Top page

日本国内や熱帯各地を調査地として

土壌学をベースにした農業生態学に関する研究をしています

写真:左はカメルーン東部における森林調査においての1コマです。板根が発達しております!

真ん中は沖縄県北大東島のサトウキビ畑での調査においての1コマです。サトウキビ収量の持続的増産にむけた研究を展開中です!

右はインド南部で実施中の農業調査中の1コマです。現地慣行農法の意義を問うための研究を展開中です!

News @2019年4月26日


大学院生 募集中‼

東京農工大学・土壌学研究室では

H31年度入学の大学院生(今の学部3年生)を募集しています!

土壌生態系の新たな理解による持続可能な農業の在り方を一緒に模索(研究)しませんか?

興味を持って下さった方はひとまずご連絡を!!

(連絡先:sohsあっとcc.tuat.ac.jp 注:アットは@に変更してください)

外部から進学した学生も多く、楽しく研究ができる環境が整っています。

興味がある方は、まずは私までメールを頂けますと助かります。

大学院入試などの情報に関してはこちらから)

また、私の研究紹介は、このHP以外にも、

こちらで簡単に説明しているのでご参考ください。


*********************************************************************************

現在の東京農工大学・土壌学研究室は

大学院生が8名、学部生が2名の計10名(+教員2名)で活動しています。

フィールドに、実験に、貪欲に邁進しております。


NEW!!

(3)Publicationを更新しました!!


農工大に着任してから開始した、

国内土壌を対象としたマメ科作物の

難溶性リン可給化能を評価した成果が、新たに受理されました。

筆頭著者は修士学生(M2)です。


指導学生が熱帯農業学会で優秀発表賞を頂きました!

いい発表でした。本人のこれからの励みにもなると思います。

良かったっす。


今後の調査等予定

今年はそこまで調査が忙しくならないはずなので、

学生の指導、自身の論文執筆も含め、頑張ります。

---------------------------------------------------------------------

過去のNews

3月末ー4月初旬にかけて、ベトナムに調査に行ってきました。

初めてのベトナム、

でもどこかで見たことのある景観が広がっていて、

(たぶん東北タイやカンボジアで)

とても楽しかったです。


3月の熱帯農業学会@千葉大に参加してきました。

学生の優秀発表賞の受賞もふくめ、

実り多き学会となりました。


2月に修論発表会が開催されました。

土壌学研究室からは4名の発表があり、非常に良い発表でした。

後輩への良い道程となってくれたこと、切に感謝です。


1月下旬にタンザニアで調査をおこないました。

現地で頑張ってポット試験をしている学生さんの

収穫作業の手伝いをしてきました。

色々と新しいテーマの種も見つかりました。

楽しかったです。超暑かったけど…


1月24-25日に卒業研究発表会が開催されました。

土壌学研究室からは3名の発表があり、皆、緊張がみてとれましたが、

とても良い発表をしていました。お疲れ様です!


12月上旬に南インドでの調査を実施しました。

学生の圃場と、新しい塩害試験区の両方で収量調査を実施しました。

どんな結果が出るのか非常に楽しみです。


エコプロ2018展(12月6-8日)での出展事業に

農工大・土壌学研究室として協力・参加しました。


12/1の日本土壌肥料学会・関東支部会@新潟に参加しました。

学生の発表が思いのほか(失礼)良くできていて、

嬉しかったです。


11月中旬にタンザニア調査を実施してきました。

指導院生がこれから数か月現地に滞在して栽培試験を実施する予定です。

どんな楽しい結果が出るのか、今から楽しみです。


11月1日に福島での調査を実施しました。

異分野が結集しての圃場試験を開始する、ということと、

現地で頑張っておられる農家さんからの熱い激励があり、

たくさんの刺激を受けました。


10月に都合3度の沖縄での土壌調査を実施しました。

お世話になった皆さま、本当に感謝です。

個人的にはジャーガルでの土壌断面調査が楽しかった…。


9月10-13日に開催されたベルギーでの学会に、

修士1年の学生と一緒に参加し発表してきました。

異分野の研究者との議論や、個人的にとても憧れていた研究者との議論があり、

とても楽しい学会となりました。次は4年後にウルグアイで開催だそうです。

でれるかな。。。


8/29-31に、日本土壌肥料学会@日本大学で学生5名と共に参加してきました。

色々な方面から発表内容へのコメントを頂きました。

どうもありがとうございました。

個人的にはミニシンポがとても楽しかったです。


8/21-22に、福島県で現地調査を実施しました。

農工大内で新たに始まった、福島の復興支援プロジェクトの一環として、

除染剥ぎ取りに伴う山土の客土によって低下してしまった地力を、

どう回復していけるのか?を考えるための課題を実施予定です。

初めての水田での研究、ドキドキです。


8/4-12に、南インドで現地調査を実施しました。

今回は、昨年から実施・継続中のバイオ炭圃場試験に加えて、

塩類集積プロットでの新規圃場試験も開始してきました。

どんな結果が出るのか、とても楽しみです!!


7/28-29に、北大東島のお世話になっている皆様に向けて、

私たちが実施している研究プロジェクトの成果報告を行う機会がありました。

皆さまの生の声を聞け、今後に向けて、すごく励みになりました。


7/8~7/20に、2年ぶりのタンザニア調査を実施しました。

今回の現地調査では新規科研のための土壌試料を学生2名と一緒に採取しながら、

タンザニアが有する厳しい生産環境を見つめなおすことが出来ました。


6/30~7/6に沖縄本島・石垣島のサトウキビ畑において広域調査を実施しました。

農水のプロジェクトも今年が最終年度なので、いよいよ成果の取りまとめが迫ってきています。

でも良い土壌試料が取れている実感があるので、結果が楽しみです。


6/18に私が着任してから初めてのD論発表会が無事に終わりました。

色々と貴重なコメントも頂き、最終の修正作業を頑張ります!


6/13-15に新潟食料農業大学の柴田先生にお越しいただき、

セミナーおよび研究打ち合わせを実施しました。

学生一同、大変勉強になりました。


恥ずかしながらブログを始めました

でもせっかく書いているので、是非チェックしてください

---------------------------------------------------------------------

被災地の皆様のご無事と一刻も早い復興を心より祈っています

僕も、自分が今できる事を一生懸命頑張ります

私の所属している土壌肥料学会において、

原発関連の事故により懸念されている放射性元素の環境中の挙動に関して、

詳細な知見が報告されています。

是非参考にしてください。

http://jssspn.jp/info/nuclear/index.html

所属先:東京農工大学 テニュアトラック推進機構

東京農工大学 農学部 生物生産学科 土壌学研究室