Academic Matters

【学部の配置について/College allocation】

所属校の課程に応じて、立教大学の10の学部、日本語教育センターのどこかに配置されます。願書に記載頂いた希望学部をもとに学部配置を行いますが、各学部の判断で第一希望の学部にならない場合もありますのでご容赦ください。

According to applicants' major and wish, the students will be allocated to one of the 10 colleges or the Center for Japanese Language Education (CJLE). Please note that the college allocation may not necessarily coincide with the student's first choice.

立教の学部・研究科紹介

立教大学には池袋キャンパスと新座キャンパスがあり、学部によってキャンパスが異なります。Rikkyo has two campuses - Ikebukuro and Niiza. Check which colleges are located there.

池袋キャンパス/ Ikebukuro Campus

Arts, Economics, Sociology, Law and Politics, Science, Business, Intercultural Communication

文・経済・社会・法・理・経営・異文化コミュニケーション

新座キャンパス/ Niiza Campus

現代心理・コミュニティ福祉・観光/ Contemporary Psychology, Community and Human Services, Tourism

2022年4月より法学部にグローバルコースが新設されました

詳細はこちら>>

Global Course of the College of Law and Politics started in April, 2022!

Learn more>>

コースリスト/Course Lists

立教大学で履修できる科目について、コースリストで確認できます。翌年度の学習案内は、春学期については3月下旬、秋学期については9月上旬に公開予定です。

Find out the classes you can take at Rikkyo. The course list and syllabus are released by late March for the Spring Semester and in early September for the Fall Semester.

(Spring 2022)

(Fall 2022

履修登録上限単位数/Maximum Number of Registration Credits

 特別外国人学生の履修登録上限単位数は、半期20単位(4半期10単位)です。ただし、研究計画等の理由により、半期20単位を超える場合は、アドバイザーまたは指導教員*の承認があれば、それ以上の履修を認める場合があります。

 *特別外国人学生には、主に学習・研究を支援するために、各学部・研究科の専任教員が、学部生には「アドバイザー」、大学院学生には「指導教員」としてつきます。各学期の開始前にアドバイザー・指導教員と面談し、授業の履修相談等を行うほか、在学中を通じてアドバイザー・指導教員と相談できる体制が整えられています。

The maximum number of registration credits is 20 per semester (10 for a quarter). To register for more than 20 credits for a semester, students need the approval of their academic advisor or supervising professor*.

*Each Special International Student will be assigned an academic advisor (for undergraduate students) or a supervising professor (for graduate students) mainly for assistance with study and research. Students meet their academic advisors or supervising professors before the classes of each semester begin for guidance and can also consult with them throughout their stay at Rikkyo.

履修時間数/Minimum Number of Course Hours

 立教大学の授業は、基本的に、1回100分です。週2回、3回または5回をセットで履修する場合もあります。

 在留資格「留学」の条件として、特別外国人学生の履修授業時間数は、年間を通じて(春学期・秋学期の両学期とも)、1週間に10時間以上とします。つまり、1週間に6クラスは履修する必要があります。ただし、大学院学生は、研究および論文作成の時間が含まれるため、この限りではありません。

Most classes in Rikkyo University last for 100 minutes each session. Some courses require the student to take two, three or five days a week.

Special International Students must register for at least 10 hours of classes per week each semester in order to maintain their Ryugaku (College Student) visa status. This means students must take at least 6 classes per week. Graduate students may include time spent on research in their total credit hours and therefore may not need to register for 6 classes/ week.

授業・履修に関する注意/Note of Courses and Registration

1.授業の種類、履修言語について

 立教大学では全学共通科目(言語系科目(日本語除く)、教養系科目)、各学部・研究科の専門科目、留学生を対象とした日本語科目を展開している。その多くは、日本語で開講されるが、一部の科目は英語で開講される。履修言語・要件についての詳細は以下を確認すること。

●日本語で開催されている全学共通科目および専門科目を履修する為には、日本語能力の条件があり、原則として立教大学の日本語プレイスメントテストで所定の水準(プレイスメントテストでJ6レベルまたは日本語能力試験N1レベル合格程度)に達している必要がある。したがって日本語で開講される科目の履修を希望する場合は、立教大学日本語プレイスメントテストの受験を必須とする。なお、プレイスメントテストの結果を踏まえて自身の日本語レベルに合致した科目を履修すること。仮に自身のレベル以上の科目を履修する場合にも、特別な配慮はしないので、学生本人がその点を理解して自己責任で登録すること。なお、科目によっては必要な日本語能力要件が異なる場合もある。

