渡辺 勝敏

WATANABE, Katsutoshi    [ENGLISH PAGE]   [FORMER PAGE]

博士(水産学)Ph.D
Associate Professor, Laboratory of Animal Ecology, Dept. fo Zoology, Div. of Biological Science
Graduate School of Science, Kyoto University

新プロジェクト「古代湖・琵琶湖における湖沼適応の起源
と集団ゲノミクス」がスタートしました(2017〜2019年度)【関連ウェブページBiFAGweb】

大学院生を募集しています淡水魚類を中心とした動物の自然史(生態学,進化学,生物地理学,保全生物学)について,深く学び,研究したい方の参入をお待ちしています.>
学振PDの受け入れ,大歓迎です淡水魚類を中心とした動物の生態や進化ゲノミクス等について,研究したい方の参入をお待ちしています.>

最近のこと/雑感

  • 2019-03-21 外来ハスの形態変化に関する論文が出版
    Fig. 3
    井口さん@長崎大を中心とする外来ハス(魚)の形態変化に関する共同研究がパブリッシュされました。

    Iguchi, K., Y. Matsumoto, Y. Kurita and K. Watanabe (2019) Adaptive downsizing in the piscivorous cyprinid fish, Opsariichthys uncirostris, facilitates rapid establishment after introduction to a small-scale habitat in Japan. Biol. Invasion. Doi: 10.1007/s10530-019-01957-3

    大きな琵琶湖から小さいクリークに導入されたハスは小型で成熟し、体型が細長く、尖った感じの顔付きになる。
    遺伝か可塑性かはわからない。
    (写真は琵琶湖のハス)
    投稿: 2019/03/31 23:17、Katsutoshi Watanabe
  • 2019-03-09 ツチフキ系統地理論文が出版
    ツチフキの系統地理論文が出版されました。

    Jang-Liaw et al. (2019) Phylogeography of the Chinese false gudgeon, Abbottina rivularis, in East Asia, with special reference to the origin and artificial disturbance of Japanese populations. Ichthyol. Res.
    https://doi.org/10.1007/s10228-019-00686-w

    東アジアの広域分布種であるツチフキAbbottina rivularisは、東アジアに大きく4系統(NCL, JL, SCL1, SCL2)が存在し、日本にはそのうち2つ(JL, SCL1)が分布している。
    しかし、関東や九州に現れる一方の系統(SCL1)は人為的導入に起源する可能性が高い。
    日本固有の系統(JL)は数百万年の歴史をもち、濃尾、近畿、山陽、九州に分布。九州の系統(JL2)と本州の系統(JL1)も結構深く分岐(2百万年前後)。
    濃尾のツチフキは、今回調べた範囲では近畿から人為導入された可能性が高い。
    九州の在来系統(JL2)は思いの外少ない。
    投稿: 2019/03/16 3:01、Katsutoshi Watanabe
  • FREE ACCESS: Japanese Freshwater Fishes: Biogeography and Cryptic Diversity (until the end of October)
    Now, our review on Japanese freshwater fishes is open as free access (until the end of October 2018).
    https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-4-431-56432-4_7

    Watanabe, K., K. Tominaga, J. Nakajima, R. Kakioka and R. Tabata. 2017. Chapter 7. Japanese freshwater fishes: biogeography and cryptic diversity. In: Motokawa, M. and H. Kajihara (eds.) Species Diversity of Animals in Japan, Diversity and Commonality in Animals. Springer. pp. 183–227. DOI: 10.1007/978-4-431-56432-4_7 

    This review contains an analysis of strictly freshwater fish fauna in the Japanese Archipelago, phylogeographic patterns, estimation of potential species diversity, and a complete list of "evolutionary units" of strictly freshwater fishes with references.

