帯広勤労者山岳会
Site Poricyは必ずお読みください。
 
 十勝は日高山脈、東大雪山に囲まれた恵まれた登山環境があります。そんな環境の中で、時には初心者を気遣いながら、時には技術を学びながら、時には高みを目指しながら、そしていつも山を楽しみながら、夏山ハイキング、山泊縦走、沢登り、登攀、冬山、山スキー、クライミング、アイスクライミングなど幅広い形態を会員それぞれ嗜好によって楽しんでいます。 

最新のお知らせ

  • 北根室ランチウエイ  昨年の話ですが… ロングトレイルというのを初体験してきました。ロングトレイルとは、山道やハイキング道、林道、古道などをつなぎ合わせた距離の長い自然歩道を宿泊しながら、土地の自然や文化、地域の人とのふれあいを楽しむ。というものらしいです。この北根室ランチウエイは、中標津から川湯の美留和駅まで牧場や、林道、摩周岳を通る全コースで72kmを2泊3日で歩くというものでした(中には細切れで歩いたりタクシーを使用する人もいる)。このトレイルで一番印象に残っている事は「レストラン牧舎」の佐伯さんとの出会いでした。普段の山登りとはひと味違ったよい体験でした。
    投稿: 、帯広労山
  • 2017.3.4-5冬山ビバーク訓練  毎年この時期の恒例行事、ビバーク訓練が狩勝峠付近で開催されました。冬山を楽しむための最低限の知識・技術・装備を身に着けるため、11名の仲間が集まった。狩勝峠東斜面を利用して雪洞づくりやイグルー、ツェルト使用のビバークの仕方等を訓練。その晩は、全員で雪洞の中で宴会・宿泊を行い、翌日は3名が追加参加し、狩勝山中腹で弱層テスト・ビーコン捜索・埋没経験・要救助者搬送等を訓練し、最後は深雪を楽しみながら滑走してきました。
    投稿: 2017/03/09 19:19、帯広労山
  • 2017.1.20雌阿寒岳日の出ツアー  極寒期の山から日の出を見ようと会員4人で雌阿寒岳に登ってきました。よく雌阿寒岳の冬の日の出を撮影に行く経験者に連れられて、登ってきました。大沢までトレースはあったもののそれ以降は雪をかき分けての歩きで3時間ちょっとで山頂につくことが出来ました。残念ながら噴煙で日の出は見られませんでしたが、噴煙の間から覗く朝陽がとても綺麗でした。
    投稿: 2017/02/09 3:46、帯広労山
  • 2017.1.7アイスクライミング体験会  初心者を対象にアイスクライミング体験会が層雲峡ブルーウルフ氷瀑で開催されました。釧路労山と帯広労山の合同開催で帯広からは2名の初体験者や2回目・3回目の初級者が多数参加。上級者の指導を仰ぎながら、クライミングの楽しさを堪能しました。
    投稿: 2017/02/09 3:30、帯広労山
  • 2016,12,3-4冬山訓練  12月3-4日十勝連峰安政火口付近で冬山訓練が行われました。3日は十勝岳温泉登山口(凌雲閣)から2班に分かれての出発。ビーコンチェックの仕方から始まりテント設営、スキー歩行、簡易ハーネスを使ってロープを繋いでの歩行、滑落停止訓練、スノーアンカーを作ってのビレー、埋没者捜索、弱層テスト、雪洞つくりなどを実践勉強をしてきました。翌日は上富良野岳の実践登山と北西凌のクライミングに分かれ、それぞれに楽しんできました。
    投稿: 2016/12/07 2:21、帯広労山
1 - 5 / 259 件の投稿を表示中 もっと見る »