• 第7回研究会のお知らせ
日本認知科学会の研究分科会「間合い-時空間インタラクション」(間合い研)
は、実生活のあちらこちらで遭遇・体感する「間合い」という、曖昧模糊とした
現象を対象に、身体知・コミュニケーション・アフォーダンス・共創システムな
ど(これらに限られるわけではありません)のさまざまな学問分野の考え方を持
ちより、アプローチすることを目指して発足した分科会です。

第7回研究会では、「内部観測と間合い」というテーマを設け、
松野孝一郎氏(長岡技術科学大学)に招待講演をお願いしています。

[テーマ趣旨]
間合いを論じるときに必須なのが、現象を観察する目の在り処である。伝統的な
三人称視点のみでは現象を客体化するあまり、現象から切り離され、現象の重要
側面を取り逃がしてしまう。間合いを形成する本人の一人称視点、相手の想いや
視点を想定する二人称視点は欠かせないはずである。一方、「内部観測」は、現
象に関与する環境要素も含めて一つのシステムと捉えた時に、システムの内部で
起きているものごとを、システムの内側視点で観察することであり(「内部を観
測」ではなく、「内部で観測」である)、伝統的な三人称とは異なる視点を用い
ることが科学的営為たり得るのかを問う哲学的思惟でもある。間合いという現象
が、内部観測という概念とはどのような関係を切り結ぶのかを議論する会とした
い。

テーマセッション2件、一般セッション1件の一般発表も予定されています。
多くのご参加をお待ちいたしております。

・日程:2017年2月11日(土)13:00-17:40
・場所:東京工業大学大岡山キャンパス 大岡山西8号館(E)10F 大会議室
http://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/ookayama.html
    ※キャンパスマップで19番の建物です。
・テーマ:「内部観測と間合い」および一般
・招待講演:松野孝一郎氏(長岡技術科学大学)
・参加費用:無料
 ※事前申込なしでもご参加いただけますが、人数把握のため、
  事前申込のご協力をお願いしております。

プログラム

13:00-13:40 一般セッション

13:00-13:40
「カタリスティック・リーダーシップの形成と変遷」(発表原稿PDF)
西中美和(総合研究大学院大学)

小集団における自然発生的な仮想的役割の発生過程、とくにリーダーシップ
機能の発生と変化、遷移に着目した。集団の構成員の組み合わせによって、
役割が動的に変わり、それによってアウトプットがどのように創造されてい
るかを明らかにする。自律的な小集団においては、構成員に影響を与えるこ
とのできるカタリストとしてのリーダーシップが有効ではないかという仮説
を提唱する。

13:40-14:20 テーマセッション「内部観測と間合い」(1)

13:40-14:20
「内省的主体間の相互作用モデル:わたし、あなた、オブジェクト」
澤宏司(国際基督教大学高校),
Abir U. IGAMBERDIEV(Memorial University of Newfoundland)

本報告ではV. Lefebvre (Lefebvre V.A., 1992, J. Math. Psychol. 36, 100
–128) の内省モデルに基づいた主体間の相互作用的対話モデルについて報告
する。各主体は一重または二重の反射的な自己イメージを保持しつつ、他者
との対話を試みる。二重の自己かつ連続量のとき、ある条件下で対話の履歴
はべき乗則を示すが、離散量とした場合にも非自明な挙動をあらわす。モデ
ルにおいて主体と観察対象に質的な違いはなく、その意味で提案モデルは内
部観測的である。

14:35-15:35 招待講演

「指すと、指されるとの間合いから立ち上がる内部観測」(発表原稿PDF)
松野孝一郎氏(長岡技術科学大学)

われわれを含む一人称行為体は、観測を行為に直結することのできる内部観
測体であり、観測に行為を継起させつつ行為に観測を継起させる。観測が行
為を挟んで継起する観測に結合する際に生じる間合いは、内部観測に固有な
運動を担う。観測の観測がもたらすことになる運動にあっては、運動への能
動判断を担う意志の発動が常に対象化された意志への意識にたいして先行す
る。意識されることなく意志の発動を可能とするのが内部観測である。

15:50-17:40 テーマセッション「内部観測と間合い」(2)

15:50-16:30
「内部観測がもたらす操作的身体と所有身体における間合い」(発表原稿PDF)
郡司ペギオ幸夫(早稲田大学)

内部観測は、直接知覚不可能な外部を、内側から推論し、内部操作だけから
間接的に受け容れる過程である。ここでは内部観測を、身体に関するベイズ
・逆ベイズ推定としてモデル化し、この対から、操作感をもたらす操作身体、
所有感をもたらす所有身体という身体の二重性が現れることを示す。操作身
体と所有身体とが、動的相関を持って連動することこそ、身体における内的
間合いであり、身体性の獲得を意味するものと考えられる。

16:30-17:10
「間合いという身体知―内部観測の観点から」
諏訪正樹(慶應義塾大学),坂井田瑠衣(慶應義塾大学/日本学術振興会),
伝康晴(千葉大学)

典型的な対人スポーツや会話だけでなく,生活全般に偏在する間合いという
現象について,様々な事例を持ち出して論じる.間合いにおいて自分の身体
に相対するもの(存在)は必ずしも人ではなく,ものや空間に相対する場合
もある.本稿は,間合いという現象についての新しい仮説を提示するもので
ある.自分の心身状態から「染み出す」何かと,相対する人,もの,空間か
ら「染み出す」何かが混ざり合って,折り合いをもたらすということが,
「自分の間合いをつくる/ができる」ということではないかと.自分と相対
するものを同じ系の内側の存在として感じるからこそ,そういった間合いが
つくられる.決して,「自分と相対するものがそれぞれ独立して存在する状
態から,外部観測的対象の相手となんとか自分の関係性を作り出そうとする」
のではないのではないかと.

17:10-17:40
総合議論

本研究分科会では紙媒体での資料集などは作成しておりません。
締切日までにご提出いただいた原稿につきましては、研究会HP
から研究会前にダウンロードしていただけるようにします。

参加および懇親会へのご参加をご希望の方は、参加人数把握のため、下記を切り
取り、ご返信ください (宛先:事務局 maai-admin [at] sfc.keio.ac.jp)。
また、ご興味のある方にお知らせ等をお送りするメーリングリストを運用してお
りますので、登録希望の方はアドレスをお知らせください。

----ここを切り取り--------------------
・お名前:
・ご所属:
・間合い研第7回分科会 (一つを残してください)
   参加する/参加しない
・間合い研第7回分科会の懇親会
   参加する/参加しない/まだ分からない
・メーリングリスト (maai-info [at] sfc.keio.ac.jp) への登録
   登録を希望する/今は登録しない/既に登録済み
・「登録を希望する」の場合,登録希望アドレス
   (    )
-------------------------------