2017年度


日時: 毎週火曜日 15:00 -- 16:30
会場: 数学棟 305 号室
世話人: 田中亮吉 (東北大) rtanaka AT m.tohoku.ac.jp

講演者の他薦, 自薦を歓迎します.
(以下, 敬称略)



研究会/勉強会: Mt. Aoba min-max mini-workshop/school, 16th March--17th March, 2017.
Place: Large Lecture Room, the 2nd floor of Graduate School of Information Sciences, Tohoku University.
https://sites.google.com/site/mtaobaminimaxminiworkshop/

研究集会: Dirichlet forms and their geometry, March 18 (Sat) - 23 (Thr), 2017.
http://stoc-proc.com/sympo/2016/DFTG2017/index.html

前期:
4月11日:
林晋 (
MathAM-OIL)
Title: 3次元格子上のある種のハミルトニアンに対する位相不変量と角に局在した波動関数の対応関係

Abstract: 物性物理学で盛んに研究されている対象にトポロジカル絶縁体やトポロジカル超
伝導体がある. これらの物質はバルク(物質の内側)にはエネルギーギャップが
あるが, バルクのある種のトポロジーを反映して, エッジ(物質の境界)にギャ
ップレスな波動関数があらわれるという特徴を持つ(バルクエッジ対応).
本講演では3次元の格子(バルク)の上の周期的なハミルトニアンを考える. 格
子を二つの面で切り, 切断面(エッジ)の交差としての角のある系を考える. ハ
ミルトニアンがバルクと二つのエッジで共通のエネルギーギャップを持つとき,
バルクとエッジに対するある種の位相不変量が定義できることを紹介する. また
その性質として, この不変量が角に局在した波動関数とある関係を持つことも合
わせて紹介する. 手法としては, E. Parkによるquarter-plane Toeplitz
extensionとそれに同伴するC*環のK理論の6項完全系列を用いる.


4月12日: 第34回東北複素解析セミナー(水曜日: 15:30 - 17:00, 東北大学情報科学研究科棟6階 609セミナー室):
正井秀俊(東北大AIMR)

タイトル: 正則2次微分の通約性と擬アノソフ写像の通約性
アブストラクト: http://www.math.is.tohoku.ac.jp/~sugawa/TCAS/


4月14日: 確率論セミナー(金曜日: 15:30-17:00):
桒田和正 (東北大学)
題目: Monotonicity and rigidity of the W-entropy on RCD (0,N) spaces

概要: The W-entropy is introduced by G. Perelman in his seminal work on Ricci flow,
and this notion is brought to (time-homogeneous) Riemannian manifolds by L. Ni.
He proves that, on Riemannian manifolds with nonnegative Ricci curvature, the
W-entropy is monotone in time along the heat flow. Moreover, this monotonicity enjoys
a rigidity in the sense that vanishing time derivative can happen only in a very
special case. Indeed, the space must be Euclidean.
In this talk, we show the corresponding results on “Riemannian” metric measure spaces
with nonnegative Ricci curvature and upper dimension bound (more precisely, RCD (0,N)
spaces). Because of the lack of usual differentiable structure, we have to develop
new approaches. As a consequence, some part of our result is new even on Riemannian
manifolds and we can find more spaces in the class of RCD (0,N) spaces in the rigidity.
This talk is based on a joint work with X.-D. Li (Chinese Academy of Science).


4月17日: 談話会(月曜日: 16:00-17:00 川井ホール): 
塩谷隆 (東北大・理)
https://www.math.tohoku.ac.jp/research/colloquium.html

4月18日: 正井秀俊 (東北大AIMR)
タイトル:
Topological entropy of random walks on the mapping class groups.

