過去の『イギリス・ロマン派研究』


『イギリス・ロマン派研究』第38号(2014)

論文
ハズリットの言語観の革新的な側面とキーツの美学との関連性
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 伊藤健一郎 1

キーツとサンクチュアリ
―1817 年詩集から「ハイペリオンの没落」まで. . . . 金澤良子 15

第39 回全国大会特別講演
‘Suffering is permanent’:
Wordsworth, Despondency and the Poetics of Irredeemable Loss
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Andrew Bennett 31

第39 回全国大会てーぶるとーく
「事実は小説よりも奇なり」
―詩人バイロンの遺産と国家の行方 . . . .
. . . . . . . . 田吹長彦 47

第39 回全国大会シンポージアム要旨
ロマン派における「オリジナリティ」を考える
―剽窃、引用、翻案と知的所有権の意識
. . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 園田暁子・𠮷川朗子・笹川 浩 67

書評
Steve Clark, Tristanne Connolly and Jason Whittaker (eds.),
Blake 2.0: William Blake in Twentieth-Century Art, Music and Culture
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 鈴木雅之 85

Nicholas Roe, John Keats: A New Life . . . . . . . . . .西山 清 88

森松健介著『イギリス・ロマン派と《緑》の詩歌
―ゴールドスミスからキーツまで』 .
. . . . . . . . . . . . . . 松島正一 92

東京コウルリッジ研究会訳 S. T. コウルリッジ著
『文学的自叙伝―文学者としての我が人生と意見の伝記的素描』
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 勝山久里 96

山田 豊著『ワーズワスとコールリッジ
―詩的対話十年の足跡』 . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . .  山田崇人 100

David Vallins, Kaz Oishi and Seamus Perry (eds.),
Coleridge, Romanticism and the Orient: Cultural Negotiations
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 安斎恵子 104

Timothy M. Costelloe,
The British Aesthetic Tradition: From Shaftesbury to Wittgenstein
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 兼武道子 108

イギリス・ロマン派学会 役員・委員等 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . iii

第33 回イギリス・ロマン派講座(東京)プログラム . . . . . . . . . . 113

イギリス・ロマン派学会 執筆規定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 114

イギリス・ロマン派学会 執筆要領 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115

イギリス・ロマン派学会 規約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117

編集後記 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . .118


Articles
The Relationship between Hazlitt’s View of Language and Keats’s Aesthetics
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . Ito Kenichiro 1

Keats and Sanctuary: From Poems to ‘The Fall of Hyperion’
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Kanazawa Ryoko 15

Special Lecture Given at 2013 General Meeting
Wordsworth, Despondency and the Poetics of Irredeemable Loss
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . Andrew Bennett 31

Table Talk Given at 2013 General Meeting
“Truth is always strange; / Stranger than Fiction”: Lord Byron’s Legacy and Japan
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . .Tabuki Takehiko 47

Synopses of the Papers Read at the Symposium in 2013 General Meeting
Romantic “Originality” Reconsidered: Plagiarism, Quotation,
Adaptation and the Sense of Literary Property . . . . . . . . . . . . . . . 67
. . . . . . . . . . Sonoda Akiko, Yoshikawa Saeko, and Sasagawa Hiroshi

Book Reviews
Steve Clark, Tristanne Connolly and Jason Whittaker (eds.),
Blake 2.0: William Blake in Twentieth-Century Art, Music and Culture
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . .Suzuki Masashi 85

Nicholas Roe, John Keats: A New Life . . . . . . . . . Nishiyama Kiyoshi 88

Kensuke Morimatsu, British Romantics and Their “Green” Poetry
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . .Matsushima Shoichi 92

Tokyo Coleridge Study Group, tr., Biographia Literaria or Biographical Sketches of
My Literary Life and Opinions by S. T. Coleridge
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .Katsyuyama Kuri 96

Yutaka Yamada, Wordsworth and Coleridge:
A History of Their Poetical Dialogue, 1795–1804
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .Yamada Takahito 100

David Vallins, Kaz Oishi and Seamus Perry (eds.),
Coleridge, Romanticism and the Orient: Cultural Negotiations
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .Anzai Keiko 104

