とりとめのない趣味の小話5

とりとめのない趣味の小話4

<<追記20161024

私の人生に何で会話の通じない女が関係あんのか理解不能である。

そんな女の人生より私の人生の方が大事である。

私は私の個人的な問題であって社会問題では無い。

女の人生より私の人生の方を大事にしたい。

それは当然の権利である。

何でそれを私の問題にしないで女の問題にする必要があるのか理解不能である。

私は私で私の問題として私を考えたい。

それが基本的人権である。

それを私を病気にして社会問題にしようとするなんて

そんなの正義じゃあない。

私は私の問題である。

だから私は私を大事にして当然の権利である。

なのに私をひどく扱う女は極悪非道である。

私はそんな女は信じられない。

信用おけない女である。

結局私は私の問題なだけである。

なのに何で私が引っ張られるのかそれを無責任としか私は思えない。

私の人生を守りたい。ただその一念だけである。

なのに私を酷使する。

そんなのゲスの女のやる事である。

もうやることやった。ラクに生活したい。これ以上どうしろというのか理解不能である。

努力すればいいだけである。

努力しない人が文句言っているだけである。

<<追記20161024end

<<追記20161025

努力しないならそれも自由。努力するのも自由。

何に何で他人に文句たれるのか理解不能である。

自分の文句は自分で解決しましょう。

何でそこで他人が関係あんのか理解不能である。

ひたすらに私の問題なだけである。

他人は全く関係が無い。

そこで何で女が主張するのか私には理解不能である。

私にとって迷惑ぐらいにしか思えない。

私は自由になりたいのに束縛している。

私の人生ぐらい私で決めたい。

それが何で女に左右されなければいけないのか理解不能である。

身動きとれないというのが私の感覚である。

正直好き勝手に生きたい。

えらい迷惑である。

何で女の問題が私に関係あんのか理解しがたい。

大体42歳にもなって もめる事自体が興ざめである。

もめるぐらいなら女の問題はパスしたいぐらいである。

私自身も若く無い。

俗世を離れるのも一興な年代にかかり始めている。

それなのに女がもめる。本当に嫌気をさす。

何だか地獄絵図である。

そういうものに離れて好き勝手に生きたい。

本当に女ってお荷物である。

それが私には信じられないというのが私の第一感である。

自分の可能性を引き出す人はマレなのかとも思う。

私の状況として一刻もラクになりたいだけである。

八方塞がりである。

他人の要求にこたえる余地無し。

全部私の要求にこたえて欲しいというのが私の感覚である。

それが全部女のせいで止まっている。

社会的な確信犯である。正義が許せない。他人が私の社会生活に要求する事自体がおかしい。

それもこれも女と男がもめるせいである。

<<追記20161025end

<<追記20161026

もう秋の暮である。時間が過ぎて行く。

そんなに時間を使って解決する問題があるのか聞きたいぐらいである。

そんなものに期待する暇あったら努力した方がマシである。

私はそういう人間なのであんまり期待していない。

期待するだけ損だと思っている。

期待している人が私に苦痛を与えていると思っている。

私としてはどこまでもラクになりたいだけである。

しんどい人生は御免である。そのために努力している。

私の常識では努力せなあラクにならない。

なのにラクにならない。迷惑な人がいっぱいいるからだと思っている。

私は未来のラクより現在のラクを選ぶ。

それに反するのは私の利益にならない。

なぜなら私は中年だからである。

体力的にも気力的にも限界である。

私の利益にならん主張は無視でいい。

それが私の感情である。

そんな無駄な利益より今現在の利益の方が大事である。

私の利害関係のある話しか受けつけない。

正直面倒だというのが私の女の話の第一感である。

それより今現在をより良くしたい事が私の一存である。

<<追記20161026end

<<追記20161027

情報処理試験のプロジェクトマネージャの本を何冊か読んでいる。

午前の問題で合格しない気がしている。

それで昨日は知識の獲得として対策を練った。

その後「逆転の大中国史 ユーラシアの視点から」を読んで半分のところである。

資格試験を受けるか受けないかの問題がまだある。

あんまりそんなにプロジェクトマネージャになりたい気もしないのと

対策を読む限り気乗りしないのと

応用技術者試験の方が少し魅力的である。

それで私が何がしたいのか考えるとまた問題である。

それ以外にも通勤時に色んな本を読んでいる。

それで方針が決まる気もまだない。

ただ本が読みたい事がたくさんあるという感じである。

人生とはそういうものかもしれない。

適当に仕事して本を読む。

今の所それが私のしたい事のように思う。

まわり道だけどそのうち何か発想すればいいのだが

物理学のように

私の頭の中で悩みが無い。

それが今までと決定的に違う。

あるとしたらこの世の不景気ぐらいである。

そしてもう一つ仕事のあり方である。

これを軸に私の疑問にこたえようと思う。

それが私の今日の成果である。

<<追記20161027end

<<追記20161028

今日は雑務が多かった。疲れた。

ハガキ送って、市役所に行き、スーパーで買物し、旅行の昼食のために予約の電話を入れ

