集団ストーカー テクノロジー犯罪 まとめ Wiki


サイト紹介

このまとめwikiでは、集団ストーカー・テクノロジー犯罪・ガスライティング犯罪、隠れたハイテク村八分犯罪などに関する情報、犯罪分析や加害行為・被害への対処法などを集めています。

この一連の犯罪は集団による心理戦を基本としています。これはネット情報分野でも同じで、加害側が大量の偽情報やミスリード情報を発信しています。一説によるとネット上の関連情報の9割は加害者が発信しているのではないかとみられているほどです。

そんな中、このサイトくらはなるべく公正中立な情報を載せた、いわゆる普通のまとめサイトにしたいと思っています。

それでも誤解していたり、偽情報に影響されてしまっていたり、古い情報が修正されないまま残っているようなことがあります。これは随時修正中ですが、マンパワー不足でいたしかたない部分があります。閲覧者のみなさんも気を付けながら読み進めてください。


犯罪の説明

この犯罪では軍事や諜報の世界のトップレベルのハイテク監視技術を基に、一般市民を含むあらゆる人々に対して、対人支配実験と研究をかねた色々な理由から、直接的あるいは間接的に可能なあらゆる加害行為が行われています。

その攻撃対象は広く、被害者の心・体・経済力・人間関係(社会的信用)など、被害者本人の人生におけるあらゆる活動と周辺環境に及んでいます。

加害行為では、長期的な威圧行為で意識に条件付けを行うような高度な心理誘導や、電磁波・音波・毒物・放射線などを悪用したハイテク加害行為、さらには遠隔脳神経解析による精神と肉体活動の詳細な観測や、遠隔からの精神状態や筋肉・内臓などへの干渉が行われています。

ローテクな加害行為では、被害者のいるところでは人や車での尾行・待ち伏せ・付きまとい、音や言葉によるほのめかし、三文芝居など、被害者のいないところでは悪評を広める信用破壊工作や離間工作が行われています。

あわせて犯罪隠蔽のために被害者を精神病(統合失調症)扱いする工作が行われるのもこの犯罪の特徴です。

関連:集団ストーカーとは


サイトの見方

辞書的な作りになっているので、全部読むというよりは、気になるページを、左上のメニューアイコン(ナビゲーションサイドバー)か、右上の 検索アイコン(虫眼鏡)から探して読むのに向いています。

< お知らせ >

このサイト用のグーグルアカウントがパスワード変更などの被害にあっています。いずれ更新できなくなる可能性がありますので、そのときはバックアップサイトを兼ねている管理人サイト(被害改善責任論 FC2)を参照してください。「目次(2)」の項目がこのサイトの記事のバックアップデータになっています。

いつかアカウントが乗っ取られてしまったときは、余裕があればまた別のWikiに引っ越そうかと思います。このサイトが削除されていると思ったら、まとめWikiや被害改善責任論で検索してみてください。どこかで復活しているはずです。 2018.7.1, 2018.11.13


その他のお知らせはこちら


< 初心者向けの説明 >

集団ストーカーをよく知らない人や、自分の被害を自覚して間もないネット情報検索の初心者の人は次のページを参考にしてください。気になることは自分でどんどん検索していきましょう。

超初心者向けの集団ストーカー説明 … 集ストは「組織的な監視・嫌がらせ犯罪」

集団ストーカーの基礎知識

集団ストーカー初心者講習

※ここから先は細かい理念的な話になっているので、特に興味のある人以外は読まなくてもいいだろうと思います。まずはメニューや検索から気になるページを探すことをおすすめします。(アクセス解析ではどうやらこのページだけ見て別のサイトに行ってしまう人が多いようです。)

繰り返しになりますが、集スト情報初心者の方は上の初心者向け記事を先に読むことをおすすめします。それではこのページの内容が気になる方は読み進んでみてください。2018.11.1


このサイトについて(詳細)