Timothy M. Costelloe, The British Aesthetic Tradition:
From Shaftesbury to Wittgenstein . . . . . . . . . . . . . Kanetake Michiko 108

Directors and Committees . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . .. iii

Lectures on English Romanticism . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113

Instructions for Authors . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . .114

Rules and Regulations . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . .117

Editorial Afterword . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . 118


『イギリス・ロマン派研究』第37号(2013)

論文
挿絵から見る『四季』
―落穂拾いのラヴィーニアの表現を中心に ・ ・ ・ ・ ・ ・ 出羽 尚 1

『高慢と偏見』にみる感受性
―錯誤と精神医学言説 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 小川公代 19

Keats’s Epic Project and Benjamin Robert Haydon
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ Suzuki Yoshikazu 33

“Life to him would be death to me”: The Romantic Struggle
against the Miltonic Legacy in John Keats’s Hyperion
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・Gotoh Mie 49

第38 回全国大会特別講演
John Clare as a Romantic Poet ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ R. K. R. Thornton 63

第38 回全国大会てーぶるとーく
サウルとダビデ
―スマート、ブラウニング、そして郡虎彦 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 松島正一 79

第38 回全国大会シンポージアム要旨
明治・大正期のイギリス・ロマン派―受容と変容
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・広瀬友久・石倉和佳・吉田正憲・照山顕人・佐藤光 95

書評
Matthew Rowlinson, Real Money and Romanticism
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 小林英美 115

Jacqueline M. Labbe, Writing Romanticism:
Charlotte Smith and William Wordsworth, 1784–1807
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 新見肇子 119

Chine Sonoi, British Romanticism, Slavery and the
Slave Trade 1780s to 1830s ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 浜川 仁 123

Daniela Garofalo, Women, Love, and
Commodity Culture in British Romanticism ・ ・ ・ ・ ・ ・ 今井裕美 127

川津雅江著『サッポーたちの十八世紀
―近代イギリスにおける女性・ジェンダー・セクシュアリティ』
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 鈴木美津子 131

新見肇子、鈴木雅之共編著『揺るぎなき信念―イギリス・
ロマン主義論集』 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 山内正一 135

イギリス・ロマン派学会 役員・委員等 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 扉対向

第32 回イギリス・ロマン派講座(東京)プログラム ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 139

イギリス・ロマン派学会 執筆規定 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 140

イギリス・ロマン派学会 執筆要領 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 141

イギリス・ロマン派学会 規約 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 143

編集後記 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 144

CONTENTS

Articles
Thomson’s The Seasons and its Illustrations:
The Case of Lavinia the Gleaner
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Izuha Takashi 1

Sensibility in Pride and Prejudice:
Diseased Perceptions and Psychiatric Discourses . . Ogawa Kimiyo 19

Keats’s Epic Project and Benjamin Robert Haydon
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Suzuki Yoshikazu 33

“Life to him would be death to me”:
The Romantic Struggle against the Miltonic Legacy in
John Keats’s Hyperion . . . . . . . . . . . . . . . . . Gotoh Mie 49

Special Lecture Given at 2012 General Meeting
John Clare as a Romantic Poe . . . . . . . . . R. K. R. Thornton 63

Table Talk Given at 2012 General Meeting
Saul and David: Smart, Browning, and T. Kori
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Matsushima Shoichi 79

Synopses of the Papers Read at the Symposium in 2012 General Meeting
English Romanticism in Meiji and Taisho Periods (1868–1926):
Its Reception and Transformation . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Hirose Tomohisa
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Ishikura Waka
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Yoshida Masanori
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Teruyama Akito
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Sato Hikari

Book Reviews
Matthew Rowlinson,
Real Money and Romanticism . . . . . . . . Kobayashi Hidemi 115

Jacqueline M. Labbe, Writing Romanticism:
Charlotte Smith and William Wordsworth, 1784–1807
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Niimi Hatsuko 119

Chine Sonoi, British Romanticism, Slavery and the
Slave Trade 1780s to 1830s . . . . . . . . . Hamagawa Hitoshi 123

Daniela Garofalo, Women, Love, and
Commodity Culture in British Romanticism . . . . . Imai Hiromi 127

