お知らせ

HPアクセスカウンター
   

今後の祭典・行事
6月30日(金)午後3時 水無月大祓
7月 1日(土)午前7時 月次祭
7月 9日 献詠祭
「阿波手の杜」と歌枕に詠まれるように、古くから当社は和歌に縁があり、同好の方々の崇敬を受けております。
毎年募集する献詠歌の中から秀歌を大前にて披講し、神心を慰め地域の安寧を祈願致します。
今年の兼題は「鳥居」で献詠歌を募集しております。
7月15日(土)午前7時 月次祭
7月16日(日)上萱津池田 八坂社祗園祭


平成29年4月 9日
献榊祭
こちらをclick

平成29年1月11日
香乃物殿改修工事起工式
「香乃物殿」の改修工事にあたり、起工式を執り行いました。
「香乃物殿」の御神霊を工事期間中の仮神座へと遷し、萱津神社拝殿に仮神座を構え奉祀。
本殿にて神霊を奉鎮し安全を祈願。
町内氏子の皆様をはじめとし、地元企業、全国漬物関係業者、また崇敬者の皆様に、貴重な御浄財をお寄せ戴いております。神社の社殿の造営は、祭神のご神徳を宣揚する上でも不可欠であり、地域の鎮守を後世に受け継ぐ為の重要な営みであります。全国唯一の漬物祖神、萱津神社の象徴「香乃物殿」改修に格別なご高配を賜りますことを厚く御礼申し上げます。


萱津神社 香乃物献進

10月15日熱田神宮香乃物献進
節目の年を祝う盛大な行事となりました。
皆様には格別のご高配を賜り、有難く厚く御礼申し上げます。

10月9日 例祭
時刻には雨もあがり、例年通りに滞りなく斎行致しました。
前日より諸準備にご協力を賜りました皆様をはじめ、ご参列の皆様に厚く御礼申し上げます。


8月21日「香乃物祭」並びに「漬込神事」   

twitterを始めました

7月16日 八坂神社 祇園祭
夏の盛りを迎える前に、地域の疫病を鎮め、災禍無く過ごすためのお祭です。

7月  献詠祭
「阿波手の杜」と歌枕に詠まれるように、古くから当社は和歌に縁があり、同好の方々の崇敬を受けております。
毎年募集する献詠歌の中から秀歌を大前にて披講し、神心を慰め同好の士の更なる活躍と地域の安寧を祈願致しております。
今年の兼題は「家族」でした。
献詠歌は県外各地の熱心な崇敬者様からもお寄せ戴いております。

初老
男性42歳の厄年は家庭・地域・社会・人生のそれぞれに大きな節目を迎える年です。
あま市上萱津の地域では、42歳の厄年を初老(地域・社会の重責を担う年寄の初め)と呼称しています。萱津神社では毎年氏子地域を中心として初老(厄年)を迎える方々が「会」を結成し、地域の代表として、又、厄落としとして、神社の諸行事に携わっていただいております。
この機会に人生の節目に相応しい年をお過ごしいただきますよう初老(厄年)の「会」への入会をご案内申し上げます。
※会費は「会」毎に設けられておりますが、大凡2万から3万円程が多いようです
お問い合わせは、社務所までご連絡ください。
主な行事予定(諸々の事情により変更する場合もあります
12月31日「熱田神宮庭燎奉仕(熱田神宮歳旦祭でのご奉仕)
1月1日「新年祈祷(元旦祭に引き続きご祈祷がおこなわれます)」
2月頃「初老奉告祭(全員が白丁に更衣して、ご祈祷をおこない、合わせて集合写真をとります)」
4月「献榊祭(お祭りの主役となる雌雄お榊御輿を担ぎ地域を練り歩きます)」
8月21日「香の物祭(あま市無形民俗文化財のお祭りにご奉仕いただきます)」
10月9日「例祭(祭典参員としてご奉仕いただきます)」
など

中京テレビさんの朗読シアターのコーナーに萱津神社が紹介されました。
中京テレビの朗読シアターは、地域に伝わる民話をアナウンサーの朗読で紹介するコーナーとの事。
「不遇の森の反魂木」と題した民話に当社、萱津神社の「連理の榊」が反魂木として紹介されています。
朗読シアターの「不遇の森の反魂木」はこちらからご覧いただけます。
中京テレビさんのトップページからは、トップ - 地域のみなさまと共に - 芸術・文化活動 - 朗読シアター よりご覧ください。
朗読シアターには、他にもたくさんの民話があるようです。
ご興味ある方はお近くの民話を探してみてはいかがでしょうか。

連理の白樫
境内にあります 阿波手の池 の畔にある白樫が連理となる吉祥がございました。
社叢「阿波手の杜」に神鎮ります当社の大神様は漬物祖神 縁結の神と崇敬を受け、特に御神木 連理の榊 は日本武尊の御手植と伝わりこの木に祈れば諸願成就殊に良縁に恵まれたとあり、第57代陽成天皇の砌(みぎり)には、吉祥として献じられました。
今日でも毎年4月第2日曜日には献榊祭(えんむすびまつり)が斎行され連理の榊の御神徳を称えるお祭りが執り行われております。