)

CONTENTS

仙台緑丘会のご紹介

杜の都・仙台 交友録

海の見える町 小樽商大

仙台緑丘会・総会

仙台緑丘会・新年会

エバーグリーン講座

春のお花見会

夏のジンギスカン友の会

秋の芋煮会

ゴルフ部レポート

登山部レポート

仙台緑丘往来通信

INFORMATION

◆ 2018.8.19 ◆ 仙台宮城出身、現役小樽商大生を励ます会開催

星彩季さんが夏季休暇で帰省、商大生活を報告いただきました

仙台・宮城出身の母校・小樽商科大学の現役学生を応援する。これは仙台緑丘会が永年にわたって継続している良き伝統です。今回は、商大3年生の星彩季さん(仙台三高・吉田下宿)が夏休みで帰省されたので、仙台緑丘会は平成30年8月18日(土)、仙台市内で恒例の激励会を開催しました。「北海道に住んでみたい」という思いで小樽へ進学された星さん。現在は経済学科・柴山ゼミに在籍されています。大学講義のこと、陸上部サークルのこと、小樽でのアルバイトのこと、小樽の街での学生との交流など、商大での学生生活をいろいろ報告いただきました。…もっと見る


第63回 仙台出身の現役商大生を激励する会


◆ 2018.7.29 ◆ 仙台朝市ビアガーデン、ジンギスカン友の会開催

新会員3名を含む18名が参加、宮城の海と山の幸、生ビールを楽しみました


仙台は間もなく七夕まつりの季節。仙台緑丘会は7月28日(土)、恒例のジンギスカン友の会を仙台朝市のビアガーデンで開催、新会員3名を含む18名が参加しました。 この日の仙台は、台風の接近で小雨模様でしたが、中心部商店街では福の神・仙台四郎を祀る三瀧不動尊の例祭、夏のすずめ踊りが開催され賑やかな週末です。 祭りの熱気が街にあふれる中、仙台緑丘会は、仙台駅前にある「仙台朝市」に集合。市民の台所として愛されるこの場所にオープンしたビアガーデンが今回の会場です。…もっと見る

ジンギスカン友の会



◆ 2018.7.8 ◆ 平成31年開設、小樽商大・仙台試験場を現地視察

仙台緑丘会とスタートアップ・ミーティング開催、全面支援を約束


来年、平成31年2月に初めて実施される母校・小樽商科大学の仙台入学試験場。さる平成30年7月5日(木)、小樽商大から鈴木副学長、蔵重課長、竹下室長の3名が来仙され、会場となる仙台駅前の北杜学園・仙台医療福祉専門学校を視察されました。試験場の選定にあたっては、仙台緑丘会が候補先をリストアップするなど全面協力をしてきたこともあり、今回の現地視察には、仙台緑丘会も同行させていただきました。…もっと見る

仙台緑丘会員が語る小樽商大



◆ 2018.06.23 ◆ 緑丘ステップ・アップ・ツアーIN松島

ゴルフ部・平成組 当会員のコースデビューをサポート


梅雨の晴れ間となった平成30年6月23日(土)、仙台緑丘会ゴルフ部は松島チサンカントリークラブで平成組ゴルフ会を開催しました。参加者は、橋本会長をはじめ、尾形、堀内、横山の4名です。実は横山さんのコースデビューとなったこのラウンド。名づけて「緑丘ステップ・アップ・ツアーIN松島」です。先輩たちがクラブハウスでの受付方法、パター練習場の使い方、コース・ルールやマナーをレクチャーしながら、大技・小技、離れ業、そして珍プレーもご披露。ゴルフの楽しさ、面白さを一緒に味わいました。もっと見る

