とりとめのない趣味の小話6

とりとめのない趣味の小話5

<<追記20161121

今日は肉屋ゴトウとマックスバリューで買い物して帰った。

そんなこんなで話に花が咲いたように思う。

どっちが頼まれているか頼んでいるのか良くわからない。

どうしてそんなにエライ女やエライ男になんのかわからない。

それをはっきりしてから日本語にすべきである。

叫んでも怒っても何にも解決しない。

立場がわかっていない。ほとんど私には何の関係も無い。

なのに叫んでいるだけとか怒っているだけである。

私に何の関係があるのか立場がはっきりしていない。

それを私がどうしろというのか知らんがお願いするならご丁寧に説明すべきである。

その立場を全部ないがしろにして

私に何の関係があるのか理解不能である。

関係無いねえぐらいしかない。

やっぱ礼儀作法から入るしかないかもしれない。

なんかつくづくそう感じる。

どうしてそんなエラクなるのか御門違いである。

そういう意識が欠けている。

そんなん当たり前だと思っているのは常識が無さすぎる。

それにしても扱いが悪すぎる。

私に関係無い以上丁寧に扱いを受けたい。

男と女の運命なんて私は知らん。

私は私だけで十分である。なのに何でこんなに扱いが悪いのか理解不能である。

その神経が私にはわからない。

ひどい人はどこまでもひどいねえで私はどうしろというのか説明をしてもらいたい。

それが礼儀も含めて理解不能である。

<<追記20161121end

<<追記20161122

もうちょっと一般ピープルとして生きれないものかなと思う。

そこまでなりさがらないから

問題が起こる。

十分全員一般ピープルで生きていける。

良い右翼悪い右翼なら

良い左翼悪い左翼である。

全員えらくなくても社会は成立する。

なのに誰かがえらくなろうとする。

本当に迷惑である。

そして私も間違いなく一般ピープルである。

少し伝道師みたいなところはある。

それは他人が選べばいい話である。

私はそれについて考えることはない。

私の気の向くまま伝道師をやるまでである。

それはそれで私の権利である。

それについて他人にとやかく言われる筋合いにない。

私の事は私のやりたいようにやる。

それは一般ピープルとして自由である。

もうそれでいいじゃん。

みんな一般ピープルだねで平和的な解決である。

問題は何もない。

えらくなろうとする奴が問題であるでいい。

それが社会悪であるでいい。

勉強するのはえらくなるためではありません。

今の世の中の挑戦である。

はい一件落着

いいお裁きでした。

<<追記20161122end

<<追記20161123

今日は静岡駅でJRさわやかウォーキングに参加した。

帰り新幹線で帰った。

水神さんに寄って墓参りして帰った。

困ったちゃんをどうにかしろと言われてもどうしようもない。

私が考える立場に無い。

自分でどうにかしてくださいぐらいしかない。

それが私の一般ピープル論である。

そう考える事で厄介な問題を回避している。

厄介な人が考えればいいと思っている。

私はそういう苦い経験した結果である。

行き着くところまで行っている。

だから困ったちゃんは困っちゃったちゃんで考えればいいと思っている。

何にも私が考える事でない。

困りたければ困ればいいと思っている。

私はひたすらやるべき事をやっている。

どうしたらいいかも知っている。

それをどうとるかは他人の問題にまでやる事やっている。

それで私の役目は終了である。

あとは全部他人の問題である。

私は勝手気ままに生きれる。

そこまでやり尽くしたと思う。

それを他人がどうとろうと私の結果は消えない。

全部他人の問題である。他人が不幸をとるか幸福をとるかぐらいしかない。

そんなの他人の自由である。

<<追記20161123end

<<追記20161124

今日は雨降って寒かった。コート着て出勤した。

段々年末モードだなあと思った。

今年は振り返ると読書モードだった。

短歌も俳句もそれなりに新境地に達したような気がする。

来年は節約モードかなあと思ったりする。

本の代金ぐらいは節約出来る気がする。

正直な話

話の合わない人が私を困らせているしか思えない。

低脳過ぎる。

それをどうやって補正したらいいのか私にもわからない。

話が通じないってだけである。

どうしてそれで民主主義が成立しているのか自由が成立しているのかわからない。

結局話のわかる奴しか民主主義と自由は成立しないんだねぐらいしかない。

どこまでもどうしようもない話にしか聞こえない。

人生あきらめた方がよっぽど幸せな気がする。

なのにあきらめられず私の話もわからない。

明らかに無駄である。

それを私がどうしろというのか理解不能である。

あるのはお金とか権力ぐらいである。

そんなものだけで幸せになるのかと思う。

全く知能が抜け落ちている。

人の言うことも理解せずそれだけで幸せになるとも思えない。

どのみち歩もうとも結果は見えている。

私としては人生あきらめた方が幸せのように思う。

何で私がこんな事言うかと言うと迷惑だからである。

私はストレスを感じるからである。

だって私の話なんて聞いてないのに

私にどうにかして欲しいなんて私だって不可能である。

それもわかってもらえない。

私の民主主義と自由の危機である。

せいぜいわかってもらえる人ぐらいじゃあないと私の民主主義と自由は成立しない。

それが女も男もわかっていない。

どうしようもない人が頑張って迷惑を受けてるぐらいしか思えない。

それに私は正当防衛も出来ない。

本当に犯罪大国日本である。

どこに基本的人権と民主主義と自由があるのか説明して欲しい。

ありえない人がありえない事言っているのに

何でそれを私の中で繰り返すのか

罪悪感無いのが信じられない。

私は日本の奴隷である。

本当に最悪な気分である。こんなことを許している世間が信じられない。

多分それだけでも私のアドバンテージである。

逆に日本人は不幸になって当然である。

それが私の常識と道徳である。

<<追記20161124end

<<追記20161126

今日は西富士宮駅からJRさわやかウォーキングだった。

ゴールは富士宮駅だった。

掲示板頼りに

昨日は英語とドイツ語をやった。

今日はドイツ語だった。

明日はフランス語やろうと思う。

家で今日Macにフランス語辞書をインストールした。

バージョンが合わず苦労した。

結局ユーザー登録してダウンロードしてインストールした。

人間固定観念で固まっている人に何を言っても通じない。

自分が思っている事と違うなんていっぱいあるはずなのに

それが無いんだから完璧に近づくなんて不可能である。

それも40代になってそれに気づいた所で完璧になんて程遠いだろうと想像する。

それを私がどうしろというのか理解不能である。

期待に裏切られようと真実とは違う方向に行く人に

私はどうしろというのか理解不能である。

さようならぐらいしかない。

結局低能なんだと思う。

可能性のある方向に行かず自分の思っていることの方が優先なんだろうと思う。

そんなんいくらやっても不正解である。

それを私はどうしろというのか理解不能である。

ほっといて私はやる事やっている方がマシである。

そうやって時間が過ぎている。

ほとんど時間の無駄である。

可能性のある方に100%である。それが私の気持ちである。

<<追記20161126end

<<追記20161127

午前中フランス語を少しやって

昼間一時間歩いて昼食後家に帰った。

帰宅後ビデオを消化した。

おかげで今朝は良く寝れた。

私がアンチ巨人なのは

巨人が人材をムダに使っているように思うからである。

つまり非効率のように思う。

それと子供の時阪急ファンだったのもあるかもしれない。

なので人材をうまく使う話は好きな方である。

そういうチームを応援したくなる。

ただ全般的にスポーツ見る気分が無い。

見たから何か得になるわけでもないし

本人が頑張ったというだけにしか見えない。

私なりにカッコいいとは別のように感じているのもあるかもしれない。

それが子供の時より変わった気がする。

あんまり応援してもしなくても頑張れなくてどうするという気もしている。

そういう動機を自分で背負うことこそカッコいい気がする。

なのでスポーツやるからカッコいいとも思えなくなっている。

だけど人材をうまく使う話は特別好きである。

ムダのない効率的な運営が私の未来像のように思う。

それが私をアンチ巨人にしている。

それが巨人を見ていると非効率でムダで人材の墓場のように感じる。

どこに夢があんのか理解に苦しむ。

それが私の巨人像である。

スターとか強いとか以前に私にはありえない気がしている。

私的には毎日スターや強さの意味がかわるようなチームの方が楽しい。

日本はそういう国になるべきである。

巨人のようになってはいけない。

それが私のアンチ巨人の理由である。

だけどそんな風に考える日本人がいないみたいである。

それが日本を悲しくさせていると思う。

結局マスコミのやる事は巨人と同じというのが悲しい現実である。

そういうマスコミにあきれている。

もうちょっと考えてマスコミやった方がいい。

もっと役に立つ事をそれぞれが考えるぐらいの気力もなく無責任である。

それが私の巨人感とマスコミ感である。

<<追記20161127end

<<追記20161128

今日は夕食の買い物した。

沼津の静鉄ストアで買った。

NTTの沼津勤務に魅力を感じたけど

残業と営業次第というインセンティブについて意見をもらった。

東芝テックの子会社にはあんまり給料面が良くなかったので

なんか今回は魅力的に感じた。

そんなに世の中甘くないかという感じである。

東京や神奈川は遠いかなあと新幹線の定期代を見ていると感じる。

結局下宿しかない。

土日三島に帰って私は幸せかというと疑問である。

三島東京間の定期代と勤務時間がネックである。

それでも仕事内容考えると魅力的ではある。

読書も読みたい本はストックされているが

あんまりあとはどうでもいい気もする。

気分転換ぐらいにしかならない気もする。

それぐらいの効果があれば結果オーライである。

今年で後厄も終わり

来年は転機かもしれない。

あんまり無茶をしないようにしたい。

ストレッチで厄年を乗り切った気がする。

色々かたい所に気がついた。それだけで健康になった気がする。

仕事ばかりしてたら気がつかなかったかもしれない。

あんまり急がないように

急がば回れでやりたい。

<<追記20161128end

<<追記20161129

今日は帰りインフルエンザの予防接種を受けた。

年末もさしせまり

家の中であんまりやりたい事もない。

強いて言うならゆっくりしたい。

家の中の時間を増やしたい気もする。

だけど無理だろうと思う。

一心不乱に絵を描いたり字を書いたりしてみたい気もする。

そういう挑戦をしてみたい気が起こる。

だけどそう言う要求が無いのが人生である。

やれる事はいっぱいあるけど何につながるのか皆目見当がつかない。

そうやって月日が経つ。

もうそろそろ社会の底辺で気づいてくれよという気持ちである。

あんまりにも社会と接点が無い。

人生そんなものだろうか?

みんな真実を見失ったままでいいのか理解不能である。

真実は正確に把握すべきである。

なのに現実はそうなっていない。

悲しい現実である。

<<追記20161129end

<<追記20161130

今日はドコモに寄ってきた。

月額8000円かかるみたいでちょっとげんなりしている。

勢いガラケーにしたい気分である。

ネックは電源のもちとHome Pageのインターネットぐらいである。

今日の仕事は後半ペースが落ちた。

何かうまくいかなくて指が疲れた。

明日はどうなるか少し心配である。

明日疲れが残っていないか心配である。

医者がストレス発散するなら

私もストレス発散したい。そんな気分である。

何で私だけでストレスをためなああかんのか理解不能である。

どこもどいつも難しい事やって結果が残らないのが普通なのに

何で私だけが結果を残さなああかんのか理解不能である。

どいつもこいつもエラクなんか無い。

私には十分資格がある。

そう私は認識しているのだが何か間違っているだろうか?