Kawatsu Masae, Sapphos of the Eighteenth Century:
Women, Gender and Sexuality in Modern Britain
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Suzuki Mitsuko 131

Niimi Hatsuko & Suzuki Masashi (eds),
A Firm Perswasion: Essays in British Romanticism
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Yamauchi Shoichi 135

Directors and Committees . . . . . . . . . . . . . . . facing the title page

Lectures on English Romanticism . . . . . . . . . . . . . . . . . . 139

Instructions for Authors . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 140

Rules and Regulations . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 143

Editorial Afterword . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 144


『イギリス・ロマン派研究』第36号(2012)
論文
古典神話をめぐるキーツとハントの距離―アリアドネ―象の検証を中心に 
・・・・・金澤良子

『ヴァルパーガ』―歴史とロマンス 
・・・・・平井山美

第37回全国大会てーぶるとーく
パストラル(牧歌)への旅 
・・・・・安藤幸江

第37回全国大会シンポージアム要旨
庭園史のなかのロマン派詩人たち 
・・・・・石倉和佳・笠原順路・今村隆男・真木利江

書評
Noel JACKSON, Science and Sensation in Romantic Poetry
・・・・・後藤美映

Fiona PRICE, Revolutions in Taste, 1773-1818: Women Writers and the Aesthetics of Romanticism
・・・・・川津雅江

Julian NORTH, The Domestication of Genius: Biography and the Romantic Poet
・・・・・IKEDA Keiko

Sally BUSHELL, Text as Process: Creative Composition in Wordsworth, Tennyson and Dickinson
・・・・・Stephen CLARK

David FAIRER, Organising Poetry; The Coleridge Circle, 790-1798
・・・・・David CHANDLER

 森松健介著『近世イギリス文学と≪自然≫―シェイクスピアからブレイクまで』
・・・・・小田友弥

Peter OTTO, Multiplying Worlds: Romanticism, Modernity, and the Emergence of Virtual Reality
・・・・・笠原順路

イギリス・ロマン派学会役員・委員等

第30回イギリス・ロマン派講座(東京)プログラム 

イギリス・ロマン派学会執筆規定

イギリス・ロマン派学会執筆要領

イギリス・ロマン派学会規約

編集後記


『イギリス・ロマン派研究』第35号(2011)
論文
なぜ「煙突」を訳さなかったのか―山宮允訳『ブレーク選集』と明治・大正期のブレイク理解 
・・・・・佐藤光

光と痛みのレトリック―シェリーの「エウガネイの丘にて」における憧憬のダイナミクス 
・・・・・木谷厳

Anxiety about the Spirit of the Age: Shelley's Hellas and the Greek War of Independence 
・・・・・YONETA Lawrence Masakazu 

'The load of this eternal quietude': Keats, Wordsworth, and the Poetics of Belatedness  
・・・・・SUZUKI Yoshikazu  

創作者メアリ・シェリー―『最後の人間』におけるメタ・フィクション性
・・・・・池田景子
  
第36回全国大会特別講演
Ecocriticism in the Twenty-First Century 
・・・・・James C. McKUSICK 

第36回全国大会てーぶるとーく
エピグラム詩人としてのバイロン―マールティアーリスとカトッルスとの関係において 
・・・・・東中稜代

第36回全国大会シンポージアム要旨
ロマン派の笑い―Peter Bell 三代記を読み解く 
・・・・・原田博・初井貞子・大石和欣

書評
Andrew FRANTA, Romanticism and the Rise of the Mass Public
・・・・・園田暁子

Maureen N. McLANE, Balladeering, Minstrelsy, and the Making of British Romantic Poetry
・・・・・鎌田明子

東中稜代著『多彩なる詩人バイロン―Byron the Protean Poet』
・・・・・田原光広

新見肇子著『シャーロット・スミスの詩の世界―ミューズへの不満』
・・・・・太田裕子

Nicholas ROE, ed., English Romantic Writers and the West Country
・・・・・David CHANDLER

 海老澤豊著『頌歌の詩神―英国十八世紀中葉のオードを読む』
・・・・・笹川浩

イギリス・ロマン派学会役員・委員等

第30回イギリス・ロマン派講座(東京)プログラム 

イギリス・ロマン派学会執筆規定

イギリス・ロマン派学会執筆要領

イギリス・ロマン派学会規約

編集後記


『イギリス・ロマン派研究』第34号(2010)

