ムジカーザでガムラン2019

お越し下さり、本当にありがとうございました。
6月27日(木)「ムジカーザコンサート ガムラン」、28日(金)「ムジカーザでガムラン」にお越しくださり、ありがとうございます。梅雨入りし、しかも台風が上陸しようというなか、2日間3公演で200人を越す大勢の方々にご覧いただきました。蒸し暑い気候でしたが、入退場にあたる時間帯に雨が降っていなかったのだけは幸運でした。不備な点も少なからずあったでしょうが、どうぞお許しください。
記録として、各公演の様子をそれぞれ書き記しておきます。28日の公演ではアンケートにもご記入いただきましたが、ご覧になっての感想や言い足りないことなどあれば、実行委員会宛てにメールを頂戴できれば幸いです。 yoasobinokokoro@gmail.com

6月27日(木)「ムジカーザコンサート ガムラン~世界の珍しい楽器」19:00~
ムジカーザ主催の年6回のコンサート、そのうち1回は「世界の珍しい楽器」シリーズとして開催しているとのこと。24年目の今年、思いがけない展開で「ガムラン」を選んでくださいました。コンサート会員の方+一般のお客様で約70人。終演後に演者も交えて立食パーティーを開くというので、プログラムはちょっと短めの90分に。といっても、ご覧の通りに要素を大きくは変えていません。
 ・開演前パフォーマンス 「ジャワの農村の夕暮れ風景」
  (19:00開演)
 ・開会の曲 「パンクル・ニャマ・マス」
 ・宮廷舞踊 「スカル・プディヤストゥティ」(踊り手=西岡美緒)
 ・ガムラン音楽の始まりと進化
 ・ジャワの遊び歌 「ジャムゥ・ジョウォ」~「オジョ・ディプレロイ」メドレー
 ・ジャワの人形芝居 「トラとやんちゃなシカ・カンチル」(人形遣い=ローフィット、演奏=佐々木宏実)
  (20:05~20:15 休憩)
 ・ジャワ影絵芝居の前奏曲 「パタロン」
 ・ジャワの影絵芝居 「無法者チャキルと若武者の戦い」の場面
 ・ジャワの村踊り 「ジャティラン 騎馬舞い~獅子舞い」
 ・メンバー紹介
  (20:40頃終演)
 ・立食パーティー
搬入の時間、この日は来ないはずのスミヤントさんが心配のあまり、わざわざ有休休暇をとって現われたのでびっくり。驚いたことに、そのままローフィットさんの衣装を借りて本番にも出演してくれることに。彼らの強い仲間意識には本当に頭が下がります。
まずはやんごとなきジャワの王宮の風情を味わってもらおうと、開会の曲に続けて西岡美緒さんによる宮廷舞踊を短めに。
その美緒さんが化粧を落として演奏に復帰するまでの時間をつくるために、ガムランは「ガムル(打つ、叩くの意)」の語が転じたもので、魔除け・厄払いのための銅鑼(ゴング)の音に始まり、やがて鍵盤楽器・弦楽器などを加えて音楽・芸能になったことを解説(当日のリハーサルでこのコーナーを起ち上げました。楽曲の組み立て方は何となく伝わったと思うのですが、いかがでしょう)。
雰囲気を変えて、庶民的な流行歌をメドレーで演奏して、王宮のガムランとの違いを味わってもらい、会場内が少し陽気になったところで、場面転換して「トラとやんちゃなシカ・カンチル」を上演。ローフィットさんと佐々木宏実さんの力惜しみのない熱演、さらには森の権力者であるトラのあまりのマヌケさ加減を見て笑い声が上がります。
休憩はさんだ後半はジャワの影絵芝居ワヤン・クリの上演。主に芝居音楽としてのガムランを聞いていただくために、立ち回りの多い「プラン・チャキル(チャキルの戦い)」の場面を演じてもらいました。その立ち回りの場面の曲が独特でいいのですが、ふだんは演奏しない曲なので、準備に思いがけないほどの時間がかかったらしい。ご覧になった方、得しましたね。
