はじめに

2014年は、生命科学研究の抱える問題点が、様々な事件を通じて明るみに出た年として記憶されることと思います。これまで、研究不正はしばしば個人の資質の問題として処理され、研究倫理に関する系統的な教育の取り組みや、研究者同士の議論は活発ではありませんでした。研究活動の多くが研究者の誠実さと研究者間の信頼により維持されていることを考えれば、現状は極めて深刻な状況と言わざるを得ません。ここでは、Research Integrityという概念を軸に、健全な研究環境を形成するために何が必要なのかを考えます。

このサイトは、2015年3月に開催された日本薬学会第135回年会のシンポジウム「生命科学と臨床研究における研究倫理」において提起、議論された様々な論点を整理、考察するために設けられました。資料については随時追加していく予定ですので、参考になる情報があれば是非下記までお知らせください。読者のみなさまの教育、研究のお役に立つことがあれば幸いです。

田中 智之(京都薬科大学薬学部)

小出 隆規(早稲田大学先進理工学部)

安井 裕之(京都薬科大学薬学部)

(代表)E-mail: lifesciences.integrity@gmail.com

(Twitter) @sato51643335

*表示画面の幅が狭い場合、記事の目次が左側に表示されないようです。左上の三本線アイコンをクリックしていただくと、メニューが表れます。

告知:「科学者の研究倫理ー化学・ライフサイエンスを中心に」(東京化学同人)が私たちの共著として発刊されます(2018年6月8日、Amazonhonto)。研究室に配属される学部生、大学院生、そして彼らを指導する教員のみなさまに手にとっていただけると幸いです。大学における研究倫理教育について、活発な議論が行われるきっかけになれば幸いです。