論文
キーツの「レイミア」における矛盾と曖昧性の展開
・・・・・伊木和子

'Retiring from the World': Keats, Milton, and 'Ode to Psyche'
・・・・・SUZUKI Yoshikazu

クリスティーナ・ロセッティのジョン・キーツ受容について
・・・・・橘川寿子

第35回全国大会特別講演
Romantic Voices and Sound Recording
・・・・・Judith PASCOE

第35回全国大会てーぶるとーく
キーツの魅力-想像力と牧歌
・・・・・高橋雄四郎

第35回全国大会シンポージアム要旨
ロマン派における演劇
・・・・・門田守・上坪正徳・宮北惠子・岡村由美子

書評
Damian Walford DAVIES and Lynda PRATT, eds. Wales and The Romantic Imagination
・・・・・片山麻美子

山田豊著『ワーズワスと妹ドロシー―「グラスミアの我が家」への道』
・・・・・樋渡さゆり

木村正俊、照山顕人編『ロバート・バーンズ スコットランドの国民詩人』
・・・・・木戸敦子

十八世紀女性作家研究会編『長い十八世紀の女性作家たち―アフラ・ベインからマライア・エッジワースまで』
・・・・・鈴木美津子

Ruriko SUZUKI, A Poetico-Cultural Transference in Wordsworth
・・・・・田中宏

笠原順路 編『対訳 バイロン詩集』
・・・・・田吹長彦

ジェイムズ・C・マキューシック著、川津雅江・小口一郎・直原典子訳『グリーンライティング―ロマン主義とエコロジー』
・・・・・佐々木郁子

Nahoko MIYAMOTO ALVEY, Strange Truths in Undiscovered Lands: Shelley's Poetic Development and Romantic Geography
・・・・・上野和廣

Caroline GRIGSON, ed., The Life and Poems of Anne Hunter : Haydn's Tuneful Voice
・・・・・野中涼

イギリス・ロマン派学会役員・委員等

第29回イギリス・ロマン派講座(東京)プログラム

本誌執筆規定

イギリス・ロマン派学会規約

編集後記


『イギリス・ロマン派研究』第33号(2009)

論文
A Mother's Legacy to her Daughters: Wollstonecraft's The Wrongs of Woman
・・・・・HIRAKURA Natsuko

「アイオロスの竪琴」における両義性について―『人間的自由の本質』へのマージナリアの分析をとおして
・・・・・直原典子

Frankenstein and Hermetism
・・・・・TANAKA Chieko

「ギリシア古壺のオード」における<話者>
・・・・・山内正一

Adonais as Shelley's Poetic Commitment
・・・・・YONETA Lawrence Masakazu

ド・クインシー著「イマーヌエル・カントの最後の日々」―のぞき趣味とジャーナリズム
・・・・・浜川仁

ヴィクトリア朝のロマン主義の運命―マシュー・アーノルドの『エトナ山のエンペドクレス』を中心として
・・・・・及川和夫

第34回全国大会特別講演
A Rhinoceros among Giraffes: John Keats, Benjamin Haydon, and the Elgin Marbles
・・・・・Nicholas ROE

第34回全国大会てーぶるとーく
言葉の廃墟としての詩
・・・・・川村和夫

第34回全国大会シンポージアム要旨
エラズマス・ダーウィンの系譜とイギリス・ロマン派
・・・・・小口一郎・佐藤光・後藤美映・仙葉豊

書評
Steve Clark and Jason Whittaker, eds., Blake, Modernity and Popular Culture
・・・・・新見肇子

David Worrall, The Politics of Romantic Theatricality, 1787-1832: The Road to the Stage
・・・・・David CHANDLER

