ムジカーザでガムラン2024

王宮舞踊、影絵芝居、村の踊りなどを100分にぎゅっと凝縮

 宮廷音楽、舞踊、影絵芝居など、インドネシア・ジャワの芸能の魅力をぎゅっと凝縮したライブ。プログラムはバラエティー豊かで、大人から子どもまで楽しめます。

 インドネシア・ジャワ島のジョグジャカルタやスラカルタ(ソロ)でジャワの古典芸能を学び、主に関西で活動する「ハナジョスと仲間たち」の公演を、ムジカーザで開催するのは2年ぶり4回目。出演者6人とややコンパクトな編成ですが、その魅力は変わりません。

 見どころは、子ども向けの動物人形芝居、伝統的な影絵芝居の2つの物語を用意していること。ともにジャワに行ってもなかなか見ることができない演目です。ワヤン・カンチルと呼ばれる動物人形芝居では、おとぎばなしのような世界を、影絵芝居「スマル大いに怒る」は、村の長老である温厚な爺さんスマルが、バケモノたちの暴挙に立ち向かう物語です。

 会場内はソフトドリンク以外の飲食は禁止。個性的な飲食店の多い街なので、お食事は観劇の前後にお楽しみください。また、会場内にバリ島雑貨や楽器の売店もありますので(少し村祭りの縁日っぽくしてみました)、この機会にぜひご利用ください。


◆日時

 6月28日(金)

  [夜の部]18:45開演(18:15開場)
    ※残席わずか カーペット席8席を新規に設けます

 6月29日(土)

  [昼の部]13:30開演(13:00開場)

    ※残り2席のみ カーペット席8席を新規に設けます

  [夜の部]17:00開演(16:30開場)

    ※余裕あり

◆入場料

 [前売り]3500円/[当日券]4000円

  ※全席指定、未就学児は膝上1人まで無料

  ※予約で満席の場合、当日券は販売しません

◆出演

 ハナジョスと仲間たち

  ジャワの夜遊びのココロ - 出演者プロフィール (google.com) 


◆主な演目

 ジャワ王宮舞踊

  「タリ・ゴレッ・ムギ・ラハユ」

 ジャワの歌曲

  「ジネマン・ポチョン・クトプラアン

        ~ルジャック・ジュルック」
  「ウユン」

 ワヤンカンチル

  28日、29日昼「豆鹿カンチルとクジャク」

   人形師はローフィット

  29日夜「豆鹿カンチルの鬼退治」

   人形師はナナン

 ジャワ影絵芝居「スマル大いに怒る」

   人形師はローフィット

 フィナーレ (ジャワの獅子舞など)


◆予約・問い合わせ・ご質問など

  yoasobinokokoro@gmail.com (中村)

    ヨアソビノココロ

※ご予約の際、公演日時、枚数、お名前、ご住所、連絡先を明記してください。

 後日、チケットと代金の振込先を記したものを郵送いたします。


◆会場

 ムジカーザ(渋谷区西原3-33-1)

  代々木上原駅東口から徒歩2分

  ジャワの夜遊びのココロ - ムジカーザへの道 (google.com) 

 

 インドネシアという国や、ジャワ島中部にあるジャワと呼ばれる地域についての知識。さらにガムランや影絵芝居の解説は以下のページをご覧ください。

  ジャワの夜遊びのココロ - インドネシアとジャワ (google.com)


 演目案内などの読み物を掲載しています。徐々に増やしていく予定。特に予備知識がなくても楽しめる公演ですが、興味のある方はご覧になってみてください。(6月7日更新)
  ジャワの夜遊びのココロ - 2024ブログ (google.com)  


 フライヤー(チラシ)を置いてもらっている場所やお店を集めてみました。まだ数は少ないのですが、これから増えていく予定。お住まいの近くにインドネシア料理屋さんなど、面白い店があるかもしれません。(6月5日更新)

  ジャワの夜遊びのココロ - チラシのある場所 (google.com) 


 なお、過去の公演の様子は下記のリンクから。これまで2022年、2019年、2017年、2015年、2014年に、このメンバーを中心に公演を行ってきました(ムジカーザ以外の会場の公演も含む)。凝った出し物も多いのですが、なぜか「楽しかった」「面白かった」という感想が多いのが本公演の特長です。

  ジャワの夜遊びのココロ - 過去の公演 (google.com) 


フライヤー オモテ面 デザイン/折原カズヒロ

フライヤー ウラ面