#ゴルフ部レポート



◆ 2018.06.17 ◆ 小樽商大グローカルセミナーⅡで講義

「ビジネス現場でのビジネスネゴシエーション」 尾形副会長が担当


公益社団法人緑丘会と母校・小樽商科大学の依頼を受け、当会の尾形副会長(公益財団法人小樽商科大学後援会理事)が平成30年6月15日(金)、母校でグローカルセミナーⅡ講義を担当しました。このセミナーは、平成29年度から緑丘会の支援によってスタートした講義。協調学習を通じて、北海道経済の基本的な特徴や大学生活での自己探求手法を学ぶことを目的としています。尾形副会長は「ビジネス現場でのビジネスネゴシエーション」をテーマに、留学生を含む60名の受講生に、広報業務を通じたマネジメントポイントをレクチャーしました …もっと見る

#小樽商科大学エバーグリーン講座


◆ 2018.06.17 ◆ 当会副会長・清水さんの新潟壮行会を開催

仙台と新潟の新たな緑丘交流へ期待


当会副会長の清水浩さんが新潟転勤となり、幹事会は平成30年6月16日(土)に仙台市内「いろは横丁」で壮行会を開催しました。

本会には当会幹事9名全員が出席。橋本典代会長からは「清水さんは、これから仙台と新潟を往復される生活となり、ちょっとの間だけのお別れですので『壮行会』となった次第」と会の趣旨を説明。「新潟には緑丘会支部がないので、ぜひ仙台と新潟の緑丘をつないで」とエールを贈りました。

清水さんには、引き続き当会副会長として、秋の芋煮会などにご尽力いただけるとのことです。また、留守中はフレンド会員の奥様が各行事に参加いただきます。…もっと見る

仙台緑丘会員が語る小樽商大



◆ 2018.06.10 ◆ 小樽商大 2019年入試 仙台試験場設置を決定

会場は仙台医療福祉専門学校 、商大入試室と7月にミーティング開催


小樽商科大学は、2019年度前期日程入試を、同大学に加え、仙台でも実施することを決定・公表しました。 会場は、仙台駅前の仙台医療福祉専門学校です。試験日は2019年2月25日(月) であり、昼間コース一般入試(前期日程)、 専門学科・総合学科卒業生入試 、 夜間主コース一般入試(前期日程)が対象です。仙台緑丘会は、仙台試験場運営に全面協力し、来る7月5日(木)に仙台市内で商大入試室とスタートアップミーティングを開催します。 …もっと見る

#仙台緑丘イベント案内


◆ 2018.06.02 ◆ 平成30年度 仙台緑丘会総会 開催

橋本新会長が就任、小樽商大・和田学長より3国立大学法人統合を説明


仙台緑丘会は6月1日(金)、平成30年度総会を仙台市内で開催、及川秀行会長が勇退され、新会長に橋本典代氏(平3卒)が就任しました。 橋本新会長は、全国の緑丘会支部で初の平成卒・女性支部長となります。本総会には小樽商大の和田学長が出席され、先般公表された小樽商大・帯広畜産大・北見工大の北海道3国立大学法人の統合検討開始、仙台市での商大試験会場設置の説明をいただきました。また、公益社団法人緑丘会の平野事務局長から、新調した緑丘会旗を進呈していただきました。懇親会では、商大が進めているアクティブラーニングの授業風景、今春の入学式などが紹介。2時間にわたった総会・懇親会の最後は、全員で校歌を歌い上げ、力強いエールを切って終宴となりました。…もっと見る

#仙台緑丘イベント案内 #仙台緑丘会総会


◆ 2018.04.30 ◆ 緑丘ゴルフ部 月例会を開催

室工大同窓会も参加、 大久保和男先輩がエージシュートで見事に復活優勝


緑丘ゴルフ部の月例会を4月24日(火)、ミヤヒル36ゴルフクラブで開催しました。当日は春の雨でのプレーでしたが、大久保先輩と西川先輩が退院後の初ラウンドに元気な姿を見せて下さいました。今回は、室蘭工大同窓会の熊田先輩、小川先輩、杉山先輩にも参加いただき、3組9名のコンペでした。大久保先輩がエージシュートで見事復帰優勝されました。5月の月例会は5月18日(金)に開催します。 …もっと見る

