Revenge of the Mutant Camels

ラクダの逆襲

Homeに戻る

レトロゲームに戻る

地球から連れ去られ、侵略の尖兵として利用された改造ラクダ達(Attack of the Mutant Camels)…地球への愛を思い出し、今こそ正義のために立ち上がる!

元となったCommodore 64版、それに二人プレイ、パワーアップアイテムなどを追加したAtari ST、Amiga版があります。どちらもLlamasoft公式ページからダウンロード可能です:C64版RMCAtari ST・Amiga版RMC

C64版

Amiga版

ストーリー

改造ラクダの襲撃は、人類の歴史の転機となった。ZZYAXIAN&Irata帝国が地球のラクダを改造して尖兵として送り込んできたことに刺激を受け、地球の科学者たちは頭脳を強化した動物たち…メタビーストを生み出したのだ。

やがてテレパシー能力を手に入れたメタゴート(山羊)の一群が、まだ帝国にいる改造ラクダと接触することに成功した。1万匹のメタゴート達と選りすぐられた人間のサイキックエージェントが帝国の条件付けを破り、改造ラクダは地球への愛を取り戻した。

改造ラクダがいるのは、地球へ攻撃を仕掛けようとしている 帝国の人工惑星Phensyk IIIだ。目覚めたラクダ達は地球を守るため、Phensyk IIIの青い砂の上に降り立ち、帝国の精神攻撃兵器へと立ち向かう…

設定(C64版)

oキーを押すと、設定画面が現れる。

F1キー: 面の順番セレクト。全42面を順番に遊ぶSTANDARDか、1-32面をランダム順に遊ぶかを選択できる

F3キー: プレイヤー数選択

F5キー: 面の長さの変更。デフォルトは7km。腕に自信があるプレイヤーは19kmまで延長することができる

F7キー: オプション設定の終了

設定(Atari ST、Amiga版)

一人で遊ぶ(SOLO)か、CPUのサポートキャラと遊ぶ(CPU Assist)か、二人プレイをするか(TEAM)をメインメニューで選択できる。1Pはラクダ、2PはAncipitalでおなじみの山羊を操作する。

なお、Atari ST、Amiga版ではパスワードコンティニューが可能になっている。5面をクリアするごとにオアシスに到着し、そこから再スタートするためのパスワードが表示される。メニューのRESTARTでこのパスワードを入力することで途中からゲームを再開できる。。

操作

C64の場合、操作はポート2のジョイスティックで行う。

左右:歩行

上:ジャンプ

下:伏せる(Atari ST・Amiga・Dos版で2Pの山羊がいる時は、伏せることで背中にのせることができる)

発射ボタンを押している間、8方向のジョイスティック入力で弾を入力した方向に吐き出す。発射ボタンを押している時にはジャンプも伏せもできない。また、伏せている時は弾を発射できない。

スペースキー:ポーズ

敵の攻撃

敵の攻撃を受けるとラクダのシールドが減っていき、最後にはミスになってしまう。残量は画面上部のバー、および、ラクダの色で知ることができる。(Atari ST・Amiga・Dos版では、ダメージをうけると画面右上のラクダの顔に×印が描かれ、×印が完成してしまうとミスになる)

距離が0になるまで、面固有の敵が攻撃をしかけてくる。羊、ブリティッシュテレコムの何か、シェフィールドのナイフ、回転物、ロナルド・レーガンの何か、ブリティッシュレイルのサンドイッチ、悪いソフトウェア、喫煙、オーストラリアのスキーヤーといった様々なものがあらわれる。攻撃パターンをよく見て、まずは生き残る方法を、そしてハイスコアを目指そう。中にはこちらがあまり攻撃をしなければ反撃が少ないといった面もあるので観察しよう!

無事に面クリアすると、残りのシールドによってボーナス得点が入り、シールド残量は2倍に回復する。

武器とパワーアップ(Atari ST・Amiga版)

 敵を攻撃していると、ボーナス点とともにパワーアップが出現することがある。

  • 「P」:武器のパワーアップ。時間とともに武器のパワーは減っていく。パワーは右上のラクダの顔の横の数字に表示される
  • りんご:体力回復(りんご12個=シールド満タン)
  • 武器: 4種類の武器が切り替わる。パワーがなくなるとデフォルトの丸い弾に戻る
    • 丸い弾:デフォルト装備。オールラウンドに対応できる。
    • レーザー:左右にしか発射できないが、ダメージ量は多い。上方向の敵は苦手
    • くし型弾: 真上、真下以外はカバーできる。威力は弱いが、パワーアップすると範囲が広がる。
    • 楕円弾:左右以外をカバーできる。敵でとまらないので強いが、使える場面が限られる
  • スニーカー:スクロール速度が倍になって、面が早く終わる
  • ラクダ:1UP
  • ボム:画面の敵すべてに攻撃
  • 天使の輪:無敵
  • 紅茶:ボムと同じ
  • 「W」:ワープして面が終了する

ダメージを受けると害を受けるアンチパワーアップが出現する。赤い枠に気をつけよう!

  • パワーダウン:Pの逆文字。武器パワーが下がる
  • タバコ: 動きが遅くなってしまう
  •  混乱:矢印←→に三角の警告標識がついている。一人プレイの場合は10秒間左右の操作が逆転する。二人プレイの場合は、操作キャラが入れ替わる
  • 骸骨:無敵状態でない限り取ると即死する。CPUが操作している山羊の場合は無害。

参考ハイスコア記録(C64版)

ジェフ・ミンター本人の参考ハイスコア - 907,785(全42面をクリアして2週目の2面でゲームオーバー。約1時間30分)

小ネタ

C64版のタイトル画面曲はアレクサンドル・ルイジーニ作曲の『エジプトの踊り』(1875年)のアレンジ。クレジットの文面をつなげると「私はラクダが本当に好きだ。ひつじに関して反感を覚えることはない。ラマは素敵だ。スペースインベーダーはゾーンに君臨している。」となる。