そうやってやりたい放題なんて間違っている。

ちゃんとモトをとらんと生きていけない。

そして元来モトをとれない奴が文句を言っているだけである。

そんなの私の権力では無理である。

私は私でやる事やっている。私は私のモトを取るだけである。

そのモトが私にはあるはずである。

なので関係の無い人が文句言っているだけである。

<<追記20161130end

<<追記20161201

今日は帰宅して外国語を入力した。

帰宅中に短歌を作った。

今週はやることやった気がする。

物理に関しては

私ができる事を全てやった気がする。

実験も知らずましてや実験値も知らず

物理の外観を構想した。

あとは実験も必要である。

誰も出来無いから私が出来たと思っている。

何で私がやれたのかそれは神しかわからない。

神が私を導いてくれた。ただそれだけである。

なんせ私だけが出来たからである。

何で私なのか私にもわからない。

それぐらい世界中見ても私一人である。

歴史も同じである。

日本人ただ一人である。

それぐらいスペシャルな私に文句言っている奴がいる。

何様のつもりなのか私にもわからない。

ただただ関係無いだけである。

昨日はネット検索で

ガラケーでインターネット出来ればAmazonの買い物出来る事を知った。

なんかスマートフォン必要なのか疑問に思えた。

しばらく時間が必要な模様である。

明日は金曜日である。

ボチボチやりたい。

<<追記20161201end

<<追記20161202

短歌も俳句も松尾芭蕉かはたまた西行かみたいな所はある。

侘び寂びまである。

結局の所短歌と俳句とってもザ日本文化である。

それで基礎学力までしるしてしまった。

こんな巨匠いないなと自分でも思う。

それでも私に文句言う奴がいる。

ただただ私には無関係である。

私はひたすら自分の事やっているだけである。

何の問題も無い。それなのに文句言ってくる。

迷惑千万である。

これを犯罪と言わず何が犯罪なのか理解不能である。

私は何にも悪く無い。

他人の迷惑が悪いだけである。

<<追記20161202end

<<追記20161203

今日は修善寺駅からJRさわやかウォーキングに参加した。

何度目かの忘れ去られた冬紅葉だった。

歩き疲れていい気分である。

最後はプログラムである。

大学の頃はC言語とかFortranとかを履修した。

大学院の頃はサンマイクロシステムのソラリスを使ってC shellを使っていた。

emacsを当時使っていた。でもシステムエンジニアとしてはvi使った方がいいと思った。

viの方が間違いが少なくなる気がした。htmlは学生の頃には知識化している。

大学院修了後はオブジェクト指向のC++とかJavaとか格闘した。

PerlやRubyもかじった。

大体オブジェクト指向なら何でも出来る気にはなっている。

基本情報技術者試験とソフト開発技術者試験には合格した。

東芝テック子会社に6年在籍中にテスト技術者試験FoundationLevelに合格した。

その後

みちしる沼津に三年目になって今に至る。

最近は家に帰ってLISPとかCOBOLとか少し読んだ。

Perlのcgiも少し読んだ。

デバッグ技術無くして信頼のあるプログラムは無いというのが私の実感である。

したがってWEBプログラミングが主流にならないのは

そういった現状があると思う。

なのでプログラム的には

シェルスクリプトとかバッチファイルとかよりも

C言語とかC++言語とかJava言語なんだと思う。

大規模とかお金の計算とか機械の精密さとか要求すると

デバッグの環境も視野に入れないといけない。

こういう仕事ははっきり言ってめんどくさい。

実際何でもやらせるよなあと思う。

それぐらいやる人が限られてくる。

そんなんで仕事になるのかよと文句言いたい。

誰でも仕事が出来るように工夫するのが社会じゃあないかと思う。

だけど現実は出来る人が少ない。

そんな現実に絶望する。そんなんで世の中まわるのか私には理解不能である。

そうやって人材を有効活用しない世の中はまさに巨人と同じである。

私はアンチ巨人なのでそんなんありえないようにしか思えない。

それが私の文句たらたらの状態なのである。

多くの人が仕事が成立するように人材を有効活用すべきである。

なのにそれが実現していない。

それが私が悲観する現実なのである。

<<追記20161203end

<<追記20161203part2

大槻教授のブログから意見を言う。

結局年金受給者の方が勝者なのである。

現実に働いている人の方が給料が少ない。

あんまり年収300万円も稼げない現役の人が多すぎるのである。

特に私みたいな時給生活なんて

年金暮らしの方が幸せなのである。

そんな世代間の不公平が世の中にあるってだけである。

現役の人が稼げない現状をどうにかしないと

社会はつぶれる。

そういう危機意識も無いまま発言してもなんの効力もない。

今のホワイトカラーは何をやっているのか私は文句たらたらである。

ちゃんと仕事していたら今の現状は打破できるはずである。

それが出来ないから

年金受給者が勝者になっている。

それは悲しい末路である。

結局どこもどいつも自分の事しか考えていない。

それが如実に大槻教授にしろ何にしろあらわれている。

結局誰も真剣に仕事していないってだけである。

ただのマネーゲームである。

それは日本人全体の問題である。

これだけみても他人はあてにならない。

誰もあてにできないのに

私をあてにしようとする。

それも悲しい末路である。

もうちょっと自分をあてにしてもらえるぐらい努力した方がいいと思う。

それが日本人に足らない所である。

そういう認識にたってどうしたらインフレになるのか考えた方がいい。

もう年収が少ない多いじゃあなくて

どういう努力をしたらいいか考えた方がいい。

つまり努力しようとする人を増やした方がいい。

それがインフレのコツである。

<<追記20161203part2end

<<追記20161204

今日は昼間一時間歩いて

水神さんと墓参りした。

S-POTに寄って買物した。

比較的成熟した社会な場合

余計な事は考えず考えるべき事だけを考えれば

ピュアな精神状態まで持っていける。

それが出来ないのは

社会が悪い。

そういう時は勇気がいる。

一人だけ頑張ってもこころもとない。

それでも、これだけは言える。話をひたすらする事である。

私はそうやってのりこえてきた。

私が出来る事は話をする事なのである。

私が知っている事わかった事すべてを話する事である。

そしたら話して良かったか悪かったかわかる。

わかったら考える。

そういう私がいる今の世はとても成熟しているとは言えない。

結構勇気がいる世の中だと思う。

それは果敢に話をするしかないように思う。

結局話の出来ない人が困る世の中なんだと思う。

そうやって困った叫び声とか文句とかが私のストレスである。

話になっていないのが問題なのである。

意味不明で全然勇気を持てない。

どうやって勇気を持てというのか理解不能である。

結局私に出来る事は真剣に話をする事だけである。

本当にそれだけである。

逆にそれだけ考えているとも言えなくはない。

ボチボチやりたい。

それと思いついただけなら何の効果も無い。

それは当たり前である。

効果が無いからである。

しかし効果があれば思いついたで終わらない。

それが人間の人生である。

<<追記20161204end

<<追記20161205

今日はカキフライと惣菜買って帰った。

