福祉創造塾 柚の木学園

生活力を上げて就労へ

事業所番号 

生活介護         4010400036

日中一時支援      4060400035

職員研修 粕屋歯科医師会 歯医者さんの出前講座   2022年10月

 2022年10月8日、柚の木福祉会の全体職員研修「柚の木支援の日」にて、はかたの森こども歯科 長 繁生院長』を講師としてお招きし、オンライン研修を実施しました。

 講師にお話しいただけたことで、『歯の健康』についての視野を広げることができました。健康なカラダを作るには「運動」「睡眠」「食事」のバランスが重要です。走るために歯を食いしばる「運動」。消化しやすいように噛む「食事」。歯周病のリスクと関係する「睡眠」。歯の健康を保つことが、全身の健康につながることを知ることができました。情熱のこもった真剣なお話を聴くうちに、私たちの心にもよりいっそう熱い思いが灯りました。

 この出前講座での学びを活かし、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わう!」を目指して、虫歯・歯周病予防に努めてまいります。

925日(日)開催しました!

地域とのつながりを大事にする

それが柚の木福祉会の使命

例えコロナ禍であっても!

ゆずのきテラスをメイン会場に 各事業所を繋いで オンライン開催! 

地域参加者の恒例ステージ復活! ボランティアさんも復活! 出店は来年!

来年の出店に向けて良いスタートがきれました!!

【お知らせ!RKB情報番組『タダイマ』にて放送

RKB情報番組『タダイマ』内  2022年6月3日(金)18:15~19:00


ふれあいの部屋と志免南小学校のこどもたちとの交流を取材して頂きました!


ご視聴は以下のリンクからどうぞ!


https://rkb.jp/news-rkb/202206031916/


今後も多様性を認め合い、共生することが当たり前になった福祉や教育の未来図を、社会に発信していく所存です。たくさんの応援メッセージを頂いております。リポートして頂いたRKB正福 様 並びにRKB情報番組『タダイマ』スタッフの皆様、この度は誠にありがとうございました。

Past videos

レストランゆずのき RKB情報番組『タダイマ』 2022/02/25 放送


津久井やまゆり園の悲劇 黙とうを捧げました。 2022/07/26

【速報!】2年連続!

「健康経営優良法人2022ブライト500」

に認定されました!

経済産業省の健康経営優良法人認定制度において、社会福祉法人柚の木福祉会は中小企業部門で3年連続「健康経営優良法人」認定、上位の企業のみが認定される「健康経営優良法人ブライト500」には2年連続で認定されました!(本年度は中小企業部門認定の12,255法人の中から上位500社のみ)。皆様のご支援、ご協力に感謝いたします。今後ともよろしくお願い致します!

ゆずレター
柚の木学園の活動をご紹介!

明日のために

イベント 開閉園

志免せんべい村

柚の木のお菓子

創業 昭和57年 老舗

楽しく働く成人期 「活動参加」 支援します。

んにちは♪

福祉創造塾 柚の木学園 生活力を上げて就労へのHomepageへ ようこそ

事業所名がちょっと長いでしょう⁉

福岡県民間通所施設として初めて 昭和57年に創業 した 老舗 です。

事業所名と開業年数が長いのが自慢です。

生活力」を上げるお手伝いをして、将来は「就労」を目指します。

ご利用者の「働く」が実現できる施設、人生設計に沿う支援を心掛けています。

生き生きとして笑顔暮らせるお手伝いをさせて頂ければと思います☺☆

電話:092 936 5427

FAX:092 936 5430

ロゴに込められた思い!

「桃栗三年 柿八年 柚子の大馬鹿 十八年」

坪井栄さん(『二十四の瞳』 著者)が気に入っていたことば

  • 植えてから実がなるまで(収穫まで)に何年かかるかを並べたものだが、比喩的に、物事は一朝一夕にできるものではない、それ相応に時間がかかるものだという教えが含まれているようです。

  • 桃や栗は3年で実を結ぶが、柚子は18年かけて成長する種類もあると言われています。枝には棘があり、手入れをしてくれる人を刺したり、大嵐では自分で自分を傷つけたりします人と一緒ですね。

  • 18歳以上の方が通われる施設として開所したため、柚の木からを外して柚の木にしました。現在ではライフステージ全般にかけて支援をしていますので柚子の木でも柚の木でもどうぞ。

  • かぐわしい香りピリリとしまる味わい決してメインディッシュにはなりませんが、食卓には欠かせない一品柚のように支援者も名脇役として存在していきたいと思っています。

柚の木学園 売り こちら!

