偶蹄類

"Dw i'n hoff o defaid"(ウェールズ語、「私は羊が好きです」)

Homeに戻る 

ウシ、ヒツジ、ヤギ、キリン、ラクダ、ラマ、アルパカなど2つに割れたヒヅメが特徴の動物達。

Llamasoftは彼らへの愛とこだわりを持っています。ジェフ・ミンターは自分を牛的だと考えていてハンドル名にもウシの仲間でフサフサのヤク(Yak)を選び、一方イヴァン・ゾルジンはヤギにこだわっていてハンドル名にはGilesGoat(ジョン・バースの「やぎ少年ジャイルズ」に由来)を選んでいます。

ヒツジとの生活

ウェールズのLlamasoftでは9匹のヒツジ、1匹のヤギ、2匹のラマを飼っています。動物たちは大好物のマクビティのダイジェスティブビスケットをもらったりしながら、厩舎と庭でのびのびと生活しています。→今週のひつじさん

 

9匹のヒツジの内訳は以下です:

  • 角があるジェイコブ種のシャイシャギーの二匹
  • 顔の黒いサフォーク種のジンジャー(羊枕写真でおなじみ)とユーニティ(顔がブラウン)
  • 白い顔のバタービーンカタマリ(枝を体にくっつけていたため)
  • 2008年に生まれた子羊のジェリー(跳ねまわる→スプリング→スプリンガー→ジェリー・スプリンガー)、フワフワ(耳がふわふわ)、ショーン(尻尾の形がひつじのショーンに似ている)

なお、通常のファームでは管理がしやすいように羊のしっぽを子羊のうちに短くしてしまうのですが、Llamasoftでは長いしっぽのまま育てています。この3匹のうち、フワフワ(上写真中央)は生まれた時に弱っていて、立ち上がるのにも苦労する状態でした。母羊からのミルクも飲めず、哺乳瓶も受け付けなかったため、チューブでの哺乳で育てられました。今ではすっかり元気になり、追加の餌をねだるほど丸々と成長しています。

羊飼いとしての仕事には、草があまり成長せず食料が足りなくなる冬場での食糧の追加、異常がないか確かめる一日数回の見回り、ヒヅメの手入れ(剪定、炎症を起こした場合の抗生物質スプレー塗布など)などがあります。餌やりの様子はYouTubeで見ることができます。

ふわふわな体をなでて、ヒツジをご機嫌にするのも重要な日課です。気持ちが良くなったヒツジは口をもぐもぐします。時にはヒツジのほうからヒヅメでタップしてきて、注意を向けてほしいとせがんでくることもあります。

ヒツジとゲーム

Sheep in Spaceでは惑星間を飛び回る宇宙ヒツジが主人公になって活躍しています。

ジェフさんはかつて愛羊フロッシーを「Prettiest Sheep in the World」(世界で一番かわいい羊)と呼んでかわいがっていました。彼女は愛されつつ2003年に永眠しましたが、彼女の声、姿は様々なLlamasoftのゲームで見ることができ(例:Defender2000のFlossieモードなど)、最新作Space Giraffeにおいても鳴き声を響かせています。そしてクレジットでのジェフさんのハート型の画像アイコンにいる羊も彼女です。

なお、羊の素晴らしさは新作GR+++のコアコンセプトの一つでもあります。羊を集めて、敵を倒そう!

トリビア: ユニコーンのヒヅメも2つに割れているらしい。偶蹄類?