新しい仕事が入った。

疲れたと言えば疲れた。

自分自身の許容量が超える事はあっても

他人に対して許容量が超える事があんのか私には全然理解出来ない。

私にとってあるとすればそれぐらいしか思いつかない。

そんな事あったら私は生きていけない。

組織には全然かなわない。

それに腹立ててたら何も許せない。

なのに私に組織で対抗しようとする。

今のところあんまり効力ないから平気だけど

複雑になればなるほど太刀打ちできない。

そうやって一人で作れるUnityみたいな2Dとか3Dとか

ゲームプログラミングソフトが出てくる世の中である。

物理も波に乗って一人でやったけど

波にのまれて普通である。

ここまで来て一人でブレイクスルーする自信は結構ある。

それでも組織あってこその私である。

それなのにそれが許せなくて生きていけない。

社会生活出来無いまでに許せなくなっているしか思えない。

それで何で私のせいなのか理解不能である。

神様のせいしか思えない。

そういう現実を作った神様のせいである。

それを私がどうしろというのか理解不能である。

そういう社会を認めなくて社会で生きていけない。

それが私の社会としての他者論である。

<<追記20161205end

<<追記20161206

今日は帰り銀行に寄った。

師走になって粛々と年末モードである。

年賀状も面倒であるけどこんな時だから計画立ててやりたい。

今年も良くやった気がする。

新年もそういう風にしたい。

勢いはなるようになれぐらいである。

そうなるようにやっているつもりである。

冒険と言えば冒険のように勇気はいる。

でも楽しくないと続かない。最終的に楽しんでいるか楽しんでないかが基準である。

それが他人によって

あいつは楽しんでいるから何やってもいいんだみたいな扱いを受けるのは

私にとってありえない。

一緒に楽しんでいる方があり得る。

私はそういう人間である。

楽しんでいればいいのである。それが他人のせいでつまらないおもいをするのは

他人が間違っている。

いろんな意見は聞くが

あんまり私は他人に正義を突きつけるような人間では無い。

どっちかいうと自己努力をうながす方である。

それが正義か不正義であろうとチャレンジする事である。

そこに人間的な営みがある気がする。

なのに他人はそれが理解出来ず私を不正義だと断定するのは

如何なものかと思う。

そういうレッテルのまま今日に至っている。

そしてそんな奴が天才なわけないときた。

やっぱりそんな生き方が間違っている。

誰が天才であろうと生きていく自分が必要である。

誰が正義であろうと生きていく自分が必要である。

何で事実をねじ曲げても受け入れられないのは間違っている。

何が起きても自分が生きていく自覚が足らない。

そうやって自分の考えた事がだけしか受け付けないのは間違っている。

他人の考えた事も世界の一部である。

それなのに自分だけが正しいなんてありえない。

そんな根性の無い生き方は間違っている。

何が起こっても生きていくそれが本当の根性である。

そういうひよわな生き方やめるべきである。

<<追記20161206end

<<追記20161207

今日は帰り肉屋に寄った。

帰宅中は短歌を作った。

帰宅後俳句を作った。

不正解には無限のパターンがあっても

正解には数パターンぐらいが自然法則である。

数パターンでも多いくらいである。

それを自分は私のようにはいかないというなら、

無限のパターンのうち、うまくいく数パターンになる根拠は無い。

それを私はどうしろと言うのかわからない。

結局タコの道戦略でしかない。

自分がタコの道選んでいると言う認識があるなら

タコでしかない。そしたら私なんかが何の関係があるのか理解不能である。

他人の自由である。私を巻き込んで私が悩む問題では無い。

正解は限り無く少ないのに自分は無理だと言っているだから

それなりに覚悟しているとしか思えない。

それが私に何の問題があるのか私には理解不能である。

結局自分がタコだと認めているにしか思えない。

それで私に何の関係があって

毎日ストレスを感じる必要があるのか理解不能である。

タコだと自分を認識している。それで終了である。

私とは会話が成立しない。ただそれだけである。

私は毎日どうしようも無い話を聞いて

どうしたらいいのか私にもわからない。

もう十分にラクになりたい。

会話の成立しない話は我慢ならん。

そんな暇あったら他の事考えたいのにストレスばっかり。

もうどうしようもない人はどうしようもないねえでいい。

そう言う迷惑な話ばかりである。

自分をタコだと言うからあんたはタコなんだで何が問題なのか私にも理解出来ない。

どうしようもない。

それを毎日聞いてバカみたいである。

なんかもうちょっと面白いだろとか楽しいだろぐらいないのかと思う。

ボチボチ私もやりたい。

<<追記20161207

<<追記20161208

今日はアトレの発券機に寄って帰った。

それなりに疲れて帰宅して

いい気分ではある。

明日の納期には間に合いそうである。

大学入って卒業して大学院に入って修了したのは

私が理数系だったから

幻聴のためキオクが苦手でも何とかなったのである。

それが大体文系の問題に少し対応出来るのは

高校受験の感覚があったからだと思う。

大学受験とは違うとは言え試験問題慣れしている。

どういうものかちょっとだけ慣れているためだと思う。

振り返ってみて試験で運命が変わるとも思えないのが私の第一感である。

人生なんのお役にもならないのが普通なんだから

試験ごとき何だと思う。

ただあるのは有言実行ぐらいしかない。

つまり逆に有言実行出来るのかと問われているのを認識していない人が

私に文句を言っているのである。

何でそんな人に文句を言われなああかんのか理解不能である。

言いたいだけ言って私を困らせているだけである。

それで何の効果も無い。

本当に試験しなくて済むなら有言実行をこころがけるべきである。

それが私の本音である。

有言実行もなく文句を言っているってだけである。

そんなん誰も受け付けない。

ひたすらに私は実行してきた。

それなのに実行もしない人から文句言われて腹が立たないのがおかしい。

悲しいけど

有言実行出来ないなら試験あるのみである。

それが私のサバサバした気持ちである。

私に文句言っている人は0点である。

それが私の気持ちである。

悲しいけど気持ちの共有とは実行の数で決まる気がする。

それだけが私と他人との違いであると思っている。

あとは全部同じである。

まあエライ違いとも言える。

<<追記20161208end

<<追記20161209

今日は夕食に焼き鳥買って帰った。

話の途中で長岡京市でマズイ餃子を食べたのを思い出した。

こちらの身も色々ふりまわされて生きてきた。

何にも悪い所無いのに全部他人のせいである。

私はひたすら自己努力してきたと主張している。

それでも私に悪いイメージを持つ人がいる。

あまりに変な奴が多すぎなのである。

それであんまり大阪にいいイメージが無い。

全員が有言実行型では無い変な奴から無責任な発言が目立つ。

それが全ての私の悪いイメージの元なのである。

私は極めて明るくはじけたパンチのある健康的で知的な精神的にやさしい女性が好きなので

まっすぐで楽しくて期待に応えて愛が生まれる夢を持ちたがる癖がある。

それなのに変な話がいっぱいある。

まさに都会病である。

どうしたらひねくれた性格をまっすぐ出来るのか処置のほどこしようも無い。

結局ほとんど他人の性格の問題である。