#ゴルフ部レポート


◆ 2018.04.22 ◆ 春のお花見会を開催

初夏の陽気、今年も「オホーツク海明け毛ガニ」で北海道の春を満喫しました


今年の春も北海道オホーツク海の雄武町・石沢水産様から「海明け毛ガニ」が届きました。仙台緑丘会は4月21日(土)、快晴の青空のもと仙台市太白区富沢に22名が参加して「海明け毛ガニを食べる会」を開催しました。今回は、4月に東京に転勤された柴田さんご夫妻、東京支部の原田さん、新会員の今井さん、会員のご家族も駆けつけてくれました。 当初は春のお花見会として始まった当会でしたが、毎年桜の開花時期が早まり、いまや旬の毛ガニを味わうことがメインとなりました。今冬は例年以上に冬の寒さが厳しく、流氷の下で育った毛ガニの身入りと味わいは格別でした。 …もっと見る

#仙台緑丘イベント案内 #春のお花見会


◆ 2018.04.13 ◆ 緑丘登山部レポート 2018

春の蕃山散策でスタート 、満開の花畑を散策


仙台緑丘会登山部は4月7日(土)、斎藤先輩にガイドいただき、毎春恒例となりました蕃山散策を実施しました。週間天気予報では、降雨確率高く、前々日までは中止を思わせる雨予報でした。でも前日予報では、曇に好転。当日は、時折、日も差し、早春の山散策には絶好の天気に恵まれました。今年は、冬期間の降雪が例年より多かったこともあり、至る所にカタクリ、ショウジョウバカマ、イワウチワ、スミレが元気に咲き乱れていました。この数年では開花している量が一番多く、満開の花畑をゆったりと散策し、きれいに咲いた花々を十二分に堪能してきました。…もっと見る

#仙台緑丘イベント案内 #登山部レポート


◆ 2018.04.13 ◆ 【訃報】名誉教授・久野光朗先生がご逝去

8月に札幌でゼミ同窓会が「久野光朗先生を偲ぶ会」を開催


小樽商科大学名誉教授の久野光朗先生(会計学)におかれましては、病気寮中のところ、さる2月26日午前7時52分にご逝去なされました。享年87歳でした。ここに謹んでご報告いたしますとともに、仙台緑丘会久野ゼミナール卒業生一同、衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。写真は2011年秋、札幌で開催された久野先生の叙勲・傘寿お祝い会での卒業生との記念写真でございます。


◆ 2018.03.31 ◆ 当会常任幹事・柴田康幸さんが東京へご栄転

仙台緑丘会で送別会を開催、思い出フォトアルバムをプレゼント


杜の都・仙台は支店経済の街、この春もたくさんの方とお別れがありました。わが小樽商科大学仙台緑丘会でも、常任幹事の柴田康幸さんが平成30年4月1日付で東京新宿へご栄転となりました。送別の宴は、「三陸海の幸」のリクエストを頂きましたましたので、3月29日(木)に国分町・津田鮮魚店に近海マグロ三昧をご用意し、札幌出身の奥さまとご一緒にお招きをいたしました。この4年間で柴田さんとご一緒した宴は数知れず、当会のクラウド検索したら150枚を超える写真がありましたので、フォトアルバム2冊を作成し、送別のプレゼントとさせていただきました。…もっと見る

# 仙台緑丘会会員が語る小樽商大

◆ 2018.03.18 ◆ 大学学位記授与式・卒業記念祝賀会が開催

仙台緑丘会が出席、後輩たちの社会への巣立ちを祝いました


母校・小樽商大の学位記授与式がさる平成30年3月16日に開催され、当会の尾形副会長が財団法人小樽商科大学後援会役員として出席いたしました。3月中旬でもまだ深雪が残る緑丘、ここを巣立った者が卒業式で見たその雪の光景はいまも変わりありません。女子学生が半数近くを占める現在の小樽商大。式場にも袴姿の卒業生が多く、最前席に位置どる彼女たちが厳かな式典に凛然とした美しさを醸し出しています。今年は商学部と大学院を合わせて532名が卒業・修了し、学科代表者7名に和田学長から学位記が手渡されました。…もっと見る

