暴力団の真実




皆さんは本物の ”ヤクザ” や本物の暴力団事務所を見たことありますか?

あってもそれが本物という証拠があったでしょうか。見た目や単なる噂で判断しているだけではないですか?
これだけ長い間暴力団のニュースが流れているのに
なぜか誰も本物を見たことがないという不自然さ。
そして暴力団と言えば薬物事件で毎回入手先として登場しますが、その薬物で最近芸能人の事件が連発し過ぎだと思いませんか?しかも歌手のA氏、元スポーツ選手のK.k氏、不起訴となりましたがグラビアアイドルのA.T氏、そして役者のN.T氏という具合に各ジャンルから次々と有名人が逮捕されているのです。
暴力団にまつわる状況はおかしなことだらけです。
その理由は下の説明を読めば簡単にわかるはずです。





このページの項目一覧
【もの凄く簡単に暴力団ニュースがインチキであることがわかる解説】
【清原覚せい剤事件は警察とマスコミによる陥れ】
【ボクシング協会山根会長騒動はインチキ清原さんニュースをごまかすためのヤラセ】NEW  2018/08/19
【結局毎回流通ルートが明らかにならない薬物事件】
【週刊新潮の山口組分裂記事からわかるインチキ】
【アルカイダ、イスラム国との共通点】 



【もの凄く簡単に暴力団ニュースがインチキであることがわかる解説】追記あり


現在5万人以上もの暴力団員が生存しているらしいですね。

しかし今は、暴力団排除条例によって暴力団員は就職、企業との取り引き、借金などできないことになっています。
例: 私が住む埼玉県暴力団排除条例
http://www3.e-reikinet.jp/saitama-pref/d1w_reiki/42390101003900000000/42390101003900000000/42390101003900000000.html

御覧のように埼玉県の場合、第19条から第26条で事業者側、暴力団員側ともに一般企業に入社や取引、事務所となる部屋の貸し借り、借金などを禁じている。
このような条例は全国の全ての都道府県、市区町村で施行されているのです。
そしてこの条例は町から暴力団の追放、最終的に暴力団の壊滅を目的とした条例です。普通の生活を送るには暴力団をやめなければできない、という具合。

みなさんも就職やアルバイト先との雇用や部屋を借りる時、銀行で口座を作るときなどあらゆる契約の際に「反社会的勢力とは関係ありません」とかいう念書を書いたことがあると思いますが、あれです。

この条例があるため、今の暴力団組員はかたぎの仕事には就くことができず、犯罪か条例違反での収益しか上げられないことになっているわけです。
また事務所となる部屋も借りることができません。

もうこの時点でわかると思いますが当然のはなし暴力団員は生存している以上生活費が必要になるわけですが、そのお金を得るために全ての暴力団員が犯罪か条例違反をおかしていることになるわけです。
当然暴力団対策の中心にいる警察はその事実は百も承知ということになります。
さらに警察は暴力団の犯罪の未然防止のため常に暴力団事務所の場所を把握しているわけです。

ということはそこに出入りする組員も把握しているわけだから、その組員を尾行すれば必ず犯罪か条例違反をしている場面に出くわすことも警察はわかっているわけです。

なので組員がどこかに就職していたり、会社を起こしたり、他の会社との取り引き、借金などをしていたら条例違反でとりしまって、犯罪で収入を得ていたら逮捕しているはずなのです。

それが全国の全ての暴力団員が該当するわけだから、とっくに暴力団は壊滅されているはずなのです。

しかし暴力団員の金稼ぎに関するニュースはたまにしか出てこず、相も変わらず数万人の暴力団員が存在し続けている。
そして警察、マスコミともにその事実には一切触れず、山口組の分裂抗争などとふざけたニュースを流しているのです。分裂どころか存続すらできていないはずなのに。

そしてなによりも暴力団ニュースでは排除条例に関するニュースは皆無というありさま。

こんなことは有り得ない。

これが事実なら警察がわざと暴力団の犯罪や条例違反を野放しにしているか、実際には暴力団など存在していないのに警察とマスコミが暴力団事件や騒動を自作自演し続けているかのどちらかしかないことになるのです。

馬鹿げた話になりますが、もし尾行しても誰一人として働きもせず、犯罪も犯していないのに生存しているのなら、それはそれであり得ないことなのでとっくに大ニュースになっているわけです。

