ポーターの戦略論-議論

ポーターの理論に対する反論・弱点の指摘

マイケル・ポーター(Wikipedia)は、企業戦略におけるイノベーションの分析に、産業界の競争を駆動する5つの要因と技術、また、企業が行なわなければならない、幾つかの基本戦略からの選択と技術との明確な関係を示した。さらに、イノベーションの「リーダー」となるか「追随者」となるかの2種類の市場戦略の選択を示している。[1]

ポーターの提示は、合理主義的な主張の典型であるが、示されたいくつかのフレームは極めて有効なもので、ポーターの理論に対する反論・弱点の議論は活発である。

本ページはポーターの理論に対する反論・弱点の指摘に関する。 (本ページは[1]pp95-100を参考に記載)

ポーターの主張をまとめると以下である。
 

  • ポーターの主な主張
  • 競争戦略の最終目標は・・・・これらの競争圧力から最も効果的に自社を守ることができるような、産業内のポジションを見出すこと。
  • イノベーション戦略の目標は、競争的な脅威を寄せ付けないこと[2]。
  • コストと品質で“中途半端な位置にはまりこむ(stuck in the middle)”企業は、低い利益しかあげられない。
  • 競争戦略論(On Competition)では、経路依存性の制約を認め、適合性(フィット)を強調していること。

以上を踏まえて、技術との関係から、以下の3点が指摘されている。
 


  • 議論点

1. “最も効果的に自社を守ることができるような、産業内のポジション”を見出すことは難しい(制約の過小評価)。

  • 企業のサイズによる制約: 大企業は“広く手がける”が、小企業は“的を絞る”戦略をとらざるを得ない。
  • 技術的コンピタンスの制約: 属する産業と既存の製品基盤が、ある程度技術分野に制約を加える。
  • 製品と顧客の性格からくる制約: 食料品や家電製品と、医薬品や飛行機に要求されるコンピタンスは異なる。

2. 産業構造を転換してしまうような、技術変化のパワーを過小評価している。

  • あらかじめ定められた“静的な産業構造”にぴったり適合するような、企業も技術も存在しない。
  • 技術的な進歩は、いわゆる“成熟産業部門”においてもイノベーションの機会を生じさせる。
  • “中途半端な位置にはまりこんだ”企業(中くらいのコストで中くらいの品質)は、低コスト-低品質、あるいは高コスト-高品質戦略を採る企業よりも収益率が高い。さらに、技術によって低コスト-高品質を達成する企業すら存在する。

3. 経営者が、イノベーション戦略を策定し実施するパワーを過大評価している。

  • 大きく、かつ専門化した組織は、本質的に主要顧客に過剰適応してしまう(イノベーターのジレンマ)ことがある。
  • メインフレーム・コンピュータを製造する大企業は、半導体技術の軌道をコントロールすることができなかった。
  • 彼らは、IBMのRISC技術に見られるように、必要な技術的コンピタンスは持っていたのだが、その組織的なコンピタンスは、限られた市場への高価な製品の販売に適合させられていた。今では、サプライヤーや買い手との対立的でない関係が、長期的な利益をもたらすことが明らかとなっている(ケイレツ取引)。

いわゆる、経済構造が静的でないため、技術の軌道や、それを活用する企業固有の技術的・組織的なコンピタンスを過小評価している、という点に留意すべきなのである。
 
 

 

<参考文献>
[1] ジョー ティッド他, 後藤晃,鈴木潤訳『イノベーションの経営学―技術・市場・組織の統合的マネジメント』, NTT出版,2004.
[2] M・E・ポーター, 土岐坤, 服部照夫, 中辻萬治 訳, 『競争の戦略』, ダイヤモンド社、1995新訂.