#仙台緑丘交流イベントカレンダー #仙台緑丘往来通信


◆ 2018.03.18 ◆ 北海道命名150年 仙台藩伊達家の北海道開拓

札幌琴似、当別町に受け継がれる仙台藩士たちの開歴史


明治維新、そして北海道命名150年。札幌で、仙台藩士が明治維新後に北海道開拓に記した足跡を訪ね歩いた。札幌駅の西方にある琴似は、屯田兵が札幌開拓の入植をした最初の地であり、当時の兵屋跡や神社が北の開拓史を語りついでいる。実はここ琴似神社の御祭神は、亘理伊達家の猛将・成実公である。藩祖・政宗公を、生涯にわたり、知将・片倉小十郎とともに支えた武勇の人だ。…もっと見る

#仙台緑丘会員が語る小樽商大


◆ 2018.02.23 ◆ 平成29年度エバーグリーン講座

横山美智子さんの講義録が公開されました


<講義録概要>

○講師:横山美智子氏(平成23年商学部経済学科卒/全国労働者共済生活協同組合連合会[全労済])

○題目:「『挫折』から学んだ私の『成長』 〜社会人として・親として〜」

○内容:大学2年生で結婚して、母に。2度の休学を経て、7年かけて必死に得た卒業証書。学生として、母として取り組んだ就職活動。そしてはじめての土地でがんばりすぎて心が壊れてしまった日々—。たくさんの困難やいくつかの挫折を乗り越えて、いま、公私ともに充実した毎日が訪れた。学生生活と就職活動、そして現在の仕事を語りながら、私が挫折から学んだことを伝えたい。 …もっと見る

#エバーグリーン講座 #平成29年度 エバーグリーン講座


◆ 2018.02.10 ◆ 仙台緑丘会 新年会 2018 を開催

佐竹正夫先生を囲み懇親、昭33卒から平29卒まで27名が出席


平昌冬季五輪が開幕した2月9日(金)、仙台緑丘会は恒例の新年会を仙台市内で開催し、昭和33年卒から平成29年卒までの会員27名が出席しました。 今回は緑丘会本部から円乗理事に出席いただき、元商大教授の佐竹正夫先生(仙台在住)と山本雅也さん(平29卒)のお二人が初参加となりました。 冒頭のあいさつで及川会長は「昨年から今年にかけて体調を崩された会員もおられるが、今年も仙台緑丘会は様々なイベントを企画・運営するので元気に参加してほしい」と力強く抱負を語りました。…もっと見る

#仙台緑丘交流イベントカレンダー #仙台緑丘会新年会


◆ 2017.12.17 ◆ 登山部と幹事会 合同忘年会を開催

今年1年の当会活動を振り返り、次年度計画を検討しました


仙台緑丘会は12月16日(土)、登山部と幹事会の合同忘年会を事務局で開催し13名が参加しました。午後3時に参加者は自慢の逸品を持ち寄って集合。メインには北海道上川町「緑丘蔵」の特別純米酒をご用意。そのほかにもテーブルには、小樽ワイン、仙台朝市のコロッケ、石巻・塩釜の笹かま、北海道余市の自家製鮭とば、身欠きニシン、小樽シュウマイ等が並べられました。柴田シェフの秋田いぶりがっことチーズを使った手作りオードブルも振舞われました。当日は今年の当会の活動を振り返り、来年の行事予定も確認。和やかで楽しい緑丘の宴は遅くまでつづきました。…もっと見る

#仙台緑丘会員が語る小樽商大 #仙台緑丘交流イベントカレンダー


◆ 2017.11.25 ◆ 室蘭工業大学同窓会と交流会

東北支部の皆さんと懇親ゴルフコンペを開催しました


室蘭工大同窓会東北支部の皆さまとの交流を始めた仙台緑丘会。夏の両校幹事交流会に続き、今回は11月24日(金)、仙台緑丘会ゴルフ部の月例会に、室蘭工大同窓会東北支部の皆様に参加いただき一緒にラウンドしました。会場は当ゴルフ部のホームグランドであるミヤヒル36ゴルフクラブ(宮城県大和町)です。今回は室蘭工大6名と仙台緑丘会6名の12名が参加し、当会ルールのダブルペリア個人戦で行いました。朝から小雪混じりの雨となり、残念ながらハーフで打切りとなりましたが、今後も当会月例会に室蘭工大の皆様にご参加いただき、交流を深めて行くことになりました。…もっと見る