短歌と俳句をアップした。

もちろん仕事もした。

昨日は「逆転の大中国史 ユーラシアの視点から」を読み終えて

プロジェクトマネージャの数冊を読んだ。

今日は読書もせず、ゆっくり早めに寝ようかと思っている。

昨日と一昨日はテレビとか読書とかで寝不足だった。

まあ楽しい事が待っているうちが花かな

色々楽しめそうなイベントがあって

疲れてはいるけどポジティブではある。

ゆっくりイベントの構想を練りたい。

市民がのぞむサービスは開拓の余地ありそうである。

そんな手前トップダウンだなあと思う。

ボトムアップはこの日本において不可能なのかなと思う。

新興勢力が出来ないと難しいけど

今の日本はそうじゃあない。

その辺が歴史的に日本はいつまでも変わらないなあと思う。

上でもない下でもない新たな勢力を醸成しなければ世の中は変わらない。

まずどんな仕事の努力が必要かという事と

この世の不景気が直結している気もする。

どうしたら新興勢力となりうるのかそれが大事のように思う。

それは日々の生活にヒントがあるように思う。

勉強と仕事と生活これを丁寧に紐解けばいい気がしている。

また私なりの思いを綴ろうと思う。

<<追記20161028end

<<追記20161029

今日は羽田空港と新宿に行って京王デパートに寄った。

久しぶりの東京である。

来週は父と温泉旅行に出かける。

そのため月曜日も有休をとった。

買物もそれなりに出来た。計画は大事かなとも思った。

あんまりストレス無く東京を往復出来た。

結局勉強と仕事と生活は水と油である。

それをうまく混ぜ合わせなければいけない。

社会はそれをさせようとしない。それは如実にあんまり他人に知恵を与えない。

結局自分で勉強と仕事と生活をうまく混ぜ合わせる事がゴールである。

それに抵抗しているのが社会だしそんな事はさせまいと思っている。

だからおいしい人は日本にはいない。

いないはずだと思っている。

そして私自身も社会から抹消されている。

つまり社会から抵抗を受けている。

それが常識なのである。

でも本当は違う。それは間違った社会である。そしてその間違った思想のせいで私を困らせている。

本当はやり方次第と人数次第と時間次第である。

それを色々駆使すれば結果は残せる。

なのに世の中はそれに抵抗する。

うまくいかない人が当たり前になっている。

それが日本社会の問題である。

勝手にしろというのが私の気持ちである。

私はそういう社会にささやかなりに抵抗してホームページを作っている。

それが私の社会問題である。

もうあきらめてこんなつまらない

勉強や仕事や生活を解放する事が大事である。

それが出来無いのが世の中の不景気につながっているように私はおもう。

そして私の仕事のあり方が悩みの種にもなっていると思う。

<<追記20161029end

<<追記20161030

今日は静鉄狐ヶ崎駅からJRさわやかウォーキングに参加した。

ようやくサーバーが復旧したが正常モードではない。

しばらく様子見である。

最低10月分は更新しなければいけない。

まあ過去分でも表示されてれば目的は少し果たしている気もする。

しばらくゆっくりしたい。

そんな気分で来週は温泉旅行である。

あと私の悩みと言えば

幻聴ぐらいである。会話にならんのがたまらん。

会話ぐらいしましょうというのが私の本音である。

それが成立しないのが私のストレスである。

私にとって会話さえ成立すれば問題が無い。

それが私の反射神経というのか脳科学の専門家に聞きたいぐらいである。

どうやってこのストレスをのりきれと言うのか文句タラタラである。

まあ私の体を使って人体実験しているというのが真相だと思っている。

どっちが賢いのか私には理解出来ない。

私が考えている方が効率的のように思う。

だからあんまり期待していない。

何にも考えないで人体実験しているようにしか思えない。

いつまで待てばいいのかもわからない。

ほとんど奴隷状態である。

そんな事になるなら努力した方がいい。それが私の結論であるのに

そんな事になっても努力しているになっている。

本当に誰が偉いのか文句タラタラである。それが世の中の現実なのだと思っている。

そんな私に文句言う奴の気が知れないというのが私の感覚である。

反対に自分でどうにかしろというのが私の文句である。

<<追記20161030end

<<追記20161031

今日もサーバーがまだ正常モードでは無い。

明日から11月である。

そんなにロケットスタートしなくていい気もする。

温泉旅行も待っている。

私の疑問は有る事無い事を同じように会話して何になるのかわからない。

あるのはどうにか、なりたいだけである。

そんな暇あったら他の事考えたい。

結局考えるという事が人それぞれという事である。

そういう意味では私が何を考えてきたかというのも一つの経験かなあと思う。

大学でも大学院でも社会でもそれなりに考えてきた。

それが私にとっての考えるという事のように思う。

だから考えるという事は大事である。

それは女も男も同じである。

それなりに考えるとはどういう事かわかっている面があるように思う。

それがなんか私にあるように思う。

私にとって考えるとはどうにかなるためでは無い。

真か偽かみたいな所がある。

問いが偽のためにどうにかなろうとするだろうか?