公正で客観的な情報のみを扱いたかったのですが、政府・警察・大手マスコミその他の加害関連組織などが犯罪を隠蔽しているため、公正さや客観性を保つこと、つまり事実を証明することが難しくなっています。 そのためのある程まで度確認できた段階の情報でも公開しています。 まとめサイトの割りには予測情報の割合が多くなっています。これはいたし方ありません。

対策や改善策などは管理人の判断で掲載し、管理人の自説も載せています。 これはいずれ多くの被害者から、あるいは時代の批判を受けていく中で、有力な説が残っていけばいいかと考えています。 今の段階は、正しい説を取捨選択するというよりも、より多くのアイディアを出して検証していく段階にあるだろう思っているので今のような形になっています。古くて分析の浅い記事などはさすがに削除していこうとは思っています。

現状の問題への対処活動、問題解決に有望な活動としては、一般の人たちへより説得力が強く、よりインパクトの大きい情報、例えば犯罪の写真や映像証拠、テクノロジー犯罪技術の存在や悪用を証明する実験や特許情報などを集め、より多くの一般の人々に周知していくことだろうと思います。集団ストーカーという言葉を日本の常識に入れ込むようなイメージです。

被害者のみなさんが日々の被害に対処して、少しでも被害を減らしていくための対策や、テクノロジー犯罪の防御法、ローテクで人為的な被害の軽減法なども、被害者のみなさんにとっては興味深いテーマとなっていることでしょうから、このサイトでも力を入れています。

集スト対策活動としては、自分の被害を我慢できるくらいまで抑えつつ、周知活動などで問題の解決に向かうのがいいだろうと思います。

犯罪に関わる専門知識やアイディアがある人は犯罪や被害の証明、証拠の確保も進めていってほしいと思います。集ストも犯罪のひとつですから、最後は証拠ありきとなってくるはずです。 2017.11.3, 2019.1.17


まだ被害に遭われていない方へ

今の日本は、いつ、誰が集団ストーカーのターゲットにされてもおかしない状態になっています。被害のきっかけはいろいろありますが、理由が分からないまま始めることも多いです。そのときに何もしらないと不安や絶望でパニックになってしまったりと、、大変なことになってしまうことがあります。被害に遭っていない普通の人も現代を生きる基礎知識として、集団ストーカーについての一通りの知識は持っておいたほうがいいです。

まずはこの記事がおすすめです。

超初心者向けの集団ストーカー説明 … 集ストは「組織的な監視・嫌がらせ犯罪」


あなたの周りには既に被害に遭われている方が居るかもしれません。本人はそれが組織犯罪であり、自分がターゲットにされているという事に気付いていないかもしれません。電磁波犯罪に関しては特に自覚の無い潜在的な被害者がかなりの数存在していると思われます。被害者の方の中にも、よく考えたら10年、20年も前から被害に遭っていたことに気付いたという人も少なくありません。

あなた自身がまずこの犯罪の大枠を知って、あなたの周りの人に集団ストーカーやそれにともなって行われるテクノロジー犯罪なるものの存在を教えてあげてください。あるいは友達などに「集団ストーカーって知ってる?」などと試しに聞いて見てください。政府やマスコミが隠しているので大半の人はまだ知らないはずです。


被害に遭われている方へ

※掲示板から引用させてもらいます

「間違っているのは私達ではない 自信を持って生きていきましょう 家族との絆被害者同士の絆を大切にしましょう。

被害者同士が繋がっているイメージを常に持っていて下さい。

実際、痛みをわかる私達被害者は繋がっていけます。

思考は現実になります 一人ではない。

私達は絆で結ばれています。

自分から死を選ばないで下さい。

どんな事があっても 何時でも私達は痛みを分かちあっています負けないで 必ず光は見える時がくる」


犯罪対策の基本方針もあわせてご確認ください。


繰り返しになりますが、被害を自覚して間もない人にはこちらの記事がおすすめです。

初心者向け説明