フィナーレはいつもの騎馬の舞いと獅子舞い。「これから暑い日が続きますから、熱中症に気をつけて」の獅子のくせして人の好いセリフに、場内大爆笑。ほのぼのとした雰囲気のなか、90分の公演は終了。
立食パーティーは、近所のパン屋さん(店の名を失念。フランス料理の修業をし、ベトナム料理にも通じた方がオーナーらしい)が仕出しをしてくれたココナツ風味のカレーや、アジア風のサラダなどの料理が並び、ビンタンビールも提供される形。お客様、人懐こい方ばかりで、楽しいひとときでした。
そういえば1枚も写真を撮らなかったので、録画したビデオからの画像をいくつか。西岡美緒さんのスカル・プディヤストゥティ、この日だけ上演した「チャキルの戦い」の場面、出演メンバー、立食パーティーの様子。

6月28日(金)「ムジカーザでガムラン2019 昼の部」15:00~
前日、本番中にいくつか予約・問い合わせの電話やメールがありましたが、電話にはまったく出られませんでした。メールや電話連絡は公演前に打ち止めにしておかなければいけませんね、失礼しました。この朝、台風が関東上陸というので心配していたら、雨の気配もない。てるてる坊主のテルちゃんのおかけで、今年は天候にはめっぽう恵まれたといえそう。
午前中に宮廷舞踊と影絵芝居のリハーサルだけして本番。お客様は60人強で、まずまずの入り。子どものお客様がいなかったのが残念。プログラムは昼夜とも同じで、休憩入れて120分の予定でした。
 ・開演前パフォーマンス 「ジャワの農村の夕暮れ風景」
  (15:00開演)
 ・開会の曲 「パンクル・ニャマ・マス」
 ・宮廷舞踊 「ゴレ・アユンアユン」(踊り手=西岡美緒、根津亜矢子)
 ・ガムラン音楽の始まりと進化
 ・ジャワの遊び歌 「ジャムゥ・ジョウォ」~「オジョ・ディプレロイ」メドレー
 ・ジャワの人形芝居 「トラとやんちゃなシカ・カンチル」(人形遣い=ローフィット、演奏=佐々木宏実)
  (16:10~16:20 休憩)
 ・ジャワ影絵芝居の前奏曲 「パタロン」
 ・ジャワの影絵芝居 「鬼王アリムボの涙」
 ・ジャワの村踊り 「ジャティラン 騎馬舞い~獅子舞い
 ・メンバー紹介
  (17:20頃終演)
西岡美緒さんと根津亜矢子さんが2人で踊った「ゴレ・アユンアユン」が素敵でした。桟敷が迫るあの狭いスペースで、そのことを一切感じさせない動き。たまに腰に巻いた布が桟敷のお客様にぶつかることがあったかもしれませんが、そういう方には近日中に必ずいいことがおきるはずです。ジャワの遊び歌メドレーで少しずつ会場が温まり、「カンチル」で笑い声が起こるところまでは前日と同じ。ただ、この時点で予定時間をはるかにオーバーしている。
影絵芝居ワヤン・クリ「鬼王アリムボの涙」は、どこかロミオとジュリエットのような悲恋をはらんだ内容になり、鬼娘アリムビがビモに惚れて結婚を望む理由、さらに鬼王が絶対にそれを認めたがらない背景がだいぶわかりやすくなっていました。事前説明がほとんど必要ないほどよくできた流れ。そのまま村の踊り「ジャティラン」でフィナーレ。
内容はよかったとは思いましたが、予定時間を20分オーバーしてたのは大問題。夜の部で同じことをしたら、退館予定時間までにとても撤収できません。お客様を送り出した後、どこをどう詰めるかを緊急に話し合い、最終公演の夜の部に。
写真はテルちゃん、「ゴレ・アユンアユン」を踊る2人、美女に変身した鬼の娘とビモ。