植月恵一郎ほか著『農耕詩の諸変奏』
・・・・・小田友弥

鈴木美津子ほか著『女性作家の小説サブジャンルへの貢献と挑戦―デイヴィス、ヘイウッド、エッジワース、オーエンソンの場合』
・・・・・瀬名波栄潤

清水一嘉・小林英美編『読者の台頭と文学者―イギリス一八世紀から一九世紀へ』
・・・・・野田三貴

西山清著『イギリスに花開くヘレニズム―パルテノン・マーブルの光と影』
・・・・・鈴木雅之

イギリス・ロマン派学会役員・委員等

第28回イギリス・ロマン派講座(東京)プログラム

本誌投稿規定

イギリス・ロマン派学会規約

編集後記


『イギリス・ロマン派研究』第32号(2008)

論文
錯綜した慈善のイデオロギー―ハナ・モアと奴隷貿易廃止運動
・・・・・大石和欣

トゥサン・ルヴェルチュールを語ること―求められる黒人英雄像
・・・・・野田三貴

ロマン派を読み替える―バイロンの「現代性」の炙り出し
・・・・・坂口周作

ヴィクトリア朝家庭小説の先駆けとして読むメアリ・シェリーの『フォークナー』
・・・・・木村晶子

Wallace Stevens's New Romanticism and Shelley
・・・・・TOMIOKA Noriko

第33回全国大会てーぶるとーく
詩人が見た進化論
・・・・・小黒和子

第33回全国大会シンポージアム要旨
ロマン派とヴィクトリア朝
・・・・・森松健介・和田綾子・及川和夫・富士川義之

書評
Kevis Goodman, Georgic Modernity and British Romanticism: Poetry and the Mediation of History
・・・・・植月恵一郎

石幡直樹ほか著『ロマンティック・エコロジーをめぐって』
・・・・・金津和美

松島正一著『詩と経験―ワーズワスからD. トマスまで』
・・・・・松崎慎也

Hatsuko Niimi, Blake's Dialogic Imagination
・・・・・Steve Clark

Teruhiko Nagao, In Pursuit of Intention: Essays on Wordsworth, Coleridge and Shakespeare
・・・・・HIROSE Tomohisa

P. J. Marshall, The Making and Unmaking of Empires: Britain, India, and America c. 1750-1783 / Nicholas Dirks, The Scandal of Empire: India and the Creation of Imperial Britain
・・・・・大石和欣

宮川清司著『自然とヴィジョンの詩学―ワーズワス、コールリッジ、エリオット』
・・・・・安藤潔

イギリス・ロマン派学会役員・委員等

第27回イギリス・ロマン派講座(東京)プログラム

本誌投稿規定

イギリス・ロマン派学会規約

編集後記


『イギリス・ロマン派研究』第31号(2007)

論文
From "I" to "You": Wollstonecraft's Self-Dramatisation in Letters from Sweden
・・・・・平倉菜摘子

The Bounty Mutiny and Byron's The Island: His Suppressed Criticism on British Imperialism
・・・・・門田守

The Plague of The Last Man Killing the Heroism and the Idealism in the Age of Romanticism
・・・・・市川純

Post-Romantic Reviewers: Arthur Hallam and John Wilson
・・・・・吉田有紀

特別講演
'The Human Form Divine': Blake and the Body
・・・・・David Fuller

シンボージアム要旨
「読者」の生長とロマン主義時代の文学
・・・・・小林英美・清水一嘉・園田暁子・鈴木美津子

書評
Steve Clark and Masashi Suzuki, eds., The Reception of Blake in the Orient
・・・・・中村ひろ子

藤井佳子著『コールリッジと「他者」-詩に描かれた家族』
・・・・・園田暁子

高山信雄著『コウルリッジにおける想像力の体系』
・・・・・和氣節子

田吹長彦著『ヨーロッパ夢紀行-詩人バイロンの旅-ベルギー・ライン河・スイス編』
・・・・・高橋勇

Akiko Okada, Keats and English Romanticism in Japan
・・・・・松浦暢

イギリス・ロマン派学会役員・委員等

第26回イギリス・ロマン派講座(東京)プログラム

本誌投稿規定

イギリス・ロマン派学会規約

編集後記


『イギリス・ロマン派研究』第29・30合併号(2006)

論文
下層階級読者からの女性詩人の誕生-アン・イアーズリーと予約購読出版、そして貸本店
・・・・・小林英美

生得観念をめぐるブレイクとレノルズの思想的対立-描画における輪郭線の議論から
・・・・・池亀直子

コールリッジと中国庭園
・・・・・勝山久里

The Equivalence of Coleridge's and St. Augustine's Thinking on Language
・・・・・直原典子

