第27回Quricon(2017.12.1)

第27回Quriconを開催しました

「サイエンス これまで これから」

2017年12月1日(金)18:00~(17:30開場)
伊都図書館1Fラーニングコモンズ

自然・社会双方の科学・技術について,
過去・現在・そして未来の3つの時代を意識したテーマとなりました!
サイエンスの「普及」という点も,今回の共通したテーマです。

◇研究発表
・小林篤正さん(人文科学府・D1)
日本が技術大国とよばれるまで―ものづくりの、ひとづくり―

近代日本史専門の小林さんからは,
日本の工業の父といわれる手島精一研究の最前線のお話!
手島は,博物館普及にも力を入れたそうですよ。

・白石隆太さん(システム生命科学府・M1)
ウシだってIoT!!
 ウシの○○をめぐるセンサとネットワークシステム

白石さんからは,畜産で
ウシの効率的な管理につながる興味深い研究発表でした。


・小林良彦さん(基幹教育院・特任助教)
 大学院生が科学コミュニケーション?意味あるの?

小林さんは,物理学というご自身の専門とともに実践されている
科学コミュニケーション・アウトリーチに関する発表でした。
私たちQuriconも科学コミュニケーション・アウトリーチですね。


◇コミュニケーションタイム

今回のコミュニケーションタイムは,初の試み!
「インタラクティブセッション」方式で行いました!
演者ごとにわかれ,
スライドを印刷したもの+αの資料とともに,
じっくりとコミュニケーション。
間にテーブルがないので,より演者と近かったですね。


*20:30~の懇親会でも,
遅い時間まで熱い科学トークが続くのでした…
Comments