    10月末まで、拙著 Japanese freshwater fishes: biogeography and cryptic diversityがフリーアクセス(PDFダウンロード化)です!
    投稿: 2018/10/09 0:42、Katsutoshi Watanabe
  • 2018-07 U Ohn, a great forest conservationist in Myanmar, passed away on 11 July
    U Ohn, a great forest conservationist in Myanmar, passed away on 11 July.
    ミャンマー森林局やFREDA(NGO)でポパ山やイラワジデルタ等の森林・マングローブの再生・保全に大きく貢献し、2007年に第9回環境水俣賞(流域・海洋生態系部門)を受賞されたU Ohnさんが、7月11日にご逝去なされました。
    最晩年に、何度かお会いする機会を得、インレー湖調査にも様々ご協力をいただきました。
    直接過ごした時間は極めてわずかにすぎませんが、インタビュー記事や知人からの伝聞によっても、いかに優れた思想と行動の人であったかをうかがい知ることができます。
    感謝と哀悼を捧げます。

    投稿: 2018/07/13 2:25、Katsutoshi Watanabe
  • 2018/7/4-7 第9回国際トゲウオ会議@京都でオープン・プレナリー講演
    2018年7月4日から7月7日にかけて、京都大学吉田キャンパスにて国際トゲウオ会議Stickleback2018(https://sites.google.com/view/stickleback2018/)を開催します。
    プレナリー講演会を公開としますので、興味のある方は是非お越しください。

    進化生物学・進化ゲノミクスの大御所に連日登壇いただきます。

    会場:京都大学吉田キャンパス 北部構内 北部総合教育研究棟 益川ホール(http://www.kyoto-u.ac.jp/…/acce…/campus/yoshida/map6r_n.html
    #13の建物です

    7/4(水)9:30-10:15
    David Kingsley (HHMI and Stanford University School of Medicine)
    The arrival of the fittest: sources of molecular variation underlying repeated evolution in vertebrates

    7/5(木)9:30-10:15
    Dolph Schluter (University of British Columbia)
    Fitness maps to a large-effect locus in an experimental stickleback population

    7/6(金)9:30-10:15
    Andrew Hendry (McGill University)
    Eco-evolutionary dynamics

    7/7(土)9:30-10:15
    Ole Seehausen (Eawag and University of Bern)
    The genomic basis of quantum speciation in Lake Victoria cichlids

    会場は150人定員で会議参加者が100名ほどいますので混雑が予想されます。事前にご承知おきください。
    投稿: 2018/06/21 20:18、Katsutoshi Watanabe
1 - 5 / 216 件の投稿を表示中 もっと見る »

