18.相談内容 Q&A

あざみ野心理オフィスに寄せられるご相談やご質問について、ご紹介いたします。


Qではよくあるご質問と、その具体例をあげています。


Q:精神分析的心理療法を受けたいのですが?

・自分という人間を深く知りたい

・自分では気づかずに、同じ問題を繰り返すのをやめたい

⇒A:専門的な訓練を受けたセラピストがお話をうかがいながら、理解を深めていきます。

Q:家族のことで困っています。

・子どもの不登校・不適応・発達障害など~幼児期から思春期・青年期まで

・ご夫婦の行き違い

・カップルの悩み

・親との関係が辛い

⇒A:親子や夫婦で担当者を分けて、ご相談を受けることもできます。

Q:不安や恐怖が襲ってきて苦しいのですが、どうしたらよいでしょうか?

・パニックの症状

・電車に乗るのが怖い

・外で食事をするのが不安

⇒A:医療機関のご紹介や専門医との連携を通して、改善をめざします。

Q:原因不明の体の症状があります。

・いつも頭が痛い

・緊張や不安でお腹が痛くなる

・特定の場面で声がでない、耳が聞こえない、目がみえない

⇒A:心の原因で起きている体の問題について、ご一緒に考えます。

Q:発達障害(自閉スペクトラム症/ADHDなど)ではないか、心配です。

・検査を受けて、自分の認知機能の特性を知りたい

・人とうまくコミュニケーションがとれない、人の気持ちがわからない

・同時に複数の作業ができない

・片付けができない

・物忘れや落とし物が多い

⇒A:心理検査を施行し、結果をお伝えして、適切なアドバイスをいたします。

Q:解離性障害と言われました。自分の中に別の自分がいるように感じます。

・自分の気持ちがわからない、自分の感情がわからない

・自分が何者かわからない

・知らない間に、おかしな行動を取ってしまう

・自分の行動を覚えていない

⇒A:この障害の治療を専門とする担当者がご相談に乗ります。



お申し込み・お問合せはこちらまで。ご相談内容については、こちらのページもご参照ください。

2020.6.1