アブストラクト:
曲面の写像類群上でのランダムウォークから得られる、写像の無限列の位相的エントロピーを定義しその性質について議論する。擬アノソフ写像類の場合と類似の結果が成り立つことなどを紹介する。本講演では位相的エントロピーの基本的性質を解説し、主定理の証明において最初のステップとなる不等式の証明を紹介することを目標とする。


4月24日: 談話会(月曜日: 16:00-17:00 川井ホール): 
桒田和正 (東北大学)
https://www.math.tohoku.ac.jp/research/colloquium.html

4月25日: Chris Bourne (東北大)
Title: A mathematical introduction to topological insulators

Abstract: Topological insulators are systems whose symmetries (e.g. time
reversal symmetry) give rise to interesting and stable physical properties
(e.g. an edge current). Mathematicians have also become interested in
topological insulators as a novel application of complex and real K-theory
to condensed matter physics. In this talk I will give a gentle introduction to
the mathematics of topological introductions. I will also try and do this with
minimal assumed physical knowledge.


5月9日: 梶ヶ谷徹 (産総研・東北大)
Title: 対称性を持つ極小ラグランジュ部分多様体のリダクション

Abstract: 極小ラグランジュ部分多様体は, 微分幾何的には (ハミルトン)体積最小性問題やラグランジュ平均曲率流といった文脈において中心的な対象であり, シンプレクティック幾何においても良い具体例を豊富に提供する. 本講演ではまず, ファノ多様体内のK-不変ラグランジュ部分多様体Lに対し, Hsiang-Lawson型の定理を与える. すなわち, ある共形ケーラー計量に関するLの極小性は, ケーラー商空間内のHsiang-Lawson計量に関するL/Kの極小性と同値であることを示す. また, 正のリッチ曲率を持つケーラーアインシュタイン多様体上の余等質性1作用から決まるS^1作用を用いてケーラー商の例を与え, これらを用いて, 極小ラグランジュ部分多様体の様々な例を構成する.


5月12日(金): 研究集会: One day workshop on stochastic differential geometry
会場:東北大学 川井ホール
プログラム



5月15日: 談話会(月曜日: 16:00-17:00 川井ホール): 
船野敬 (東北大・情報)
https://www.math.tohoku.ac.jp/research/colloquium.html

5月16日: Anh Tran (Tohoku University/JSPS & The University of Texas at Dallas)
Title: Introduction to the AJ conjecture

Abstract: The AJ conjecture was proposed by Garoufalidis about 15 years ago. It predicts a strong connection between two important knot invariants derived from very different background, namely the colored Jones function (a quantum invariant) and the A-polynomial (a geometric invariant). The colored Jones function is a sequence of Laurent polynomials which is known to satisfy a linear q-difference equation. The AJ conjecture states that by writing the linear q-difference equation into an operator form and setting q=1, one gets the A-polynomial. In this talk, I will give an introduction to this conjecture.

5月23日: 散歩会 案内(要項)

5月30日: 高津飛鳥 (首都大学東京)集中講義(5月29日-6月2日)

6月6日: 岩木耕平 (名古屋大学)集中講義(6月5日-9日)

6月13日: 足立真訓 (東京理科大学)

6月20日: 福田瑞季(東北大)(15:00-16:00), 山本航平(東北大)(16:10-17:10) (2講演あります)

6月27日: 竹内博志(東北大)(15:00-16:00), 中畑佑一朗(東北大)(16:10-17:10) (2講演あります)

7月5日: 斎藤俊輔(東北大学AIMR)

7月11日:梶野直孝 (神戸大学)集中講義(7月10日-14日)

研究集会: Trends in Modern Geometry, 10 (Mon) to 13 (Thu) July 2017, University of Tokyo.
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~afutaki/TIMG2017/TIMG2017.html





後期:

10月3日:

10月10日: 山田大貴(東北大)(15:00-16:00), 草野元紀(東北大)(16:10-17:10) (2講演あります)

10月17日:

10月24日:

10月31日:

12月5日:山口祥司(秋田大学)集中講義(12月4日-8日)

2017年10月(TBD): Nicolas Monod (EPFL, Lausanne, Switzerland)

2018年1月8日-12日: Luigi Ambrosio (Scuola Normale Superiore, Pisa, Italy)

2018年3月6日-20日(tentative): Jayadev Athreya (University of Washington, Seattle, US)







サブページ (1): 散歩会May23