それを私がどうしろというのか理解不能である。

結局私自身も自己努力しかやりようが無い。

そうやって自己努力だけはしてきた。

それを批判する他人に私は戸惑うばかりである。

他人は自己努力しないのに何で私だけが自己努力するのかという問題もある。

ほどんど他人が私に文句言った所で自分の事は自分で出来ない人が文句言っているわけで

私にはどうしようもない。

それで私が成功してもそれが許せないなんて

なんか話が支離滅裂である。

私の意見なんて聞く耳も無いのにほとんど悪魔である。

お荷物としか思えない。

自己努力もしない意見も聞かない他人の成功も許せない。

ダメダメダメのオンパレードである。

<<追記20161209end

<<追記20161210

今日は午前中外国語を入力し

昼間一時間歩いて

帰宅後は片づけ掃除を少しした。

その後俳句と短歌を作った。

ここの所気になるのは年賀状ぐらいである。

今年も色々あったがおおむね良くやったと思う。

あえて言うなら絵を描く機会が少なかったように思う。

それもしょうがない気もする。

なぜなら書く事がいっぱいあったからである。

またいつか描く気になるまで待とうと思う。

今年は特に書く事減らしたら書く事が増えた気がする。

人生そんなものみたいである。

私的にはのどから出てくる書く事を増やす事が大切のように思う。

それは書きたくて仕方ない事を忠実に書く事である。

それが学生時代からそういう作文スタイルだったのが私に一因している。

それが絵を描く事も同じにならんかなあと思ったりしている。

描きたくて仕方ないようにならんかなあと思う。

あんまり私みたいな奴いないよなと正直思う。

それが私を批判から遠ざかっていると思う。

結局変人がより変人になっている。

それがますます現実味をおびている。

それが私の一年だったように思う。

まああしたもボチボチやりたい。

<<追記20161210end

<<追記20161211

今日は上大井駅からJRさわやかウォーキングだった。

ゴールは松田駅だった。

買物も出来て登りは疲れたが気分は良かった。

家に帰って俳句と短歌を作った。

その後写真をPCに取り込んだ。

久しぶりにキンドルで見て見ようかと思って写真をアップした。

これからビデオでも消化しようと思っている。

気分はどこか年末モードではある。

まあやる事やって新年に備えたい。

まずは片付け掃除年賀状かなと思う。

新年があらたまって私もあらたまるように日々を送りたい。

それが幻聴でいつもと同じになってしまう。

いつまで続けるつもりなのか私にもわからない。

間接的に男も原因しているように感じる。

それが私の悩みである。

他人に迷惑を与えるぐらいなら理想や理論なんて持たない方がいい。

他人に迷惑を与えない人が理想や理論を考えればいい。

それが私の実感である。

いつまでこんな状態を続けて物事が解決するのか理解不能である。

迷惑としか思えない。

それなのに毎日幻聴が聞こえて毎日同じ状態になる。

男も女もあきらめた方が私にとって都合がいい。

それが私の本音である。

なのに他人に迷惑与えてあきらめられない。

本当に悪魔である。

<<追記20161211end

<<追記20161212

今日は静鉄ストアで夕食の買い物して帰った。

帰宅する頃は暗くなってきた。

段々年末モードである。

理想とか理論とか美しくなればなるほど

時間の無駄とか人生の無駄とかの戦いである。

特にデータが無い場合何を根拠とするか難しい問題である。

自分が経験したからとか自分が出来るようになったからとかもどっちかと言うとデータである。

私の永久機関もある意味データだった。

それが私の発想の元である。

それなりにデータを自分で生み出さなければ

理想やら理論の無駄になりかねない。

そういうおそれも必要である。

それを物理屋さんはあいつは物理を知らないとか形容したり

標準理論みたいに各分野の科学性を認識していた。

科学的かそれぞれが考えていた気がする。

私がこれまでやってこれたのは私の科学観がそうさせたように思う。

そして大学受験の失敗が

あらゆる角度でおぎなった結末である。

高校受験や大学院受験も関係していると思う。

こんなにやった人間そんなにいない。

そう思っちゃう私がいる。

多分間違っていないと思う。結局何が違うのかというと責任感が違う気がする。

私がやった全てを背負ってきた結果である。

結果が残らないのは

反対にほとんどはみんな逃げてきた結果である。

逃げたか立ち向かったかしかない。

それだけ私は立ち向かって悩んだのである。

まさに火事場の底力である。

なのに何で逃げてきた人に批判される理由があるのか理解不能である。

まあボチボチやりたい。

<<追記20161212end

<<追記20161213

今日は肉屋に寄って天神屋に寄って帰った。

帰り際雨降ってた。

読書と短歌を電車の中でして帰宅した。

陽明学の「知行合一」を高校生ぐらいに本を読んだ気がする。

現代で言ったら基礎科学と応用科学みたいな感じである。

合わせて理工学部みたいな感じである。

プログラミングも数学的な解法が昔から発案されてて

人間がやれない計算をコンピュータが昔の数学的解法使って計算してしまう。

そういう意味ではプログラミングも数学的である。

それは基礎科学でも応用科学でも有用である。

私が言いたいのは知行合一というのは実行しているからこそ理解出来ているという事である。

理解してないからこそ実行していないという事である。

パソコンが計算しているとは言えパソコンを実行しているかこそパソコンがわかるのである。

それは外国語やら短歌やら俳句やらプログラムやら物理やらも同じである。

それを何で私が批判される対象になるのか理解出来ない。

私の方がたくさん実行しているからぐらいしかない。

それを何で批判される必要があるのか理解不能である。

同じように実行すればいいだけである。

実行が足らないだけである。

それを私がどうしろというのか理解不能である。

同じように実行するかしないかぐらいしかない。

実行もしないでエラそうなのは間違っている。

ただ物事を理解していないだけである。

もうこの辺でこの話は止めようと思う。

ただ現実にあるのは私はたくさん実行してきただけというのが事の真相である。

それだけ理解もしている所があるっていうだけである。

ただ理解していない人が私にストレスを与えているだけである。

もう私に出来る事はこの経験を伝えるだけである。

ボチボチやりたい。

<<追記20161213end

<<追記20161214

今日は伊豆屋に寄ったが

昼間と夕食時しかやっていないらしかった。

天ぷらも天丼だけと言っていた。

仕事も一通り覚えたようである。

でもはんだ付けの仕事だけはまだやっていない。

まだスマホどうしようか迷っている。

そんなこんなで年を越しそうである。

何でこんな意味不明な叫び声で日本語が理解できるのか理解不能である。

そうやって何年も過ぎている。

ほとんど時間の無駄である。

私自身あんまり期待していない。

どうせこんな女のために頑張ったんだと思うと思っている。

そういう女の話にしか聞こえない。

だからサバサバしている。

毎日ストレスにしか感じない。

お荷物女のお荷物話にしか聞こえない。

どうしたらそれが要領を得た話なのか理解不能である。

だから私としてはお先真っ暗である。

何にも私なんか関係無いからである。

それで私が幸せになる根拠無い。

そんな女のために生きているんだと思うだけである。

自分が思うように生きた方がラクである。

