Neon+++(仮)

Neonエンジンはさらに進化を続ける。

Homeに戻る

NeonからNeon++そしてNeon+++へ

 Neonエンジンはただのビジュアライザではなく、Llamasoftのゲームのプラットホームとしての役割を持っています。Procedural的にコンテントを生成することで、二人という極少人数のLlamasoftであっても目が眩むような見たことがないグラフィックを生み出し、ゲームとしての形を与えることができるのです。

Space Giraffeの開発において、NeonはNeon++と呼べるものに進化しました。スタック数(特殊効果の合成チャンネル、レイヤーのようなもの、詳しくは「ライトシンセサイザNeon」(PDF)の説明参照)は8から16に倍増し、PCカメラからの動画入力をリアルタイムに合成に使用する機能の実験も行われました。これらの実験の成果はジェフ・ミンターのGooglepagesテストサイトで見ることができます。

Gridrunner+++の開発にあわせて、Neonはさらに進化を続けています。ポリゴン表現から抜け出し、Procedural的に生み出される別の宇宙から来たような、何か…ここではジェフ・ミンターが自身のblogで公開した最新のNeonエンジンの画像を紹介します。この最新のNeon+++エンジンの技術はPC版 Space Giraffeで追加されたNUXXフレーバーで体験することができます。さらに、Gridrunner+++およびSpace Invaders Extremeで使用される予定です。

PC版 Space Giraffe NUXXフレーバーより


Neon+++画像変換サンプル

元画像:My Lovely Horse