●英語で開講されている科目の中には、履修者に一定の英語力を求める科目もある。

●ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語・朝鮮語・ロシア語・ポルトガル語の語学科目を履修するためには、原則として履修を希望する言語について教育機関での既習暦(1年間以上)があり、立教大学の日本語プレイスメントテストで所定の水準に達している必要がある。また、母語は履修してはならない。

●留学生を対象とした日本語科目を履修するためには、立教大学の日本語教育センターのプレイスメントテストの受験を必須とする。


2.授業の内容について

●全学共通科目のうち、外国語による教養系科目(F科目)では、日本人学生と共に、日本の歴史、政治、経済、芸術や文化などについて英語で学ぶことができる。英語力によって、上級、中級の2つのクラスに分かれる。留学生を対象とした日本語科目にはJ0~J8までの9つのレベルがあり、初級者から上級者向けに日本語を学ぶだけでなく日本の文化や社会を学ぶことができる科目が展開されている。

●大学院レベルの特別外国人学生は、それぞれの学習・研究テーマにより指導教員から個別に助言を受け、指導教員が必要と認める場合、個人指導の「特別外国人学生指導演習」を受けることができる。


3.その他注意事項

●本学では、通年開講科目と半期開講科目、四半期開講科目がある。通年開講科目の履修や単位取得については各学部・大学院によって扱いが異なるので、9月入学者および8月終了者が通年開講科目の履修・単位取得を希望する場合は注意すること。

開講科目の中には履修年次や履修者数などを限定している科目があり、希望する科目を履修できない場合もある。

●科目一覧・シラバス、履修上の注意事項は立教大学ホームページでも確認できる。

 URL:https://www.rikkyo.ac.jp/target/foreign/exchange/

1.Course type and language of study

Rikkyo University offers university-wide regular academic courses (Language Programs (excluding Japanese)and Liberal Arts Programs), as well as specialized courses for each college/graduate school and Japanese Language Program for international students. Most of the courses are offered in Japanese but there are some conducted in English as well. Check below for further details about the language of study and registration requirements.

●Students who wish to take regular academic courses conducted in Japanese must have the minimum required level of Japanese Placement Test is obligatory in order to take courses in Japanese. Be careful to choose courses that match your Japanese language level. Even if you take courses higher than your Japanese level, there will not be any special treatment. Please understand that course registration must be done on your responsibility. Some courses have different required minimum level of Japanese language proficiency.

●Some of the courses conducted in English require a certain level of English proficiency.

●Students who wish to take Language Courses (German, French, Spanish, Chinese, Korean, Russian or Portuguese) must have prior learning experience (one year or more) in the language which they want to study at an educational institution, and must have a required minimum level at the Japanese Proficiency Test of Rikkyo University. Furthermore, language courses in the student's mother tongue cannot be taken.

●The Japanese Language Placement Test is obligatory if you wish to take Japanese language courses for international students.


2.Class Contents

●Some of the university-wide regular academic courses offered in English provide the international students with the opportunity to learn together with their Japanese peers about the history, politics, economy, arts and culture of Japan. Depending on participants' English proficiency, classes are divided into advanced and intermediate.

●Japanese Language Program for International Students is divided in 9 levels - from J0 to J8 and consists of courses - from the range of beginners to advanced - where students can learn not only the language but also about the Japanese culture, society, etc.

●Supervising professors will give individual instruction and advice to special international students at graduate level. They may also provide them with supplemental tutorial sessions, if deemed necessary.


3.Others

●Keep in mind that at Rikkyo there are full-year courses, one-semester courses as well as quarter courses. Registration and credits for the full-year courses might vary depending on the college or graduate school and students who start their studies in September or complete their exchange program in August have to be careful not to register for full-year courses.

Please note that registration for some courses may not be possible as they are available only to students from a certain academic year or have limited number of participants.

●You can also check the course list, syllabus and registration notes on the website of Rikkyo University.

 URL:https://english.rikkyo.ac.jp/exchange/index.html