くだらない女のために何で私が関係あんのか理解不能である。

何にも関係無いねえでいい。

一体それのどこに私が関係する話なのか点検して欲しい。

全く関係が無い。

私が好きなようにやってる方のがラクである。

どうしてそれで日本語が通じるのか点検して欲しい。

何も意味通じない。

それのどこがアホでバカでパーなのか点検して欲しい。

どうでもいいのオンパレードである。

どうでもいいを点検して欲しい。

一体それをいつまで続けるつもりなのか点検して欲しい。

いっぱい問題持ってて何で私が解決しなああかんのか点検して欲しい。

関係無いねえでいい。

どうしようもない奴がどうしようもないだけである。

それで私に何の関係があるのか理解不能である。

それでいつまでそんな状態を続けるつもりなのかわからない。

あと何年やるつもりなの?

あんまり期待していない。それが私の本音である。

<<追記20161214end

<<追記20161215

今日も話をして帰宅した。

なるべくラクになるようにしたいが世の中次第である。

話の中でこんな弱者を困らせる世の中もどうかなと思ったりした。

世間の問題は知行合一が難しいと言った所のように思う。

IT技術が進みすぎて人間が追いついていない。

まるで共産主義みたいである。

理想が高すぎるのである。

そう言ったグローバリゼーションも同じなのかもしれない。

実行することは山積みでそこから知ることも少ないと言った所かもしれない。

そして私には旧態依然でいいのかという疑問もある。

先に進むのにもっと工夫があっても良さそうなのに

工夫が見られない。なんか世の中が無責任な社会に見えてしまう。

もっと社会を少しずつ変えていく必要があるのに

旧態依然である。

それでは人間が時代に追いつかないわけである。

私も例外にもれず私にとってもいい時代では無い。

それを穴埋めするのは知性かなと思う。

理論や理想では無く知性だ思う。

人間が知的になれる知性だろうと思う。

知性が人間を健康的にさせて実行をともなうと思う。

そして理想や理論に冷静さを取り戻せる。

なぜなら人間に知性があるからである。

それが私の人生観である。

人生にはそれなりの達観や冷静さが必要である。

それなのに舞い上がって実行の無い不健康に至る。

それでは人間に知性があるとは言い難い。

そうならないように私も努力しているつもりである。

ボチボチやりたい。

<<追記20161215end

<<追記20161216

今日は夕食にカキフライと惣菜買って帰った。

昨日は少し年賀状対策した。

まだ完成には程遠いけど一歩一歩である。

診察日でもあり仕事も何とか間に合った。

困っているのは女の問題ぐらいである。

毎日ストレスである。

女なんていなければスッキリするのにと思う。

それが不可能だから困っている。

どうして女の問題が私に関係あんのか理解不能である。

それが私の 人生をむしばんでいる。

神様に文句言いたい気分である。

神様のご判断をあおぎたい。

私としては神にゆだねる気分である。

タコの話ばっかりで私までタコな気分である。

どうしてみんなでタコな気分にならんといかんのか理解不能である。

それが毎日女のせいである。

一体それのどこが知性なのか私には理解不能である。

それを毎日くり返している。

私がそんなにストレスをためる必要があるのか全く会話が成立しない。

以上のように現状は変わらないので

しばらく追記を控えたい。

今年も書きたい事を書きまくった。

計画としては

外国語と俳句と短歌とJRさわやかウォーキングと新年の年賀状ぐらいにしようと思う。

なんかそう言って書き込んでしまう。

それも何かの縁だし

試みるまで試みようと思う。

<<追記20161216end

<<追記20170101

自分がわかるように書かないと他人はわからない。

それが第一義だと思う。

なのに自分がわからないように書いて他人が理解する気がしない。

理想は直感でわかるように一ページにまとめる事だが

私の場合そうなっていない。

色んなおもいが何年もかけて続いている。

まさか私が文系のような長い文章を書くなんて想像してなかった。

随筆形式とは言え、つなげると長くなる。

日頃はそんな事もあったかと思うような文章がたくさんある。

それだけ話す事がたくさんあるという事である。

なので準備すれば長い話もカバーできる気もする。

それぐらいストックされている。

今年もボチボチやりたい。

<<追記20170101end

<<追記20170101part2

元日は音楽聞きながら

俳句、短歌、書初、初写真に取り組み

カレンダーをつけかえた。

筋肉マンの「火事場のくそ力」って世の中には存在しないよなあと実感している。

だから「火事場のくそ力」が発揮されただけでもスゴイ事である。

それが実際の漫画の筋肉マンにあらわれている気がする。

私にもそれに似た所があり

私が頑張るのではなく先生が頑張るんでしょと言いたい気分である。

結局私が頑張る事になっている。

電磁波の影響もあり幻聴もあり精神障害者であり

それなりに「火事場のくそ力」と言って過言は無いと思う。

でも「火事場のくそ力」のあるそんな人私は見たことが無い。

だからそういう人こそ稀有なんだと思う。

そう父に言ったら

ゆっくりやればいいと私に言った。

去年の暮の事だけど

ゆっくり出来るかわからんけど今年もボチボチやりたいと思う。

<<追記20170101part2end

<<追記20170102

今日は午後大場駅まで歩いて

乗初のバスに乗って家に帰った。

韓国では学歴詐欺があったが

私も日本で中間やら期末やら統一テスト詐欺に合った。

中高で逆に点数が悪かった。

おかげで私自身自信が無く一人だけ私に勉強方法を聞かれたが

あんまり根拠に乏しく言わなかった。

先生が詐欺を行っていた。

もっと私が自信があったらもっと勉強していただろうなあと思う。

そういう機会を私からうばった。

結局私が関心を持てたのはテスト以外の事だった。

もっと如実に努力に見合った点数をとれてたら

人生はもっとかわっていた。

昔から不思議な感覚だった。

完璧に努力して満点近くても点数が悪かった。

中学時の統一テストもかなり満足のいく状態の割に平均80点台だった。

高校時も自分の努力が実らない感覚は否めない。

全クラスの高校の同級の数学のテストは全然評価してもらえなかった。

かえって予備校の方が数学とか物理とか評価されたように思う。

その時はすでに幻聴があってやる気がなかった。

そうやって先生は詐欺をした。

あんまり韓国とかわらない。

先生は平気で詐欺をする。それが私の実感である。

それが私を勉強に努力する機会を失った。

これも「火事場のくそ力」である。

それでも物理に足跡を残す私なりの解釈である。

誰が私を批判できる人がいるのか理解に苦しむ。

それぐらいでも努力している人いるだろうかと思う。

私にはそんな人を見た記憶が無い。

先生が先生をしない。

そして私が先生のやる仕事する。

一体どこに先生の自覚があるのか文句たらたらである。

私の大学受験もどれだけの真実があるのか私は知らない。

そうやって私は周りから迷惑を受け続けたのである。

本当に犯罪である。

犯罪として先生を罰する価値がある。

それが私の主張である。

それぐらい私は迷惑を受けたのである。

それでもここまでこれたのは「火事場のくそ力」である。

それだけでも信じられない。

もうちょっと責任もって先生やってもらいたい。

信じられない先生をこのまま野放しにしていいだろうか?