結局真か偽かなんてどうでもいい議論なのである。

逆にどうにかなるための真か偽かしかない。

ある意味結果論ではあるがいつになったら正解になるのかという疑問しかない。

なんか疲れる。

それも人の人生なんだろうけどしょうがないかもしれない。

私は私なりにこたえるしかない。

それでも、どうせわかってもらえないと思う。

仕方無い話である。

<<追記20161031end

<<追記20161101

今日はサーバーに十月分を追加した。

少しずつ正常モードになりつつある。

バックアップデータを残した方がいい気もしている。

内心八月分にあたる一日の外国語のデータが見つからなかった。

結局八月分はデータが残ってて良かった。

今日はそんなこんなで疲れた。

今夜は読書をパスする。

早めに寝ようかとも思っている。

大槻教授も自由、民主主義、資本主義を否定して

何か代わる概念があるのかサッパリわからない。

中国と言えば共産主義だけど共産主義とも呼べないし

経済大国だから主流というのはちょっと違う気がする。

この日本も石油をたくさん使っている。

資源の無い日本が石油を使っている。

そんなに二酸化炭素作ってこのままでいいのかと思う。

私には資本主義だからこそ石油を使っている日本があるように思う。

そのためこの日本では自由、民主主義、資本主義は成功しているように思う。

それを否定したら今の生活は出来無い。

問題は景気が悪いという事だけである。

誰もそれに対してこたえが無い。

誰も真剣に悩んでいない。

どっかの水道管が詰まっている。

誰がせき止めているのか数字があがらない。

もっともうかるプログラムがあってもいいのに

誰もビジネスをやらない。

結局自分さえ良ければいいのである。

他人のためのプログラムなんて全然考えていない。

自分だけ症候群こそ、この日本の病気である。

それが不景気の一因のように思う。

私は他人の能力がアップするごとに他人は消費すると思う。

それが無いから消費しない気がする。

自分の限界内しか興味が無いからである。

そしてプログラムも敬遠される。

自分の能力の守備範囲でしか行動しない。

それが日本人の実態のように思う。

そのため私自身仕事に対して悩みはつきない。

それは日本とか日本人に由来していると思っている。

まだまだ完璧と言い難いのに気づけば

景気は良くなるはずである。

それが自分だけにとどまれば

限りなく今の完璧は目指せない。

<<追記20161101end

<<追記20161102

今日は旅行の準備で帰るのが遅くなった。

五時三十五分頃のバスに乗って帰宅した。

私自身あんまり自分の経済的な生活の原因を

突き詰めて考えられていない。

もしかしたらギブアンドテイクかもしれないし

もしかしたら採算が合わないかもしれないし

もしかしたら社会的弱者かもしれない。

なのでどういう風に振舞っていいのかわからない。

そういう社会スタンスにいる。

ただ私が出来るのは事実をとらえて分析する事だけである。

それが私にどう影響があるのかわからないし

あんまり自分の結果について考え無い。

そういう私が社会にいてもいいんじゃあないかと思ってくれるかもわからない。

冷静に仕事するとはそういうものだと思ったりもする。

結果なんて後先考えないから仕事になる気がしている。

昔から私はそういうスタンスである。

何にも偉くない。

何にも結果にこだわらない。

そうやってチャレンジしてきた。なのに周りは私にストレスを与える。

今も昔も同じ状況である。そうやって私は悪者になっている。

もうそろそろ人一倍努力したのが私であるでいい気がする。

日本中、世界中、歴史上、人類史上まれにみる人物が私であるで何か文句ある?