論文紹介?---特論やセミナーで取り上げられた論文のメモ

  • 2018年度 生物学セミナーの学生紹介論文(3/3) 2018/12/14(担当DM)Economo et al. (2018) Macroecology and macroevolution of the latitudinal diversity gradient in ants. Nature Communication 9: 1778https://doi.org/10.1038/s41467-018-04218 ...
    投稿: 2018/12/19 4:56、Katsutoshi Watanabe
  • 2018年度 生物学セミナーの学生紹介論文(2/3) 2018/12/7(担当KF)Toju et al. (2014) Assembly of complex plant–fungus networks. Nature Communication 5:5273https://doi.org/10.1038/ncomms6273NGSを用いて網羅的に明らかにした植物と菌根の相互作用網の特徴は、共生群集の理論的予測や、これまで知られている他の群集とは異なる特徴を示した。専門化やモジュラー化に乏しく、入れ子構造も低かった。(担当YT ...
    投稿: 2018/12/19 4:42、Katsutoshi Watanabe
  • 2018年度 大学院特論後半:論文紹介 (4) 2018/12/04(担当MA)Kitano et al. (2018) Parallel transcriptome evolution in stream threespine sticklebacks. Develop Growth Differ 2018:1–10http://dx.doi.org/10.1111/dgd.12576日本とカナダのイトヨ淡水型ー遡河型の脳のトランスクリプトーム解析byマイクロアレイ ...
    投稿: 2018/12/06 18:17、Katsutoshi Watanabe
  • 2018年度 生物学セミナーの学生紹介論文(1/3) 2018/11/30(担当SY)Halfwerk W et al. (2017) Environmental conditions limit attractiveness of a complex sexual signal in the túngara frog. Nature Communications, 8(1). https://doi.org/10 ...
    投稿: 2018/11/29 15:54、Katsutoshi Watanabe
  • 2018年度 大学院特論後半:論文紹介 (3) 2018/11/27(担当YF)Dell et al. (2014) Automated image-based tracking and its application in ecology. Trends Eco Evol 29:417–428http://dx.doi.org/10.1016/j ...
    投稿: 2018/12/03 15:48、Katsutoshi Watanabe
  • 2018年度 大学院特論後半:論文紹介 (2) 2018/11/20(担当NY)McLean CA , Stuart-Fox D (2014) Geographic variation in animal colour polymorphisms and its role in speciation. Biol Rev 89:860–873https://doi.org/10 ...
    投稿: 2018/11/29 15:45、Katsutoshi Watanabe
  • 2018年度 大学院特論後半:論文紹介 (1) 2018/11/13(担当KH)Lamichhaney et al. (2014) Evolution of Darwin’s finches and their beaks revealed by genome sequencing. Nature 518https://doi.org/10.1038/nature14181ダーウィンフィンチのホールゲノム ...
    投稿: 2018/11/29 15:41、Katsutoshi Watanabe
  • 2018年度 大学院特論前半 2018年大学院特論の前半(4〜10月)は、P. Nosil (2012)  Ecological Speciation  (Oxford University Press) を読み通しました。自分自身は9割は予習して臨めたので、大変エキサイティングで身に付いたと思います(けど指から溢れる砂...)
    投稿: 2018/11/29 15:35、Katsutoshi Watanabe
  • 2017年度 生物学セミナーの学生紹介論文(4/4) 2017年度後期の生物学セミナーの紹介論文第4回(2017/11/10)Stroeymeyt et al. (2017) Polydomy enhances foraging performance in ant colonies.Proc. Roy. Soc. B 284: 20170269. http://dx.doi.org/10.1098/rspb.2017 ...
    投稿: 2017/11/12 4:06、Katsutoshi Watanabe
  • 2017年度 生物学セミナーの学生紹介論文(3/4) 2017年度後期の生物学セミナーの紹介論文第3回(2017/10/27)El-Sabaawi et al. (2016) Biodiversity and ecosystem risks arising from using guppies to control mosquitoes. Biol. Lett. 12: 20160590. http://dx.doi.org/10 ...
    投稿: 2017/11/12 4:07、Katsutoshi Watanabe
1 - 10 / 41 件の投稿を表示中 もっと見る »


連絡先
watanak(あっと)terra.zool.kyoto-u.ac.jp (←(あっと)は@に)Tel & Fax 075-753-4079
〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 [MAP] [理学研究科2号館305号室]
Kitashirakawa-Oiwakecho, Sakyo, Kyoto 606-8502, Japan
Tel & Fax +81-75-753-4079

