お知らせ

HPアクセスカウンター
  


萱津神社のツイッター(click)


ご案内

御祈祷の受付について

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、
当面の間、御祈祷は一組ずつの予約制でご奉仕致します。
ご予約は当日でも構いませんので、ご連絡頂ますようお願い申しあげます。
予約の際は「お名前」「希望日時」「御祈祷の内容」をお電話にてお知らせください。


御祈祷への参列が出来ない場合

当社にて御祈祷の上、後日撤下のご送付も致しております。
ご連絡の際にその旨ご相談ください。



各種御祈願のご祈祷致します(click)
ご不明点はお問い合わせ下さい。






令和2年
厄年表(数え年)
男性
25歳42歳
前厄平成9年生昭和55年生
本厄平成8年生昭和54年生
後厄平成7年生昭和53年生
女性
19歳33歳
前厄平成15年生平成元年生
本厄平成14年生昭和63年生
後厄平成13年生昭和62年生




令和2年6月(水無月)の祭典予定(御日供祭除く)


6月1日(月曜)午前7時より、氏子崇敬者並び崇敬業界の繁栄と平安を祈る「月次祭」を斎行致します。


6月15日(月曜)午前7時より、氏子崇敬者の繁栄と平安を祈る「月次祭」を斎行致します。


6月17日(水曜)午後2時より、阿波手の池「龍神祭」を斎行致します。


6月21日(日曜)午前7時より、氏子崇敬者の繁栄と平安を祈る「月次祭」を斎行致します。

毎月21日は香乃物祭(8月21日斎行)の故事を尊び、漬物の日として広く知られております。


6月30日(火曜)午後3時より、心身のけがれを祓い清め健康長寿を祈る「夏越の大祓」を斎行致します。

本年は新型コロナウィルス感染拡大防止の為、大祓の人形のご案内を中止しております。

なお、奉賛会の皆様には、名簿記載のご芳名でご祈願致します。



令和2年7月(文月)の祭典予定(御日供祭除く)


7月1日(水曜)午前7時より、氏子崇敬者並び崇敬業界の繁栄と平安を祈る「月次祭」を斎行致します。


7月12日(日曜)午後2時より、和歌を詠進し神慮を和め歌道の隆昌を祈る「献詠祭」を斎行致します。

令和2年の兼題は「水」〆切6月15日(月)萱津神社着でございます。

献詠集ご希望の方は、郵便番号・送付先をご記入の上500円切手を同封ください。献詠集の発送は9月末以降となります。


7月15日(水曜)午前7時より、氏子崇敬者の繁栄と平安を祈る「月次祭」を斎行致します。


7月16日(木曜)午後7時30分より、疫病退散の祭である「祇園祭」を八坂社にて斎行致します。


7月21日(火曜)午前7時より、氏子崇敬者の繁栄と平安を祈る「月次祭」を斎行致します。

毎月21日は香乃物祭(8月21日斎行)の故事を尊び、漬物の日として広く知られております。



令和2年8月(葉月)の祭典予定(御日供祭除く)


8月1日(土曜)午前7時より、氏子崇敬者並び崇敬業界の繁栄と平安を祈る「月次祭」を斎行致します。


8月15日(土曜)午前7時より、氏子崇敬者の繁栄と平安を祈る「月次祭」を斎行致します。


8月21日(金曜)午後2時より、良い漬物の生産と家業繁栄・諸病免除を祈る「香の物祭」を斎行致します。

全国唯一の漬物祖神をお祭りする「香の物祭」とお供え物の漬物を作る「漬込神事」が行われます。

当日は境内にて午前中より全国各地の漬物屋さんより献進戴いたお漬物の即売会や、お漬物に欠かせないお塩の販売などが開催されております。



令和2年9月(長月)の祭典予定(御日供祭除く)