それで私を悪者にする奴が悪者であるでいい気がする。

何でここまでご奉仕しなければいけないのか私にも良くわからない。

結果だけ考えた人生では無いのに結果にこだわるのは

俗人としか思えない。

どこまでこんな不毛な議論をする必要があるのか理解不能である。

まあそんなこんなで明日は休日である。

<<追記20161102end

<<追記20161103

今日は文化の日で休日だった。

昼間一時間歩いて水神さんと墓参りした。

プログラムしてて自分の知識がエラーで崩壊するような危なさを感じた。

50代60代に同じ仕事が出来る気力と体力が心配だった。

同じ職場で退職金が出ないのにずっといる価値を見出せなかった。

そんな話を車の中でした。

他にネガティブな話としたら

勉強する時間が無い。我が幻聴の解決にならない仕事が無駄な時間に感じた。

結局私がどこにいようが他人は都合のいいように解釈するというだけである。

そんな勝手な他人の事聞いてたらこっちの身がもたない。

私がしたいようにする。それが大事である。

何も他人に合わせることはない。

むしろ私は幻聴も含めて他人に合わせすぎである。

それが私のマイナス点である。

それなのに他人は逆にもっと他人の話を聞くべきである。

こっちは割に合わない。

たわ言とため口の使い方を指導されてしまった。

大体日本語の言い換えもできず国語と言えるのか私には理解出来ない。

同じ世代からするとため口でもいいではないかと思う。

そうやって私を混乱させて喜んでいる。

私が考えて言っているのか私もわからない。

そんな状態で私はいつも何でもあり状態なのである。

私もそんな状態が認識出来ない不安を抱えている。

それを他人は平気でいる。

そんなんどんな解釈でも出来るのが国語なのである。

それが私を不安させている。

ボチボチやりたい。

<<追記20161103end

<<追記20161107

またサーバーの調子が悪くなってしまった。

11/5,11/6.11/7の二泊三日鹿児島に旅行した。

指宿の温泉が目的だった。

父親に親孝行出来たかわからないけど夢は実現したように思う。

何だか夢のようだった。

明日から通常モードである。夢はさめるものだけど今日は不思議な感じである。

温泉に三日入り続けたというのもあるかもしれない。

何かどうでもなるやみたいな感じでもある。

多分それが大事なのかもしれない。

明日から別の視点でのぞめるような気もしたりしている。

ボチボチやりたい。

<<追記20161107end

<<追記20161109

トランプ氏がアメリカ大統領になったようである。

私自身トランプ氏が当選すると思ってなかったが

アメリカも面白い路線を選んだ気がする。

そういう意味で妥当かもしれない。

日本も面白い路線を選んでもいい気がする。

何の問題がこの世にあるのかわかるだろうと思う。

日本の防衛も日本だけで防衛した方がいいのか真剣に考えて検討した方がいい。

どうなることか私にも想像出来ない。

人間の人生なんてそんなものかもしれない。

ましてや大統領だって同じかもしれない。

ただ面白くなりそうだという感じだけは私にはあって

それがトランプ氏が当選した理由のように思う。

未来に期待した面白さが人間必要なのかもしれない。

だけど大統領の重みに耐えられるのかちょっと心配である。

私の場合ならパスだなあと思う。

私の場合

私の事だけで私は心配である。

それが私の真実である。

仕事なんて二の次のように思う。

ボチボチやりたい。

<<追記20161109end

<<追記20161110

今日は何とかサーバー復帰した。

ほとんどサーバーについては他力本願である。

毎日つらいと言えばつらい。

どうしてこんなにつらい目に合わなければいけないのか理解不能である。

ほとんど他人のせいである。

それを私にあたり散らしている。

私は仏でも神でもないのに

何でこんなひどいストレスを感じなければ生きていけないのか理解不能である。

それを愛と呼べるのか私には理解不能である。