さらに言うと条例では事務所すら借りれないはずですが、暴力団が何か事件を起こすたびに「事務所への捜索」という言葉が登場していること自体もあり得ないことなのです。



ちなみに条例では暴力団員が組を辞めた後の支援に関しても触れているため決して暴力団員の人権を無視しているものではない。
辞めたくても報復が怖くて辞められないのでは、という意見もあるかもしれないが、その報復をするのもまた暴力団員。なので辞めさせないようにする暴力団員も取り締まればなんの問題もないはずなのにそれもしていない。
あり得ない状況になっていることがおわかりいただけたと思います。





【清原氏覚せい剤事件は警察とマスコミによる陰謀】


元プロ野球選手で現タレントの清原和博氏は警察とマスコミにおとしいれられているのではないかと疑いたくなる事実があります。

これは2016年2月4日の報道ステーションでの元刑事の証言のキャプチャーです。


元記事
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11148339/

(上のURLで表示されなかったら
「清原和博容疑者と暴力団をつなげた人物 「報道ステーション」で元刑事が証言」で検索してください)

そして上の項目で説明したように暴力団排除条例によってヤクザとつながりがある人間は職に就け
ないのが現実です。


ということは警察は清原氏が反社会的勢力と付き合いがあることを知っていながら
タレントとして働かしてたことになり、そしてその事実を平然とニュースで流した報ステーション

ということになります。

これは警察とマスコミの陰謀としか言いようがありません。


さらに警察捜査に矛盾も

警察1年以上前から内定捜査
http://www.sankei.com/smp/affairs/news/160203/afr1602030010-s.html
これも
http://biz-journal.jp/i/2016/02/post_13628_entry.html

そして清原氏、覚せい剤入手先供述せず
http://mainichi.jp/articles/20160206/k00/00m/040/044000c

清原氏が群馬県内で入手してすぐに使用している
http://webnews.asahi.co.jp/ann_s_000067766.html

薬物は使用する側ではなく売りさばいてる人間をゼロにしないと撲滅できません。
なのに警察は1年以上も内定捜査していながら覚せい剤使用者であ
る清原は逮捕したのに売人は特定、逮捕していないし、任意同行すら求めていないのです。
これ清原だけを逮捕したら売人は当然逃げてしまいますから、
同時に逮捕しなきゃ意味がないはずです

売人を泳がすといいますが、売人が逃亡しないという保障などないし、自殺や口封じで殺されたらどうするつもりだったのでしょうか?

警察は入れ替わり立ち替わり尾行していて、群馬県内で入手してすぐに使用を繰り返していたことを知っているのに特定出来ていない。
しかも毎日新聞の記事には「少なくとも2回入手を確認している」
と書いてあります。

警察の薬物捜査はどう考えてもおかしい。


政治家の影?
http://dailynewsonline.jp/article/1086133/?page=all

警察はこれまでのどれだけの政治家を選挙違反や政治資金違反で逮捕してきましたか?
マスコミはどれだけの政治家の不祥事を叩いて辞職や解散に追い込
んできましたか?
この状況でなぜ政治家を逮捕できないのでしょうか?
政治家の圧力なんてあり得ないんですよ。
日ごろ圧力をかけてるのは警察とマスコミのほうなんですよ。

清原氏は1年も前から薬物使用がマスコミにバレていたのに、その中で薬物を買ったり使用したりなど馬鹿げている上にこの警察捜査です。

今の日本の現実はこんなむちゃくちゃなことになってることを知っておいてくださいね。





【ボクシング協会山根会長騒動はインチキ清原さんニュースをごまかすためのヤラセ】 
NEW

最近話題になっているこのボクシング協会山根会長騒動もさらなる見え見えヤラセです。
上の報道ステーションの清原さんに関する記事

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11148339/


に登場する清原さんに暴力団を紹介したとされる「元世界チャンピオンボクサー」J.W氏にテレビ朝日は名誉棄損で訴えられて敗訴しているのです。この敗訴の記事ではどのメディアも「世間の人がJ.W氏本人とわかるかどうか」の判断しか触れていませんが、もし清原さんに組関係者を紹介したことが事実ならJ.W氏も罪に問われているはずですがその事実はありません。要するに報ステの報道は嘘であり、元警察官の証言も嘘だったことになるわけです。しかしそのことには全く触れないマスコミ。