#ゴルフ部レポート


◆ 2017.11.12 ◆ 登山部レポート 2017

秋の船形連峰・七ツ森登山で健脚ぶりを発揮しました


仙台緑丘会登山部の5名は11月11日(土)、仙台北部の七ツ森の登山を実施しました。奥羽山脈・船形連峰の懐に七つの山々が連なる姿は、宮城県を代表する里山・田園の光景です。当日天気予報では北日本は荒れる予報でしたが、宮城県はスポット的に曇りの予報となり、晴れ間の広がる好天の中でスタートしました。山々の紅葉の最盛期は終わっていましたが、所々に紅葉がまだ残り、日に照らされた紅葉が鮮やかでした。今回は松倉山、撫倉山の2山を登山。途中時雨にあいましたが、撫倉山頂上に到着すると私たちの登頂を祝福するかの様に大きな鮮やかな虹がかかっていました。…もっと見る

#登山部レポート #緑丘交流イベントカレンダー


◆ 2017.11.10 ◆ エバーグリーン講座開講30周年

仙台緑丘会・横山美智子さんが母校で講演


昭和62年以来、緑丘会と大学が建学理念のひとつである実学・実践を志向した実践キャリア教育として培ってきた「エバーグリーン講座」が開講30周年を迎えました。さる11月7日(火)、開講30周年を記念して、記念大会と懇親会が母校で開催されました。仙台緑丘会は母校支援のため毎年講師を派遣しており、今回の記念大会には及川会長、小笠原副会長、横山美智子さんの3名が参加しました。翌日8日(水)には、横山さんが母校の教壇に立たれ、『「挫折」から学んだ私の「成長」 ―社会人として、親として―』と題して講演されました。講演では、在学中に結婚・出産を経て就活・卒業し、就職してからの職場や家族の問題等の自身の経験をもとに、女性としての成長や生き方、そして現在の職務についてお話しされました。…もっと見る

#エバーグリーン講座 #平成29年度 エバーグリーン講座


◆ 2017.10.22 ◆ 「秋の芋煮会」を仙台・秋保温泉で開催

東京支部・札幌支部からも同窓生に参加いただき賑やか交流会となりました


台風が近づき雨模様となった10月21日(土)、仙台緑丘会は恒例の秋の芋煮会を秋保温泉「木の家」で開催しました。今年は東京や札幌からの参加者を含め31名が集いました。正午にJR愛子駅に集合、会場に着くころにはどうにか雨もや止み、無事に屋外で焚火を囲むことができました。今回のメニューは定番の仙台風芋煮のほかに、北海道直送の松尾ジンギスカンと「緑丘蔵」試験醸造酒が皆さんに振舞われ大好評でした。また、初参加の皆さんにはお一人ずつ自己紹介をいただき、緑丘交流を深めました。最後に校歌と若人逍遥の歌を全員で歌いあげ、お昼の部は、午後4時に終了しました。…もっと見る

#秋の芋煮会 #平成28年秋の芋煮会 #緑丘交流イベントカレンダー


◆ 2017.10.11 ◆ 小樽商大・北大のゴルフ対抗戦を開催

仙台ヒルズゴルフ倶楽部にて両校15名が参加、北大が勝利


第5回目となる小樽商科大学・北海道大学の宮城同窓会ゴルフ対抗戦を、さる10月9日(月・祝)に仙台ヒルズゴルフ倶楽部にて開催しました。天気は秋晴れ、若干汗ばむ程の陽気。今年は北大7名、商大8名の選手が参加しました。夕方18時からは国分町の「亜門」にて、表彰式並びに懇親会を行いました。ビールは汗を裏切らない、勝っても負けてもビールの旨さは変りません。対戦結果は北大の勝利となりました。また、来年もご一緒しましょう。…もっと見る

