新保博彦の日本語版Websiteへようこそ


このWebsiteは新保博彦が作成したものです。
ここでは、新保博彦が2015年3月に大阪産業大学を退職した後の活動を掲載しています。
退職後は、一般の学術論文よりやや短い論文を作成しています。





2016年度に作成した論文は、2016年度の論文のページに移動しました。
2015年度に作成した論文は、2015年度の論文のページに移動しました。
このページでは、2017年度(2017.4-2018.3) に作成した論文を以下に掲載します。引き続きご検討をいただけましたら幸いです。


【最新のニュース】
New ! 論文
戦間期朝鮮企業論 – 日朝企業間のCollaboration (
Korean Companies in the Inter-war Period: 
Collaboration between Japanese and Korean Companies)
本ページ最下段に掲載しました。(2017.4.27)
キーワード (Key Words)朝鮮人系企業(Korean managed company)、Collaboration and Alliance、京城紡織(Kyungbang)、民族資本(National capital)、直接投資(Foreign Direct Investment, FDI)
 この論文は、”Japanese Companies in East Asia: History and Prospects: Expanded and Revised Second Edition”のChapter 4 Collaboration between Japanese and Korean Companies in the Inter-war Periodの要約である。この著作の日本語版論文は刊行していないので、本論文が日本語でのはじめての詳しい紹介になる。 
上記原論文の「はじめに」は論文の課題と方法について次のように記している。
  本論文に直接関係のある文献としては、まず朝鮮、満洲(中国東北部)、中国を対象とする、『大陸会社便覧』(東洋経済新報社刊)が挙げられる。また、2012年1月には企業史料統合データベースが創設され、多数の営業報告書を容易にみることができるようになった。これらの資料から、代表的な日本企業の活動や、その海外進出、また受入国企業についても検討できる。
 本論文は、1.1は、これらの資料にもとづいて、新保博彦(2009)で検討した戦間期朝鮮における日本の海外投資の特徴を概観する。そして、すべての朝鮮企業と朝鮮における代表的な日本企業について検討する。
1.2では、朝鮮人系企業(Korean managed company)と朝鮮人企業家の活動、日本企業と朝鮮人系企業のCollaboration、経営者や株主としての日本人と朝鮮人とのCollaborationに焦点をあわせる。
1.3は、最大のよく知られている朝鮮人系企業の京城紡織を詳しく検討する。この節では、各企業の営業報告書などの財務情報などを活用する、企業論的アプローチを用いる。戦間期朝鮮の経済について、企業活動のデータから検討された文献は意外に少ない。
 ところで、韓国では、以前にも増して民族主義的な歴史研究が活発である。こうした条件の下では、日韓両国で、基本的な経済と企業のデータを基礎にした研究とその交流がますます必要とされている。本論文は、そのための研究の進展に少しでも貢献することをめざしている。


論文
戦間期日本の海外直接投資 概論 (
Japanese Foreign Direct Investment in the Inter-war Period)
本ページ最下段に掲載しました。(2017.4.8)
キーワード (Key Words)海外直接投資 (Foreign Direct Investment (FDI))、経営資源の移転 (Transfer of Business Resources)、国際収支 (International Balance of Payments)、在外日本企業 (Overseas Japanese Companies)、日本型海外投資 (Japanese Style Foreign Investment)
 本論文から4回にわたって、戦間期日本の海外投資、特に直接投資についてまとめて検討したい。まず、本論文は概論とし、朝鮮、満洲、中国を順次取り上げる。国・地域別の検討は、
Japanese Companies in East Asia: History and Prospects: Expanded and Revised Second Edition (Shimpo(2015))の各章の要約ともなっている。この英文著作に対応する日本語論文は作成していないので、本論文を参考に読んでいただければ幸いです。
 戦間期の直接投資の研究は、世界でも日本でもまだ十分に進んでいるとは言えない。戦間期になってようやく直接投資が海外投資の主流になりつつあったことが背景にある。直接投資の概念も一般的ではなく、また現在ほど厳密ではなかったため、直接投資のデータの収集は困難を伴う。
 また、受入国への経営資源の移転と経済発展の原動力としての直接投資の役割も十分には理解されていなかった。今でも、海外投資、資本輸出が受入国からの資源や資金の搾取だと理解する「帝国主義」的理解が、影響力を少なからず保っている。特に、我が国の周辺では、戦後70年も経っているにも関わらず、現在の自国政権の維持・延命を図るため、「日本帝国主義」の批判が行われ、戦間期の海外投資の具体的で詳細な研究が遅れている。
 こうした条件の下では、戦間期日本の直接投資の研究は、非常に重要な歴史的な課題であり、私の研究は、そのためのひとつの試みである。


New ! 
Japanese Companies in East Asia: History and Prospects: Expanded and Revised Second Edition が、ようやくAmazon.comで刊行されました。 (Paperback, October 2, 2015)(2015.10.5)
目次は以下の通りである。
Part 1 Prewar Global Economic System and Economic Interdependence between Japan and China
Part 2 Japanese Companies and Collaboration in East Asia
in the Inter-war Period
 Part 3 Current Economic and Business Competition and Alliance among Japan, China, Taiwan and ASEAN
さらに詳しくは研究業績のページ
 

新保博彦 (Hirohiko SHIMPO) のNew Websiteを作成、公開しました。(2015.4.1)
・「大阪産業大学在籍中に作成したWeb Site(2015年4月1日以降は、誤りの修正を除いて変更を加えていません、このページに自動的に転送するように設定しています)
・「新保博彦のブログとともにご参照ください。
Ċ
新保博彦,
2017/04/07 18:19