サービス:18歳以上対象とし 生活介護施設 です。

生活介護

定員 40

常時介護を必要とする障害程度区分3以上の方が、通所することにより、昼間に次のようなサービスを受けることができます。

  1. 入浴、排せつ、食事等の身体介助

  2. 生活等に関する相談や助言、その他日常生活上の支援

  3. 創作的活動や生産活動の機会の提供

  4. 身体機能や生活能力の向上のために必要な援助

  5. 介護を受けながら働ける方は工賃をもらえます。

ご利用者様は 次の 地域 から来られています。

  • 福岡市 博多区 東区 中央区 南区 糟屋郡 志免町 須恵町 宇美町 粕屋町 久山町 篠栗町 大野城市 春日市 太宰府市

送迎サービスあります。詳細はお問合せください

あなたいま数十年先未来つながっています。

「いまなにが必要か?

☆「なに」ができるのか?

総合的な視点で有意義な人生を送っていただくように支援します。

ご本人が安心して笑顔で暮らせる未来を、ご家族と一緒に作っていきます。

重要なこと

  • 苦情解決・虐待防止・個人情報保護について

関連法規の規約に基づき、利用者様及びご家族の苦情、施設内外の虐待防止、関係のある方の個人情報保護に対し、公平かつ組織的に対応すべく体制を整えております。

苦情解決窓口:髙山 哲也   苦情解決責任者:中野 朋之

  • 利用料金について

介護給付費対象サービス内容の料金

介護給付費によるサービス提供をした際は、サービス利用料金(厚生労働大臣の定める額)のうち、食費・光熱水費を除き、サービス利用料金全体のうち9割が介護給付費等の給付対象となります。事業者が介護給付費等の給付を市町から直接受け取る(代理受領する)場合、利用者様は、利用者負担分として、サービス利用料金全体の1割の額を事業者にお支払いいただきます(定率負担または利用者負担額といいます)。

なお、定率負担または利用者負担額軽減等が適用される場合は、この限りではありません。

障害福祉サービス受給者証を ご確認ください。

◾ 介護給付費対象外サービス内容の料金

食事サービス

昼食の提供をします。

原材料費625円/食(食事提供体制加算該当の場合325円/食)

栄養と利用者様の身体状況や嗜好に配慮し、バラエティに富んだ「レストランゆずのき」の食事を提供します。

送迎サービス

家庭近隣バス乗車場所から事業所まで送迎をします。

翌日10日請求(2km以下 2500円/月~ )

安心・安全のために

2. お客様に寄り添う職員体制

    • 管理者        1名

    • サービス管理責任者  1名

    • 生活支援員      8

    • 看護師        1名


 

  • 事務員        1名

  • 運転手        3名

  • 担当職員は職員紹介ページをご覧ください

3. 支援の質を高める職員教育

  • 経営戦略室主催

管理者研修(毎月第4金曜日)

*リスクマネジメント研修(適宜)

*地震避難訓練(年1回)

*火災避難訓練(年2回)

*障がいのある子の社会自立研修会on-line(年1回)

  • 教育部主催

柚の木支援の日(全職員研修毎月第1土曜日)

虐待防止研修(全体年1回、事業所年1回)

*次期基幹職員研修(適宜)

*サービス管理責任者研修(月1回)

*児童発達支援管理責任者研修(月1回)

*サービス提供責任者研修(月1回)

*ケアマネージャー研修(月1回)

若手職員研修(月1回)

*新職員研修(4月・10月)

*新職員3ヵ月目研修(7月・1月)

*キャリアアップ研修(適宜)

*資格取得研修(資格取得者要請に応じて)

  • 事業部主催(各事業所)

*職務基礎研修(適宜)

*支援研修(月1回)

  • 事務部主催

*労働衛生健康管理研修(月1回)

*管理者向けハラスメント防止研修(年1回)

*一般職員向けハラスメント研修(年1回)

  • 看護部主催

健康アクションプラン研修

*メンタルヘルス研修 (適宜、管理者コース・個人コース

中尾労働衛生コンサルタント事務所ワーク&ヘルス

*応急手当研修(適宜)

糟屋南部消防署

*健康登山(年1回)

  • ICT部主催

*ホームページ研修(適宜)

*したいを実現化する研修(適宜)

Google calendar, スプレッドシート, ドキュメント Chat, Meet, Zoom,

Microsoft Office, マインドマップ

  • 広報部主催

*美意識研修(月1回)

*柚の木だより研修(2ヶ月1回)

  • 社外主催

*福祉向け研修

*一般企業向け研修