河田聡の講義

「科学社会論」

阪大応用物理学コース・学部3回生後期、講義は日本語。

参考書:河田 聡「論文・プレゼンの科学」(アドスリー・丸善)


今年の講義予定と講義録

2014年 第1回 10月7日(火) 科学と軍事研究
日本に原子力発電は必要か否か?
大企業と中小企業、創業者、軍事研究。
池井戸潤:下町ロケットまたは
マイケルクライトン:プレイ、NEXT。
2014年 第2回 10月14日(火) 
2014年 第3回 10月21日(火) 
2014年 第4回 10月28日(火) 
201
4年 第5回 11月11日(火) 
2014年 第6回 11月18日(火)
2014年 第7回 12月2日(火)

2014年 第8回 12月9日(火)
2014年 第9回 12月16日(火
)
2015年 第10回 1月6日(火)
2015年 第11回 1月13日(火)
2015年 第12回 1月20日(火)

理工系の学生は最先端科学に憧れを持っていますが、それがいかに社会に育てられて社会に貢献しているか、学んだり教わったり悩む機会がありません。この講義では、科学を創ることとは社会と個人にどんな意味を持つのかを、話します。皆さんと一緒に授業を作っていきたいと思います。下記から受講生の希望と流れに応じて、講義・討論を進めていきます。


1.最先端科学:トランスディシプリナリティー、ナノテクノロジー、フォトンテクノロジー

2.科学技術と環境エネルギー問題

3.軍需研究と平和研究

4.科学技術の国際的貢献とグローバリゼーション

5.創造する科学・発明と発見

6.科学と人文社会:科学と文学、科学と哲学

7.科学と産業:産学連携、市場創出

8.科学技術政策:科学と政治

9.アントレプレナーシップ:スモールビジネスとベンチャービジネスの違い

10.博士取得者の進路・博士の意義と役割

11.論文の書き方・プレゼンの仕方


* 最後に試験またはレポートを課します。