プロフィール

加藤 久明(KATO, Hisaaki)

大学院においては、修士から博士にかけて組織研究に従事し、福祉系NPOにおける4年におよぶ参与観察、企業におけるビジネス経験を経て、2008年から立命館大学においてエネルギー政策の研究に携わる。バイオマスへの燃料転換シナリオを検討する際に、森林経営が立ち行かなくなるのでは?という疑問を持ち、林業地に飛び込み、立命館初の木材活用PJを立ち上げる。

2011年から総合地球環境学研究所において、水資源環境に関する大型PJ運用に従事し、プロジェクト終了までの約5年近くにわたりインドネシア、トルコを中心に海外の圃場や森林における調査研究・観測、実務契約から現地交渉までを取りまとめた。その他、中国やフィリピンなどを中心に多くの共同研究や産学連携に携わる。

2016年から志ある林業地と共に地域創生連携活動コンソーシアムを立ち上げ、同時に大阪大学産業科学研究所において、社会ニーズと大学の技術シーズの産学連携コーディネーター業務に従事。

【現職】

  • 大阪大学産業科学研究所 新産業創生研究部門 知的財産研究分野 特任助教(産学連携室担当)
  • 大阪大学データビリティフロンティア機構 企画室(産業科学研究所と兼任)
  • 一般社団法人 地域創生連携活動コンソーシアム 代表理事 兼 事務局長

【専門分野】

  • 水資源管理
  • 環境影響評価および環境政策
  • 環境社会学
  • 経営組織論
  • 図書館情報学および人文社会情報学

【経歴】

1980年大阪府枚方市生まれ。

1986年4月:大阪府枚方市立枚方第二小学校入学

1987年4月:神奈川県大和市立林間小学校へ転校

1992年3月:神奈川県大和市立林間小学校卒業

1992年4月:神奈川県大和市立鶴間中学校入学

1995年6月:埼玉県浦和市立白幡中学校へ転校

1995年3月:埼玉県浦和市立白幡中学校卒業

1995年4月:東京都私立錦城学園高等学校入学

1998年3月:東京都私立錦城学園高等学校卒業

1998年4月:駿河台大学文化情報学部知識情報学科入学

2002年3月:駿河台大学文化情報学部知識情報学科レコード・アーカイヴズコース卒業〔学士(文化情報学)〕

2002年4月:駿河台大学大学院文化情報学研究科文化情報学専攻修士課程入学

2002年4月:駿河台大学文化情報学部科目等履修生(2003年3月まで)

2004年3月:駿河台大学大学院文化情報学研究科文化情報学専攻修士課程修了〔修士(文化情報学)〕

2004年4月:千葉商科大学大学院政策研究科政策専攻博士課程入学

2004年4月:駿河台大学文化情報学研究所特別研究員(2013年03月まで)

2004年4月:株式会社関塾 川口芝下教室講師(担当科目:英語・国語・社会)および教室長(2006年2月まで)

2005年4月:千葉商科大学経済研究所客員研究員(2005年・2006年度実施プロジェクト「21世紀の地方都市再開発」客員研究員;2007年3月まで)

2006年9月:博士候補(Ph.D Candidate)資格取得

2007年4月:跡見学園女子大学 情報サービス課非常勤職員(2008年3月まで)

2007年11月:立命館サステイナビリティ学研究センター客員研究員(2009年5月まで)

2008年3月:千葉商科大学大学院政策研究科政策専攻博士課程修了〔博士(政策研究)〕

2008年11月:立命館グローバル・イノベーション研究機構研究員(2009年4月まで)

2009年6月:立命館グローバル・イノベーション研究機構ポスト・ドクトラル・フェロー[IR3S協力機関研究員;立命館サステイナビリティ学研究センター所属研究員](2010年3月まで)

2010年4月:立命館グローバル・イノベーション研究機構ポスト・ドクトラル・フェロー(「低炭素社会実現のための基盤技術開発と戦略的イノベーション」プロジェクト研究員)(2011年7月まで)