ほとんど無責任な他人のせいである。

私が何でそんな事を問題解決しなければいけないのか理解不能である。

何でも手段を選ばない相手にストレスを感じている。

こんなひどい話があるかと思う。

私という弱者にひどい事している認識さえ無い。

そんなん救いようが無い。

結局弱い自分だけがかわいいぐらいしか思えない。

私がいくら弱くても関係が無い。

そんなん私もパスである。

なのにパスもしてくれない。

本当にしつこい。

どうしようもない人はどこまでもどうしようもない。

それが私の本音である。

無駄な時間に無駄な話に無駄な対処にあきれている。

それをどうする気なのか毎日ストレスを感じている。

<<追記20161110end

<<追記20161112

今日は車で伊豆高原駅に駐車し

JRさわやかウォーキングに参加した。

車も使いつつ、つり橋を二か所巡った。

大体目的は果たせたような気がする。

家に帰ってちょっと疲れた感じでいる。

それでも今になっても課題はある。

あんまり私みたいな人いないだろうとつくづく思う。

それでもやれる事だけやっておきたい気がしている。

それがまだ当分終わらない。一年もすれば終わると思ってたけどそれもあやしい。

この課題がいつ終わるかというのが漠然とした問題である。

そして私は何に向かうのかという問題もある。

まっすぐと言えないこのヘンテコな世に私はどうしたいのか考えると

この世に合わせて生きていく気が起こらない。

ますます悩ましい話である。

ここで提言である。陽気でまっすぐな世の中にした方がいい気がする。

それが私の願望である。

それまで私は隠れて生きるしか方法が無い。

なぜなら弱者でもあり被害者でもあるからである。

私に力があるとしたら税金で教育を受けたぐらいしかない。

それだけでここまでやってきた。

国民の半数はこの可能性がある。

なのに何で私がここまでやれたのかはどん欲にチャレンジしたからである。

その結果国民の1%ぐらいには入るかもしれない。

ほとんどお世辞の気もしてきた。私一人かもしれない。

医者が認める障害者相手に何やってんの?というのが私の疑問である。

それぐらい世間や世の中がたより無い話に聞こえる。

なので権力も無い私は隠れて生活するしか方法が無い。

それぐらい世間や世の中が曲がっている。

そんなんで日本人はそれを許せるのか私には信じがたい。

正々堂々と生きれてなんぼなのに

そうなっていない。なので隠れて生活するしか思いつかない。

なのに私に隠れて意地悪をする。ここまでくると異常である。

精神構造がおかしい。

統合失調の人がそう言っているのはどっちが健康なのか判断つかない。

日本人全員が統合失調症なのではないかと思う。

ますます私は隠れて生きていきたくなる。

そういう精神構造のデフレスパイラルである。

本当にヘンテコな世間と世の中だなあとつくづく思う。

<<追記20161112end

<<追記20161113

今日は身延線の下部温泉駅でJRさわやかウォーキングに参加した。

山々は紅葉で色づいていた。

気分良く歩けた。

空気はおいしかった。

温泉にも入って

最後はソバだった。

家に着いたのは午後五時半だった。

今週も頑張ったように思う。

来週ぐらいはゆっくりしたい気もする。

せめて出来るだけ、いつも通りにしたい。

最近は

英語の本とかLISPの入門本とか物理の一般書とか深層学習の本とか

気になって買ってしまった。

何か読みたい本がたまってしまっている。

出来るだけ自分が消化したいものから消化するように考えているけど

消化したいもの自体が多くなっている。

本人は楽しんでいるから別に文句は無いけど

読み終えそうなものから読む必要がある気もしている。

出来るだけいくつかの本を選択するようにはしている。

それが私の希望である。

明日から月曜日である。ボチボチやりたい。

<<追記20161113end

<<追記20161114

今日は最悪の日だった。

アトレのトイレでおもらしして失敗をしてしまった。