#ゴルフ部レポート #小樽商大・北大ゴルフ対抗戦2016


◆ 2017.09.19 ◆ プロ野球・東北楽天イーグルス応援観戦

会員やご家族20名が参加して初開催、楽天勝利へ熱い声援


仙台緑丘会は9月19日(火)、仙台市のコボスタ宮城でプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの応援観戦を初開催し、会員とご家族・友人など約20名が参加して熱い声援を送りました。当夜は三連休の台風の影響もすっかり消え、ナイターを楽しむ絶好の条件となりました。今回は小笠原副会長の「旅日記」さまのご協力で実現したプラン。スタジアム全体を見下ろすネット裏席に陣取り、豪華な会席弁当とお飲み物までついてお得感がいっぱいでした。…もっと見る

#仙台緑丘会員が語る小樽商大


◆ 2017.08.20 ◆ 小樽・国鉄手宮線跡地を歩いてみました

日本経済新聞で全国1位、北海道開拓史を伝える史跡群


平成29年7月土曜の朝、日本経済新聞の土曜版「NIKKEIプラス1」を開くと、一面の特集は「夏の思い出・廃線路歩き」でした。紙面トップを飾っているのは小樽の国鉄手宮線跡地。全国第1位の評価で、第2位の高千穂鉄道に大差でのトップです。記事では「小樽市街地を走っていた手宮線跡地1.6キロメートルが、遊歩道として整備された。運河と並行してほぼ全線が残る」と紹介され、全国からの訪問者たちの称賛の声が続きます。今夏、そんな手宮線の遊歩道を歩いてみました。…もっと見る

#仙台緑丘会員が語る小樽商大


◆ 2017.08.19 ◆ 商大卒業生が酒蔵「緑丘蔵」を上川町に設立

北海道に戦後初の新設、北海道米を使用し地方創生を目指す


北海道上川郡上川町。旭川市からJR石北本線のローカル列車で北見方面へ揺られること1時間余り、大雪山系の山々が連なるこの町に降り立ちました。今回の旅の目的は、小樽商大卒業生の塚原敏夫さん(平成2卒)が昨年、ここ上川町で立ち上げた上川大雪酒造「緑丘蔵」を見学すること。塚原さんは、日本酒の製造を中止していた三重県の酒造会社を取得し、ここ上川町に移転する計画を立ち上げました。しかし、各国税局の管轄を越える酒蔵移転はこれまで全国で先例がなかったため、国税局と何度も交渉を重ね、平成28年に北海道で戦後初となる酒蔵が誕生するに至ったものです。…もっと見る

#仙台緑丘会員が語る小樽商大


◆ 2017.08.19 ◆ 札幌支部と仙台緑丘会の夏の交流会

今年も札幌で開催、緑丘同窓の再会、新たな出会いを楽しむ


札幌に久しぶりの青空が広がった平成29年8月15日(火)、仙台緑丘会は今年も札幌支部の皆様との交流会に参加いたしました。参加者は、現役応援団員を含めて14名となりました。夕方6時半、北海道大学近くの居酒屋「小蝶」に集合。参加者は、各々が持ち寄った宮城と小樽の地酒や富良野ワイン、タイのビールなど、様々なお酒を味わいながら、緑丘同窓の再会、そして新たな出会いを楽しみました。また、仙台緑丘会メンバーで仙台から神戸へ転勤された石沢秀典さんとも札幌で再会し、旧交を温めました。…もっと見る

#仙台緑丘往来通信


◆ 2017.08.19 ◆ 49回目の緑丘戦没者慰霊祭

今年も仙台緑丘会が参列、不戦の誓いをあらたに


終戦記念日の平成29年8月15日(火)、母校・小樽商科大学では今年も緑丘戦没者慰霊祭が正午から大学構内で行われ、仙台緑丘会が参列いたしました白樺林に建つ緑丘戦没者記念搭は、母校の松尾教授の呼びかけにより、昭和44年に建立され、347名の学生・教員の御霊が眠っております。慰霊祭は、記念塔が建立された昭和44年から始まり、以後、一度も途絶えることなく続けられ、今年で49回目になります。正午、サイレンが小樽の町に響きわたり、大学関係者、遺族、緑丘会員、学生の参列者90名が戦没者の御霊に黙祷をささげました。…もっと見る

