渡辺 勝敏

WATANABE, Katsutoshi    [ENGLISH PAGE]   [FORMER PAGE]

博士(水産学)Ph.D
Associate Professor, Laboratory of Animal Ecology, Dept. fo Zoology, Div. of Biological Science
Graduate School of Science, Kyoto University

新プロジェクト「古代湖・琵琶湖における湖沼適応の起源
と集団ゲノミクス」がスタートしました(2017〜2019年度)【関連ウェブページBiFAGweb】

大学院生を募集しています淡水魚類を中心とした動物の自然史(生態学,進化学,生物地理学,保全生物学)について,深く学び,研究したい方の参入をお待ちしています.>
学振PDの受け入れ,大歓迎です淡水魚類を中心とした動物の生態や進化ゲノミクス等について,研究したい方の参入をお待ちしています.>

最近のこと/雑感

  • FREE ACCESS: Japanese Freshwater Fishes: Biogeography and Cryptic Diversity (until the end of October)
    Now, our review on Japanese freshwater fishes is open as free access (until the end of October 2018).
    https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-4-431-56432-4_7

    Watanabe, K., K. Tominaga, J. Nakajima, R. Kakioka and R. Tabata. 2017. Chapter 7. Japanese freshwater fishes: biogeography and cryptic diversity. In: Motokawa, M. and H. Kajihara (eds.) Species Diversity of Animals in Japan, Diversity and Commonality in Animals. Springer. pp. 183–227. DOI: 10.1007/978-4-431-56432-4_7 

    This review contains an analysis of strictly freshwater fish fauna in the Japanese Archipelago, phylogeographic patterns, estimation of potential species diversity, and a complete list of "evolutionary units" of strictly freshwater fishes with references.

    10月末まで、拙著 Japanese freshwater fishes: biogeography and cryptic diversityがフリーアクセス(PDFダウンロード化)です!
    投稿: 2018/10/09 0:42、Katsutoshi Watanabe
  • 2018-07 U Ohn, a great forest conservationist in Myanmar, passed away on 11 July
    U Ohn, a great forest conservationist in Myanmar, passed away on 11 July.
    ミャンマー森林局やFREDA(NGO)でポパ山やイラワジデルタ等の森林・マングローブの再生・保全に大きく貢献し、2007年に第9回環境水俣賞(流域・海洋生態系部門)を受賞されたU Ohnさんが、7月11日にご逝去なされました。
    最晩年に、何度かお会いする機会を得、インレー湖調査にも様々ご協力をいただきました。
    直接過ごした時間は極めてわずかにすぎませんが、インタビュー記事や知人からの伝聞によっても、いかに優れた思想と行動の人であったかをうかがい知ることができます。
    感謝と哀悼を捧げます。

    投稿: 2018/07/13 2:25、Katsutoshi Watanabe
  • 2018/7/4-7 第9回国際トゲウオ会議@京都でオープン・プレナリー講演
    2018年7月4日から7月7日にかけて、京都大学吉田キャンパスにて国際トゲウオ会議Stickleback2018(https://sites.google.com/view/stickleback2018/)を開催します。
    プレナリー講演会を公開としますので、興味のある方は是非お越しください。

    進化生物学・進化ゲノミクスの大御所に連日登壇いただきます。

    会場:京都大学吉田キャンパス 北部構内 北部総合教育研究棟 益川ホール(http://www.kyoto-u.ac.jp/…/acce…/campus/yoshida/map6r_n.html
    #13の建物です

    7/4(水)9:30-10:15
    David Kingsley (HHMI and Stanford University School of Medicine)
    The arrival of the fittest: sources of molecular variation underlying repeated evolution in vertebrates

    7/5(木)9:30-10:15
    Dolph Schluter (University of British Columbia)
    Fitness maps to a large-effect locus in an experimental stickleback population

    7/6(金)9:30-10:15
    Andrew Hendry (McGill University)
    Eco-evolutionary dynamics

    7/7(土)9:30-10:15
    Ole Seehausen (Eawag and University of Bern)
    The genomic basis of quantum speciation in Lake Victoria cichlids

