ちょろぱ

ああ聞き違い

おもしろい聞き違い

outがあればinもある。言い間違いがあるなら聞き間違いも。

特に出典が記してない時は、管理者が実際に見聞したものです。

耳がヘン、といえばそれだけなんですけど、それにしたって面白すぎだろ、というのを集めました。


●え、小学生が地球に衝突? なんだ、小惑星か。(2010.5.13)

●「わが師の恩」を和菓子の恩と思った、という話を聞いた。うそっぽいけど。(09.2.20)

●スマップのトライアングルという歌で、

「精悍な顔つきで構えた銃は ほかでもなく僕らの胸につきつけられてる」とかなんとかいうところ。

ほかでもなく」が「お金もなく」と聞こえる。(06.1.30管理者)

●「夫という字を逆さに見ると円マーク(¥)だね」

「へ、どうしてデンマーク」(04・2・13 管理者)

●「ハイテクパンツ

どんなのかと思って耳をそばだてたら、「穿いてくパンツ」だった。

(2004・5・27知人の又聞き)

●「キスのマークでおなじみの・・・」

ドラッグストアのさわやかな店内放送。

よく考えたらそのお店は「リスのマーク」が使われているのでした。(BBS)

●不良品を取替えに行ったときのこと、

「レシートはお持ちですか」と店員さんが言った。

すると、そばで聞いていた子供が言った。

「レシートはお餅じゃないよ、紙だよ」

(2003・12・11 人づてに聞いた話)

●「パンジーをプランターに植えます」と生徒に言ったら、

チンパンジーをオランウータンに植えるの?」と聞き返された。(BBSより)

●「メロン街?」

ネオン街!」

●「は?誰がしっかり者?」

ヒカリ物!」

※知人の頭の話をしていた。

●「え、お父さん? もう死んじゃったけど」

後藤さんから電話、と言ったのよ!」

●「え!三十万円が何だって?」

讃岐ウドンと言っただけよ!」

●「え?カビ生えた?」

髪変えた、って言ったの!」

●「えっ、ひねしょうが?」

冷え性!」

●「えっ、胃潰瘍が四つも?」

蜜柑が四つ!」※アクセントがヘンだった。

●「すごい重症の人がいる」と知人の保健婦さんが言った。

「え、どんな?」

「すごくモノモノしい住所、○○郡○○町○○字○○」

住所かよ。

●仕事で健康づくりの冊子を大量に注文したら、営業の人が、

短歌の本は一週間後に出します」と言った。

短歌?

「はい。タンカの方は一週間後に出します」

単価か。

●喫茶店でウェイトレスさんに

ありますか?」と言ったら、を持ってきた。

お冷と聞こえたらしい。

●すごく騒がしい喫茶店で、「コーヒー」と言ったら、

カレーライスを持ってきた。あまりの騒がしさに、間違いだと言うのもめんどうで、 そのまま食べてしまった。

●「え、詩吟?」

「いや、主任と言ったんだよ(笑)」

「はあ? しびんですか?」

「もういい・・・・」

●「え? 20円切手

にじんできて、と言ったんだよ」

●「え? ご先祖がどうかしたの?」

路線用! 似てないじゃない」

●「え、 このごろしらばっくれるって何が?」

白髪が増えた、って言ったの」

●町内になりひびく役所の放送、声がわれている上に、こだまして不明瞭だ。

「ただいま危険電波を発信中です」

何事かと耳をそばだてたが、やはり危険電波と言っているようだ。

しばらくたって、「試験電波」と言っていたのかもしれないと思い当たった。

●「イチジクが癌って?」

一時から会議! 耳かっぽじっとけ!」

●「人魚姫?」

議員旅費! どこをどう聞けば人魚姫になるの?」

●「え、冷蔵庫にサンドイッチが?」

15日に半年休って言ったのよ。おなかすいてるの?」

●教室に入ってくるなり先生が、

「今、A先生と、『カゼがひどい』という話をしながらきた。

僕は外の風のつもり、A先生は病気の風邪のつもりで話していたが、

この長い廊下を歩くあいだずっと、お互い違いに気づかなかった」

と、おかしそうに言った。(管理者が高校のときのこと)

●職場で来客予定の人がなかなか来ないなあという会話の途中。

「え、 アイスクリームですか? お客さんに出すんですか?」

あいつ来るのかな、と言っただけだよ」

●「さきほど、火事のことでお電話いただいたそうで」

「え?……火事……ですか?」

「営業部のの件です」

●「イカの入院、シカの入院」という言葉が耳に入った。

イカや鹿がなんで入院するんだ?と思ったら、

医科の入院、歯科の入院」だった。

(管理者は医療に関係のある仕事をしていたことがある。

御茶ノ水の「医科歯科大学病院」も、見聞きするたび、イカと鹿を想起する。)

●変なクシャミ+かんちがい

a「ちょっと聞いて、今、役員室から「福は内! 福は内!」という声が聞こえてさァ、

何かとおもえば、常務のクシャミだったのよ。ゲラゲラゲラ」

b「やーだ、ひなまつりの時期だから」

a「それってもしかして節分のこと?」

(そして二人はゲラゲラ死ぬほど笑った。)

●「え、死人が遅くなった?」

朱肉が薄くなった!!」

●「え、マリリンモンローが密輸?」

万景峰号よ!」(マンギョンボン号)


●落語かなにかで、

けっこうなる芋をありがとう」を「ケツがウナル芋・・」

と読み間違えるのがあった。(あ、これは読み間違いですね。)