Web page: ここ Twitter Youtube channel
researchmap 
  「アユモちゃんピンチ!」(→日本魚類学会生態学会

お知らせ

  • 2019-04-20(土)京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 大学院入試説明会 /オープンラボ 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻大学院入試説明会 /オープンラボ日時:2019年4月20日(土) 10:30〜 場所:京都大学理学研究科6号館4階大講義室(401号室)    (京都市左京区北白川追分町・北部キャンパス内)対象:大学院入試説明会 主に2020年度大学院博士前期課程入学試験(2019年実施)の   受験を考えている方(学部生の参加も可)<プログラム>10:30-11:30 : 講演 最先端の研究を聴いてみよう「一斉に卵パカパカ、カメムシ孵化のなぞ」 沼田英治 ...
    投稿: 2019/03/05 21:16、Katsutoshi Watanabe
  • 2018/7/4-7 第9回国際トゲウオ会議@京都でオープン・プレナリー講演 2018年7月4日から7月7日にかけて、京都大学吉田キャンパスにて国際トゲウオ会議Stickleback2018(https://sites.google.com/view/stickleback2018/)を開催します。プレナリー講演会を公開としますので、興味のある方は是非お越しください。進化生物学・進化ゲノミクスの大御所に連日登壇いただきます。会場:京都大学吉田キャンパス 北部構内 北部総合教育研究棟 益川ホール(http://www.kyoto-u.ac.jp/…/acce…/campus/yoshida/map6r_n.html ...
    投稿: 2018/06/21 20:19、Katsutoshi Watanabe
  • 2018/1/17 三品達平氏の博士論文公聴会 2018/1/17(水)の16:30-17:30に、当研究室の大学院生、三品達平氏の博士論文公聴会が開かれますでの、ぜひご来聴ください。場所:京都大学大学院理学研究科2号館315号室タイトル「Origin, diversity, and evolutionary implications of unisexual vertebrates: comparative study on gynogenetic and hybridogenetic fishes
    投稿: 2018/01/11 20:03、Katsutoshi Watanabe
  • 2017-04-22(土)生物科学専攻大学院入試説明会 http://www.biol.sci.kyoto-u.ac.jp/jpn/school/news/2017/03/29422.html京都大学大学院理学研究科生物科学専攻大学院入試説明会 /オープンラボ日時:2017年4月22日(土) 10:30〜 場所:京都大学理学研究科6号館4階大講義室(401号室)    (京都市左京区北白川追分町・北部キャンパス内)対象:大学院入試説明会 ...
    投稿: 2017/04/04 9:48、Katsutoshi Watanabe
  • 2017-01-31、伊藤僚祐くんの修論発表公聴会 当研究室の伊藤僚祐くんの修論発表会が1月31日、公開で行われます。ウキゴリ類のロドプシン進化パターンに関する研究です。来聴歓迎。日時 1月31日 13時30分から場所 京都大学理学研究科2号館218室1) 伊藤僚祐 「ハゼ科ウキゴリ属における視物質ロドプシンの分子進化パターン」2)荒木 祥文"Studies on the transitional zone of color morphs in the Phelotrups auratus"
    投稿: 2017/01/26 4:28、Katsutoshi Watanabe
1 - 5 / 41 件の投稿を表示中 もっと見る »

本日のお気に入りの汝管

  • 2018-12-23 まさかの共演? 能・羽衣とウェーベルンのパッサカリア(op.1).なんでここで出会う?https://www.youtube.com/watch?v=4zfOalfmGyY
    投稿: 2019/04/01 3:02、Katsutoshi Watanabe
  • 2018-11-07 素敵なガールズトーク 素敵なガールズトーク Woodpeckers play Bach! - die Kunst der Fuge BWV 1080 - Contrapunctus IXhttps://www.youtube.com/watch?v=B9dc2ite_i4
    投稿: 2018/11/07 2:57、Katsutoshi Watanabe
  • 2018-09-05 クラブでプロコフィエフ#7 Prokofiev in a Club! Sonata #7 Yellow Lounge Amsterdam Lisitsa イカしてる。https://www.youtube.com/watch?v=GDxIYorkrVI
    投稿: 2018/09/04 23:17、Katsutoshi Watanabe
  • 2018-07-20 ギターでウェーベルンOp.27 これはすごい。ギターでウェーベルンOp.27。https://www.youtube.com/watch?v=O0V3vFGUrBM
    投稿: 2018/07/20 1:48、Katsutoshi Watanabe
  • 2017-08-17 月光の第3楽章 ギター! Ludwig van Beethoven - Moonlight Sonata ( 3rd Movement ) Tina S Coverhttps://www.youtube.com/watch?v=o6rBK0BqL2w文句なしにすごすぎ.
    投稿: 2017/08/17 2:39、Katsutoshi Watanabe
1 - 5 / 43 件の投稿を表示中 もっと見る »