    会場は150人定員で会議参加者が100名ほどいますので混雑が予想されます。事前にご承知おきください。
    投稿: 2018/06/21 20:18、Katsutoshi Watanabe
  • 2018-5-10 魚雑・希少魚シリーズ最新回:海産魚類のRDB
    魚類学雑誌・希少魚シリーズの最新回がウェブに掲載されました。
    三重大・木村氏ほか、4名の執筆陣によるシリーズ中最大の記事。
    広くご覧いただけると幸いです。
    投稿: 2018/05/10 7:17、Katsutoshi Watanabe
  • 2018-03 魚類自然史研究会会報「ボテジャコ」22号のオウミヨシノボリの記事
    魚類自然史研究会会報「ボテジャコ」22号に掲載された近所の川のオウミヨシノボリの生態研究の記事、転載自由ということですので、著者の許可のもとでここに転載します。
    (私も運転手、魚捕り要員、写真・ワープロ技師として貢献しました。)

    投稿: 2018/04/02 21:40、Katsutoshi Watanabe
1 - 5 / 214 件の投稿を表示中 もっと見る »

論文紹介?---特論やセミナーで取り上げられた論文のメモ

  • 2017年度 生物学セミナーの学生紹介論文(4/4) 2017年度後期の生物学セミナーの紹介論文第4回(2017/11/10)Stroeymeyt et al. (2017) Polydomy enhances foraging performance in ant colonies.Proc. Roy. Soc. B 284: 20170269. http://dx.doi.org/10.1098/rspb.2017 ...
    投稿: 2017/11/12 4:06、Katsutoshi Watanabe
  • 2017年度 生物学セミナーの学生紹介論文(3/4) 2017年度後期の生物学セミナーの紹介論文第3回(2017/10/27)El-Sabaawi et al. (2016) Biodiversity and ecosystem risks arising from using guppies to control mosquitoes. Biol. Lett. 12: 20160590. http://dx.doi.org/10 ...
    投稿: 2017/11/12 4:07、Katsutoshi Watanabe
  • 2017年度 生物学セミナーの学生紹介論文(2/4) 2017年度後期の生物学セミナーの紹介論文第2回(2017/10/20)Hamilton, G. (2016) The secret lives of jellyfish. Nature (London) 531: 432–434. http://www.nature.com/news/the-secret-lives-of-jellyfish-1.19613 ...
    投稿: 2017/10/27 19:50、Katsutoshi Watanabe
  • 2017年度 生物学セミナーの学生紹介論文(1/4) 2017年度後期の生物学セミナーの紹介論文第1回(2017/10/13)Uehara and Sugiura (2017) Cockroach-mediated seed dispersal in Monotropastrum humile (Ericaceae): a new mutualistic mechanism. Botanical Journal of the Linnean Society, 185: 113–118 ...
    投稿: 2017/10/19 14:27、Katsutoshi Watanabe
  • 2016年度の生物学セミナーでの学生紹介論文 2016年度後期の生物学セミナーでの学生紹介論文Hendry (2013) Key questions in the genetics and genomics of eco-evolutionary dynamicsHeredity 111:456-466. http://dx.doi.org/10.1038/hdy.2013.75生態―進化ダイナミクスの遺伝学とゲノミクスにおける主要問題に関するレビューCortesi ...
    投稿: 2017/10/19 13:42、Katsutoshi Watanabe
1 - 5 / 33 件の投稿を表示中 もっと見る »


連絡先
watanak(あっと)terra.zool.kyoto-u.ac.jp (←(あっと)は@に)Tel & Fax 075-753-4079
〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 [MAP] [理学研究科2号館305号室]
Kitashirakawa-Oiwakecho, Sakyo, Kyoto 606-8502, Japan
Tel & Fax +81-75-753-4079