『エンディミオン』-エリート神話の再構築
・・・・・村井美代子

コックニー詩派の文体とロマン主義時代の言語理論との関連性
・・・・・伊藤健一郎

シンボージアム要旨
[第30回大会]
「誤読/護読のポリティクス-ロマン主義時代のミルトン」
・・・・・東中稜代・小口一郎・水越あゆみ・圓月勝博

[第31回大会]
「ロマンティック・エコロジーをめぐって」
・・・・・石幡直樹・佐々木郁子・結城正美・吉川朗子・小田友弥・山内正一

書評
海老澤豊著『田園の詩神-十八世紀英国の農耕詩を読む』
・・・・・今村隆男

笠原順路編『地誌から叙情へ-イギリス・ロマン主義の源流をたどる』
・・・・・山田崇人

松島正一編訳『対訳ブレイク詩集』/宮崎雄行編訳『対訳キーツ詩集』
・・・・・鈴木雅之

添田透著『ワーズワス-霧に見え隠れする山々に似て』
・・・・・吉田正憲

床尾辰男著『コウルリッジの詩を読む-付・原詩と注釈』
・・・・・高山信雄
 
小黒和子編訳/コウルリッジ著『方法の原理-知識の統合を求めて』
・・・・・園田暁子

鈴木蓮一訳『ジョン・クレア詩集』
・・・・・吉川朗子

仙台イギリス・ロマン派研究会著『ロマン派文学のすがたII-「未知なる存在様式」を求めて』
・・・・・桑子利男

原孝一郎著『隠喩・象徴とテクスト解釈』
・・・・・石倉和佳

園井英秀編『英文学と道徳』
・・・・・大河内 昌

Eiji Hayashi, et al., eds., Voyages of Conception: Essays in English Romanticism
・・・・・Steve Clark
・・・・・Peter Robinson

イギリス・ロマン派学会役員・委員等

第25回イギリス・ロマン派講座(東京)プログラム

本誌投稿規定

イギリス・ロマン派学会規約

編集後記


Voyages of Conception: Essays in English Romanticism (Tokyo: Japan Association of English Romanticism, 2005)

Foreword

Editor's Preface

Editorial Board

Shakespeare and the Romantics' Idea of Drama 
・・・・・KISHI Tetsuo, Professor Emeritus of Kyoto University

Thomas Gray and the Making of the Ancient "British" Bard
・・・・・KATAYAMA Mamiko, Osaka University of Economics

Anna Seward and the Sapphic Tradition
・・・・・KAWATSU Masae, Nagoya Keizai University

The Muse Found Wanting: Reading Charlotte Smith's Elegiac Sonnets
・・・・・NIIMI Hatsuko, Japan Women's University

Blood in Blake's Poetry
・・・・・IMA-IZUMI Yoko, University of Tsukuba 

Blake's Influence on Muneyoshi Yanagi and his Pilgrimate to Buddhism
・・・・・NAKAMURA Hiroko, Fukuoka University

Revisions of Blake's America and Their Meaning
・・・・・WADA Ayako, Tottori University
 
Prophets Interviewed in The Marriage of Heaven and Hell: Blake, Religion and Relativism
・・・・・SATO Hikari, Kobe University 

'Through' in The Prelude
・・・・・NAKAGAWA Ken, Yasuda Women's University

Dwelling, Dreaming, Dying on the Earth: Wordsworth, Hardy and the Land/Soil
・・・・・YOSHIKAWA Saeko, Kobe City University of Foreign Studies

The Difference in Mind between Writer and Reader: Wordsworth and C. J. Fox
・・・・・KOBAYASHI Hidemi, Ibaraki University
 
Mary Wordsworth's Unpublished Letter of 3rd November 1853: An Examination of Her Last Visit to London
・・・・・NAGASAWA Jiro, Professor Emeritus of Oita University, and of Chikushi Jogakuen University

Coleridge's Vision of a Little Colony: Questioning How Poetry and Science Meet
・・・・・ISHIKURA Waka, University of Hyogo

