PC-9821Nxをレストア

https://sites.google.com/site/keistudiosite/home/pc-9821nx/opening%20nx.jpg?attredirects=0
私が学生の頃、父が一台のノート型PCを持って帰ってきました。職場でリースが切れたものを気まぐれで買ってきたとか、そんな事情だったかと思います。NECのノート型PC、PC-9821Nx(以下、Nx)でした。DOS6.2にWindows3.1という構成です。

当時、私はデスクトップ型のPC-9801DAを持っていて、DOS6.2とWindows95をインストールして使っていました。PC-9801DAはコテコテにアップグレードしていたため、スペック的に見劣りしたNxには特に興味をそそられることも無くそのままリビングに置かれ、両親のソリティア専用機として日々酷使されていました。

やがて時は流れ、私のPC-9801DAは引退を迎えます。安価ではるかに高性能なPC/AT互換機を購入し、併用という形で運用していたPC-9801DAですが、実際には使用頻度もすっかり減り、うすらデカいPCが漫然と狭い部屋を圧迫している状況についにメスが入ったのです。それでも慣れ親しんだPC-98やその資産を完全に手放してしまうのは、ろくに起動すらさせないというのに後ろ髪を引かれます。

どうも私は機械に対して合理性をおざなりにする事が間々あります。この時も、PC-98でノスタルジックな感傷に浸りたくなった時のために、現物を一台くらいは所有しておきたいという物欲を抑えられないのでした。

そんな感じで急遽スポットライトを当てられたNx。この頃はもう誰も使っておらず、Nxは数年間、置物としてテーブル上に座していました。
ひとまずリビングから引き揚げ、恐る恐る開けてみるとそこには・・。