ムジカーザでガムラン

「ムジカーザでガムラン2017」にご来場いただき、ありがとうございます
2017年6月2日(金)、「ムジカーザでガムラン」にご来場いただき、本当にありがとうございます。
ガムランと子どもの姿がセットになって印象に残った――なんて感想も聞きました。ちょっと危なっかしい場面もあるにはありましたが、最初にイメージした雰囲気がこんな形でもあり、いくらか「ジャワの広場」らしくなったかなと喜んでもおります。
平日昼の部の入場者が70人を超え、やはりあの時間帯にも需要があるとわかったのは大きな収穫でした。新宿や浅草の寄席が、昼間、いつも一杯になっているのを見ていて(お客さんは、必ずしもお年寄りばかりじゃありません)、ガムランも同じような気がしていたのです。
夜の部が早々と完売したのにも驚きました。締め切ってからも続々と予約の連絡があり、いっそ詰め込んじゃおうかなあとも思ったのですが、楽器や踊りのスペースが未確定だったので泣く泣くお断りしました。それでも一部、見えずらい席ができてしまったので、このあたりは改善したいと思っています。仕事を終えて来る方々が安心して座れるよう、指定席にできないかというのも検討課題です。
50食限定予約の観劇弁当「あじあごはん」の評判も良かったようですし、2階の屋台コーナーがあれほど熱気を帯びるとも思わなかったので、このあたりは嬉しい誤算でした。ジャワの生菓子が、まさか夜の部の開演と同時に売り切れるとは予想もしませんでした。
初めての会場で、諸々不手際はありましたが、ご覧になっていかがでしたか。4月の新潟で、後半の影絵芝居ワヤンの部分はかなりしっかりリハーサルできたこともあり、前回よりもコンパクトでまとまりはあったように思います。本能に立ち返って話の合う仲間とともに好きな芸能に向き合えたことで、何より演者自身が楽しそうでした。
公演の感想や苦情、ご意見などありましたら、遠慮なく以下のメールアドレスまでお送りください。
次回は来年!と言いたいところですが、2019年6月を考えています。ラグビーのワールドカップの年です。場所は同じムジカーザがいいでしょうね。全体的には同じような流れになりますが、演目はすべて入れ替えます。「しじみのさぶちゃん」の代わりに、2015年に大好評だったワヤン・カンチルの新作が登場するかもしれません。
このホームページの中に、公演の記録やジャワ芸能解説などの記事もありますので、そんなのを適当に楽しみながら、次回公演まで気長にお待ちください。

「ムジカーザでガムラン」実行委員会 中村伸・深樹

【記事一覧】
●ムジカーザでガムラン
ニュース(と称したブログ)
ムジカーザへの道(写真による道案内)
●2017年公演の記録
6月2日(金)ムジカーザ 昼の部/夜の部
6月3日(土)神代団地 投げ銭ライブ 15:00~16:00
6月4日(日)古民家ギャラリーかぐや 14:00~16:00
インドネシアとジャワ芸能のミニ解説
インドネシアとジャワ
ジャワの影絵芝居について
ジャワガムランについて
ジャワの食べものについて
●過去の公演内容
過去の公演
[第1回]2014年9月公演の様子
2015年公演時の曲目解説など
●出演者について
出演者プロフィール
リンク