H12 ラオウ

偉大なる折田先生・其ノ四




 平成十二年頃であったろうか
 この闘争はひとまず停戦の時を迎える。

 折田先生の銅像が総合人間学部から消えた。


 業を煮やした当局が銅像の撤去に踏み切った。
 そういう説もあるが、
 少なくとも建前上は
 「総合人間学部の講義棟群の建替え計画の一環のための撤去」
 像の建立されていた場所も整理区画に該当していた。


 少なくとも
 この悪戯と格闘していた当局担当者は
 密かに胸をなでおろしたに違いない。

 しかし

 彼(等)の情熱が冷めることは決してなかった。



ハリボテ先生像第一号:「ラオウ」
(写真出典:e-kyoto

こともあろうに
銅像撤去後の跡地に
台座からレプリカを建立してしまったのである。

しかも例の立て看板まで再現されている。


















 


立て看板の文言に手を加えたのもこれが初めてだと思われる。

漢に「おとこ」とルビをふってあるあたりに
一定の評価を与える者も多かった。












平成十三年に入り
ついに工事は本格化。
銅像が建っていた場所は完全に工事区域内となり
壮絶なバトルが繰り広げられた総合人間学部A棟前は
ついに立ち入り禁止になった。


「これで見納めか。」
誰もが そう思ったはずである。
しかし首謀者(達)は違ったのだ。



Comments