河田聡の経歴

経歴(職歴・学歴)
現在
大阪大学教授(工学研究科応用物理学専攻教授・生命機能研究科教授)
●理化学研究所・名誉研究員
ナノフォトン株式会社・取締役会長
Journal of Microsscopy (Oxford) ・地域編集長
中国科学院理化技術研究所(北京)・名誉教授

職歴
2013-16      大阪大学・特別教授
2007-15      大阪大学・フォトニクスセンター
2010-15      理化学研究所・チームリーダー
2002-12      理化学研究所・主任研究員
2002-11      学習院大学理学部物理学科・非常勤講師(河田研究室)
2007-10      日本学術振興会・学術システム研究センター専門委員
2002-04      大阪大学大学院情報科学研究科情報数理学専攻教授
2001-04      阪大フロンティア研究機構・機構長
1993-現在   大阪大学工学部応用物理学科・教授(研究科応用物理学専攻)
1992-93      大阪大学工学部応用物理学科・助教授
1981-92      大阪大学工学部応用物理学科・助手
1979-81      カリフォルニア大学アーバイン校電気工学科・研究助手
1979          日本学術振興会・奨励研究員

学歴
1979    大阪大学大学院博士課程修了(応用物理専攻)、工学博士。
1974    大阪大学工学部応用物理学科、卒業。

国際会議委員長
2014    UK-Japan Photonics and Metamaterials Workshop, UK Embassy, Tokyo
2013    UV Nanophotonics Symposium, Osaka
2012-13    JSAP-OSA Joint Symposia, JSAP Fall Meetings
2012-present    SPIE Nano Science + Engineering, San Diego
2008    FOM (Focus on Microscopy), Awaji Isle
2005-09    SPIE Plasmonics: Nano-imaging,Nano-fabrication and Their Applications
2003-06    INPS1-3 (Int'l Nanophotonics Symposium) Osaka
2003    JSPS Janan-France Micro-nano Photonics, Awaji Isle
2002    3DM-2002 (Three-dimensional Optical Memory), Tokyo
2001    4th Japan-Finland Conf Optical Engineering, Osaka
2000    FOM2000 (Focus on Microscopy), Shirahama
2000    JSPS-ARC First Joint symposium, Melbourne
1999    Optics Japan(日本光学会年次会)東京
1998    NFO-5 (Int'l Conf on Near Field Optics), Shirahama

主な学会活動
2014-16  (社)応用物理学会・会長
2012-13  (社)応用物理学会・副会長
2010-11  (社)応用物理学会・講演会企画運営委員長
2012-16    SPIE NanoScience+Engineering (San Diego) General Chair
2005-13    SPIE Nanotechnology Committee
2009-13    Journal of Biophotonics, Editorial Board 
2008-13    Laser & Photonics Review, Editorial Board
2000-09 Optics Communications (Amsterdam)・編集長
2009- 10    OSA Executive Committee, Member, Board of Directors
2009- 10    OSA  Chair of International Council 
2007-08 (社)日本分光学会・会長
2005-06 (社)日本分光学会・副会長
1999-01  レーザー顕微鏡研究会 会長

2007     応用物理学会フェロー
2003     OSA(米国光学会)フェロー
2007     SPIEフェロー
2001    IOP(英国物理学会)フェロー
他、多数。

非常勤講師
中国科学院・理科技術研究所名誉教授、モロッコ・Al Akhawayne大学客員教授。
北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、徳島大学、宮崎大学で非常勤講師。シドニー大学、オクスフォード大学などで客員教授。

主な受賞歴
           (科学技術振興機構、日テレアックスオン)
2007秋 紫綬褒章
2006 中小企業庁長官賞(ナノフォトン株式会社)
2005 文部科学大臣表彰 科学技術賞
2004 第26回応用物理学会論文賞・解説論文賞
2003 大阪駅北地区国際コンセプトコンペ優秀賞(チーム8)
「創と奏の水都(みなと)~浪速の万華鏡ルネッサンス」
2003 島津賞
1997 ダビンチ優秀賞 (フランス・LVMH財団) 芸術のための科学賞
1989 日本分光学会論文賞
1981 応用物理学会光学論文賞

主な研究助成歴
2005-2010 JST・CREST「プラズモニック走査分析顕微鏡」プロジェクトリーダー 
2001-2006 JST・CREST「非線形ナノフォトニクス」プロジェクトリーダー
2001-2004 文科省スーパーCOE「阪大フロンティア研究機構」機構長
1997-2002 日本学術振興会・未来開拓研究推進事業「フォトニック生体計測」プロジェクトリーダー
1997-2000 文部省科研費・特定領域「近接場ナノ光学」代表
他。

主な政府委員
2009     科学技術・学術審議会専門委員
2008     文化審議会委員
2008     内閣府ナノ・タスクフォースワーキング(共通基盤・ナノバイオ)
2007-10    日本学術振興会・学術システム研究センター専門委員
2006-    内閣府総合科学技術会議科学技術連携施策群ナノバイオテクノロジーワーキング委員
2003-       関西社会経済研究所企画委員会 企画委員
1999-01    通商産業省・産業技術審議会 専門委員
1997-00    文部省学術審議会 専門委員
1993-01    環境庁 ILAS等衛星データ検証・利用検討委員会委員
1990-94    国立公害研究所ILASデータ解析アルゴリズム検討委員会委員
他、多数。

団体等の役職歴
現在  大阪府箕面市総合計画審議会委員
現在  Max Planck Institute for Science of Light,  Erlangen アドバイザー
現在  JST CRESTナノ構造体 アドバイザー
現在  中谷電子計測技術振興財団
現在  財団法人JKA
現在  NPO法人おおさか大学起業支援機構 評議員
元   キャノン財団
2005-10    NEDOナノテク先端部材・審査委員
他、多数。
 

サブページ (1): 略歴プリントアウトver.