Top page

日本国内や熱帯各地を調査地として

土壌学をベースにした農学・環境科学に関する研究をしています

私が活動する農工大・土壌研では一緒に研究してくれる学生・院生・ポスドクを広く募集中です。

外部からの進学も歓迎しています。

質問などがある方は気軽に杉原までご連絡ください。

詳しくはこちらを

写真:左はカメルーン東部における森林調査においての1コマです。板根が発達しております!

真ん中は沖縄県北大東島のサトウキビ畑での調査においての1コマです。サトウキビ収量の持続的増産にむけた研究を展開中です!

右はインド南部で実施中の農業調査中の1コマです。現地慣行農法の意義を問うための研究を展開中です!

News @2021年5月9日


NEW!!

今年の農工大・土壌研は教員2名、博士課程3名、修士5名、学部生5名で頑張ってます。

良い仕事ができるように集中して取り組みたいと思います。


(3)Publicationを更新しました!!

タンザニアでの混作の研究結果が論文になりました。

2019年度に修了した学生さんの成果です。

硫黄施肥が植物のリン獲得能に与える影響に

関する成果が論文になりました。

本学科・植物栄養学研究室の大津先生との共同研究の成果です。

今年はまだまだどんどん投稿予定です。


今後の調査等予定

Covid-19のせいで海外調査については目途がたっていません。。。

一方で、これまで手が回らなかった国内での研究を発展させるいい機会だと思うので

今まで培ったものを全部使う方向で、色々と開始しています。

Keywordは保全型農業・根粒菌・菌根菌・マメ科植物・土壌微生物群集・炭素循環…

日本でやるとなると方法の制約が良くも悪くもないので、

海外でやるのとは異なる全力投球が求められて面白いです。

ってか、国内でやるのって、準備や作業が楽…

---------------------------------------------------------------------

過去のNews(活動の覚書)

2021年3月 日本ペドロジー学会で発表しました。

オンラインではありましたが、結構やり取りができて楽しかったです。


2020年11月 菌根研究会で発表してきました。

初めての学会でしたが、色々な発表が聞けて勉強になりました。


~2020年9月末までINRA, Montpelier, Franceに留学

フランスでの留学を無事に終え、帰国しました。

色々と勉強になりましたが、一番大きかったのは、自分たちがやっていることが、

レベルも含めて間違っていない、と確認できたことです。

COVID-19に気を付けつつ、引き続き頑張りたいと思います。


上記以前の過去のNewsはこちら


恥ずかしながらブログを始めました

でもせっかく書いているので、是非チェックしてください

---------------------------------------------------------------------

被災地の皆様のご無事と一刻も早い復興を心より祈っています

僕も、自分が今できる事を一生懸命頑張ります

私の所属している土壌肥料学会において、

原発関連の事故により懸念されている放射性元素の環境中の挙動に関して、

詳細な知見が報告されています。

是非参考にしてください。

http://jssspn.jp/info/nuclear/index.html

所属先:東京農工大学 農学部 生物生産学科 土壌学研究室