Web page: ここ Twitter Youtube channel
  「アユモちゃんピンチ!」(→日本魚類学会生態学会

お知らせ

  • 2018/7/4-7 第9回国際トゲウオ会議@京都でオープン・プレナリー講演 2018年7月4日から7月7日にかけて、京都大学吉田キャンパスにて国際トゲウオ会議Stickleback2018(https://sites.google.com/view/stickleback2018/)を開催します。プレナリー講演会を公開としますので、興味のある方は是非お越しください。進化生物学・進化ゲノミクスの大御所に連日登壇いただきます。会場:京都大学吉田キャンパス 北部構内 北部総合教育研究棟 益川ホール(http://www.kyoto-u.ac.jp/…/acce…/campus/yoshida/map6r_n.html ...
    投稿: 2018/06/21 20:19、Katsutoshi Watanabe
  • 2018/1/17 三品達平氏の博士論文公聴会 2018/1/17(水)の16:30-17:30に、当研究室の大学院生、三品達平氏の博士論文公聴会が開かれますでの、ぜひご来聴ください。場所:京都大学大学院理学研究科2号館315号室タイトル「Origin, diversity, and evolutionary implications of unisexual vertebrates: comparative study on gynogenetic and hybridogenetic fishes
    投稿: 2018/01/11 20:03、Katsutoshi Watanabe
  • 2017-04-22(土)生物科学専攻大学院入試説明会 http://www.biol.sci.kyoto-u.ac.jp/jpn/school/news/2017/03/29422.html京都大学大学院理学研究科生物科学専攻大学院入試説明会 /オープンラボ日時:2017年4月22日(土) 10:30〜 場所:京都大学理学研究科6号館4階大講義室(401号室)    (京都市左京区北白川追分町・北部キャンパス内)対象:大学院入試説明会 ...
    投稿: 2017/04/04 9:48、Katsutoshi Watanabe
  • 2017-01-31、伊藤僚祐くんの修論発表公聴会 当研究室の伊藤僚祐くんの修論発表会が1月31日、公開で行われます。ウキゴリ類のロドプシン進化パターンに関する研究です。来聴歓迎。日時 1月31日 13時30分から場所 京都大学理学研究科2号館218室1) 伊藤僚祐 「ハゼ科ウキゴリ属における視物質ロドプシンの分子進化パターン」2)荒木 祥文"Studies on the transitional zone of color morphs in the Phelotrups auratus"
    投稿: 2017/01/26 4:28、Katsutoshi Watanabe
  • 2017-01-18 山﨑 曜 君の博士学位論文公聴 2017年1月18日(水)16:30〜17:30 理学研究科2号館第2講義室当研究グループの山﨑 曜 君の博士学位論文公聴会が開かれます。ご来聴歓迎です。Species diversification through parallel freshwater adaptation in Rhinogobius gobies(ハゼ科ヨシノボリ属における平行的な淡水適応を通じた種多様化)
    投稿: 2017/01/10 19:32、Katsutoshi Watanabe
1 - 5 / 40 件の投稿を表示中 もっと見る »

本日のお気に入りの汝管

  • 2018-11-07 素敵なガールズトーク 素敵なガールズトーク Woodpeckers play Bach! - die Kunst der Fuge BWV 1080 - Contrapunctus IXhttps://www.youtube.com/watch?v=B9dc2ite_i4
    投稿: 2018/11/07 2:57、Katsutoshi Watanabe
  • 2018-09-05 クラブでプロコフィエフ#7 Prokofiev in a Club! Sonata #7 Yellow Lounge Amsterdam Lisitsa イカしてる。https://www.youtube.com/watch?v=GDxIYorkrVI
    投稿: 2018/09/04 23:17、Katsutoshi Watanabe
  • 2018-07-20 ギターでウェーベルンOp.27 これはすごい。ギターでウェーベルンOp.27。https://www.youtube.com/watch?v=O0V3vFGUrBM
    投稿: 2018/07/20 1:48、Katsutoshi Watanabe
  • 2017-08-17 月光の第3楽章 ギター! Ludwig van Beethoven - Moonlight Sonata ( 3rd Movement ) Tina S Coverhttps://www.youtube.com/watch?v=o6rBK0BqL2w文句なしにすごすぎ.
    投稿: 2017/08/17 2:39、Katsutoshi Watanabe
  • 2017-05-22 半音階的幻想曲とフーガ on ギター 世の中すごい人もいるもんだ。Jorge Caballero plays Bach: Fantasia Cromática e Fuga (Movimento Violão)https://www.youtube.com/watch?v=22BDPcU2QS4こちらも:WTC1-#4 https://www.youtube.com/watch?v=IwzcQ9dZplI
    投稿: 2017/05/22 2:04、Katsutoshi Watanabe
1 - 5 / 42 件の投稿を表示中 もっと見る »