[FC]DIY FC Paddle Controller

趣味で作ったファミコン版アルカノイドの「パドルコントローラ」です。

YouTube 動画


回路図

・外部端子に接続して使います。電源はファミコンから5Vが供給されます。
・制御にはArduinoを使っています。
・回転軸の検出には可変抵抗を使っています。アーケード版とは違いロータリエンコーダではないので、軸が無限回転しません。
・A0端子から可変抵抗の電圧をA/D変換入力します。
・A/Dの分解能は10bitですが、8bitに落としてからファミコンに転送しています。
カウント値はP2_DAT端子で転送します(P2_CLK端子で同期を取ります)。ボタンのON/OFFはP1_DAT端子で転送します(同期は取らず、P1_CLK端子は未使用です)。
・実測したところ、アルカノイドでの有効範囲は約98~242カウントでした。アルカノイドIIでは約80~225カウントでした
・使用した可変抵抗は物理的な可動範囲が約300度でした。ソフト的な有効範囲を144カウントとすると、物理的に有効な回転角度は144×300÷255=約169度になります。この角度が大きすぎると遊びにくくなりそうです。

部品リスト
 番号  
 U1 Arduino Pro-mini互換ボード
(Atmega328 5V/16MHz)
 
 U2 USBシリアル変換モジュール(FT232RQ) 
  ファミコン15pin外部端子ケーブル メス型 
 VR1 100K ohm可変抵抗 B http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00248/
  スイッチ 
  抵抗 
  コンデンサ 

ピン配置

未解決の問題点
・アルカノイドIIで使用した場合、一瞬だけパドルが右端にワープします。なにかの理由で通信に失敗していると思われます。初代アルカノイドは問題ないようです。
ċ
fc_paddle-200319b.zip
(2k)
Matsubara Takuya,
2020/03/18 20:26
Comments