KeTCindy‎ > ‎05 道具箱‎ > ‎

図を画像ファイルにする

 KeTCindyで作成した図をTeXの文書に読み込むのではなく、画像ファイルにする方法です。画像ファイルにすればワープロソフトなどに貼り込むことができます。

【1】PDFにする。

 KeTCindyのFigpdf()関数を用いると,図はそのサイズのPDFになります。
 まず,Texparent を設定します。これは,出力するPDF のファイル名の指定です。たとえば,

Fhead="fig";

Texparent="pic";
 とすると,pic.pdf ができます。ただし,Fhead とは異なる名前にする必要があります。
 次に,スクリプトの最後の方に Figpdf(); と書き,「Parentボタンを押すと図ファイルが出力されます。


【2】PNGなどにする。

 Figpdf() で作成したPDFを画像処理ソフトを使ってPNGにすることも考えられますが,TeX2imgというツールを用いる方がきれいにできます。TeX2imgでは,eps,svg,jpeg,などいろいろな画像形式に書き出すことができます。
 出力されたTeXファイルをもとにして画像ファイルを作ります。

(1) 準備

 TeX2img をダウンロードします。
を参照するとよいでしょう。
 いわゆる「インストール作業」は必要ありません。Windowsの場合はZIPファイル、Macの場合はdmgファイルを解凍して、その中にあるのがアプリケーションです。
 そのまま適当な場所に置いて使うことができます。

(2) 概要

 作図から画像ファイルの作成までは次の2ステップでできます。

  Step1 KeTCindyでFigpdf()を使ってファイルを書き出す。
  Step2 TeX2imgでtexファイルを読み込んで画像化。

(3) 設定

 上記のStep1で画像化するときに必要な設定を行います。(以下はMacの画面ですが、Windowsでも同様です)
TeX2imgを起動すると次の画面になります。

 「TexソースファイルまたはPDF/PS/EPSファイルを読み込む」を選択して,ファイルを指定します。
ファイルはフルパスで指定しますが,参照ボタンで指定する方が簡単でしょう。
 指定するファイルはつぎの2つの方法があります。
たとえば, Fhead="fig"; Texparent="pic";  と指定したとすると,
 fig.tex   図のTeXソース
 pic.tex   PDFを作るためのTexソース
 pic.pdf  できたPDF
ができています。
そこで,次のいずれかを指定します。
 (a) TeXソース pic.tex を指定
 (b) PDF   pic.pdf を指定

(4) 画像ファイルを作る

 画像生成ボタンを押せば,出力画像ファイル名で指定したファイルができます。
コンパイルエラーが出たときは,環境設定で「変換ツール」を指定し直します。
「自動判定」ボタンで自動的に設定されるはずです。
ここでうまくいかない場合は,残念ながらそれぞれの場所を手入力するしかありません。
パスを調べて設定してください。


< 戻る >

Comments