H20 てんどんまん

偉大なる折田先生・其ノ十弐



このところ京都はよく雪が降ります。
「ゴアさん、地球温暖化って本当なの?」って聞きたくなるくらい寒い。
とくに先週末からめーちゃぁくーちゃぁ寒い。
今朝もかなり寒かった。
出勤前、心が折れかけたくらい。。。

そんな中にもかかわらず
伝説の漢(おとこ)、
もしくは漢たちが今年もやって来た!

   ・

え~~皆様。
いよいよ今年もやって参りました
「折田祭2008」
「二次試験」の日


昨年がポコちゃんだっただけに
今年も時事ネタか?
などという大方の予想は完全に裏切られることに。

今年はコレ↓





     てんどんまん     
 「どんぶりまんトリオのひとり。
  とくだいのえびてんがじまん。
  あかるいせいかくで、
  いつも「てんてん どんどん てんどんどん。」と 
  うたいながらあるいている。」
  (アンパンマン スーパー大図鑑1600 フレーベル館社より)




「♪あ。てーんてん どーんどんっ て~んどーんどんっ!」
脳内では完璧にあの声であの歌が再生され
ついでに釜飯音頭まで唄いかけていた



と、そのとき、
通りがかりの学生が大声で歌いはじめた。
「♪てーんてん どーんどんっ て~んどーんどんっ!」

ちょっと物マネが入っていて
青年テンドンマンの歌声も
なかなか「オツざんすぅ~」




しかしまぁ、なんといいましょうか。
今年もハイクウォリティー。
いい仕事していらっしゃる。
ものつくり国家ニッポンもまだまだ安心だ。



そうそう。
おはしでフタを持ち上げて中身を見せながら
顔の丸いあんちゃんに「おいしそうざんしょ~?」
なんて言ってましたね。



えび天から今にも湯気がたちのぼって来そうだ。



丼ぶりとフタの接合部。
苦労の跡がここにも伺えます。




あ!




口もと。。。。何かついてる?



米粒っ!

   ・

そして、看板には




「♪愛と 勇気だけぇが とぉーもだっちぃさぁ~~~」
ってそんな学風、、、


折田先生がどう思われるかはともかく、
悪くない学風ですよね。。。。

   ・

と、ここまで完璧な像なのですから
看板の裏もチェックしなきゃっ!

ではでは、
恒例のぉ
たかさぁ~んチェーックっ!(古っ)


あ!
あったよぉ!(感涙




もういいんです。
このとってもきれいなお嬢さんが誰であろうとも。



製作者(の皆さん)が看板裏のことを忘れないでいてくれただけで
それだけで胸いっぱい。
(本当はどなたか知らないので、開き直ってるだけです。)

   ・

ん?
下のテープ。何か書いてあるぞ。


少し薄くて読みにくいが。。。


「これが完成したら俺 あの娘に告白するんだ。」

!!

そうかそうかぁ。青春してるんだなぁ~・・・。


勝手な思い込みではありますが
製作者の青年が私に打ち明けてくれてるみたいで
寒くてもなんだかあったかーい気持ちになれた。
ありがとう。


   ・

さてさて告った結果は如何に、、、気になるなぁ。
うまくいってたら
この像に黄色いハンカチを結んでおいてくださいね。

今年の像は特別かもしれません。
何しろ恋の願掛けも兼ねているようですから。


時計台を望むテンドンマン。

テンドンマンのえび天を見ていたら
なんだかおなかが空いてきた。。。
あぁ、天丼喰いたい。。。

「ぉ~い。てんどんまーん。少し食べさせてちょうだい。」
「だめざんすー。あんたにはあげないざんすよぉ」

あ、そうだった。
テンドンマンってちょっぴりケチだった。

♪ぁ て~んてん ど~んどん ・・・・
(あ、行っちゃった。。。)

Comments