その前に色々問題が起きて

あわててしまった。

大人になって二度目である。

それなのに女の叫び声の幻聴が聞こえた。

もう気分は最悪である。

どこか精神構造がこわれている。

何でもありである。

自分としては何があってもおかしくないと思っている。

そんな事を許している社会がある。

私はそんなの許せない。

それにしてもいろんな事が起こり過ぎである。

神様もさぞご立腹だろうと思う。

私はそんなの関係無く生きている。

みんな神様に聞いてくれというような気分である。

<<追記20161114end

<<追記20161115

日本にいて残念なのはあんまり外国語の文章を読む機会があんまりない事である。

自分に興味のある外国語の文章って何なのかあんまりにも機会が無い。

結構自分が読みたい外国語の文章ってあるはずだと思うけど

未だにそれに気づいた事が無い。

結構外国語の単語を覚えるのは大変である。

それ以上に外国語にふれる機会が無い。

今の所読み書きぐらいが私の手段である。

たまにiPod nanoで英会話を聞いたり

ドイツ語を聞き流したりフランス語を聞き流したりする。

まだドイツ語やフランス語は発音レベルである。

だけど英語のように外国語をやろうと思っている。

なので英語の勉強方法が生命線になっている。

いかに英語をマスターするかが外国語の生命線になっている。

それで私は外国語で何の文章を読みたいのかあんまりわからないのである。

専門をやってた頃は必要にせまられたけど

今はそれが無い。

TOEICも読みたい文章にも思えない。

それが何となく最近の悩みである。

人間そんなに文章が読みたくて生きていない気もする。

何気ない会話や何気ない文章が大部分かもしれない。

それでも何か漫画のような文章を期待してしまう。

私はそこらへんが変なのかもしれない。

ボチボチやりたい。

<<追記20161115end

<<追記20161116

今日は帰り大場駅で散髪した。

家に帰り電話があってNTT料金についてだったので

断ってインターネットでNTT料金を調べても

それらしい割安のサービスを探せなくて調子が悪かった。

そんな感じで今日の書き込みが遅くなった。

私自身日本にいて

アメリカに感じるのはGoogleとかMicrosoftとかAppleとか日本で見てて

アメリカ経済自体が構造改革しているように思っていた。

一連のトランプ現象は

私には流行にとり残された現象に見える。

そんな気が日本でしてて

アメリカの未来にも自由と民主主義が必要のような気がする。

私にはIT技術そのものが格差を生んでいる気がする。

IT技術にも自由と民主主義が必要である。

おそまつにもIT技術が特別な階級を作り上げている気がする。

この日本も同じ所がある。

特権階級をIT技術が作り上げている。

情報操作なのかなんなのか

価値のある情報が流れない。

私のホームページも同じである。

もっと大事な情報がどっかにあるのではないかと私のホームページも考えると

想像してしまう。

それが自由と民主主義を不完全にしている。

もっとマスメディアとか出版社とか本当にやる気あんのかと文句タラタラである。

そういう意味でここ日本でも同じ状態であるという事は

IT技術が自由と民主主義のあり方を変えようとしているのかもしれない。

キーワードはIT技術における自由と民主主義である。

悲しいかなIT技術をもっと広める必要があるように思う。

それぐらい特権階級を作っている気がする。

それが私のトランプ現象の側面に思える。

移民の人がプログラミングの仕事するぐらいがちょうどいいかもしれない。

それぐらいIT技術を広める必要を私は感じる。

それは日本人についても同じである。

<<追記20161116end

<<追記20161117

ここ何週間は忙しかった。

今日ぐらいから落ち着きを取り戻している。

寒くなって食欲が増しているのが気になる所である。

残業とかでみんな矛盾を抱えて仕事しているとか

電化製品も進化しているとか

