河田聡のホームページ


河田聡について詳細はこちら

1951年、大阪府池田市生まれ。大阪教育大学附属高校池田校舎卒。大阪大学応用物理学科卒、同大学院博士課程修了。工学博士。現在、阪大教授、理研名誉研究員、ナノフォトン株式会社代表取締役会長

理化学研究所主任研究員(2002-12)、同チームリーダー2010-15)、日本分光学会会長(2007-08)応用物理学会会長(2014-16)Optics Communications (Amsterdam) 編集長(2000-09)などを歴任。大阪大学では1993年から教授(応用物理学専攻、生命機能研究科、情報科学研究科教授などを歴任)、特別教授。阪大にフロンティア研究機構やフォトニクスセンターを創設。

紫綬褒章(2007)、文部科学大臣表彰(2005)、江崎玲於奈賞(2011)、日本分光学会学術賞(2008)、島津賞(2003)、市村学術賞(1998)、ダビンチ優秀賞(1997, France)、日本IBM科学賞(1996)、など多数を受賞。

2003年にレーザー顕微鏡の製造会社ナノフォトン(株)を創業平成洪庵の会世話人。科学者維新塾お茶の水中之島)塾長など。

「Nature」、「Science」などに論文発表。成果は「ギネスブック」、アメリカの中学2年の数学の教科書などに掲載される。著書編著は33冊。2008年に「一家に1枚光マップ」文部科学省・科学技術週間)を作成、2015年に改定。

研究分野は、分光学・光学、ナノテクノロジー・ナノサイエンス、バイオフォトニクス。特に、近接場分光学・ナノフォトニクス、プラズモニクス、3次元2光子光加工。かつては信号回復論、近赤外分光、共焦点顕微鏡、光記録、放射圧制御など。


阪大でこれまで、応用光学、光エレクトロニクス、科学計測学、計測制御工学、ナノ光計測学、科学社会論などの講義。2011年まで学習院大学物理学科で10年、非常勤講師。三鷹第4小学校、荒川第3中学校、川越高校、長岡高校、丸亀高校、観音寺一高、松山西中等学校などでも授業。教科書は「超解像の光学」「近赤外分光法」「科学計測のためのデータ処理入門」「Near FIeld Optics and Surface Plasmon Polariton」「論文・プレゼンの科学」など。

出没場所
毎週火曜日の10:30amからの阪大フォトニクスセンターのTMT(Tuesday Morning Tea)に現れます。場所はフォトニクスセンター1階ギャラリー(P3-105)。その他は、毎月土曜の午後に開かれる、お茶の水の科新塾と中之島の科新塾、にも参加。東京お茶の水と大阪中之島で開催する科新塾と平成洪庵の会にも現れます。阪大・理研での面談希望は、office.kawata@gmail.comにご連絡下さい。

講演情報詳細はこちら

講演会情報

日付講演会講演場所・講演時間
2017年8月21日 ICO-24 京王プラザホテル 
2017年7月25日 META 2017 Incheon, South Korea 
2017年4月23日 AOM 2017 2017/04/23, Nanjing, China 
2017年3月8日 「光の日」合同シンポジウム 筑波大学東京校舎(茗荷谷) 
2017年3月4日 平成洪庵の会・最終回 阪大中之島センター 
2017年2月26日 SPIE Advanced Lithography Symposium San Jose Marriott and San Jose Convention Center 
2017年2月8日 最終講義 銀杏会館 
2017年1月26日 PARC最終年度シンポジウム 大手町サンケイプラザ 
2017年1月17日 新学術領域 第1回公開シンポジウム 千葉大学 
2017年1月12日 応物ゼミ 大阪大学 
2016年12月17日 科新塾御茶ノ水 日本大学 
2016年12月7日 NANOP 2016 University Pierre and Marie Curie, PARIS 
2016年12月4日 Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium Awaji Yumebutai International Conference Center 
2016年12月2日 第六回UU-BOS Student Chapter 宇都宮大 オプティクス教育研究センター棟コラボレーションルーム 
2016年12月2日 第六回UU-BOS 宇都宮大学 アカデミアホール 
今年の講演」ページから 15 件のアイテムを日付順に表示しています。 もっと見る »

今月のメッセージ・バックナンバー詳細はこちら

今月のメッセージ




今月のメッセージ NEW


The times, they are a changin'


先月述べた様々な研究助成や国のプログラムの採択と異なり、ノーベル賞は誰が選んでいるのかが不明です。評価基準も分かりません。ですからノーベル賞を予想しても、滅多に当たりません。それだからこそノーベル賞は、話題性が高いのでしょう。だれも予想しなかった人が受賞されると、世の中は大騒ぎになります。今年のBob Dylanの文学賞受賞もそうです。受賞者の予想と期待感が加熱すると、審査委員会はわざと冷や水を浴びせるのでしょうか。