6月28日(金)「ムジカーザでガムラン2019 夜の部」19:00~
10日前時点であまりに予約が伸びず大赤字を覚悟していたら、間際になって問い合わせが相次ぎ、2日前にチケットは完売。立ち見のお客様まで出るという盛況の会。平日開催の場合、こうなる運命にあったのかもしれません。お忙しいなか、わざわざ足をお運びくださりありがとうございました。観客97人、うち小中学生と未就学児が合わせて20人。子ども連れの方のために用意した桟敷席がこの会にしてようやくフルに活躍。別のガムラングループからお借りした座布団、ムジカーザが用意してくれた高級座布団や小さな腰枕が大いに役立ちました。
プログラムは昼公演と同じ。
 ・開演前パフォーマンス 「ジャワの農村の夕暮れ風景」
  (19:00開演)
 ・開会の曲 「パンクル・ニャマ・マス」
 ・宮廷舞踊 「ゴレ・アユンアユン」(踊り手=西岡美緒、根津亜矢子)
 ・ガムラン音楽の始まりと進化
 ・ジャワの遊び歌 「ジャムゥ・ジョウォ」~「オジョ・ディプレロイ」メドレー
 ・ジャワの人形芝居 「トラとやんちゃなシカ・カンチル」(人形遣い=ローフィット、演奏=佐々木宏実)
  (20:00~20:05 休憩)
 ・ジャワ影絵芝居の前奏曲 「パタロン」
 ・ジャワの影絵芝居 「鬼王アリムボの涙」
 ・ジャワの村踊り 「ジャティラン 騎馬舞い~獅子舞い
 ・メンバー紹介、手締め
  (21:00頃終演)
宮廷舞踊が終わった時点で、大人はともかく、子どもたちが興味を持てているのかどうか心配な雰囲気でした。遊び歌メドレーも微妙な感じ。そこを見事に救ったのが「カンチル」でした。桟敷席の子どもたちの目が夢中です。解説を大幅にカットし、曲の出だしを短めにしたり工夫したおかげで、予定時間をほぼキープできていたので安心。
休憩中、おもしろ楽器として人気だった鳥笛の音がこだまするなかで、影絵芝居の蘊蓄を語るのは心が折れそうでした。聞こえなかった方も大勢いらしたでしょうが、細かいことはプログラムにも書いてあるので、それでご容赦ください。
時間通りに始めた「鬼王アリムボの涙」。踊りのスペースに座布団を出して、ワヤンの間だけでも立ち見の方に座ってもらおうと思っていたら、ここがすっかり子どもたちのスペースになっていたのには笑いました。でも、決して子ども向きの物語ではないのに、思っていた以上によく見ていてくれましたね。ダラン(人形師)のローフィットさんの動きが気になるのか、座っていた子どもたちが、少しずつローフィットさんに近づいていく。「スクリーンの後ろにも回れますよ。自由に動いていいですよ」とすると、動くこと自体が楽しみになってしまうものですが、これならば何も問題はない。
ワヤンが幕になったと同時に、この夜、新宿バスタ発21:45の夜行バスで帰る岩本象一さんがこっそり退場。打ち合わせ通りに西田有里さんがゴング(銅鑼)にまわり、フィナーレは村の踊りジャティラン。スミヤントさんの尻尾の振り方が激しい。
メンバー紹介の場で、最後まで残れなかった岩本象一さんの幻影を偲んで拍手。20:55、予定通りにこの会恒例の三本締めで幕。お母さん方が多かったので、洒落で「明日が洗濯日和になりますように」と願ってみたら、まあまあ叶いましたね。
撤収作業のために、ロビーでの見送り散会とさせていただきました。運のいいことに、たまに降っていた雨もきれいに上がり。撤収作業も予定通りに済んだことを報告しておきます。
写真は、2階から見た桟敷席、ダランの背後を狙う子どもたち、終演間際のムジカーザ、宿泊所での岩本さんと大阪メンバーたち。