FHIR 仕様書‎ > ‎

1.6 一目で分かるHL7 FHIR 入門

logo fhir
Home > DocumentationSummary [summary]

Introducing HL7 FHIR 「HL7 FHIR のご紹介」1.6 


英語版を PDF でダウンロードできます:[fhir-summary.pdf]

FHIR® – Fast Health Interoperable Resources (hl7.org/fhir) – is a next generation standards framework created by HL7. FHIR combines the best features of HL7’s Version 2, Version 3 and CDA® product lines while leveraging the latest web standards and applying a tight focus on implementability.

FHIR(Fast Health Interoperable Resources、迅速な医療情報相互運用のためのリソース、ファイア)は HL7 が開発した次世代の医療 IT 標準仕様フレームワークです。FHIR は、これまでの HL7 バージョン 2、バージョン 3 および CDA® 各標準仕様の系列の一番よい部分を生かしつつ、最新のウェブ標準に対応し、何より実装しやすさに重点が置かれています。

FHIR solutions are built from a set of modular components called “Resources”. These resources can easily be assembled into working systems that solve real world clinical and administrative problems at a fraction of the price of existing alternatives. FHIR is suitable for use in a wide variety of contexts – social media on mobile phones, cloud communications, EHR-based data sharing, server communication in large institutional healthcare providers, and much more.

FHIR では「リソース」と呼ばれるひと揃いのモジュール化された構成要素を使ってコンテンツを組み上げます。これらのリソースは、医療現場での診療上や医事上の問題を解決するための実運用システムに、既存の他の技術的選択肢に比べ何分の 1 かの価格で簡単に組み込むことができます。FHIR は様々な場面で活用でき、携帯電話でのソーシャルメディア、クラウド通信、EHR を介したデータ共有、大規模医療機関でのサーバ経由の通信や、その他の多様な利用形態に対応できます。


Why FHIR is better 「FHIR のどこが優れているか」1.6.1

FHIR offers many improvements over existing standards:
FHIR は既存の標準仕様に比べて、以下の点が改良されています:

  • A strong focus on implementation – fast and easy to implement (multiple developers have had simple interfaces working in a single day)
    実装により重点が置かれているため、短期間で容易に実装できる(複数の開発者により簡単なインターフェースならたった一日で動作させられることが実証されています)
  • Multiple implementation libraries, many examples available to kick-start development
    複数の実装ライブラリと、多数の実例が用意されていて、即座に開発にとりかかれる
  • Specification is free for use with no restrictions
    制限なく無料で標準仕様を利用できる
  • Interoperability out-of-the-box– base resources can be used as is, but can also be adapted for local requirements
    基本リソースがそのままの形で利用できるインスタントな相互運用性、その一方、ローカルな要件に適応することも可能
  • Evolutionary development path from HL7 Version 2 and CDA – standards can co-exist and leverage each other
    HL7 バージョン 2 および CDA からの正常進化で、標準規格の共存や相互活用が可能
  • Strong foundation in Web standards– XML, JSON, HTTP, Atom, OAuth, etc.
    XML、JSON、Atom、OAuch などの各種ウェブ標準にもしっかり対応
  • Support for RESTful architectures and also seamless exchange of information using messages or documents
    RESTful アーキテクチャに対応し、メッセージあるいはドキュメントを使った情報交換にもシームレスに対応
  • Concise and easily understood.specifications
    簡潔で容易に理解できる仕様
  • A Human-readable wire format for ease of use by developers
    最終表現フォーマットの可読性が高いので、開発者にとって扱いやすい
  • Solid ontology-based analysis with a rigorous formal mapping for correctness
    正確性を保証する堅牢な公式マッピングを用いて、オントロジーを活用した確実な分析が可能

Flexibility 「柔軟性」1.6.2

A central challenge for healthcare standards is how to handle variability caused by diverse healthcare processes. Overtime, more fields and optionality are added to the specification, gradually adding cost and complexity to the resulting implementations. The alternative is relying on custom extensions, but these create many implementation problems too.

医療に関する標準の一番の課題は、医療プロセスの多様性から生じる変わりやすさをどう取り扱うかです。時間を経るにつれ、仕様には多くのデータフィールドや任意事項が追加され、結果として実装システムのコストや複雑さが次第に上がっていくことになります。もうひとつの方法はカスタマイズによる拡張に頼ることですが、このよう拡張もさまざまな実装上の問題を引き起こします。

FHIR solves this challenge by defining a simple framework for extending and adapting the existing resources. All systems, no matter how they are developed, can easily read these extensions and extension definitions can be retrieved using the same framework as retrieving other resources.

FHIR では、この問題を、既存のリソースを拡張したり改変するための簡潔なフレームワークを定義することで解決しています。すべてのシステムは、どのように開発されているかによらず、簡単に、これらの拡張部分を読み込むことが可能で、拡張の定義も他のリソースを取得するのと同じフレームワークを使って取得できるようになっています。

In addition, each resource carries a human readable text representation using html as a fall back display option for clinical safety. This is particularly important for complex clinical information where many systems take a simple textual/document based approach.

加えて、それぞれのリソースには、人間が読むための HTML を用いたテキスト表現が、最後の拠り所として付いてきます。この配慮は、多くのシステムが単純なテキスト/ドキュメント形式の手法を用いている、複雑な診療情報システムにおいて特に重要です。

Example Resource: Patient 「リソースの実例:Patient」1.6.3

This simple example shows the important parts of a resource: a local extension, the human readable HTML presentation, and the standard defined data content.

以下の簡潔な例は、リソースの主要部分、ローカル拡張、人間が読める HTML 表現、標準データコンテンツを表現指定しています。

FHIR has resources for administrative concepts such as patient, provider, organisation and device as well as a wide variety of clinical concepts covering problems, medications, diagnostics, care plans, financial concerns and more.

FHIR には、患者、医療従事者、組織やデバイスといった医療事務上の概念に関するリソースも、プロブレム、薬物、診断、ケアプラン、費用請求その他のの幅広い診療上の概念に関するリソースと並んで含まれています。

The FHIR development process 「FHIR 開発プロセス」1.6.4

FHIR is still undergoing development as an HL7 standard. By the end of 2013, FHIR should be available as a Draft Standard for Trial Use.After a period of trial use to vet the specification, HL7 will develop FHIR as a full normative specification, most likely through 2015.

FHIR はまだ開発中の HL7 標準です。2013 年末には FHIR は Draft Standard for Trial Use(DSTU、実証試験のためのドラフト標準)として利用可能になる見込みです。正式仕様を投票するための実証試験の期間終了後、HL7 は FHIR を完全な正式規格として開発しますが、その完了は 2015 年中と見られます。

Due to the many advantages FHIR offers, trial use is already beginning right now.

FHIR はさまざまな利点をもたらすので、実装試験は現時点でもすでに始まっています。

http://www.hl7.org/fhir. Follow us on Twitter using #FHIR

公式ウェブサイトは http://www.hl7.org/fhir で、Twitter では、#FHIR のハッシュタグでフォローしてください。


© HL7.org 2011 - 2013. FHIR v0.11-1712 generated on Fri, Sep 6, 2013 23:04+1000.

Warning: This version of FHIR is the DSTU ballot, and the stable version for the September/October connectathons. Implementers are welcome to experiment with the content defined here, but should note that the contents are subject to change without prior notice.

この日本語訳は、上記のバージョンの FHIR ドラフト仕様に基づいています。この内容に基づいてシステムを試作実装することは奨励されていますが、現在の仕様の性質上、事前の通知なしに内容の変更が行われることは、ご理解ください。

Comments