2010年4月:立命館大学政策科学部非常勤講師(担当科目:「サステイナビリティ学入門」)(2011年07月 まで)

2011年4月:立命館大学政策科学部非常勤講師(担当科目:「サステイナビリティ学入門」;「環境社会学」)(2015年09月 まで)

2011年8月:総合地球環境学研究所研究部プロジェクト研究推進支援員(2016年03月 まで)

2012年10月:日本経済大学リスクマネジメント研究所研究員(訪問) (2017年03月 まで)

2016年4月:大阪大学産業科学研究所 新産業創生研究部門 知的財産研究分野 特任助教(産学連携室担当)(現在に至る)

2016年4月~:一般社団法人 地域創生連携活動コンソーシアム 代表理事 兼 事務局長(現在に至る)

2018年4月~:大阪大学データビリティフロンティア機構 企画室 特任助教(兼任)(現在に至る)

【修士および博士論文題目など】

  • 【修士】「日本型ナレッジ・マネジメント理論の再検討:組織的知識創造理論研究の批判的考察」2003年度駿河台大学文化情報学研究科修士学位論文(主査:高山正也客員教授/副査:岸田和明教授/副査:大久保恒治助教授)
  • 【博士】「非営利組織活動の潜在的成果およびその評価法:参加個人の「学習と価値創造を促進する協調活動」を中心に」2007年度千葉商科大学大学院政策研究科博士学位論文(主査:熊岡洋一教授/副査:麻生 幸教授/副査:井関利明客員教授/副査:藤川吉美客員教授/副査:熊沢 孝客員教授)

【所属学会】

  • 水資源・環境学会
  • 東南アジア国際農学会
  • Japan Young Water Professionals (Japan-YWP)
  • 政策情報学会

【主たる業績の一覧】(2018年1月まで)

