トップ

top, 2017/11/3
 このまとめwikiでは、集団ストーカー・テクノロジー犯罪・電磁波・BMI犯罪やそれらに関する内容をまとめています。

 集団ストーカーをよく知らない人や被害を自覚して間もないネット情報初心者の人は次のページを参考にしてください。

< 初心者向けの説明 >

超初心者向けの集団ストーカー説明 … 集ストは「組織的な監視・嫌がらせ犯罪」

集団ストーカー初心者講習




このサイトについて


 現在、日本国内のみならず海外でも被害に遭われている方が多数存在する、凶悪で陰湿な組織的犯罪である、いわゆる「集団ストーカー」、「テクノロジー犯罪」、と呼ばれる組織的犯罪に関連する情報を集めてまとめていきます。

 まとめWikiサイトとして複数の編集者による客観的な情報の集約を目指していましたが、複数の人による編集機能が妨害されているらしく機能していません。 そのため万年人手不足でメンテナンスに手が回らず、間違った情報が修正されずに残っているようなことあるかと思います。 そこは読者の方々自身が注意して判断していってほしいと思います。 管理人が把握できた箇所については随時修正していきます。

 また公正で客観的な情報のみを扱いたかったのですが、政府・警察・大手マスコミその他の加害関連組織などが犯罪を隠蔽しているため、公正さや客観性を保つこと、つまり事実を証明することが難しくなっています。 そのためのある程まで度確認できた段階の情報でも公開しています。 まとめサイトの割りには予測情報の割合が多くなっていることでしょう。

 公正さについてはそもそも抽象的な概念であって現実的に公正さ保つための絶対的な、あるいは厳密な基準は存在しません。 誰かが何かを主張するときには、必ず何かしらの主義主張、立場などの影響を受けてしまいますので、完全な公正さを保つこと自体は各自が誠実にそうあろうとすべき態度のようなもののことであって、これをしたら公正さが担保されるというものでもありません。 公正であるべきですが、それに言論が縛られるべきではありません。

客観性については、科学的に実証されたことだけを扱いたいところですが、集団ストーカー・テクノロジー犯罪は世界的に隠蔽されている社会問題・政府系犯罪ですのでこちらも担保するのがなかなか難しい部分があります。 現状ではある程度の数の被害者証言(ネット情報含む)があれば客観的な情報であると判断するのが現実的な判断基準だろうとみて、これを判断基準にしています。

 このように、このまとめサイトに書いてあることが必ずしも正しいとは言い切れないながらも、そうありたいと心がけながら情報を集めています。

 対策や改善策などは管理人の判断で掲載し、管理人の自説も載せています。 これはいずれ多くの被害者からの批判、あるいは時代の批判を受けていく中で、有望な説が残っていけばよいかと考えています。 今の段階は、正しい説を取捨選択するというよりも、より多くのアイディアを出して検証していく段階にあるだろうととらえているためそのようにしています。

 現状の問題への対処活動、問題解決に有望な活動としては、一般の人たちへより説得力が強く、よりインパクトの大きい情報、例えば犯罪の写真や映像証拠、テクノロジー犯罪技術の存在や悪用を証明する実験や特許情報などを集め、より多くの一般の人々に周知していくことでしょう。

 被害者が日々の被害に対処し、少しでも被害を減らしていくための対策、テクノロジー犯罪の防御法や人為的な被害の軽減法なども、被害者にとっては興味深いテーマとなっていることでしょうから、このサイトでも力を入れています。 2017/11/3


まだ被害に遭われていない方へ


 いつ集団ストーカーのターゲットにされてもおかしくありません。あなたの周りに既に被害に遭われている方が居るかもしれません。本人はそれが組織犯罪であり、自分がターゲットにされているという事に気付いていないかもしれません。電磁波犯罪に関しては特に自覚の無い潜在的な被害者がかなりの数存在していると思われます。

 あなた自身がまずこの犯罪の概要を認識し、あなたの周りの人に集団ストーカーやそれにともなって行われる電磁波犯罪なるものの存在を周知してください。もしくは友達などに「集団ストーカーって知ってる?」などと試しに聞いて見てください。大半の人はまだ知らないかもしれません。リアクションがおかしい人はこの犯罪に加担したことのある可能性もなきにしもあらずです。

被害に遭ってしまった場合にこの凶悪な組織的な犯罪の存在を知っているかいないかで被害者の精神的な負担も違ってきます。是非とも周知のご協力をお願い致します。

集団ストーカー、電磁波犯罪について詳しく解説されているサイトがいくつかありますので読んでみて下さい。


被害に遭われている方へ


※掲示板から引用させてもらいます

「間違っているのは私達ではない 自信を持って生きていきましょう 家族との絆被害者同士の絆を大切にしましょう。
被害者同士が繋がっているイメージを常に持っていて下さい。
実際、痛みをわかる私達被害者は繋がっていけます。
思考は現実になります 一人ではない。
私達は絆で結ばれています。
自分から死を選ばないで下さい。
どんな事があっても 何時でも私達は痛みを分かちあっています負けないで 必ず光は見える時がくる」

犯罪対策の基本方針もあわせてご確認ください。

繰り返しになりますが、被害を自覚して間もない人にはこちらの記事がお勧めです。