H15 ゴルゴ

偉大なる折田先生・その六



平成十五年二月二十五日
タレコミが折板に舞い込む。

速報、ありがとうございます!>Libertyさん、通りすがりさん


ところで

当サイトは言うまでもなく
皆さんのタレコミだけが頼りなのです。
例え私が転勤などで京都から離れたとしても
皆様からの情報さえあればこのサイトは維持できるはず。
そうあつかましくも思っております。
そのかわりと言っては何ですが、
この悪戯が何時の日かなされなくなったとしても
可能な限りサイトの維持に努めたいと思っております。
どうぞ、今後とも宜しくお願い申し上げます。



数日後、板に書き込みをして下さった方が
わざわざ画像をメールで送ってくださった。
遠景正面説明文背面
どうもありがとうございます!>ハーンさん


「これは直接見に行かなければならない。」

そう思い、まだ肌寒い京都。三月某日夕刻。
総合人間学部図書館前に到着。
そう、先生が地下に安置されている図書館の前である。


(以下の写真は全て筆者撮影)


これが噂のゴルゴ仕様。

 
少々面長な頭部。
このデフォルメにそこはかとなく作者のユーモアを感じる。


 
今や恒例となった立て看板。
「さいとう・たかを」とその横のロゴに失笑する。




ハーンさんのタレ込みによれば、背後にアレがあるはずである。
意を決して、ゴルゴと接触の際の禁止事項その一、
背後から近づくことを決意。



(これって第何話?) <------ 後日、タレコミにより判明いたしました(現在修正中)。



「ん?」

良く見ると立て看板の裏に何か貼ってある!

『なっち、、、』

これは作者へと通ずる手がかりとなり得るのであろうか。
余談だが、強いて言えば私は加護派(取材当時)。




Gの手刀を浴びることなく、無事撮影を終了。
「任務完了、速やかに現場を立ち去るべし。」
と思った時である。

台座前面にある何やら怪し気なパネルに目が止まる。


「何だこれ?」
再度、今度は前面から近づいてみる。


ボタンとスイッチがついたダイオードだ。



ボタンがあれば押したくなるのが人情というもの。

押してみる。
「ポチッとな。」
「プ~~~~~~~ッ!」
かなりおマヌケなブザー音が辺りに鳴り響く。

(は、恥ずかしぃ。。。)

夕暮れのキャンパスで周囲の学生さんから注視される羽目に


さらにダイオードパネルには文字が

「S N I P E」

「や、やられた。。。。(即死)」


作者の情熱が今も変わらず存続していることに感銘を受けつつ
夕闇迫るキャンパスから帰途につく筆者であった。。。





Comments