9月1日(火曜)午前7時より、氏子崇敬者並び崇敬業界の繁栄と平安を祈る「月次祭」を斎行致します。


9月15日(火曜)午前7時より、氏子崇敬者の繁栄と平安を祈る「月次祭」を斎行致します。


9月21日(月曜)午前7時より、氏子崇敬者の繁栄と平安を祈る「月次祭」を斎行致します。

毎月21日は香乃物祭(8月21日斎行)の故事を尊び、漬物の日として広く知られております。


9月23日(水曜)午前11時より、萱津神社境内の照霊社にお祀りされておりますご英霊の御霊をお慰めする「慰霊祭」を斎行致します。



毎年8月21日斎行


毎月一回自然食材市」開催
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、「自然食材市」の開催を自粛しております。

農薬や化学肥料を使用せず、清浄な土と自家採取の種で作った作物や加工品を販売いたします。
(野菜、自然米、メープルシロップ、五平餅、その他加工品など)

令和2
1月19日(日)
・2月16日(日)
・3月15日(日)
・4月12日(日)、29日(水)
・5月17日(日)
・6月21日(日)





萱津神社 香乃物献進
平成29年6月25日に香乃物殿改修等工事終了奉告祭を斎行致しました。

中京テレビさんの朗読シアターのコーナーに萱津神社が紹介されました。
中京テレビの朗読シアターは、地域に伝わる民話をアナウンサーの朗読で紹介するコーナーとの事。
「不遇の森の反魂木」と題した民話に当社、萱津神社の「連理の榊」が反魂木として紹介されています。
朗読シアターの「不遇の森の反魂木」はこちらからご覧いただけます。
中京テレビさんのトップページからは、トップ - 地域のみなさまと共に - 芸術・文化活動 - 朗読シアター よりご覧ください。
朗読シアターには、他にもたくさんの民話があるようです。
ご興味ある方はお近くの民話を探してみてはいかがでしょうか。

連理の白樫
社叢「阿波手の杜」に神鎮ります当社の大神様は漬物祖神 縁結の神と崇敬を受け、特に御神木 連理の榊 は日本武尊の御手植と伝わりこの木に祈れば諸願成就殊に良縁に恵まれたとあり、第57代陽成天皇の砌(みぎり)には、吉祥として献じられました。
今日でも毎年4月第2日曜日には献榊祭(えんむすびまつり)が斎行され連理の榊の御神徳を称えるお祭りが執り行われております。
そしてこの度、新たに境内の南方阿波手池の畔にある白樫が、連理となる吉祥がございました。
こちらも縁結びのご神木としておまつりしています。

初老
男性42歳の厄年は家庭・地域・社会・人生のそれぞれに大きな節目を迎える年です。
あま市上萱津の地域では、42歳の厄年を初老(地域・社会の重責を担う年寄の初め)と呼称しています。萱津神社では毎年氏子地域を中心として初老(厄年)を迎える方々が「会」を結成し、地域の代表として、又、厄落としとして、神社の諸行事に携わっていただいております。
この機会に人生の節目に相応しい年をお過ごしいただきますよう初老(厄年)の「会」への入会をご案内申し上げます。
※会費は「会」毎に設けられておりますが、大凡2万から3万円程が多いようです
お問い合わせは、社務所までご連絡ください。
主な行事予定(諸々の事情により変更する場合もあります
12月31日「熱田神宮庭燎奉仕(熱田神宮歳旦祭でのご奉仕)
1月1日「新年祈祷(元旦祭に引き続きご祈祷がおこなわれます)」
2月頃「初老奉告祭(全員が白丁に更衣して、ご祈祷をおこない、合わせて集合写真をとります)」
4月「献榊祭(お祭りの主役となる雌雄お榊御輿を担ぎ地域を練り歩きます)」
8月21日「香の物祭(あま市無形民俗文化財のお祭りにご奉仕いただきます)」
10月9日「例祭(祭典参員としてご奉仕いただきます)」
など