Home

のサイトは、中村早希の研究活動に関するさまざまな情報を載せています。主にこれまでの研究の紹介や、最近読んだ興味関心のある論文の紹介をしています。
コミュニケーションを通して人の心が動く(動かされる)仕組みに関心があり,現在は、複数人がそれぞれ異なる方向に説得を行う場面において、どのようなプロセスを経て、最終的な判断を行っているかを明らかにしようとしています。
集団の意思決定場面における飲食行動(特にチョコレートなどの菓子を食べること)の役割についても研究しています。
社会と心理学の懸け橋として活躍することを目指しています


西学院大学大学院 文学研究科
総合心理科学専攻 理科学領域
三浦ゼミ 博士課程後期課程2年
 早希(NAKAMURA Saki)
E-mail:n.murasaki( at )kwansei.ac.jp

NEW

1 - 5 / 11 件の投稿を表示中 もっと見る »

SCIENCE NEWS 2017

  • 選択と説得の効果を加味したカスケード現象のシミュレーション Huang, W. M., Zhang, L. J., Xu, X. J., & Fu, X. (2016). Contagion on complex networks with persuasion. Scientific reports, 6, 23766. たとえば,政治への不満の爆発のように,状況によっては,多数派とは反対意見を持つごく少数の個人の存在が,大きなカスケードを引き起こすことがある。ネットワークにおけるシミュレーション研究において,カスケード現象は「伝播モデル ...
    投稿: 2017/10/30 23:22、Saki Nakamura
  • スマイリー😄の使い時にご注意を Glikson, E., Cheshin, A., & van Kleef, G. A. (2017). The Dark Side of a Smiley: Effects of Smiling Emoticons on Virtual First Impressions. Social Psychological and Personality Science, 1948550617720269.笑顔などの情動を表出するかどうかは ...
    投稿: 2017/10/30 23:19、Saki Nakamura
  • 「愛情・共感・競争」笑顔表出の3つの機能 Rychlowska, M., Jack, R. E., Garrod, O. G., Schyns, P. G., Martin, J. D., & Niedenthal, P. M. (2017). Functional smiles: Tools for love, sympathy, and war. Psychological science, 28(9 ...
    投稿: 2017/10/30 23:16、Saki Nakamura
  • 栄養バランスと意思決定の関連:糖分が少ない(orタンパク質多め)だと,都合のいい人になってしまう!? Strang, S., Hoeber, C., Uhl, O., Koletzko, B., Münte, T. F., Lehnert, H., … Park, S. Q. (2017). Impact of nutrition on social decision making. Proceedings of the National Academy of ...
    投稿: 2017/09/08 2:53、Saki Nakamura
  • 「厚切りフレンチフライのほうが望ましい」と思っている人は,そうでない人よりも厚切りフレンチフライを食べに行こうとする。 DeMarree, K. G., Clark, C. J., Wheeler, S. C., Briñol, P., & Petty, R. E. (2017). On the pursuit of desired attitudes: Wanting a different attitude affects information processing and behavior ...
    投稿: 2017/09/08 2:00、Saki Nakamura
  • 過去の経験のポジネガの重みづけと新生活での関係形成の関連を検討 Rocklage, M. D., Pietri, E. S., & Fazio, R. H. (2017). The weighting of positive vs. negative valence and its impact on the formation of social relationships. Journal of Experimental Social ...
    投稿: 2017/09/08 1:57、Saki Nakamura
  • 「みんなで食べる方がおいしい」というのは,他人じゃなくても良い Nakata, R., & Kawai, N. (2017). The “social” facilitation of eating without the presence of others: Self-reflection on eating makes food taste better and people eat more. Physiology & Behavior, 179 ...
    投稿: 2017/09/08 1:56、Saki Nakamura
  • 「顔」の印象が科学記事への関心に影響:科学記事に載せるプロフィール写真は「知的」で「誠実」な感じに! 近年,サイエンス・コミュニケーションというものが注目されています。これは,科学的なトピックをわかりやすく伝えることで,一般市民への科学への関心を高めることを狙ったもので,国が推進する方針の1つでもあります。インターネットの普及によって,ネットニュースなどで,手軽にわかりやすく研究を要約した科学記事を目にすることができます。今回は,こうした科学記事に関心を持ってもらえるかどうか,またその研究をどう評価するかが,研究の内容のみならず,科学者のルックスも影響しているということを示した研究を紹介します。ルックスの影響はさまざまルックスは,さまざまなシチュエーションで社会的な判断に影響を及ぼす(たとえば ...
    投稿: 2017/07/03 18:54、Saki Nakamura
1 - 8 / 20 件の投稿を表示中 もっと見る »
サブページ (4): NEW Profile 研究テーマ 研究業績