HOME


2019. 12. 4 「ゼミ」を更新
2019.10.23「メンバー」「ゼミ」を更新
2019. 9.19 「研究課題」「メンバー」「ゼミ」「備忘録」を更新
2019. 7.16 「メンバー」「備忘録」を更新




農業(特に水田)の「水」に関わる様々な研究を実施しています.

「水」は農業生産に欠かせない重要な要素の一つです.また,農業用水は生活用水や工業用水よりも使用水量が多いため,その管理が河川流量や河川環境に大きな影響を与えます.
そこで,農業用水の管理・利用・調整などの観点から,水資源の有効利用を検討することを通して,持続可能な水利用のあり方を検討しています.

今後,日本では食料生産ならびに環境保全の観点から,農地や農村環境の維持・管理がますます重要になると予想されます.その一方で,農家の高齢化や農産物価格の低下,その結果生じる農家人口の減少によって,耕作放棄地が増加し,農村環境の維持管理が困難になっているという現状があります.農地・農村が果たしている役割と効果を明らかにし,その効果を積極的に発揮させることで農地・農村環境の持続的な発展に貢献したいと考えています.
研究のネタや課題は「現場から拾ってくる」というのが基本的なスタンスです.

主な手法は,水位計や流速計等を用いた現地観測です.また,農家や土地改良区,行政機関への聞き取り調査も頻繁に行います.必要に応じて数値シミュレーションやGIS解析などの手法も用います.このようにして得られた観測や調査の結果をもとに,農村地域内での水管理や水配分の実態を把握します.研究内容によっては対象を流域まで広げて,流域水循環の将来予測を行ったりもします.

これまでに茨城県,栃木県,香川県,福岡県,エジプトなどを対象に研究を行ってきました.私で力になれそうな面白い研究のネタがございましたら,是非お声かけください.



      水位計の設置                 香川県のため池(三郎池)        エジプトの水田地域(2014年度までの対象地)