またJ.W 氏本人も組関係者とされていますが、ではJ.W氏はなぜ暴排例で取り締まられていないのでしょうか。どうやって食費を稼いでいたのでしょうか。マスコミは一切そのことに触れていません。もし関係者ならそもそも裁判など起こせなかったはずです。
これで暴力団ニュースがもうなにからなにまでインチキしかないことがお分かりいただけましたね。

これで報ステは清原さんのインチキ報道だけではなく、ボクサー相手の裁判で敗訴という汚点を残したわけです。さらにその情報を流したのは元警察官ですから警察も汚名を残したわけです。
今回のボクシング協会の山根会長騒動では会長が暴力団との関係が報じられています。
その時点であり得ないのに。何度も書きますが、なぜなら暴力団自体が壊滅しているはずだから。

これも警察とマスコミが仕組んだヤラセ劇場です。
暴力団ニュースや騒動はこうやってヤラセを常に続けてごまかしているだけです。





【結局毎回流通ルートが明らかにならない薬物事件】
有名人が薬物事件で逮捕されると毎回マスコミは大騒ぎをして使用者を叩きまくりますが、なぜ叩くかというとそれだけ薬物が社会にとって危険なものだからのはずです。
ということはそれを根絶することが最大の目的のはずです。
ならば使用した人間よりも製造、売りさばいている人間を壊滅することが最優先のはずですから、マスコミが大きく取り上げなければいけないのは薬物の製造元と売りさばいている人間までのはずです。
しかしマスコミが実際に大きく取り上げるのは使用した有名人のほうだけで、薬物を売った人間に関してはほとんど騒がない、そして製造した人間にいたっては一切触れないという矛盾。

これまで日本、いや世界では数え切れないほどの中毒者が出ていますよね。
なので

「海外から密輸しているからその先はわからない」


なんていいわけはもうとっくにできない状況になっているはずなのです。
しかし何回事件が起きても入手ルートも売った人間まででそこから先は解明されないまま騒動は終了。
マスコミもその先への解明にこだわる様子は微塵もない。
そしてこのおかしな捜査とおかしな報道が永遠と繰り返されているだけ

さらに、ここで最大の問題だですが、暴力団員は一体どうやって薬物を買う資金を得ていると言うのでしょうか。
上で説明したようにそんな資金を得られる状況にはないはず。
そしてこの謎には一切触れられずに今回もまた騒動は消えていこうとしています。





【週刊新潮の山口組分裂記事からわかる矛盾】

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150910-00010006-shincho-soci

現在暴力団員はかたぎの仕事につけないし取り引きも借金もできない。ということは犯罪以外の収入源はないはずです。
なのに山口組だけでも1万人以上の組員が逮捕もされずに暮らしているのは有り得ないことです。これは警察がわざと暴力団員の犯罪を見逃しているか、暴力団など存在していないのに存在しているように装っているということ以外にないことになります。
週刊新潮の記事はこのあり得ない状況をごまかすような内容になっています。

記事ではノンフィクション作家の溝口敦氏が「今でもみかじめ料を払う風俗店があり、違法カジノは警察に相談できないから暴力団に金を払ってる」とインタビューに答えています。

しかしたった1人のノンフィクション作家が知り得ることを、数十年も前から大規模人数で全国で暴力団を取り締まって逮捕してきた警察が知らないわけがありません。
そしてその警察と一緒になって暴力団報道を数十年も続けてきたマスコミが警察から肝心の資金源の情報を聞いていないというのもあり得ない話です。

なのでマスコミがたった一人の作家から資金源に関する情報を得ている時点で暴力団ニュースはどう考えても不自然この上ないのです。

なぜ作家からの情報を得たことにしたいのか。
それは警察がみかじめの事実を知っていたら当然逮捕しているはずですが、それをしていないから警察からの情報となると話が矛盾することになるからそれはできない。

だから作家を情報源ということにしてそれっぽく話をつくり暴力団の資金源の矛盾をごまかしている。

と捉えることができます。


そして最近の山口組関連報道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150914-00000092-jij-soci

上の記事からすると警察は数十年もの間、組員が1万人以上いる暴力団を取り締まってきたにも関わらず、その組員全員が違法な収入を得ていることは確実なのに今さら実態解明って警察は暴力団に対してなにもやっいないということになる。要するにわざと野放しにしているか、暴力団など実在していないことになるわけです。




【アルカイダ、イスラム国との共通点】


極悪なのになぜか最大の敵である警察は狙わない

都合がいい話ですね。

こちらも読んでみて
「イスラム国の真実」

Comments