私と若者の未来

-->TOP --->HOME

女の幻聴に悩まされている。

私は他人の感情を知って情緒不安定になる。

他人の感情を受けつけない大人がうらやましい。

それもアホとかバカの感情だから

気分は最悪である。

よっぽど私だけの感情の方が楽である。

私の中で他人が介在している。

そんな事が生物的にありえるのか私には理解出来ない。

催眠術とかでとっさに

非日常な事をやってしまう。

ある事ない事並べて私のせいにするのもどうかと思う。

女がいろいろ私について言ったって

私には全く関係の無い話である。

それが文明の力でうやむやになっている。

そんなバカな話あるのか私には理解できない。

動物としての尊厳なんて介在しない。

まるで神であるかのごとく愚かである。

私にとってそんな事するひまあったら

少年少女にアドバイスする事である。

私にとって幻聴は無意味極まりない。

あるとかないとか何の人類の貢献にもならない。

それよりもっと未来ある若者を

立派な大人にする事である。

私にとって暇な女の時間をかえしてくれと言いたい。

そんなの何の役にも立たない。

私の事何かより今の若者が

立派になる方がよっぽど大事だと思う。

それを暇な女の満足のために

私をかりだすなんて無駄にしかならない。

私はそんな状況を健全だとは思わない。

そんな事より

第二第三の若者が立派になる事である。

-->TOP --->HOME

2014/09/11 新規作成