徹底的に追及すべきである。

<<追記20170102end

<<追記20170102part2

何か話するたびに

書き込むネタが出来る。

あんまり定期的に書き込む気は無いことだけは明言する。

目標は健康第一である。

仕事のためにいきる気は無い。

「自分をもっと大事に」がモットーである。

誰も大事にしてくれないからせめて自分だけでもみたいな感じである。

そうやって世間は無責任である。

それが先生含めて同じである。

そんな事許していいのか私には疑問だけどそういう世の中である。

文句言っても聞いてくれない。

それが私の人生である。

<<追記20170102part2end

<<追記20170103

執着するのは

日頃から次から次へ展開していないからである。

仕事していればわかる事である。

生活も同じように出来る。

執着する時間が無い。それが生活や仕事である。

それでも執着するのは私には考えられない。

女に執着しないのも同じ原因である。

そうやってそういう人間がいるのを理解してくれない。

それをどうやって私は表現しても理解してくれない。

それが幻聴で毎日ストレスである。

私はあきらかに執着しないでいられる。

なのに執着している話を毎日感じている。

そういう話自体がアホでバカでパッパラパーにしか感じない。

わかる人にはわかるんでしょうぐらいしかない。

全く宇宙人と相手している気分である。

執着するぐらいなら全く考えない方がいい。

そうしたら他人に迷惑をかけないですむ。

一体いつまで他人に迷惑を与えたらすむのか理解不能である。

他人の話を受け付けず

新しい発想も無く

いつまでも同じ事考えている意識があったら考えない事である。

迷惑千万である。

三島由紀夫の「金閣寺」読む事をすすめる。

私の事でもめるなら

私を金閣寺にして読んで欲しい。

以上です。

<<追記20170103end

<<追記20170104

結局正月から書き込みを続けてしまった。

なるべく余計な買物しないように今年は送ろうと思っている。

必要なものだけ買おうと思っている。

今日は腕時計をS-POTで見てたけど

それもあきらめる事にした。

今を楽しむ事が出来ればいい。将来に投資するのは本年度はあきらめる。

幸い読書は出来る状況なので不都合は無い。

アプリもあって十分本年度で楽しめる。

今年は出来るだけ冷静にいられるように努力したい。

現状を確認する年にしたい。

それは私の書き込みが少なくなるのも期待したい。

そうする事で私が冷静になった証拠のように思う。

状況は整っていると思う。

まあゆっくりして生活を楽しむぐらいの余裕が欲しい気がする。

それが出来てようやく自信が取り戻せそうな気がする。

そういう冷静さが今無い気がする。

それが四日にして気がついて良かった。

結局生活ありきである。

極めて基本的である。

そこから私が出発するように思った。

色々確認してあらためて基本からやり直すキッカケにしたい。

そう思うと一年がまた早く終わってしまいそうだが

楽しんでたらそうでもない気もする。

ボチボチやりたい。

<<追記20170104end

<<追記20170107

今日は西富士宮駅から富士宮駅まで

JRさわやかウォーキングに参加した。

浅間大社で牛タンの串焼き食べた。

坂道もあって疲れて帰った。

途中幾度も富士山が良く見えた。

水もきれいで富士山のわき水なんだろうと思う。

ちょっと浅間さんのところでさわったが冷たかった。

出初式らしき放水もやってた。

今日の朝食は七草粥と野菜だった。

帰宅後俳句と短歌を作った。

トランプ大統領の勇気で

本当にイノベーションが起こるかどうかアメリカ国民にかかっているような気もして

NHKのビデオを見てた。

肝心なのはトランプ大統領を一人にさせない事だろうと思う。

そういう結束無くてイノベーションは起らない。

折角勇気をもってあらわしているんだからチャンスをものにするぐらいの意志が必要である。

そういう意味では瀬戸際政治な気がする。

それでも形にする人が必要なんだと思う。

今日はグーグルのブログ使う事にした。

三島のSNSも何とかしたいと思っている。

今夜はそれで色々設定したいなあと思っている。

<<追記20170107end

<<追記20170108

今日は湯の国会館で昼食し

温泉に入って温泉の湯をワンコインでもらって帰った。

サウナに二回入った。

座敷で横になってた時が幸せだった。

横になりながら短歌と俳句作った。

何か日頃ストレスがあるせいか

帰宅中の車の中で頭がスッキリしている。

結構今まで頭に負担があった気がした。

私は仕事さえやっていればそれでいい気がしない。

何事も運転である。

その運転している実感でいきている。

だからあんまり運転しない状況を好まない。

各々運転する状況を好む。

だから他人に対しても同じように見ている。

他人が発言したことを運転しているか見る。

往々にしてそこに将来性を私は見る。

だからあんまり結論ありきの他人に

私は悪く見られるのかもしれない。

あんまり不確実で責任感の無い人に思われる。

そして私の方も

そんな人を信頼しない。

私としてはステップが無いように見える。

そこに結論ありきが私には理解不能なのである。

私はそれが政治の実態じゃあないのかと思う。

個々がちゃんと運転出来るのかそれにかかっている。

運転出来無くしているものを運転するようにすべきである。

私はそういう運転していく先にいくつかの結論があると思う。

それが結論ありきになるのは本末転倒である。

善か悪かより

運転する事である。

運転する事を忘れた時や運転しない時善か悪かが残る。

私にとって悪にしか見えない。

だから

善か悪かばかり言っている人は要注意である。

そんなん普通ははっきりしない。

それがはっきりしているからおかしい。

他人をおどしているとしか思えない。

全く思考停止状態である。

それより運転する事である。

<<追記20170108end

<<追記20170109

今日は函南駅から丹那まで往復歩いた。

オラッチェで大根とソフトクリームを注文した。

富士山は見えなかったけど

菜の花が咲いていた。

科学の世界にも色んなタイプが必要なように

ここ日本でも同じである。

善とか悪とかで判断出来ない。

人が目指す先に必ず真実が待っている。

それが自然の神秘であると思う。

すべては神次第である。

私はそう思って今までやってきた。

私のやる事は神に許されているからだと思う。

それ以外は私には良くわからない。

今も神に寄り添って生きている。

全てを決めるのは神だと思っている。

人ではない。

だから私がえらくなる事は無い。

ましてや他人がえらくなる事も無い。

私にあるのは挑戦だけである。

その道は神様の言う通りである。

神が決めてくれるそう思っている。

そのためだけに私がいると思っている。

そのための色んなタイプが必要なのである。

全世界のただ一人ではない。

それがたまたま一人になっているだけである。

神様のせいかわからんけど

全部神様に聞いて欲しいぐらいである。

それが私の本心である。

<<追記20170109end

<<追記20170110

未来を見通すと未来が明るい気がするが

あんまり未来ばかり見てると

時間ばかりが過ぎる。

ふんぎりをつけるという意味で今も大事である。

いろんな力を表現出来る術というものは

それなりに魅力的である。

大学にいた頃はそれがあんまり魅力的に感じなかった。

それが今は確信的である。

いろんな予言が出来るかもしれない。

何だか楽しい未来が待っている気がしてくる。

それだけで私は幸せである。

多分それが科学なんだろうと思う。

幸せにしようとすればいくらでも出来る。

それが科学のような気さえする。

神様はどう思っているかわからんけど

多分神様は見守ってくれるはずである。

私はそう信じている。

そのために一歩一歩神に誓って誠心誠意生きるだけである。

でも実験にはマンパワーだけど

理論もマンパワーなのか大槻教授に聞きたい感じはする。

大概やることはたかがしれているのかもしれない。

結局マンパワーでしか差がつかない。

そういった状況だとしたら

人間違う選択をした方が賢明かもしれない。

それが私自身でもある気がする。

まあ私もボチボチやりたい。

<<追記20170110end

<<追記20170111

私は幻聴で誰かわからんけど

一人の女の叫び声がする。

2003年ごろは同窓生の女二人の声だったが

途中で全く判断出来無い一人の女の声になった。

毎日反論してストレスをかかえている。

日本語にもならない叫び声で誰が理解するのか私にはストレスなだけである。

なのでしんどいおもいを毎日している。

かえって自分で何かを考えている方がラクである。

それが幻聴の時はそれがなかなか難しい。