ボブ・ディラン60年代のフォークソングのリーダーです。村人たちが歌うフォークソングではなく、カントリー&ウエスタンから発展した若者のポピュラー・ソングでした。アコースティック・ギターとハーモニカで語りかけるように歌います。Blowin' in the Wind(風に吹かれて)」に代表されるように、体制に対する若者のメッセージ・ソングです。しかし彼はこのようなプロテスト・ソングを2年ほどしか作っていません。フォークソングにプロテストしたかのようです。アコースティック・ギターも捨ててエレキ・ギターで「Like a Rolling stone」と歌ったのも、皆の期待に対するプロテストだったのかもしれません。


さて、ボブ・ディランのどの曲がノーベル賞審査委員の心を打ったのでしょう。たとえば先に述べたLike a Rolling Stoneはとても詩的です。彼の曲は韻を踏んでいるとの評論を見ましたが、音楽においては普通のことでしょう。John Lennonは「Revolution」でrevolution, evolution, distruction, solution, contribution, constitution, institutionと韻を踏み続けます。桑田圭祐さんも多用しています。


アルバムのタイトルで曲のタイトルでもある歌を思い出しました。


The times, they are a changin'


反戦歌です。1964年に発表されました。当時、アメリカはベトナムで戦争をしていました。私が高校生・大学生の頃には、アメリカの学生達も日本の学生達も戦争反対を訴えて、デモ活動をしていました。彼らは、ボブ・ディランの曲に影響を受けていました。サイゴン陥落という形でベトナム戦争がようやく終結したのは1975年、私はすでに大学院生でした。


The times, they are a changin'」。ジョン・バエズやPPMなど多くの人がこの曲を歌いました。日本でも高石ともやさんが「時代は変わる」と訳して、中川五郎さんが歌いました。フォークソングの多くは特定の歌手の曲ではなく、みんなの歌でした。


さて時代は変わって、ボブ・ディランがノーベル賞を受賞した今年、イギリスは国民投票でEUからの離脱を決めました。コロンビアは革命軍との和平交渉をやはり国民投票で否定し、フィリピンではDuterteさんが大統領に選出されました。アメリカでもDonald Trumpさんが大統領になります。争いごとは止めてみんな仲良く世界平和を目指しましょう、という時代は終わったかのようです。まさに、The times, they are a changin' です。


トランプさんはAmerica Firstといっています。私が子供の時、アメリカはずっとベトナムに行って戦争をしていました。その後も、中東に行ってたくさんの戦争をしました。かつては、太平洋・東アジアまで来て戦争をしました。世界の警察を自負していました。トランプさんはそれを辞めようというのです。右翼の代表のようなトランプさんが左翼の憧れのディランさんと同じことを言っています。時代は変わります。しかし日本のメディアは、この変化に悩んでいます。EUという統合は間違っていたのか、革命軍との和平は間違っているのか、麻薬犯罪者を射殺することは正しいのか、国民が国民投票で選択することは正しいことなのか、、、。


いまの変化はこれまでのグローバル化への反発のように見えます。ヨーロッパを一つにまとめるのではなく、多様化させろと要求しているように見えます。グローバル・スタンダードとは、世界中で皆が差別なく同じコカコーラを飲むことができて、同じ味のマクドナルドを食べれることなのかもしれません。しかし、私は全国展開するチェーン店での食事は好きではありません。そのお店でだけしか食べられない小さなお鮨屋やビストロが好きです。同じ味は退屈です。


時代は変わります。オバマさんは「Yes, we can」と言いましたが、上から目線だったかもしれません。自分たちが時代を変えることができる? ボブディランは「為政者やマスコミ等、人が時代を変えるのではない。時代が変わっていくのだ」と言いたかったのです。時代がイギリスのEU離脱を促し、ドゥテルテさんやトランプさんという人を生み出したのです。そう考えると、ボブ・ディランのノーベル賞も悪くないなあ、と思えるようになってきました。そういや、トランプさんが選挙に勝った後、株価も為替も絶好調です。


中島みゆきさんは「時代」は回ると唄いました。テレサ・テンさんは時の流れに身をまかせて、沢田研二さんは時の過ぎゆくままに堕ちていくと唄いました。時代は流れ流れて、人々と社会を変えていくのかもしれません。私たちは時代と言う乗り物に乗ってそれを眺めているだけなのかもしれません。


2016年11月25日、キューバの革命家で議長のFidel Castroが亡くなりました。本土から遠く離れた中東・アラブ、ベトナム・朝鮮そして日本にまで来て戦争をしてきたアメリカは、その喉元のキューバとは戦争をしませんでした。カストロさん、お疲れ様でした。ケネディー大統領が亡くなって53年です。合掌。


The times, they are chainging.


Copyright © 2016 河田 聡 All rights reserved.

<前月のメッセージ<