  • Hisaaki Kato, "Local Community Based Water Quality Evaluation System with Simple Method for evaluate Coliforms and Coliform Bacteria: a Real Case Study of Collaborate Activities for establishment Locally-owned Strategy in Angono, Rizal, Republic of the Philippines". Philippine Society of Medical Laboratory Scientists (PSMLS) 1st National Summit, 31 May, 2018, Midas Hotel, Pasai-city, Philippines [招待講演]
  • 加藤久明. “水資源の統合管理が持つ限界と新たな可能性”. 水資源・環境学会2017年度研究大会テーマ報告講演, 2017年06月03日, 立命館いばらきフューチャープラザ. [招待講演]
  • Seiji Maruyama and Hisaaki Kato. 2017,5 "Identification of Waters Incorporated in Laguna Lake, Republic of the Philippines, Based on Oxygen and Hydrogen Isotopic Ratios". Water, 9(5); 328, (DOI: 10.3390/w9050328). [査読有]
  • Hisaaki Kato, Ken'ichi Nakagami and Malcom Cooper. 2016 "Participatory Approaches to Environmental Management: Future Design for Water Resources Management". Ken’ichi Nakagami, Jumpei Kubota, Budi Indra Setiawan, (Eds.) Sustainable Water Management: New Perspectives, Design, and Practices, Springer Science+Business Media Singapore, pp.27-39. [著書]
  • I Wayan Budiasa and Hisaaki Kato. 2016 "A Participatory Approach to Enhance Multistakeholders’Participation in the Saba River Basin". Ken’ichi Nakagami, Jumpei Kubota, Budi Indra Setiawan, (Eds.) Sustainable Water Management: New Perspectives, Design, and Practices, Springer Science+Business Media Singapore, pp.67-80. [著書]
  • Takao Nakagiri, Hisaaki Kato, Seiji Maruyama and Satoko Hashimoto. 2016 "Hydrogeochemical Assessment of the Contribution of Caldera Lakes and Paddy Irrigation to River Water Stability". Ken’ichi Nakagami, Jumpei Kubota, Budi Indra Setiawan, (Eds.) Sustainable Water Management: New Perspectives, Design, and Practices, Springer Science+Business Media Singapore, pp.81-95. [著書]
  • I Wayan Budiasa, Hisaaki Kato and Ken'ichi Nakagami. 2016 "Reconsideration of the Meaning of Dam Construction for Water Resources Management:The Environmental Impact Assessment of the Titab Dam Project Toward Futurability of the Saba River Basin". Ken’ichi Nakagami, Jumpei Kubota, Budi Indra Setiawan, (Eds.) Sustainable Water Management: New Perspectives, Design, and Practices, Springer Science+Business Media Singapore, pp.97-107. [著書]
  • 加藤久明. 2016年3月. “地域社会と「よそ者」が共に考えながら創造する知と方法: インドネシア・サバ川流域委員会を設置するための共創活動を事例として”. 窪田順平編. 『水を分かつ』, 勉誠出版, pp.181-203. [著書]
  • 加藤久明, 仲上健一 2016年02月 統合的水資源管理の自己超克: 近代的統合を経た適応型管理に基づく地域の未来設計. 政策情報学会誌 9(1) :43-53. [査読有]
  • I Wayan Budiasa, Budi Indra Setiawan, Hisaaki Kato, Nobuyuki Sekino, Jumpei Kubota. 2015,12 “THE ROLE OF THE SUBAK SYSTEM AND TOURISM ON LAND USE CHANGES WITHIN THE SABA WATERSHED, NORTHERN BALI, INDONESIA”. Journal of ISSAAS 21(2) :31-47. [査読有]
  • 加藤久明, 丸山誠史, 矢尾田清幸, 仲間妙子. “地域当事者による水環境診断: フィリピン・リザール州・アンゴノ市における地域社会との協働から”. 政策情報学会第11回研究大会, 2015年11月21日, 関西学院大学. [学会発表]
  • Satyanto K. Saptomo, Yudi Chadirin, Budi I. Setiawan, I Wayan Budiasa, Hisaaki Kato, Junpei Kubota 2015,08 “QUANTIFYING WATER BALANCE OF SUBAK PADDY FIELD BASED ON CONTINUOUS FIELD MONITORING”. Jurnal Teknologi (Sciences & Engineering; Universiti Teknologi Malaysia) 76(15) :53-59. [査読有]
  • 矢尾田清幸, 加藤久明, Macrina T. Zafaralla, 嘉田良平 2015年04月 “魚群探知機を応用した簡易水深測定法の開発: フィリピン共和国ラグナ湖の水深図作成を事例として”. システム農学 31(2) :51-57. [査読有]