#仙台緑丘往来通信


◆ 2017.08.03 ◆ 室蘭工業大学同窓会東北支部と初の交流会

小樽と室蘭、北海道の国立単科大学同窓生が北の町を語り合う、


ようやく仙台も梅雨が明けて青空が広がった8月2日(水)、仙台緑丘会は室蘭工業大学同窓会東北支部の皆さまと初めての交流会を仙台市内で開催しました。今回は各同窓会から幹事が5名ずつ参加。まずは岩手の銀河高原ビールで新しい「北の出会い」に乾杯です。参加者が一人ひとり自己紹介を行い、互いの同窓会の活動状況などについて情報交換を行いました。商学部と工学部、小樽と室蘭。学問の分野や地域は違えど、同じ北海道の港町にある小さな国立単科大学で学んだかつての若人たちには、互いに何か通じるものがあるようです。…もっと見る

#仙台緑丘往来通信


◆ 2017.07.30 ◆ 夏の納涼会(ジンギスカン友の会)を開催

サッポロビール仙台工場で北海道フードをおおいに満喫する


恒例となった夏のジンギスカン友の会。今年は平成29年7月29日(土)、梅雨がまだ明けきらない豪雨の中で始まりました。名取市のサッポロビール仙台工場で午後13時から飲み放題がスタート。今回は石巻から石巻専修大学の田中先生ご夫妻、そして柴田ご夫妻も参加いただきました。はやり出来たてのビールは格別でした。お開きの頃には雨も晴れ上がり、ビール園の池の蓮が綺麗でした。そのあとは長町へ移動して二次会、その後はさらに三次会と続き、都合8時間の長丁場でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。次は秋の芋煮会でお会いしましょう。…もっと見る


◆ 2017.07.08 ◆ 第103回商大・北大総合定期戦対面式

御礼と報告(小樽商大応援団後援会)


本州とは異なり7月にして漸く初夏を迎える気候となりました。皆様に於かれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。さる7月2日(日)、第百三回総合定期戦対面式が行われました。此れも偏に皆様のご支援の賜物でございます。衷心より御礼申し上げます。 7時過ぎの商大合宿所は未だ半分まどろみの中。しかし10分もすると全ての団員が食事、身支度を整えました。 …もっと見る


◆ 2017.07.07 ◆ 北大対面式 オヤジ達の夜間行軍従軍記 2017

今年もOBたちが札幌・北大-小樽間を見事に完歩


今年も仙台緑丘会記者として夜間行軍に従軍。以下、それを記録する。ただ、北大―商大応援団の「対面式」を応援するために、なんの意味もないのに、開催地が札幌であれば小樽から、小樽であれば札幌から歩くという愚行を毎年繰り返している緑丘OBのおじさんたちがいる。応援団出身者がいるのはもちろんだが、智明寮出身者、ラグビー部OB,野球部OBなどの混成部隊である。 …もっと見る


◆ 2017.06.11 ◆ 公益社団法人緑丘会定時社員総会が開催

尾形副会長が公益財団法人小樽商科大学後援会の理事に就任


真夏日となった6月10日(土)、東京池袋の緑丘会館で公益社団法人緑丘会定時社員総会、公益財団法人小樽商科大学後援会理事会・評議員会が開催され、仙台緑丘会から及川会長と尾形副会長が出席しました。島崎理事長からは、緑丘会と後援会が連携して卒業祝賀会をはじめ母校への支援活動を充実させていること、全国各支部との連携を深めていることなどが報告されました。また、評議員からは、道外入学者の増加に向けた取り組みを期待する声などが寄せられました。 …もっと見る