あとは仕事でコツを少しつかんだとか

未来に希望の持てるビジョンがないと経済は良くならない。

今日はそんな話をした。

何のヒントになるかわからないが

かしこく生きねばならない気もした。

そういう世の中なんだと思う。

そして何のために仕事するのかというのは大問題である。

そんな簡単なものではない。

それが私にもある問題である。

そして私だけの問題でもない。

それにこたえが見つからない生活は酷である。

それが私の仕事に対する気持ちである。

何でこんなに難解に仕事を解釈する必要があるのか不思議と言えば不思議である。

多分それが俗世何だろうと思う。

ボチボチやりたい。

<<追記20161117end

<<追記20161119

今日は雨だった。昼間一時間歩いて

昼食後ユニクロに行って買い物して帰った。

帰宅後は短歌と俳句とビデオを少し消化した。

正直ここまでくるとあんまり言いたい事も無い。

課題としては外国語と読書とダイエットと健康ぐらいである。

最近の文句の発生源でもある。

色々消化しているうちに文句が出たりしている。

それに少しテレビの知識もある気がする。

他にあるとしたら私なりの現実感覚かなあと思う。

はずれる事もあるけど

当てようとしている所かなあと思う。

当てようと思わないと当たらない。

そして宝くじはいつも当たらない。

私は試験も合格しようと思わないと合格しないと思っている。

それなりに計画的に一日一日使わないといけないからである。

自己管理能力がいる気がする。

そして物理学の理論が当たりやすいのは

同じ事を何度も実験する物理の歴史と神が作り出した自然が関係すると思う。

それ以外は私には良く理解出来ていない。

経験とセンスと勉強ぐらいしかない。

今日も早目に寝ようかなあと思ったりする。

なんだかんだと言って疲れているように思う。

そんな時は寝るに限る気がしている。

<<追記20161119end

<<追記20161120

今日は由比駅からJRさわやかウォーキングだった。

ゴールは富士川駅だった。前の時の逆順だった。

昨日の続きだけど

私の経験と言えば

電磁波環境最低レベルの私に出来るから他人も出来るだろうというような所もあると思う。

それが一番大きい気がする。

催眠術や幻聴や体の異変や精神的な異変があっても私に出来ることがある。

そんな困難でも出来るから他人にも出来るという線ぐらいしか思いつかない。

それが私の一番の原因のように思う。

高等な所で出来るんじゃあない。最低な所で出来るのだと思う。

それじゃあ日本人達は何をやっているんだという疑問が出てくる。

それが変な世の中みたいに見えてくる。

何にもえらくなんかない。

それが日本の世の中である。

私にはそれでいい気がしない。

王道ってあると思う。

人それぞれ王道を歩むべきである。

踏み外してはいけない道がある。

それが世の中の真実だと思う。

私もボチボチやりたい。

何だか私の最低レベルの方法が基礎学力なんじゃあないのかと思う。

私はそんなに応用レベルのような気がしない。

なので若者はぜひ応用レベルに達すべきである。

そして結果を残す事をのぞんでいる。

基礎学力というからには基礎学力無くして応用は無いわけである。

ここまでの日本の歴史は基礎学力さえ達していないというわけである。

ぜひこの辺をふまえて応用レベルに達して欲しい。

なので現時点で未来進行形である。

私も未来進行形である。

それが日本の社会を変えると思う。

ぜひトライして欲しいと思う。

私は若者に期待したい。

あんまり利益だけを追ってもつかまえられないのが自然である。

そこんとこは大きく構えて欲しいと思う。

利益より解決する事がたくさんあるという事である。

とすれば生活も利益だけで生活出来ないというわけである。

人生無駄もたくさんある。

それでもトライするとはどういうことか私の今でもある。

未だに無駄な時間を過ごしている。それが人生という事だろうと思う。

<<追記20161120end

とりとめのない趣味の小話6