  • 加藤久明 2015年11月 III部「コンテクスト/関係論」, 「市民目線」, 「多元主義」. 中道寿一, 朽木量編 政策研究を越える新地平: 政策情報学の試み. 福村出版, 東京, pp.238-242, 243-245. [著書]
  • Budi I. Setiawan, Arief Imansyah, Chusnul Arif, Tsugihiro Watanabe, Masaru Mizoguchi and Hisaaki Kato 2014,09 “SRI PADDY GROWTH AND GHG EMISSIONS AT VARIOUS GROUNDWATER LEVELS. IRRIGATION AND DRAINAGE”. Irrigation and Drainage 63(5) (DOI: 10.1002/ird.1866) :612-620. [査読有]
  • Hisaaki Kato, Wang XinHui and NAKAGAMI Ken’ichi 2014,08 “Prospects for International Cooperation on Water Safety to Construct Water Conservation City-Based on Comparative Studies Between Fukuoka City and Zhengzhou City, Henan, China- Based on comparative studies between Fukuoka City and Zhengzhou City, Henan, China”. NAKAGAMI Ken'ichi, G. A. Choudhury, LI Jianhua and FUKUSHI Kensuke (ed.) Strategic Adaptation Towards Water Crisis. The University Press Limited, Dhaka, Bangladesh, pp.73-82. [著書]
  • 加藤久明 2014年01月 6.9 社会組織の読み解き方. 地球環境学マニュアル2:はかる・みせる・読み解く. 朝倉書店, 東京, pp.112-113. [著書]
  • Satyanto K. Saptomo, Budi I. Setiawan, Chusnul Arif, Sutoyo, Liyantono, I Wayan Budiasa, Hisaki Kato, Takao Nakagiri, and Junpei Kubota 2014,06 “A FIELD MONITORING STATION NETWORK FOR SUPPORTING THE DEVELOPMENT OF AN INTEGRATED WATER RESOURCES MANAGEMENT SYSTEM. Proceedings of the Asia-Pacific Advanced Network 37 :30-41. [査読有プロシーディング]
  • Chusnul Arif, Budi. I. Setiawan, Masaru Mizoguchi, Satyanto. K. Saptomo, Sutoyo, Liyantono, I Wayan Budiasa, Hisaaki Kato and Jumpei Kubota, Tetsu Ito 2014,06 Performance of Quasi Real-Time Paddy Field Monitoring Systems in Indonesia. Proceedings of the Asia-Pacific Advanced Network 37 :10-19. [査読有プロシーディング]
  • Budi I. Setiawan, Arief Irmansyah, Chusnul Arif, Tsugihiro Watanabe, Masaru Mizoguchi, Hisaaki Kato 2013,12 “Effects of groundwater level on CH4 and N2O emissions under SRI paddy management in Indonesia”. TAIWAN WATER CONSERVANCY 61(4) :135-146. [査読有]
  • Budi Setiawan, Arief Irmansyah, Chusnul Arif, Tsugihiro Watanabe, Masaru Mizoguchi and Hisaaki Kato. “CHARACTERISTICS OF CH4 AND N2O EMISSIONS UNDER VARIOUS GROUNDWATER LEVELS IN SRI PADDY FIELDS (No.401)”. First World Irrigation Forum, 2013,09,29-2013,10,03, Mardin, Turkey.Workshop 3. Management of Water, Crops and Soils under Climate Change Groups: Full Papers 8p. [査読有プロシーディング]
  • HASHIMOTO WATANABE Satoko, NAKAMURA Kimihito, HAMASAKI Hironori, IMAGAWA Chie, KATO Hisaaki, WATANABE Tsugihiro “The Characteristics of Water quality of Water System in Agricultural Area Reusing Drainage Water” (No.159). First World Irrigation Forum, 2013,09,29-2013,10,03, Mardin, Turkey.3.3 Irrigation and drainage for environmental sustainability: Full Papers 7p. [査読有プロシーディング]
  • 加藤久明, 濱崎宏則, 渡部慧子, 今川智絵, 中桐貴生. “生活起点発想に基づく統合的水資源管理の再構築: インドネシア・バリ島ならびにスラウェシ島における当事者起点のフィールド研究”. 政策情報学会第8回研究大会, 2012年12月01日, 千葉県市川市, 千葉商科大学. [学会発表]
  • 加藤久明, 今川智絵, 濱崎宏則, 渡部慧子. “地域レベルの水資源管理と全球水循環モデルが持つ知見の融合が持つ政策的意義:バリ島北部を中心に”. 第20回日本雨水資源化システム学会大会, 2012年11月03日, 沖縄県座間味村離島振興総合センター. [学会発表]
  • 加藤久明, 濱崎宏則, 渡邉紹裕, 仲上健一. “統合的水資源管理のための「水土の知」:再検討に必要な方法論デザインの試み”. 第12回 環境技術学会年次大会, 2012年09月03日, 立命館大学びわこ・くさつキャンパス. [学会発表]

【受賞一覧】

  • 加藤久明. 水資源・環境学会 学会奨励賞. 2018年6月2日