Images of Paradise in Coleridge's 'Kubla Khan'
・・・・・DOKE Hideo, Senshu University

The Paradox of Romanticism in Coleridge's Aesthetics: Modernization and Romanticism
・・・・・HIROSE Tomohisa, Otsuma Women's University

Coleridge and the Orient: The Transformation of a Discourse of Otherness 
・・・・・KATSUYAMA Kuri, Kyoto University of Art and Design

Coleridge's 'The Nightingale' and the Nightingales' Eyes
・・・・・OKAMURA Yumiko, Ibaraki Prefectural University of Health Sciences

The French Revolution and the Question of Liberty: Coleridge's Verse Contributions to The Morning Post
・・・・・SONODA Akiko, Kyushu University

Byron's Preoccupation with the Twilight and the Sea
・・・・・HIGASHINAKA Itsuyo, Ryukoku University

Byron and the Anxieties of Empire: On the Role of Heroines in His Eastern Tales
・・・・・KADOTA Mamoru, Nara University of Education

The Structure of Keatsian Ambiguity: A Reading of La Belle Dame sans Merci
・・・・・YAMAUCHI Shoichi, Fukuoka University

Cockney Poets and the Canon: the Case of Dryden 
・・・・・FUJIWARA Masako, Waseda University

Contributions of Hunt's Literary Pocket-Book, 1819 to Keats's Poems
・・・・・IKI Kazuko, Ueno Gakuen University

'On Seeing the Elgin Marbles' and Keats's Principle of Self-Dispossession 
・・・・・GOTOH Mie, Fukuoka University of Education

Keats and the Classical Pastoral
・・・・・ANDO Yukie, Osaka Women's University

Keats's Bildungsreise and Aesthetic Experience
・・・・・NISHIYAMA Kiyoshi, Waseda University

Mary Shelley's Heterogeneous Philhellenism in The Last Man
・・・・・ABE Miharu, Doshisha University

The Romantic Fate of Pleasure
・・・・・KOGUCHI Ichiro, Osaka University


『イギリス・ロマン派研究』第28号(2004)

論文
原著者の追跡―トマス・パーシーの編集方針
・・・・・三原 穂

ワーズワスの「グランド・シャルトルーズ」改作を考える
・・・・・安藤 潔

「秋に寄せる」と大衆教育
・・・・・鈴木喜和

Coleridge and Journalism
・・・・・園田暁子

Leigh Hunt's Liberal Poetics
・・・・・藤原雅子

研究ノート
The Word that Changed the World: Japan and the Origins of Romanticism
・・・・・Ciaran Murray

書評
Emiko Toyoda, The Sweet Voice of Cona: Ossian and the English Romantic Poets
・・・・・David Chandler

松島正一著『ブレイクと近代日本―ブレイクを読む』
・・・・・中村ひろ子

ロバート・バーンズ研究会編『ロバート・バーンズ詩集』
・・・・・岡地 嶺

山田豊著『ワーズワスと英国湖水地方―「隠士」三部作の舞台を訪ねて』
・・・・・吉田正憲

佐藤猛郎訳・スコット作『湖上の美人』
・・・・・松井優子

三宅川正訳・解説『チャールズ・ラムの手紙―「エリア随筆」ヘの萌芽』
・・・・・安田秦

西山清訳・キーツ作『エンディミオン、物語詩』
・・・・・水越あゆみ

西前美巳編『対訳テニスン詩集』
・・・・・上村盛人

安藤潔著『イギリス・ロマン派とフランス革命―ブレイク、ワーズワス、コールリッジと1790年代の革命論争』
・・・・・兼武道子

小森陽一ほか編[石幡直樹・大河内昌執筆]『つくられた自然』(岩波講座文学7)
・・・・・田中宏

イギリス・ロマン派学会役員・委員等

第23回イギリス・ロマン派講座(東京)プログラム

本誌投稿規定

創立30周年記念論文集投稿規定

イギリス・ロマン派学会規約

編集後記


Copyright (C) 2012 Japan Association of English Romanticism. All Rights Reserved.
Ċ
webeditor JAER,
2014/05/01 22:55
Ċ
webeditor JAER,
2016/05/16 23:59