よほど考えたいことがないと引きずってしまう。

なのでリラックスしていると最悪である。

そんな私が

特別な事が出来るのだから

テストなんてやっても

どこもどいつも似たり寄ったりなんじゃあないのかと思う。

テストやって高得点だから能力あるのか私には自信が無い。

私もそれなりにテストやったから

どうすればいいかぐらいは書いてきた。

でも似たり寄ったりだからテストしている気がする。

それで納得する気が全く無い。

ただの言い逃れである。

だって誰がやってもそれなりに出来るからである。

あとはやる気だけである。

やる気が無いかあるかぐらいしかない。

だけど本当は何が正解かわからないで物事が進んでいる。

それでも正解を見つけるのはなぜかそれが大事である。

それがテストで見いだせるから本番も見いだせるとは私は思えない。

結局才能はそこで決定的に違ってくる。

誰もたどり着けない正解こそ才能である。

知識のように誰かが結論を決めつけても正解とは限らないものをどうやって

正解にたどり着けるかが究極の問いである。

私はそれこそが本当の学問だと思う。

知識即正解では無い。

それがわかってもらえないから

私が困っている原因だと思う。

正解がわからない中

わかっている知識を運用しなければいつまでも正解にならないのである。

いくらやっても他人が正解にならないまま

私を苦しめている。

他人の分はほっといて私だけでも正直ラクになりたい。

以上私の苦しみでした。

<<追記20170111end

<<追記20170112

大義名分が欲しい。わからない気もするけど

自己努力していればそれが大義名分のような気もする。

例え失敗しても自分は納得出来る。

他人が理解してくれなくても自分はやるだけやったと言える。

他人に守られなくても自分は自分でできる限りのことをやれば

自分の中で結論は存在できる。

なので私はあんまり他人に依存する人間では無い。

一匹オオカミみたいではある。

自分自身がどうなってもいいみたいな気持ちもある。

そういう気持ちで挑戦しているという事である。

なのであんまり自分を守るように生きていない気もする。

それが悪いのか良いのか私は理解出来ていない。

ただあんまり他人に迷惑を与えたく無い気持ちが大きいのは確かである。

なので出来るだけ物事が進む方向にしか考えていない。

物事が進まないのが極力嫌う人間である。

大義名分で物事が進まなかったら

そんな大義名分なんていらないと思う方である。

結局いい方向を向いていないといい方向にいかないと思っている。

そういう感覚が無いといい結果にはならない。

それが私の実感である。

常にそういうことを考えていないと

全然違う方向にいってしまう。

それが如実に仕事にあらわれてしまって

私が困った状況におちいる。

何が正義かわからなくなってしまう。

今の状態そのものが障害者いじめにしか見えない。

給料やボーナスやら理不尽でならない。

差別にしか感じない。

それが嫌で今の状態でとどまっている。

出来るだけ環境を改善してくれる事しか

私の不安は消えない。

それでも私の許せる範囲でボチボチやりたい。

<<追記20170112end

<<追記20170113

今日も仕事して疲れた。

夕食に惣菜を買って帰った。

今日もよく寝れそうである。

健康第一である。

あとはあんまり期待していない。

何かが違うと言えば

何かを食べて腹一杯になる事である。

あんまりなかっただけに

それも健康かなあと思う。

なるべく無理のない生活がしたい。

今まで無理がありすぎである。

人間ワザと思えないほどである。

それだけよくやっている気がする。

それでも何も評価がない。

自己満足レベルである。

人生そんなものみたいなのか様子見である。

ぼちぼちやりたい。

<<追記20170113end

<<追記20170115

今日は箱根の芦ノ湖一周してきた。

5時間半ぐらいかかった。

途中ワカサギ食べたりしたので

5時間ぐらい歩いた。

午前9時25分ぐらいに箱根町港に着いた。

戻った頃は結構疲れた。

今年の目標は

健康第一と消化である。

あともう一つ欲しいように思う。

楽しんでいるうちが花かな。

ボチボチやりたい。

<<追記20170115end

<<追記20170116

今日も仕事して疲れた。

夕食の惣菜を買って帰った。

色々本読んだり外国語聞いたりして

興味は尽きない。

知らない事はたくさんある。

なんとなく備えあれば憂い無しみたいである。

なんか役に立つ事あるかわからんけど

もしかしてのためみたいではある。

それはそれでなんか楽しい。

いつまでこんな生活が続くかわからんけど

これはこれでいいかなあとおもう。

それでも未来をおもうと

色々悩んでしまう。

今を考えないと落ち着かない。

そういう意味では今で判断するのが賢明であるような気がする。

今がこうだからこうでいいでしか

人間の判断としてはそれしかない。

未来のためにいきるのはなかなか難しい。

それが今の時代にも存在してて

厄介な事になっている気がする。

相当預言者みたいじゃあないとややこしくなる。

無い事ある事ごちゃごちゃである。

私も未来は良くわからない部類である。

それが肌身にしみる。

ボチボチやりたい。

<<追記20170116end

<<追記20170117

今日も仕事して疲れて帰った。

正直な話誰が一番仕事しているのか私には良くわからない。

こうやって私が生活しているのが一番

もしかの危機に備えているかもしれないし

本当は誰も仕事になっていないかもしれない。

真実は別なところにあるように思える。

まさに神のみぞ知るである。

それでなおさら自己努力だけはやろうと思える。

結構誰もやらない事やるの好きではある。

それはそれで経験値があるからだと思う。

人生残るのは経験ぐらいである。

それでも今は知識に飢えている。

それが私のエンジンになっている。

でもあと何年必要なのかあんまり見通せない。

何となく永久に終わらない気もする。

仮にそうだとしたら

一通りやるだけはやったかなあと思う。

その見返りのような気がする。

明日もどんな仕事かわからないけど

テストを繰り返して欠品を出さないようにするのか

部品の説明を受けるつもりである。

ボチボチやりたい。

<<追記20170117end

<<追記20170118

今日は午前中仕事して午後面接と見学と適性検査受けた。

なんか緊張して疲れた。

あしたからいつも通りである。

そして朝は英語のメールを拝見し少しだけ訳した。

そんなこんなで読書は

出勤時だけだった。

かわりに短歌を二首作った。

努力して追記中止宣言を再びしようと思う。

なんか無駄な努力しているように思うからである。

他の時間を他に使えるからである。

そうやってなんかひらめいてしまう。

人生そんなものかな。

これ以上何を語る必要があるのかって言うぐらい書いた気がする。

重複している可能性もある感覚はある。

哲学とは奥が深い気がしている。

私としては出来るだけフェイドアウトしたいと思う。

しばらくのコメント文を考えると

リラックスした方がまた書く内容があるような気もしたりして複雑な心境である。

これ以上私は語る必要あるのか疑問と言えば疑問である。

理想はリラックスしてあんまりひらめかないでゆっくりする事である。

なごやかな生活を目指している。

今ままで無理して生きてた。

まわりにとけ込む人間になりたい。

風のような人間になりたい。

それゆえ非常に頑張った気がする。

これ以上どうせえというのが私の実感である。

個々の努力にまかせたい。見守るのが私のつとめである。

なので書く事より生活ありきである。

自分の生活にとけこんでいきたい。

それでこそ人間である。

<<追記20170118end

しばらく短歌と俳句と外国語にする予定である。

頑張ってみたい。

<<追記20170119

まあナンダカンダと後一日追記を加える。

面白く無いゲームなんてやらない。

そんなの当然でしょ。

私だって当然である。

いくら男と女が言っても面白く無いから

私はそんなゲームやらない。

そのゲームが運動会なのか水泳大会なのか、はたまたテストなんか知らんけど

面白く無いと思ったらやらない。

万人がそうである。

例外なんてありえない。

私も例外にもれず面白く無いと思ったらやらない。

そんなにゲームをやらしたいのなら

私にゲームの楽しさを教えて欲しい。

現実的に面白く無いからゲームをやらない。

それが率直な感想であり

私は私で面白い事やっている方が私の権利であり

他人がとやかく言う筋合いに無い。

他人が面白いゲームをやっているのに

私がとやかく言う筋合いは無い。

全く普通の現象である。

それで他人が何で関係あるのか理解不能である。

私のゲームは私のゲームでいいでしょう。

