Home

Laboratory of Biomolecular Engineering
Department of Biosciences and Informatics
Keio University



Introduction of Research:

This laboratory focuses on the biophysics/biotechnology of macromolecules, especially proteins, used to develop new methodologies for solving various biological problems that are resistant to conventional analytical approaches. Also studied is the development of new methods for in vitro selection and directed evolution of proteins/peptides (e.g., therapeutic antibodies with/without membrane-penetrating peptides, and environmental enzymes), protein folding and design, origin and early evolution of life, and high-throughput screening of protein-protein, protein-drug and protein-RNA interactions.

Keywords: Evolutionary Engineering / Biopharmaceuticals / Drug Delivery System / Proteomics / Synthetic Biology

_________________

Recent News: 

2018.4    佐藤岳君、鈴木麻友子君、中村桃子さん、前村帆南さん、山分皓太 (以上 B4) の 名が研究室に新たに加わりました。

2018.3   高橋勝紀 (B4) が藤原賞を受賞しました。

2018.2    光山隼史君 (D2) が国際生物物理学会 (米国) でポスター発表し、Student Research Achievement Award (SRAA) を受賞しました。

2017.12   安達琢磨 (昨年度 M2) を共著者とするアルコールを産生する人工細胞に関する論文が、「ACS Synthetic Biology」(Impact Factor = 5.382) に掲載されました。プレスリリース

2017.12   Seaim Lwin Aye さん (D3)木下紗希さん、吉田葵さん (以上 M1) が生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017 (神戸) でポスター発表しました。

2017.12   後藤遥菜さん (B4) が第4回サイボウニクス研究会 (小金井) でポスター発表し、優秀研究・オーディエンス賞(参加者による投票1位)を受賞しました。

2017.11   藤原慶博士 (専任講師)木下紗希さん、吉田葵さん (以上 M1)高橋勝紀 (B4) 無細胞生命科学研究会 (東京) で口頭およびポスター発表しました。

2017.11   光山隼史君 (D2) が国際学会 International Symposium on Fluctuation and Structure out of Equilibrium 2017 (仙台) でポスター発表しました。

2017.10   土居信英教授が一部執筆を担当した「医療・診断をささえるペプチド科学―再生医療・DDS・診断への応用―がシーエムシー出版から刊行されました。

2017.10   金井佑貴君 (M2) 国際学会 μTAS 2017 (米国・Savannah) でポスター発表しました。

2017.10   藤原慶博士 (専任講師)光山隼史君 (D2)阿久井俊希君 (M2) が「細胞を創る」研究会 (京都) でポスター発表しました。

2017.9    土居信英教授が執筆した「ヒト由来膜融合ペプチドによるバイオ医薬のDDS」に関する総説論文が、月刊「細胞」10月臨時増刊号に掲載されました。

2017.9    静岡で研究室合宿を行いました
(富士サファリパークで多様な動物を目の前で観察し、伊豆フルーツパークでは植物の採集をおこないました。)

2017.8    澤村経人 (昨年度 M2) を共筆頭著者とするゲノムの試験管内転写翻訳に関する論文が、「Nucleic Acids Research」(Impact Factor = 10.162) に掲載受理されました。

2017.7    岩城洸汰君、漆島穣一君 (以上 M1) が DDS 学会 (京都) でポスター発表しました。

2017.6    藤原慶博士 (専任講師)光山隼史君 (D2)出山達貴君 (M1) が大腸菌研究会 (熱海) で口頭およびポスター発表しました。光山君が口頭発表賞を受賞しました。

2017.6    濱野理君 (M2) が国際会議 Nascent Chain Biology Meeting 2017 (奈良) でポスター発表しました。

2017.4    光山隼史君 (D2)  4th International Workshop on Quantitative Biology (横浜) でポスター発表しました。

2017.4    須藤慧君 (昨年度 M2) を筆頭著者とするタンパク質の膜透過を促進するヒト由来ペプチドの発見に関する論文が、DDS 分野の主要な国際科学雑誌「Journal of Controlled Release」(Impact Factor = 7.441) に掲載されました。プレスリリース

2017.4    土居信英教授が文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「新生鎖の生物学」の公募研究(2期目)に採択されました。

2017.4    藤原慶博士 (専任講師) が文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「冥王代生命学の創成の公募研究に採択されました。

2017.4    土居信英准教授が教授に藤原慶博士が助教から専任講師に、それぞれ昇格しました。

2017.4    梅原智文君、菊地萌希君、後藤遥菜さん、高橋勝紀 (以上 B4) の 名が研究室に新たに加わりました。
Copyright  2012 Doi Lab. All Rights Reserved.
_________________