00.はじめに

 ごく普通のビジネスマンである私が、ふとした思いつきで2009年12月に小型船舶操縦免許1級を取りました。
 もともと海釣りが好きなのですが、「最近は忙しくてなかなか釣りに行けないな...。金曜日は飲み会もあって土曜日に船宿に朝早く着くのは辛いし...。日曜日でも朝早いとやっぱり疲れが翌日に残るし...。」よく一緒に行っていた会社の同僚が家庭の事情で釣りに行けなくなると、なかなか自分一人では行動できないなと感じていた時期でした。

 そんなある日、図書館で本の背表紙を眺めていると、

「ボート暮らしを始めたい! ~海の上に自分の部屋を持つ」


 というタイトルが目に入ってきました。何気なくその本を手にとり、家でパラパラ読んでいると、ボートも案外いろいろな楽しみ方があることがわかりました。

 「なるほど、そういう考えもあるか。...。ん、そこまでしなくても、ボートの免許持っていれば自分の好きな時間に自由に釣りに行けるかもしれない。大好きな海の上で自由に行動できるというのは素晴らしいことかも!」と思いついたのが10月頃。早速ネットで調べてみると、11月末、木~日曜日に開催される免許スクールで割引になっているものを見つけました。

 「10月の海外出張の代休もとらなきゃいけないし、こりゃ一つ挑戦してみるか。」

 こんなきっかけで免許を取得したのですが、今や海の楽しさを実感、仕事のストレス解消にもなり(元々あまりストレスを感じない質ではありますが...)、月に2回ぐらいとはいえ週末のボートを楽しんでいます。

 何かと暗い話題が増えてきた日本ですが、日本は世界の冠たる海洋国家の一つ。プライドを取り戻すためにも、個人レベルでの海への親しみが深まることが重要かと。
 そんな想いから海の楽しみ方を少しでも残せておけたらばと思い、このサイトを開設しています。
 サイト開設から3ヶ月ちょっと。いよいよボートを購入することになりました。
 
 7月ぐらいだったか、6月初旬に買った雑誌の『Boat Club』を何気なく読み返していると、浦安マリーナと夢の島マリーナの記事に気づきました。

浦安マリーナはディズニーランドの裏にあり、家から車で20分かからずに着いてしまう至近のマリーナです。

 「え、浦安マリーナって、上下架無料なんだ。係留費も...安いと言われている横浜ベイサイドマリーナと変わらないじゃん...。夢の島マリーナのゲストバースも無料、お、BAN(海のJAF)も無料...。う~ん、こりゃいいかも!」
 
 これがトリガーで、ネットで中古ボートを見てみることにしました。

 様々な迷いは「ボートを購入」に綴るとして、結果として選んだのはニッサンのPS-730
 1994年製造の
16年モノですが、エンジンは綺麗だし300時間ちょっとしか稼働していないボートです。

 しかも佐野造船所のカスタムキール付きで波当たりが柔らかく、元々のフォルムが低く風流れしにくそうなのも気に入ったため、合わせ技一本でこれに決めました。

 さて、「ボート暮らしを始めたい! ~海の上に自分の部屋を持つ」を読んでからほぼ1年、2010年9月からはマイボートで、いよいよ「ボートのある週末」の本番が始まります。


Comments