重信代表作

暫定版

重信代表作 暫定版

ここにアップするのは、戸田市郷土博物館「重信展」図録に掲載した50句に、「父の沖」(「遠耳父母」の中の一連)など

少し句を足したものです。

「代表作をちょっと見たい」「雰囲気だけでいいから読みたい」というかたのための暫定的なもので、ここのHP作りの制約から、表記が書籍のとおりになりません。このまま引用しないようにお願いします。


たとえば、もとは正字(旧字)ですが、パソコンで出せないものは、普通に通用する字に直しました。

総ルビの句もありますが、ここではルビをつけられないため、ルビをつけていません。

また、重信句は、多行書きが主で、普通の俳句のように一行になっていないものがほとんどです。

この多行がここではうまく配置できず、ズレていることがあります。


「前略十年」


滑空機枯葦薙いで降りにけり


凩や我が掌のうらおもて


日本の夜霧の中の懐手


きみ嫁けり遠き一つの訃に似たり



「蕗子」


身をそらす虹の

絶巓

処刑台


§


「月光」旅館

開けても開けてもドアがある


§


月下の宿帳

先客の名はリラダン伯爵


§


船焼き捨てし

船長は


泳ぐかな


§


見つめられ

寒がりながら

出てくる満月


§


やがて縊死する

そんな予感の

苗木を植ゑる


「伯爵領」


吹き沈む

野分けの

谷の

耳さとき蛇


§


遂に

谷間に

見出だされたる

桃色花火


§


山脈の

襞に

埋も


§


海へ

夜へ

河がほろびる

河口のピストル


「黒彌撒」[罪囚植民地]


電柱の

キの字の

平野

灯ともし頃


§


軍鼓鳴り

荒涼と

秋の

痣となる


§


日が

落ちて

山脈といふ

言葉かな


§


くるしくて

みな愛す

この

河口の海色


§

しづかに

しづかに

耳朶色の

怒りの花よ


§


杭のごとく

たちならび

打ちこまれ


「高柳重信全句集」「蒙塵」


花火

はなやぎ

着飾り終へし

喪服の時間


§


いまは遠き

火の見の

鐘が

いま打たれ


§


この河

おそろし

あまりやさしく

流れゆき


§


まなこ荒れ

たちまち

朝の

終りかな


§

たてがみを刈り

たてがみを刈る


愛撫の晩年


§


あまりのどかで

生かして置けぬ


鳶の輪ひとつ


§


こころ

急かれて

身は斜め

海の足軽


「高柳重信全句集」「遠耳父母」


見殺しや

じつに静かに

百鳴る銅鑼


§


兄は

身代り

百年前から

濡葉の下


§


耳の五月よ

鳴乎

鳴乎と

耳鐘は鳴り


(ここより「父の沖」)


沖に

父あり

日に一度

沖に日は落ち


§


沖の父

誰も見知らず


在りとのみ


§


父もどく

海彦や

長鳴くは

母の鶏鳴


§


地下に

海あり

月もなき

父の通ひ路


§


父は

近きか

大き汐干に

華やぐ母


§


凧あげや


沖の沖より

父の声


§


父よ

沖よと

島の高樫

のぼりゆく


§


海辺の芒

誰か

名づけて

父招ぎ


§


海の中道

沖へ駈けゆく


父隠し


§


凪ぎて

鳥舞ふ

海彦に

沖の墓あり


§


母は

島籠め

死に忘れして

狂ひもせず


§


海は

見晴らし

足下の海は

父の墓 ※(「父の墓)に「みおろすな」とルビ)



§


沖を行き

父を旅ゆく


二十歳


(ここまで「父の沖」)

§


春夏秋冬

母は

睡むたし

睡れば死なむ


「山海集」(総ルビ)

飛騨と倭国はこちらのpdfでどうぞ

飛騨


飛騨の

山門の

考へ杉の

みことかな


§

葦原ノ中國

琴抱いて

無名の

神が

漂着せり


§


七浦を

六浦

あそびて

海の鰐


§

倭国


舞ふ鳶と

海の

國見や

十年老ゆ


§


魏は

はるかにて

持衰を殺す

旅いくつ


§

日本軍歌集


目醒め

がちなる

わが盡忠は

俳句かな



「日本海軍」(総ルビ)


松島を

逃げる

重たい

鸚鵡かな


§


一に

生駒

二無し三無し

四は拾遺


§


如何如何と

伊吹は

雪の

問ひ殺し


§


夜をこめて

哭く

言霊の

金剛よ


§


雪しげき

言葉の

富士も

晩年なり


「日本海軍・補遺」(総ルビ)


秋風

世阿弥

蓑虫・詩学

草木染


§


春風

是是非非

雲雀・流悌

い音便


「山川蝉夫句集」


水過ぎゆくここにかしこに我立つに


友よ我は片腕すでに鬼となりぬ


おーいおーい命惜しめといふ山彦


山川蝉夫句集 補遺


タソガレドリは言葉の鳥か我も言葉


此の世に開く棺の小窓といふものよ