参加型・体験型学習で楽しく学ぶ

カレッジ

総合文化科(2年制) 文学・歴史科(1年制) みぢかな自然と健康科(1年制)

一歩前に踏み出す気持ちを大切にしたい。

授業は週1日

午前・午後 各2時間


授業は年間40講座(みぢかな自然と健康科は38講座)。毎週1日、午前・午後各2時間の4時間です。座学だけでなく校外学習もあります。試験やレポート提出はありませんから、無理なく楽しく受講できます。

15名で班編成

班に専属アシスタント


15名前後で班を編成します。講座内容の確認や意見交換、懇親会、美術館やグルメ情報交換など楽しい出会いが待っています。班ごとに1名の専属アシスタントを充て、講座の運営と班活動をサポートします。

みんなで創る

留学生との交流会も


文集を編集する広報委員会、研修旅行を企画・立案する企画委員会、大阪教育大学の外国人留学生たちとの交流会を企画する国際交流委員会(カレッジコース)があり、みんなで知恵を出し合って取り組みます。

同好が集う

プロジェクト活動


現役時代にできなかったこと、前々からやりたかったことをプロジェクトチームを作ってみんなで取り組みます。町歩きをしたり、絵を描いたり、ワイワイガヤガヤと楽しい時間を過ごします。

総合文化科(2年制)

10月開講、 授業は毎週水曜日

音楽・古典文学・歴史・美術・自然・環境・国際交流など新しい世界を知る”学びの講座”です。いろんな知識や活動に出会い、新しい自分を発見する”出会いの講座”であり、仲間同士で話し合い、見学体験する”参加型の講座”です。1年目(カレッジコース)は興味の広がる多彩な講座、2年目(アドバンスコース)は歴史・文学・芸術を深掘りします。

1年目:カレッジコース

定員60名

2018年度カリキュラム前期

2018年度カリキュラム後期

教室:大阪教育大学天王寺キャンパスほか

2年目:アドバンスコース

定員60名

2018年度カリキュラム前期

2018年度カリキュラム後期

教室:NS21ビル9階講義室ほか

受講後の講座生の声

【美 術】一枚の絵に宗教、世情が表現される。今まで見れていなかった目からウロコ。(「美術の見方」から) 【西洋音楽】生演奏を聴くのは贅沢な体験。自分なりに何かの楽器に取り組んでみたい。(「フルートの歴史と音楽」から)【邦 楽】ゆったりとした音色にうっとり。指揮者がいないのに一糸乱れず演奏される。(「雅楽、最も古い音楽文化財から」)【古典芸能】師走の京都南座の顔見世、実は江戸時代には大阪でも顔見世があったとは。(「歌舞伎入門」から)【近代文学】近世の文学や芸能は上方の方が隆盛だったとは。一極集中の現状を嘆く。(「新聞作家と道頓堀五座」から)【歴 史】中世より大阪は水との深い関わりがあったことが、地名に残されている。(「摂津・河内・和泉 水辺の中世史」から)【自 然】都会の樹木が人間の都合で如何にいじめられているのかを知り切なくなった。(「街の中の樹木の生き方」から)【科 学】液体窒素の極低温を実験にて体験。子供達にもこんな体験させてやりたい。(「液体窒素による低温世界」から)【国際交流】留学生とのミニ門松や七夕飾りづくりを体験。彼らは純粋で一生懸命でした。(「大陰太陽と七夕」から)【社会貢献】地域活動の活性化させるにはNPOやボランティア団体との協働が有効か。(「実践ボランティアのすすめ」から)

文学・歴史科(1年制)

10月開講、 授業は毎週火曜日

文学・歴史科Ⅰ

多くの作家の作品を読み解きより味わい深い部分を学ぶ「文学講座」、伝統芸能(雅楽・能・狂言・文楽・歌舞伎)の伝承された基礎を学ぶ「古典文化講座」、古代から近世まで幅広く民や武士の生活を学び当時の文化を実感する「歴史講座」、史跡・町並み探訪や博物館見学、伝統芸能観劇などによる「参加・体験型講座」で構成されています。

文学・歴史科Ⅱ

主要有名作家の作品をより多く読み解きながら近代文学史をも学んでいく「文学講座」、平安・鎌倉時代の文学作品を音読しながら楽しく学ぶ「古典文学講座」、歴史的事象をより詳しく深く楽しく学び往時に想いを馳せる「歴史講座」、講義後の史跡・町並み探訪などの校外学習を通じて往時を知る「参加・体験型講座」で構成されています。

文学・歴史科Ⅰ

定員60名

2018年度カリキュラム前期

2018年度カリキュラム後期

教室:大阪教育大学天王寺キャンパスほか

文学・歴史科Ⅱ

定員60名

2018年度カリキュラム前期

2018年度カリキュラム後期

教室:NS21ビル9階講義室ほか

受講後の講座生の声

【文楽鑑賞】文楽の素晴らしさ、奥の深さに感嘆しました。有難うございました。(「文楽(2)《鑑賞に向けて》」から) 【文学講座】大正、昭和初期にかけて白樺派の歴史がわかった。文学の読み方は、年齢と共に感動が変わってくるものである。(「白樺派の作家 有島武郎と志賀直哉」から)【歴史講座】午前中に講義を聞いて午後「適塾」へ行ったので、当時の塾生達の日々の様子がイメージできた。(緒方洪庵と適塾」から)【古典文化講座】取っ付きにくい歌舞伎についてわかりやすくDVD等を使用して教えていただきました。(「歌舞伎入門」から)【古典文学講座】序章祇園精舎を何度も音読したことにより、平家物語が琵琶法師の語りの文章であることを再確認すると共に、優れた文書であることに感動しました。(「平家物語の魅力(2)」から)

みぢかな自然と健康科(1年制)

10月開講、 授業は毎週月曜日

2018年度に新規開講した「みぢかな自然と健康科」は、シニアの皆さまが心身ともに健康に過ごせるためのサポートを行う講座です。授業は医療、食品、運動、レクレーション、自然など多面的で、現役医師、大阪府レクレーション協会、大学関係者の支援を得て行います。カリキュラムのうち「健康・スポーツ科学」講座については、大阪市立大学 都市健康・スポーツ研究センターの監修をいただいています。1年を通じて、座学での学習だけでなく、健康増進のため適度な運動を屋内外で行う楽しい講座です。

定員60名

2018年度カリキュラム(前期・後期)

教室:NS21ビル9階講義室ほか

カレッジの授業で正課とは別にもっと深く学びたいという講座生の声に応えて、課外に特別に開講している講座(有料)があります。現在、水彩画教室と平家物語研究セミナーの2講座があります。

井上美紀先生の

水彩画教室

【木曜日講座全10回/定員30名】


◎開講期間:2018年10月11日~2019年3月28日◎教室:大阪教育大学天王寺キャンパスほか
花、果物などの題材を基にデッサン力を高め、またキャンパス構内で写生の時間も取り入れ、芸術的な水彩画の世界を描けるように指導していただきます。

武久堅先生の

平家物語研究セミナー

【木曜日講座全20回/定員30名】


◎開講期間:2018年10月9日~2019年7月23日◎教室:大阪ボランティア協会(中央区谷町) 文学・歴史科Ⅱにおける武久先生の古典文学講座で出会った平家物語を読了するため、修了生に開講されました。壇ノ浦まで読了する予定で始まった正課授業の続きをセミナーとして学びます。