何で他人がそんなに他人のゲームに私が入ってこないといけないのか理解不能である。

そして私のゲームの面白さがわからないからと言って

何で他人にとやかく言われなければいけないのか人権問題である。

そこらへんで他人と私は全く別物である。

私のゲームが面白い人が私のゲームをやればいい。

それが当然の現象である。

全く宇宙人が私に文句言っているみたいである。

面白く無い人が面白く無いように言っているだけである。

だとしたら面白くなければいいと思う。

何でそこで他人が出てくるのか理解不能である。

ゲームは面白いからやるのであって

面白く無いゲームはやらない。

私の当然の権利である。

<<追記20170119end

これを機に

短歌と俳句と外国語とウォーキングにしぼりたい。

なんかダラダラしちゃうけど本当に困ったものである。

<<追記20170124

やっぱり仕事する必要あんのか疑問である。

医者にも言われ今日も言われた。

世の中に付き合っているだけで

ほとんど他人の問題で私の問題では無い。

本当にほとぼりが冷めるまで

貝になりたい気分である。

一体このストレスは

ただの他人の問題である。

やっぱり人権問題である。

何のために私がここまで

社会のせいで困らなければいけないのか

ほとんど他人のエゴイズムである。

そんなん私に何の関係があるのか

理解不能である。

絵に描いたようにいかないから

私はいつまでも奴隷そのものである。

そんなことを社会は許していいのか

社会悪である。

本当に身も心もボロボロである。

みんな好き勝手に生きてるのに

私のような弱者相手に

人形のような扱いを受けるのか

根性曲がっている。

社会の理想なんていらない。

社会学なんていらない。

あの頃のやっぱり大学の講義は

如実にくだらない授業だったのだ。

そのために私は苦しんでいる。

それを私は仕事で証明しているだけである。

<<追記20170124end

たまらず更新してしまった。

文句も言いたくなるほどである。

それでもあしたは続く。黙っていられる状態が理想である。

更新が減るように

またそれなりにチャレンジしたい。

<<追記20170126

仕事して幸せになるとはと

貝になりたいとは

なんか矛盾はする。

どっちが私なりにウエイトがあるかはっきりしない。

どっちもわかる。

どっちもどっちである。

健康つながりなら仕事かもしれない。

勉強つながりなら貝かもしれない。

それでも仕事は全員を巻き込みたい。

そんな気はする。

一部の人のために仕事する気は無い。

それがかなわないから悩んでいる。

敵味方にわかれて仕事する事はない。

それが如実にあらわれると私は何のために仕事するのかわからなくなる。

要するに自分のためだけに仕事するわけでは無い。

それなのに自分の利益にこだわって仕事だと言ったって

他人の利益が無ければ仕事にはならない。

それなのにもめ事は自分の利益が原因なんて私にはナンセンスである。

むしろ他人の利益のために仕事しているわけである。

なのに一部の人のために仕事しようとする。

それに耐えられないのである。

それも自分の利益を主張するために仕事をしようとする。

そんなんで他人の利益を生み出せるのかはなはだ疑問である。

それで自分の利益があればまだマシだが

それも無理なんてマネージメントとしては最悪である。

自分が利益を生み出すのも大事だけど

何も他人のために損をする事は無い。

それなのに敵味方にわかれて自己主張しようとする。

そんな必要がどこにあるのか理解不能である。

他人がどうであれ普通に仕事していたい。

それがなかなか困難だから

オープンでいるしかない。

貝じゃなく仕事かもしれない。

それはそれでいばらの道である。

正直ラクに仕事させてもらいたい気分ではある。

ボチボチやりたい。

<<追記20170126end

<<追記20170127

あんまり出来るとか出来無いとかで生きていない。

やるだけやる。ただそれだけである。

それが父親含めて理解されない。

それでも出来なければ仕方ないで生きている。

それをどうしろというのか私には理解不能である。

私の経験でものを言っているのに

何で他人の話をせなああかんのか理解されない。

私にあるとしたら

出来なくてもやるだけやるぐらいの勇気ぐらいである。

そしてある時出来なくても

時間をかけて克服出来る事もある。

なのでその時出来なくても

とどのつまりやってみようと思うかどうかである。

それで採算が合わないのも仕方がない。

それを覚悟でやる場合がある。

それで失敗しても納得出来る覚悟が無いと出来ない。

それで他人は何がしたいのかと思う。

出来るとは何がしたいかだと思う。

何かがしたい衝動が出来るだと思う。

仕事がしたいのか生活がしたいのか私にはわからないが

出来無いで終わったら何かがしたいにつながらない。

そんな面白く無い話聞いても面白く無い。

なので私はやるだけやるのである。

<<追記20170127end

<<追記20170202

2017/1/30日母方のおじいさんが亡くなった。

昨日通夜があって

今日は葬式があった。

母のところへ行ってしまった。

家に帰って仏壇にてご報告した。

母が亡くなって五年数ヶ月おじいさんも間に合わなかった。

いつになったら間に合うのか疑問ではある。

半分呆れ果ててる。

そのぶんサバサバしている。

まあなるようになるやぐらいしかない。

天国で母とおじいさんが仲良くやってればいいかなとちょっと思った。

私なりにまだ役目があるのかもしれない。

そう思って春隣である。

その割にshellでトラブッタ事を思い出して

追記する事にした。

出版社が私に出版の依頼があってもいいのにと思うが

今ところそう言った事は無い。

面白い本が書けそうではあるがそう言った構想は存在しないみたいである。

私も電子書籍にしようかなあとか考えるが

ホームページでいいような気がして

英語の本を出そうかなあとか考えるが

翻訳家の仕事の方がいい気もして

私の時間を考えるとそんな事やっている時間が無い。

結局集団にはかなわない。

そういう集団に遭遇してない。

ボチボチやりたい。

<<追記20170202end

shellで思い出したことを追記した。

https://sites.google.com/site/skillprogress/shellsukuriputoyabatfairu

<<追記20170206

土日サーバーがダウンしてた。

今日家に帰ったら復活してた。

短歌と俳句と外国語の準備した。

物理の力を表現できたら

夢の物質も予言できるかもしれない。

誘電体、磁性体、超電導はもちろん

他の物質も見つかるかもしれない。

ダークエネルギーやダークマターなんて見つかるのかしら。

昨日テレビ見て少し悩んだ。

次元の問題は異次元の関係が難しそうである。

それが自然界を支配しているのかなあと想像した。

いずれにせよ今の科学と実験データがものをいう。

あんまり今の私ができる状況にない。

色々乗り越えると夢が広がる。

未来は楽しい。そんな気がしている。

物理のすごいはこんな感じですみたいな未来がくる気がする。

それだけでも楽しい。ボチボチやりたい。

<<追記20170206end

<<追記20170207

社長から丁寧な仕事は大事だと言われた。

今日の私はケースバイケースだった。

メンバーの目標が一致しないと難しい。

メンバーが異なる目標があったら

チグハグになる。

最近の仕事はみんな色んな方向に向いていて

何が目標なのかはっきりしない。

一日のどんな数が大事なのかどんな品質が大事なのか

リストにした方がいい気がした。

TECの子会社にいた頃は上司の意見を聞いてたら良かった。

それが今は自己判断になっている。

TECでも自己判断はあったがレビューがあった。

ちゃんと確認して仕事しなければいけない。

それもメンバーさんごとに必要である。

それなのにそれが私に出来ると社長が言うのである。

それはそれで困った話である。

あんまり仕事の内容を知らないから

ケースバイケースなのにあんまり冷静に分析できる情報が無い。

結局スタッフと確認していくしかない。

そう言う活動をしていくしか社長にこたえられない。

社長がそう言うから自己努力はしてみようと思う。

今日も書き込みしてしまった。

昨日は物理の話だったから

絶縁体とか相転移とか超流動とかアースとか

最近の話の中で出てきてて思い出していた。

関数プログラミングの本も数冊読んでいる。

純粋関数である意味について感心している。

英会話やらフランス語やらドイツ語やらアラビア語やらヒアリングしている。

中国語と韓国語は保留状態である。

他にも読書しているけどあんまり進まない。

出来るだけ先に読みたいのを選択している。

ボチボチやりたい。

<<追記20170207end

とりとめのない趣味の小話7